Shopifyのエクスプレスチェックアウトとは?使い方とメリットについて

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのエクスプレスチェックアウトについて知りたい
という方のために、エクスプレスチェックアウトの使い方やメリットついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyの決済方法がわかる
  2. エクスプレスチェックアウトの良さがわかる
  3. エクスプレスチェックアウトの設定方法がわかる
  4. Shopifyのエクスプレスチェックアウトの使い方がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyのエクスプレスチェックアウトについて解説していきます。

 

Shopifyのエクスプレスチェックアウトとは

Shopifyのエクスプレスチェックアウトとは、

一般的なチェックアウトよりもずっとスムーズに会計できるシステムのことです。

Shopifyのチェックアウトは、基本の設定のみでも便利に使えます。

しかし、エクスプレスチェックアウトを使うことで、

ユーザーは非常にシンプルなステップで購入完了できるようになります。

カートを使わず決済できる

Shopifyでは、エクスプレスチェックアウトを使うことでカートを介さずに

決済を行えるようになります。

通常、ネットショッピングでは購入希望の商品を一度ショッピングカートに入れ、

そこから決済画面へ進むものです。

Shopifyも通常であれば、同様にショッピングカートを通ってチェックアウト画面へ進みます。

しかし、エクスプレスチェックアウトを利用すると、

商品ページから直接チェックアウト画面へ進むことができます。

Google PayやPayPalが決済手段として使える

Shopifyのエクスプレスチェックアウトでは、Google PayやPayPalなどの決済手段を使えます。

初回購入時には支払いに必要な情報を事前に入力することが必要ですが、

次回からは入力の必要はありません。

ユーザーは、商品を決めるとカートをスキップして決済ボタンを押すことができます。

決済ボタンは、それぞれのユーザーのブラウザ・デバイス・決済履歴を反映し、

Google利用者にはGoogle Pay、PayPal利用者にはPayPalを表示する仕様です。

単品購入・同一商品の複数購入に使える

Shopifyのエクスプレスチェックアウトは、

ユーザーの購入したものの組み合わせによっては利用できません。

Shopifyのエクスプレスチェックアウトを利用できるのは、

単品購入をした時、もしくは同じ商品を複数購入した時のみです。

種類の異なる商品を組み合わせて購入する際は、エクスプレスチェックアウトは使えません。

また、同じ商品で色違いを複数購入する場合も同様です。

エクスプレスチェックアウトのメリット

エクスプレスチェックアウトは、Shopifyのストアを運営する際に利用することで、

さまざまなメリットがある機能です。

手軽でスピーディーな決済をユーザーに体験させることで、

これまで以上に新規ユーザーやリピーターの獲得、売上の向上が見込めるでしょう。

エクスプレスチェックアウト機能を取り入れることで、

期待できるユーザーの反応や売上への影響を紹介します。

ユーザーの離脱を防げる

Shopifyのエクスプレスチェックアウトは、

簡単でスピーディーな決済を可能とすることで、ユーザーの離脱を防げます。

普段の購入手順よりも少ないステップで購入完了まで済ませられるので、

かご落ち(買い物途中での離脱)を防ぎ、コンバージョンのチャンスを逃しません。

ネットショッピングでは一般的に、商品を購入するために商品ページからショッピングカート、

さらに確認画面へと複数のページを経る必要があります。

こうした過程では、ユーザーが入力の手間を嫌がったり時間がなかったりすることで、

離脱が起こりがちです。

しかし、エクスプレスチェックアウトを導入すれば、

面倒くさがりの人や急いでいる人も快適に買い物を済ませられます。

リピーターの利用がより快適になる

Shopifyのエクスプレスチェックアウトは、特にリピーターの利用を快適にし、

リピート率を高める効果が期待できます。

エクスプレスチェックアウトでも、初回購入の際に支払い情報の入力は必要です。

しかし、その後もう一度利用する際には、

以前登録した情報を自動で表示できるようになります。

そのため、2度目以降の買い物がより快適に感じられ、

リピーターとして定着しやすくなります。

リピーターを増やしたい、リピーターの購買意欲を高めたいストアに

エクスプレスチェックアウトは効果的です。

エクスプレスチェックアウトの使い方

Shopifyのエクスプレスチェックアウトは、アプリとは違うため、

そのまま設定から利用を始めることが可能です。

もちろん、エクスプレスチェックアウト自体には費用はかかりません。

設定方法も難しくないため、利便性を感じたら試してみてください。

「決済設定」からエクスプレスチェックアウトを設定

Shopifyのエクスプレスチェックアウトを利用するためには、まずは決済設定が必要です。

決済設定の画面から決済サービスを選び、そこでエクスプレスチェックアウトを有効化します。

ShopifyのチェックアウトはPayPalがデフォルトです。

これからストアを作成する場合には、PayPalの設定も行いましょう。

設定後はユーザーの状況により自動でチェックアウトボタンが生成

Shopifyのエクスプレスチェックアウトは、

設定が完了するとユーザーの状況のよって自動で使える決済サービスの

チェックアウトボタンが生成されるようになります。

運営者は、決済の設定だけを済ませれば良いだけなので手軽です。

Apple PayやGoogle Payなどの決済ブランドがある時は、

ボタンの右にブランドロゴが表示されます。

決済ブランドがない場合には、ボタンは「今すぐ購入」となり、

クリックするとShopifyのチェックアウト画面へ移ります。

エクスプレスチェックアウトを使う際の注意点

Shopifyのエクスプレスチェックアウトはとても便利な機能ですが、

いくつか注意すべき点もあります。

エクスプレスチェックアウトを、自分のECサイトで利用する際には、

あらかじめ注意点を理解した上で設定しましょう。

運営者がやっておくこともありますし、

ユーザーの購入行動を予測して快適な使い方ができるか考えておく必要もあります。

初めにShopifyペイメントを有効にしておく

Shopifyペイメントは、Shopify公式のチェックアウトシステムです。

エクスプレスチェックアウトを使いたい場合にも、

まずはShopifyペイメントを有効にしておく必要があります。

Shopifyペイメントを利用しないと、

Amazon Payなどの外部サービスを利用する際に手数料が別にかかることがあるため

注意しましょう。

Shopifyペイメントを使うと、クレジットカード決済が直接Shopifyを通してできるようになり、

決済手数料の設定も他の決済プロバイダより割安です。

Shopifyペイメントの設定も、エクスプレスチェックアウトと同様に難しいものではないため、

あらかじめ済ませておくことをおすすめします。

色違いやサイズ違いなどには使えない

Shopifyのエクスプレスチェックアウトは、単品購入、

もしくは同一商品の複数購入のみ利用できる機能です。

色違いやサイズ違いなど、少しでも違えば利用できません。

そのため、1点ずつ違う商品を購入したいユーザーにはメリットはないということです。

また、色々な商品をまとめ買いやセット購入した場合の割引などにも対応できないことになります。

つまり、店の商品バリエーションやセール内容などによっては、

エクスプレスチェックアウトを導入してもあまり効果がないこともあります。

エクスプレスチェックアウトは、導入することでデメリットになることはありません。

しかし、すべてのユーザーを満足させることはできないでしょう。

Shop Payは事前に情報登録が必要

Shop PayをShopifyのエクスプレスチェックアウトで使うためには、

初回購入時にユーザーのクレジットカード情報とメールアドレスの登録が必要です。

Shop Payも決済サービスのひとつであり、Shopifyの提供する独立した決済手段です。

Shopifyペイメントと違って、外部のプラットフォームでも利用できます。

運営者側の設定は簡単ですが、

新規ユーザーは登録を躊躇して離脱してしまうかもしれません。

ただし、Shop Payは他のプラットフォームでも利用でき一度登録すると、

どの店でも使えるようになります。

そのため、自店以外のネットショップで利用履歴があれば、

反対に購買意欲を高める可能性もあるでしょう。

エクスプレスチェックアウトで購買意欲をアップ

Shopifyのエクスプレスチェックアウトは、ECサイトでの決済をスムーズにして、

ユーザーの使い勝手を良くしてくれる機能です。

多数の決済サービスを利用でき、ユーザーに合わせて自動で決済ボタンを

表示させることもできます。

エクスプレスチェックアウトの設定は簡単で、有料アプリも必要ありません。

ストアの運営者としても取り入れやすいので、

コンバージョンアップなどの施策のために使ってみると良いでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。