ShopifyのECサイトにQRコードを導入する方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyのECサイトにQRコードを導入したいけど、作成方法や導入方法について知りたい
という方のために、QRコードの作成・導入方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. サイトと商品のQRコードの作成方法がわかる
  2. QRコードの導入方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではQRコードの作成方法とECサイトに導入する方法について解説していきます。

 

ShopifyECサイトのQRコード作成方法

スマホの普及により様々なサービスが誕生しました。

その中でも「QRコード」はインターネットだけでなく、

テレビ、チラシにも幅広く使用されるています。

QRコードをカメラで読み取れば、

サイトのURL・電話番号・テキストなどを一発で表示してくれるため、手間がかかりません。

サイトの中にもQRコードコードを入れることで、沢山のトラフィックを見込めます。

Shopifyでは、ECサイトにサイトのQRコードを「Shopcodesアプリ」を利用して

作成することが可能です。

QRコードの作成方法について詳しく解説します。

商品ページのQRコード作成方法

商品ページのQRコード作成を行うには、

「Shopcodesアプリ」を使用します。Shopcodesアプリをインストールすることで

• 商品、商品リストの表示
• 注文の表示
• イベントの管理
• 価格などのデータ表

の操作が可能となります。

作成方法について手順を追ってみてみましょう。

Shopcodesアプリのインストール

Shopcodesアプリのインストール方法は、以下の通りです。

  1. Shopify app storeに接続し、「Add app」をクリック
  2. 「アプリを追加する」をクリック
  3. 「アプリをインストール」と出てくるのでクリック

商品ページからQRコードを作成

次に、商品ページからQRコードを作成しましょう。

  1. 既に登録している商品を選択し、商品ページの右上にある「その他の操作」をクリック
  2. クリックするとドロップメニューが現れ、「Shopcodesを作成する」を選択
  3. QRコードのタイトル入力画面が表示されるのでタイトルを入力し、ユーザーがQRコードをスキャンしたときのリンク先を選択
  4. 「Shopcodesをダウンロードする」をクリックし、PNGまたはSVGファイルでダウンロードする

オンラインでのQRコードの共有はPNG、印刷物ではSVGが読み取りやすいです。

アプリからQRコードを作成

アプリからQRコードを作成する方法です。

  1. 管理画面からShopcodesアプリに移動する
  2. Shopcodesをクリックし、「Shopcodesを作成する」を選択
  3. その後QRコードにしたい商品を選び、「商品を選択する」をクリック
  4. QRコードのタイトル入力画面が表示されるので、タイトルを入力し、ユーザーがQRコードを読み取った後に接続するリンク先を指定
    ※このときに、QRコードの説明文も入れたい場合は、ヘルプテキストのチェックボックスをオンにすると説明文の説明を追加しましょう。
  5. リンク先の指定をした後、「Shopcodesを作成する」のボタンをクリックし、「Shopcodesをダウンロード」を選択

上記で説明した通り、PNGまたはSVGファイルでダウンロードをしましょう。

Shopcodesの編集・削除

QRコードの編集や削除方法についてみてみましょう。

  1. 編集・削除したいQRコードを選択
  2. このときに「情報の変更」または「Shopcodesを削除する」をクリック(別の商品と紐付けることも可能。)
  3. 「Shopcodesを削除する」をクリックした場合は、削除完了。情報を変更した場合は、「保存」をクリックして情報変更完了。

既存のQRコードを編集しても、ユーザーを自動的に新しい情報に誘導するので、

再度ダウンロードをする必要がありません

レポートでShopcodesを追跡

レポートでShopcodesを追跡する場合は、以下の手順で行います。

  1.  管理画面から「Shopify app store」に移動
  2. 「Shopcodes」を選択
  3. 見たいレポートのコードを選択
  4. レポートセクションで「トラフィックの表示」または「コンバージョンの表示」を選択

以上の流れでマーケティングに関する売上やセッションのレポートを表示できます。

商品にQRコードを使用する方法

商品にQRコードを使用する方法として以下の3つがあります。

• パッケージにQRコードを使用
• 小売店のディスプレイでQRコードを使用
• マーケティング資料にQRコードを使用

これらの方法を使うことで、より商品に対する理解が深まり、

リピート購入へとつなげられるでしょう。

パッケージにQRコードを使用

商品のパッケージにQRコードコードを入れることで、

ユーザーが商品の詳細についてより理解できるようになります。

また、モバイルでQRコードをスキャンし直接購入できるようにすることで、

リピート購入へとつなげられるかもしれません。

ユーザーが、商品に対してさらに興味を持ってもらえるように、

パッケージにQRコードを使用してみてはいかがでしょうか。

小売店のディスプレイでQRコードを使用

小売店のディスプレイにQRコードを使うことで、

小売店が閉店していてもShopifyへと誘導することが可能です。

小売店でも、在庫を置くスペースも限られています。

在庫を手元に置かなくてもShopifyで管理できるようになれば、

小売店のスペースを有効的に活用できます。

さらに、来店したユーザーに興味を抱いてもらえる可能性も高まるでしょう。

マーケティング資料にQRコードを使用

他の商品をQRコードコードで資料にまとめ、宣伝に使うこともできます。

QRコードを読み取ることで、直接URLを入力する手間を省き、直ぐにShopifyへと接続できます。

ビジネスの場では、簡潔に説明しながら流れを作る必要性があります。

カメラでQRコードを読み取ることで、スムーズな商談へと進められるでしょう。

QRコードを導入して、ユーザーを増やそう

QRコードは様々な場面でスマートに活躍できます。

商品をQRコードコードにするだけでなく、商品のパッケージに埋め込んだり、

小売店のディスプレイに埋め込んだりすることも可能です。

小売店が閉店中でも、ディスプレイに埋め込まれたQRコードコードを読み取り、

商品購入へつながることもあるかもしれません。

ユーザーの手を煩わせず、簡潔かつスピーディーに商品へと案内できるQRコードを、

あなたのサイトで扱う商品に取り入れてみてはいかがでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。