カラーミーの送料設定方法は簡単?売上げアップにつながる配送設定を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーの送料設定方法ついて知りたい
という方のために、カラーミーの配送設定や送料設定方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーの配送設定がわかる
  2. カラーミーの送料設定がわかる
  3. カラーミーの配送・送料の便利な設定がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではカラーミーの送料設定方法について解説していきます。

 

カラーミーの配送方法の設定

カラーミーの配送方法の特徴は、配送方法がいくつかあり選択できることです。

配送方法の設定は、ユーザーが使いやすいということが、一番大事なポイントと言えます。

集客アップにつながるように、カラーミーの配送設定をしておかなければいけません。

カラーミーショップでの配送方法の設定について、みていきましょう。

配送会社を選ぶ

管理画面上部「メニュー」→「ショップ作成」→「配送」

と進むと配送設定に移動することができます。

「新規登録」をクリックすると、

配送方法設定編集画面に移動するので必要事項を入力していきます。

最初に配送会社を選ぶ項目があるので、利用したい配送会社名を入力してください。

どの配送会社を選べばいいか迷う場合は、「配送会社選びに迷ったら」をクリックすると、

主な配送会社の比較を見ることができるのでチェックしてみましょう。

配送業者などの画像を設定する

配送会社を決めたら、配送業者のロゴ画像を設定するとユーザーにとって識別しやすくなります。

配送を選ぶ場合、文字だけよりも画像があると、ユーザーが視覚的にわかりやすくなり親切です。

配送業者のロゴなどをアップロードすれば、

「配送方法・送料について」の箇所と「配送方法を選択」に

配送会社のロゴ画像が表示されるようになります。

画像を使うとユーザー間違いにくくなるので、トラブルを防ぐことにもつながるでしょう。

お届け日時の設定

配送設定にあるお届け日時の使用設定をしておくと、

自分の都合に合う配送日や時間帯などを選べるので、購買意欲を高めることにつながるでしょう。

管理画面上部メニューからショップ作成、配送と進むと配送基本設定になります。

その中から配送日時設定を選び、「使用する」を選択すると使用設定ができます。

お届け可能な日時の範囲を設定することができるので、開始日や最終日などを設定してください。

設定しない場合は開始日を注文日、最終日は注文日から30日後となります。

配送料金に関する設定

カラーミーショップの、配送料金に関する設定を解説していきます。

配送設定が終わったら、送料設定が可能となるので設定を行っていきましょう。

カラーミーの配送料金は計算方法による設定は、下記の4パターンに分かれています。

• 全国一律
• 注文金額に応じた送料設定
• 配送地域による設定
• 重量による設定

自分の運営方法に合うパターンを選ぶために、

4パターンそれぞれの配送料金に関する設定について、みていきましょう。

全国一律で設定する

全国どこでも同一料金とする、配送料金を全国一律の設定方法です。

全国一律同じ料金とするメリットとしては、購入者にとってわかりやすいため

購買意欲につながると言えます。

ただし、地域によっては配送料がマイナスとなることも考えられるため、

バランスを考えて設定するようにしてください。

配送会社によっては、出荷数によって特別料金契約ができる場合もあるので、

確認して検討してみましょう。

注文金額に応じた送料設定

この設定はよくショッピングサイトなどで見かける、

いくら以上お買い上げの場合は送料無料などという注文金額に応じた送料設定です。

この配送料金設定のメリットは、送料無料にするために買い足そうとする心理が働くことです。

あと少し足せば送料が無料になるとなれば、安い商品を付け足して売上げアップにつながります。

注文金額に応じた送料設定にする場合は、

売上げにつながるような単価の安い商品も用意しておくことが大事です。

配送先地域による設定

配送先の地域による送料設定は、関東地域の配送料は500円、

その他の地域は800円などという設定方法です。

ショップ側が送料で大幅に損をしないよう、リスク回避がメリットとなります。

地域による配送設定の問題は、

離島などの場合高くなってしまうため購入者が避けてしまう可能性があることです。

そのため、離島料金がかからない、

ゆうパックやクロネコヤマトの宅急便を利用するとよいでしょう。

地域による配送設定は、

ショップ側の地域によっては送料が高くなるというデメリットがあります。

重量による設定

商品の重量ごとによる送料設定方法です。

たとえば、3kg以上の場合は送料800円、

それ以下は500円など重量の設定をすることで送料を設定することができます。

そして、商品の重量と地域別の送料設定を組み合わせることもできます。

3kg以上の場合、関東地域は送料500円でその他の地域は800円という設定などです。

特定の商品だけを送料無料にしたい場合は、

無料にしたい商品に1000gと設定し送料が発生する商品には0gと入れます。

商品重量を基準に設定にある詳細設定で「0g~999g」には地域別の送料を設定、

上記g数以上の場合に送料0円としておくとできます。

知っておきたい便利な設定

カラーミーの基本的な配送設定や送料設定以外に、便利な設定もあります。

購入につながる配送設定は、細かな部分まで知っておくことが重要です。

スムーズで運営に合った配送設定をすることで、利益につながります。

カラーミーの配送設定で知っておきたい便利な設定について、みていきましょう。

都道府県別リードタイム設定

配送設定の中のお届け日時設定では、都道府県別のお届け日時を設定することができます。

都道府県別リードタイム設定というもので、

お届け希望日や時間に加算する形で設定が可能です。

ただし、都道府県リードタイム設定はレギュラープラン・ラージプラン・プラチナプランのみが

利用できる機能です。

通常の配送日時指定よりも最短のお届けを可能にする機能なので、

早く商品を手にしたいユーザーにとってとても良いサービス機能となるでしょう。

配送伝票番号設定

配送伝票番号を、ユーザーに知らせることができます。

配送伝票番号設定を使用するにして、

配送設定画面にある受注内容編集画面に配送伝票番号の欄が追加されます。

この欄に配送伝票番号を入力すれば、

受注メールや発送メールに番号が記載されるので、ユーザーも安心です。

配送伝票番号は、配送の手続きを行ったあと配送会社から送られてきます。

そして、配送伝票番号確認URLも同時に表示される便利な機能です。

配送伝票番号がメールに記載されるようになれば、

検索しやすくなるので設定しておくとよいでしょう。

利用不可決済

利用不可決済とは、配送業者によってできない決済サービスを設定する方法です。

たとえば、代引き配送ができないメール便を選んだ人の場合は、

代引き配送を決済できないようにしておくことができます。

配送設定画面の中に、利用不可決済の欄があるのでチェックボックスを確認しておきましょう。

チェックした決済方法は、決済画面に表示されないようになっているので、

ユーザーとのトラブルを防ぐことができます。

配送や送料の設定で売上げアップにつなげよう

カラーミーショップの配送設定や送料設定について解説しました。

ユーザーにとって、配送や送料のサービスは大事な比較ポイントとなります。

そのため、運営側にとっても配送や送料設定はきちんとやっておかなければいけません。

このようなユーザーに寄り添った気配りが、商品購入につながることもあるので、

細かいところまでしっかり確認しておくことをおすすめします。

ユーザーが満足する配送や送料設定を選んで、

購買意欲を高めて売上げアップにつなげていきましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。