Shopifyで売り切れ表示を確実にする方法について

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyで商品が売り切れてしまったときの表示方法について知りたい
という方のために、在庫が少なくなったときに通知してくれるシステムや、売り切れ表示の大切さや再入荷通知について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 商品の在庫管理の大切さがわかる
  2. 取り扱い数が多い場合は在庫管理アプリで確実にできる
  3. 再入荷の際に通知してくれる機能がある
  4. 在庫切れでの販売を続ける意味がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyの売り切れ表示や在庫管理について解説していきます。

 

Shopifyの売り切れ表示はお客様が気持ちよくにショッピングをするには必要なことであり、

ショップ側も入荷数や時期について的確に判断できます。

Shopifyで在庫管理の大切さ

Shopifyでお店を運営するにあたって、在庫管理はしっかり行わなければなりません。

Shopifyのお店で商品の売り切れ表示が行われずに販売中のままだと、

様々なトラブルやクレームのもととなってしまいます。

クレーム処理に時間をかけていると、仕事の効率も悪くなってしまうでしょう。

在庫管理ができていないとリピーターを得にくい

今は、ショッピングもインターネットを利用することが主流になりつつあります。

どこにいてもスマホひとつで簡単に気に入ったものを買うことができて、

自宅まで届けてくれるのはとても便利です。

これから先も伸びしろがあるため、新規参入数もすさまじいものがあります。

Shopifyも年々シェアを広げているECサイトのひとつですが、

Shopifyのお店の中でも当然売り上げが多く、

リピーターを確実に獲得しているお店というのは、商品の在庫管理がしっかりできています。

これは、ShopifyというECサイトに限らずいえることです。

もし、何らかの不具合で在庫管理が行き届かずクレームとなった際は、

スムーズな対応ができないと魅力的な商品を販売していても、

顧客を手放すことになってしまうでしょう。

在庫ありで決済されてしまう

Shopifyのお店で在庫管理がしっかりできていないと、

売り切れ表示がされないままになってしまい、

お客様は在庫があると思って普段どおり購入してしまいます。

しかし、実際は商品は売り切れているため発送することはできません。

そうなれば、お客様に事情を説明して謝罪し、

カード決済をしている場合は決済取り消しなどの手順を踏むこととなります。

お客様によっては、SNSでお店のクレームをあげるような人もいますし、

手続きに手間取ってしまうと大きなクレームとなる可能性もあります。

もちろん、決済の取り消しやお店の在庫の訂正などにも時間を割くことになるでしょう。

Shopify売り切れ表示の方法

Shopifyのお店で商品が売り切れてしまったとき、どのように表示すればいいのでしょう。

管理画面を使って手動で設定するというシンプルで分かりやすい方法から、

在庫管理アプリを使って効率的に在庫を管理し、売り切れを見逃さない方法などがあります。

それぞれ使い勝手のよい方法を選び、売り切れ表示は漏れのないようにしてください。

「売り切れ」と表示する

売り切れた商品を「売り切れ」と表示する、いちばんシンプルで分かりやすい方法です。

Shopifyのサイト内の「自動コレクション」という機能を使用することによって

簡単に設定することができます。

これは在庫管理アプリを使う方法ではないので、手動で行わなければなりません。

もしくは、デフォルトのカタログコレクションを使う方法があります。

コレクションの自動条件を設定し、在庫切れになった商品を非表示にするものです。

これらの方法なら売り切れている商品が表示されることはないので、

安心してサイトの運営ができます。

簡単に設定できるので忘れずに行うようにしましょう。

在庫管理アプリを利用する

在庫管理アプリを利用して、

売り切れもしくは在庫が減少していることをお知らせしてもらう方法があります。

Shopify アプリストア内には在庫管理アプリが複数あり、

これらのなかから使い勝手のよさそうなものを選ぶことができます。

自動コレクションを変更したくない人は、このような在庫管理アプリの利用がおすすめです。

今はまだお店の取り扱い商品数が少ないのであれば、

目視による在庫管理が出来るかもしれません。

しかし、今後商品を増やす予定でいたり、日々の在庫管理に時間を割けないという場合は、

最初からアプリを利用した管理方法を検討してみましょう。

取扱商品数が多い場合はアプリを利用しよう!

店舗での取り扱い商品数が多い場合は、

初めからアプリを利用して在庫管理をした方がミスも少なくなります。

毎日確実に在庫を管理していると思っていても、

ひとりで管理している場合は代わりをしてくれる人がいません。

急な病気や用事などでShopifyのお店にタッチできないときなどは、アプリが役立つでしょう。

Stocky

Shopify社が開発した在庫管理アプリで、かなり高い評価を得ているアプリのひとつです。

その理由は、市場分析と需要予測を効果的に行うことを可能にしているから。

分析としては、販売実績やトレンド、季節などを意識して市場評価をし、

あなたのShopifyのお店に発注案を通知してくれます。

どのような商品を発注するかは、お店の運営で悩ましいところ。

そのため、このような発注案はかなり参考になるでしょう。

ConnectPOS

Shopifyの在庫管理アプリの中でも、最も実力のあるアプリとして知られています。

各店舗の在庫量や注文、販売実績といった情報をシステムに反映させることが可能です。

また見逃せない機能として、

インターネットに接続できないという事態が起きてしまったとき、

オフラインモードで顧客や商品の情報を読み込めるという機能があります。

不測の事態は滅多に起きないこととはいえ、このようなリスク管理となる機能が付いていれば、

Shopifyのお店の運営をするにあたって安心感につながるでしょう。

Skubana

Shopifyだけではなく、いつくかのお店を持っている人にもおすすめのアプリとなっています。

注文や在庫、販売コスト、収益性のデータを分析し、同期することが可能です。

注文に迅速に対応できるので、売上損失は最小限に抑えることができます。

これ以外に、主要な輸送会社からの配送ラベルの出力をしたり、

サードパーティのフルフィルメントセンターに注文の自動転送を行う事も可能です。

その他にも便利な機能が利用できるため、月額使用料は1,000ドルと多少高額です。

TradeGecko

マルチチャネルの在庫管理をサポートしてくれるアプリとして人気があります。

お店の運営側はそれぞれの在庫と、

どのくらいの在庫レベルになっているかを把握することができる他、

販売においてのプロセスも分かる使い勝手のいいアプリです。

アカウント管理もでき、あらゆる会計ソリューションと統合させることもできるので、

使い方次第ではかなり強みとなってくれます。

月額使用料は4つのプランがあり、ユーザー数と統合機能の数に応じて選ぶ事が可能です。

Stock Sync Inventory Update(株式同期)

在庫管理アプリの中ではとくに人気があり、

在庫の更新は在庫の同期を使用するので製品追加いらずです。

在庫管理に対応する時間を大きく削減することができるため、時間の節約になります。

ファイル形式もあらゆるタイプのものを読み込んでくれますし、

圧縮ファイルも読み込むことができます。

無料プランもあり、14日間お試しができるため、

よく考えて導入を決めることができるアプリです。

価格は3種類から選択が可能で、ベーシックプランは月額5ドルです。

おすすめ機能があるアプリも!

Shopifyに入れることができるアプリの種類はかなり多いため、

お店の運営に合ったものを選ぶのは大変です。

アプリを選ぶときに困ったら、

おすすめ機能があるアプリから選んでみるのもひとつの方法です。

このような機能があったらいいなと思うアプリを厳選して紹介しますので、

参考にしてみてください。

再入荷通知をしてくれるアプリ

Back In Stock: Customer Alertsというアプリは、

商品が売り切れた場合に再入荷をお客様にメールとSMSで通知してくれます。

Shopifyは越境ECサイトであるため、人気のある商品は世界から注目されています。

そのため、再入荷通知をしてくれることで確実に商品の購入につなげることができます。

アパレルや靴など、欲しいサイズがなく諦めないといけないケースには特に効果的です。

在庫があれば確実に売り上げにつながるお客様を逃すことがないといった点で、

高い評価を得ています。

また、Shopifyで複数のお店を運営している人にも多く利用されています。

インストールは30秒ほどで完了するので、すぐに利用することができる手軽さも高評価です。

予約販売を導入できるアプリ

Pre order Now PreOrderは予約販売ができるアプリです。

予約商品の設定をすることによって、「カートに追加」のボタンが

「予約購入する」ボタンに変更されます。

そのため、通常購入と予約購入の違いが分かりやすく、

Shopifyのお店を利用するお客様にも間違いが起きにくくなります。

購入は通常購入と同時にでき、

「Pre-order」というタグが付けられるので注文一覧表からも予約購入の

商品を見つけやすくなります。

導入方法はShopify app shore から Pre order Now をあなたの

Shopifyのお店にインストールするだけです。

インストールできたら、Pre order Nowの管理画面から設定を行ってください。

予約販売を導入することによって、確実に売り上げにつなげることはもちろん、

リピーターの獲得など、あらゆる可能性を広げることが可能になります。

売り切れた商品をページの最後に移動してくれるアプリ

Out of Stock Policeというアプリは、売り切れた商品をページの最後に移動してくれます。

使い勝手もよく、一番多く導入されている在庫切れ商品の管理アプリです。

売り切れ商品をページの最後に移動することで、ショッピングがしやすくなります。

お客様が利用しやすいスマートなお店作りには欠かせないアプリといえます。

なにより手動で売り切れ商品の対応をする手間が掛からないので、

作業の効率化につながるでしょう。

また、在庫不足や在庫切れになった時には通知もしてくれます。

在庫切れになる前にメールでお知らせしてくれるアプリ

在庫アラートというアプリは、在庫を通知したい商品をあらかじめ設定し、

在庫が指定の数よりも少なくなったときに通知してくれます。

在庫の数を指定できるため、タイミングを逃すことなく発注ができます。

複数の製品を登録することができ、通知数の制限もありません。

毎日のように在庫の確認をしなくて済むため、在庫管理の効率化に大きく貢献します。

また、在庫切れがあまり見られないショップとして、

お客様からの信頼を得やすくなることも期待ができます。

費用は3つのコースがあり月額29ドルから使用できますが、

30日間無料でアプリを使うことも可能です。

在庫切れでも注文を受け付ける方法

あなたのShopifyのお店で商品が在庫切れであっても、

あえて在庫切れの表示をすることなく販売を続ける方法もあります。

この方法を導入することによって、

お客様があなたのお店でショッピングをする機会を失うことがなくなり、

売り上げに繋げられるかもしれません。

「あの店はいつも商品があるお店」という印象を与えることもできます。

既に発注して入荷予定がある状態にする

お店に注文が入ったときは商品が売り切れ状態でも、

既に発注済で商品到着日がだいたい分かっていれば安心して販売することができます。

お客様には「発送日について〇月〇日以降の発送になります」というような案内を出したり、

個別の商品の紹介欄に記載していれば問題はありません。

在庫が切れてから商品を発注する・在庫がほとんどない状態にならないと商品を発注しない、

といったやり方は在庫を抱えるリスクは少なくなりますが、

同時にお客様のせっかくの購買機会を逃してしまうことにもなりかねないでしょう。

受注から発送までのスピードを上げる

あなたのShopifyのお店がどのような商品を取り扱っているかによって違いはありますが、

信頼できる取引先を選んでいくことが大切です。

スピーディーに発注処理をしてくれたり、納品が遅れるときの対応をしっかりしてくれる

取引先を選ぶことで、安心してお店の運営ができます。

また、Shopifyは越境ECサイトなので、海外からの注文を受注することもあります。

発送までのスピードを上げることは、リピーターを増やすことにもつながります。

Shopify 売り切れ 表示を知ることで信頼されるお店に!

運営するShopifyのお店が信頼を獲得するための条件のひとつとして挙げられるのは、

在庫管理がしっかりできていることです。

商品の売り切れ表示をせず販売し、あとでキャンセル扱いするようなことがあれば、

そのお客からの信頼を取り戻すことは難しくなります。

こうした不手際を出来る限り無くしていくことが、

最終的には信頼されるショップとしての評価につながります。

Shopifyのお店ではアプリを上手に利用して、

効率よくリスク管理のできるお店を展開してください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。