ShopifyとWixを比較!それぞれの違いとメリットとは

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyとWixについて知りたい
という方のために、それぞれの基本と違いなどについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ShopifyとWixの基本的なことがわかる
  2. ShopifyとWixを比較することで自分に合う方を選べる
  3. WixからShopifyに切り替える人の理由がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyとWixの比較 について解説していきます。

 

ShopifyとWixを比較することにより、それぞれの違いを理解し、

どちらで自分のお店を出すほうが合っているのか、売り上げにつながるのかを知ることができます。

ShopifyとWixの基本

ShopifyとWixとは基本的な部分で違いがいくつかあります。

ShopifyとWixにはそれぞれのよさがあるので、まずは、

ShopifyとWixの両方を知っていきましょう。

双方の基本的なことを知ることで、自分のお店を出すときにどちらが合っているのか、

運営していきやすいのかなどを知ることができます。

Shopifyについて

Shopifyは、サポートがしっかりしていることで有名です。

世界的な規模のECサイトであるため、

カスタマーサポートは24時間無料で相談や問い合わせができるようになっています。

本業としてShopifyに取り組んでいる人だけでなく、副業として取り組んでいる人にとっても、

24時間対応は非常に便利です。

また、ストアの商品数を増やしたり、たくさんのお客様が殺到したりしても、

料金を別に請求されることがないので安心してお店を大きくできます。

はじめは小さなお店からスタートした人も、どんどんと売上を増やして成功することも可能です。

加えて、プロがデザインした70種類ものテーマから選んで、

自分好みのお店を作ることができます。

Wixについて

Wixは無料でホームページを作ることができるツールです。

そのなかに、ECストアを初期費用無料で開設できるというサービス「Wix Stores」があります

500種類以上あるテンプレートの中から自由にデザインを選ぶことができるので、

満足度の高いお店作りが可能です。

お店作りも、ドラック&ドロップができれば簡単に作れます。

難しいコード入力のような専門知識を必要としないため、気軽に始めやすいのも特徴です。

お店の公式サイトのなかにECサイトを構築してみたいと思った人が

手軽にお店を作ることができるサービスとなっています。

しかし、Wixのメインはホームページ制作となっています。

Wixi以外のWebサイトでは使えないので、幅広い利用をするのは難しいでしょう。

将来的にお店を大きくしたい場合には不向きかもしれません。

ShopifyとWixを比較する

ShopifyとWixを項目別に比較すると、それぞれの特徴が分かりやすくなるでしょう。

あなたがお店を運営するにあたって、何を重要視するのかを考えて、

納得できる方を選ぶことがポイントです。

とくに、お店の運営で大事な利用料金や困ったときのサポート体制、

お店作りに重要なテンプレートやデザインについてまとめています。

利用料金

Wixストアの料金は、3つのプランから構成されています。

・ビジネス~23ドル
・ビジネスプラス~27ドル
・ビジネスVIP~49ドル

金額の違いはデータ容量の違いであり、

ビジネスは20GB・ビジネスプラスは35GB・ビジネスVIPは50GBなります。

また、動画アップロード時間についても違いがあります。

金額の違いはさほどないため、

データ容量もしくは動画アップロード時間でプランを考えてもよさそうです。

一方、Shopifyストアの料金も、3つのプランから構成されています。

・ベーシック~29ドル
・スタンダード~79ドル
・プレミアム~299ドル

スタッフアカウント(サイト制作・運営へアクセスできる)人数が、

2人→5人→15人に増えます。

このほか、クレジットカードの手数料の違い、

国別に価格を設定できるなどのサービスが追加されます。

決済方法

Wixストアの決済方法はこのような方法があります。

・クレジットカード決済
・コンビニ/銀行払い
・PayPal
・Alipay(Stripeによる決済代行)
・Pay-easy(法人のみ利用可能)
・現地支払い、アプリ支払い

一方、Shopifyストアの決済方法はこのような方法があります。

・クレジットカード決済
・Paypal
・コンビニ/銀行払い
・Google Pay
・Apple Pay
・Amazon Pay
・携帯キャリア決済
・ビットコイン

ビットコインで支払いができるというのは画期的です。

しかしどちらの決済方法も、便利かつ利用しやすいものになっています。

Shopifyストアの方が多少種類が多いとはいえますが、大きな差はないでしょう。

ターゲット層

WixもShopifyもターゲットにしているのは、ビギナー層です。

Wixは小規模での運営に向いていますが、Shopifyは小規模から大規模まで幅広く運営できます。

小規模でしか運営しない人にとってはどちらもあまり差は感じませんが、

将来的にお店を大きくするかもしれない、大きくしたいと考えているのであれば、

Shopifyの方がおすすめです。

また、Shopifyはお客様が増えたときを考慮したシステムになっており、

お客様目線からも幅広いサービスが充実しています。

自分のお店の運営規模や、将来のビジョンに合わせて選ぶことが大切です。

サポート体制

WixとShopifyのサポート体制はこのようになっています。

・Wix~ 電話、ライブサポート、チャット、チケット
・Shopify~ 電話、ライブサポート、チャット、チケット

お店を始めるときは、最初からスムーズにいくわけではありません。

必ず不安や疑問点が出てくるはずです。

そんなときに心強い味方となってくれるのがサポートです。

それぞれのサポートは、電話・ライブサポート・チャット・チケットと、同じ内容になっています。

どちらもサポート体制は整っているので、どちらを選んでもあまり差はありません

テンプレートの数

WixとShopifyのテンプレートの数はこのようになります。

・Wix~120種類以上のネットショップテンプレートを無料で提供。
・Shopify~ Shopify公式のテーマは100種類程度、非公式のものだと1000種類以上が利用可能。

Shopifyでは、テンプレートのことを「テーマ」というのが個性的です。

しかし、Shopifyで無料で利用できるテーマは現在10しかないので、

無料にこだわっていると個性を発揮したお店は作れないかもしれません。

公式で販売されているものは180ドルからとなっていますが、

金額については変更する可能性があります。

テンプレートの数は、WixとShopifyでは明らかに差があります。

Shopifyはほとんどが有料ですが、種類の多さを考えると個性的なお店を作ることができます。

サイトのデザインのしやすさ

WixとShopifyで、サイトのデザインのしやすさには少し違いがあります。

Wixは、ドラックアンドドロップを使って好きな大きさや形、色合いをカスタマイズできます。

さらに、好きな場所にボタンを設置することもできたりと、

かなり細かく柔軟なECサイトをデザインできます。

細かな点にもこだわりがあるという人に向いています。

一方、Shopifyはテーマの数が多く、有料のものにはデザイン性の高いものも数多くあり、

すべてを比較できないくらいの種類がそろっています。

しかし、Shopifyにはデザインを細かく調整する機能はなく、

決まっている型に写真などを入れ込んでいくイメージです。

細かな調整がしたいという人にはWixをおすすめします。

モバイル対応

WixとShopifyもモバイル対応ができるようになっています。

現代のECサイトではモバイルに対応できないほうが珍しくなってきました。

PC版で作成したデザインをもとにして、自動でモバイル対応ができるのでとても便利です。

Wixの場合はPCでもスマホでも細かな調整が可能で、

文字の大きさやカラー、位置の調整もできます。

細かな調整ができる点がWixの最大の魅力ともいえます。

一方、ShopifyはPCでもスマホでも細かな調整はできません。

ECサイト作りをするときに、

サイトのデザインを重要視するのであればWixを選んだほうがよさそうです。

ShopifyとWixそれぞれのメリット

WixとShopifyにはそれぞれメリットがあります。

双方を比較するときこのメリットに注目をしてみると、

自分がどちらを選べばいいのかが分かりやすくなるでしょう。

それぞれのメリットをしっかりチェックして、より自分に合ったツールを選んでください。

Shopifyのメリット

Shopifyは、越境ECサイトとして飛躍的にシェアを伸ばしていることで知られています。

世界170ケ国以上で利用されているECサイトなので、

主要国ではどこでも利用できるようになっています。

メリットとして挙げられるのは、SNS連携が簡単という点です。

Shopifyにお店を出しているだけでは集客は難しく、

SNSを上手に利用して売り上げアップに繋げることが重要です。

また、ShopifyはECサイトを運営するコストが低いのもメリットとなっています。

手頃な料金で幅広いサービスがあり、決済時の手数料も全体的に安く設定されています。

決済手数料が安いということは、商品がたくさん売れたときに利益を得やすいということです。

Wixのメリット

Wixのメリットは、

Wixでホームページを作成することによってホームページ上でお店を始められる点です。

初心者でちょっと始めてみたい、副業としてお店経営をしたいと考えている人にとっては、

始めやすいことは大きなメリットです。

ホームページを作る専門知識がない人でもホームページが作れるうえに、

それが月額料金がかなり安くなっています。

パソコンの画面上に細かく出てくるコードについても入れ込む必要がありません。

(設定は簡単な方法が取り入れてあります)

メールアドレスだけでホームページが作れるようになっており、

初心者でもデザインがしやすい点は大きなメリットでしょう。

動きのあるサイトを作りたい人向けであり、

スクロールの動きに合わせて動くパララックスをつけることもできます。

ショップをはじめるならShopify とWixどちらにする?

実際にショップを始める場合、WixとShopifyそれぞれメリット・デメリットを比較して、

どちらを利用するか検討する必要があります。

各サイトそれぞれで、おすすめしたい人についてみていきます。

Shopifyがおすすめな人

インスタグラムで見たことがある人も多いShopifyは、

SNSを上手に活用すれば世界的に商品を販売できるECサイトです。

商品の販売を日本だけではなく世界的に考えている、

もしくは海外の人にもECサイトを見てもらいたい人にとっては、

数あるECサイトの中でもとくにおすすめです。

今や世界的に有名で、これからまだまだ日本でも広がっていくと考えられており、

どんどんと販売数を伸ばして活躍できる可能性があります。

また、非常に便利なオープンロジの出荷代行サービスが利用できます。

Shopifyにあるオープンロジアプリを利用することで、Shopify上の在庫データと、

オープンロジの倉庫の在庫数を自動連携させることが可能です。

Wixがおすすめな人

WixのECサイト構築機能から簡単にお店を作ることができるので、

プログラミングの専門知識がない人にはとくにおすすめです。

これまで、ECサイトの作成をプロに依頼すると費用がかかるため、

自分の店を持ちたくても躊躇していた人にも向いています。

また、自分のホームページ上のお店になるので、

趣味のものを販売したりする小規模~中規模の運営を考えている人にもいいでしょう。

本業でECサイトを運営したい人より、

副業や、手軽にお店を開きたい、利益はそこまで追求していない人などに向いています

手数料はShopifyに比べると少し掛かりますが、そこまで大きな差はありません。

WixからShopifyに切り替える人が増えている理由

日本ではさまざまなECサイトが利用できるので、

まだWixとShopifyについても知られていない部分はたくさんあります。

しかし、いち早く情報を得て自分のお店を始めている人もいますし、

インスタグラムなどで見かけたことがある人も多いかもしれません。

数あるECサイトの中でも、WixとShopifyは比較されることが多くなっています。

それはどちらも、魅力的なECサイトだからです。

しかしここ最近の流れとして、WixからShopifyに切り替える人が増えています。

その理由の多くは、Shopifyの方が本格的に海外を視野に入れたお店が運営できるからです。

最初は小規模でいいとお店を始める人もいますが、趣味で作成しているものが注目され、

日本だけでなく世界中から注文が入る、といったことも今では珍しくありません。

また、Shopifyには公式のもの以外に非公式アプリも数多くあり、

それらを上手に使うことで運営のしやすいお店作りが可能になります。

この運営のしやすさと、世界に向けて販売ができる可能性の高さを求めて、

Shopifyに切り替える人が増えてきています。

Shopifyでお店をはじめよう!

Shopifyは利用のしやすさと手数料の安さ、SNSで販売できる手軽さなどが相まって、

ますます世界的なシェアを拡大しています。

これからお店を始める人は、まずShopifyの利用を検討してみることをおすすめします。

カスタマーサポートも充実しているので、ビギナー向きという点もメリットです。

自宅にいながらスマホで簡単に買い物ができる時代になり、

日本だけではなく、世界中の商品を簡単に購入できるようになりました。

興味がある人は、ぜひお店をはじめることを検討してみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので

下の記事ぜひ読んでください。