Shopifyのページビルダーはランディングページ作成に役立つ!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのページビルダーについて知りたい
という方のために、ページビルダーの概要や利用するメリットなどについて解説します。

この記事を読むことで、

  1. ページビルダーが何なのかわかる
  2. Shopifyでページビルダーを利用するメリットがわかる
  3. おすすめのページビルダーアプリがわかる
  4. ページビルダーアプリ導入の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyでページビルダーを利用するメリットや、概要などについて解説をしていきます。

 

Shopifyでページビルダーを利用するメリット

ページビルダーとは、Webサイトやランディングページの作成ができるツールです。

一般的に、Webサイトやランディングページの作成には、

コーディングのスキルが必要ですが、ページビルダーは専門知識やスキルが不要です。

直感的に使用できるため、誰でも簡単に本格的なランディングページを作成できます。

ここでは、Shopifyでページビルダーを利用する、具体的なメリットをお伝えしましょう。

オリジナルのランディングページを作成できる

ランディングページは、アクセスユーザーが最初に目にするページです。

そのため、多くのWebサイトやオンラインストアでは、

ランディングページのデザインに気を配ります。

ページビルダーを用いれば、

Shopifyで使用できるオリジナリティの高いランディングページを作成できます。

これが、ページビルダー導入で得られる、もっとも大きなメリットといえるでしょう。

Shopifyには、さまざまなテーマが用意されているため、

誰でも簡単にランディングページを作成できます。

しかし、デフォルトのテーマを使用すると、

どうしても他のストアと似たり寄ったりのページになってしまうデメリットがあります。

ページビルダーを使用すれば、このような問題をクリアでき、

個性を前に出したオリジナリティの高いページの作成が可能です。

低コストでランディングページを作成できる

Shopifyのランディングページ作成を、外注する方も少なくありません。

先述した通り、ランディングページの重要性は高く、

見栄えがよくアクセスユーザーの興味をひけるようなデザインを採用する必要があります。

デフォルトのテーマだけでは難しいため、専門業者に外注し、

オリジナリティの高いページを作成してもらうのです。

ただし、専門業者に発注すると、当然費用がかかります。

「自身でコーディングを覚えればいい」と考える方もいますが、

コーディングスキルを身につけるには、それなりの学習時間が必要です。

スキルを身につけるまでは開業できず、

しかも最初から満足いくページの作成は難しいでしょう。

ページビルダーは、

ドラッグ&ドロップをはじめ、簡単な操作で直感的にページデザインができます。

わざわざ専門業者に依頼したり、コーディングスキルを身につけたりする必要がなく、

コストを抑えられます。

専門知識不要でスピーディーな作成が可能

オリジナルのランディングページを作成するには、コーディングスキルが必要です。

プログラミング言語の使い方を覚える必要があり、

マスターするまでにある程度の時間もかかるでしょう。

ページビルダーなら、専門知識が不要です。

先ほどもお話しした通り、簡単な操作で本格的なページデザインができるツールなので、

専門知識や技術が必要ありません。

そのため、初めてランディングページを作成する方でも、スピーディーにページを作れます。

すぐにでも魅力的なランディングページを作りたい、カスタマイズしたい、

と考えている方に適したツールとなっています。

おすすめのページビルダーアプリ

現在、Shopifyのランディングページ作成に役立つ、

さまざまなページビルダーアプリがリリースされています。

アプリはインストールさえすれば、すぐにページ作成を始められるので便利です。

ここでは、Shopifyのランディングページ作成によく利用されている、

代表的な3つのページビルダーアプリを紹介します。

それぞれに特徴があるので、さまざまな部分を比較しつつ選んでみましょう。

PageFly Landing Page Builder

PageFly Landing Page Builderは、

PageFlyと略されることの多い人気のページビルダーアプリです。

ノーコードでランディングページの作成ができるため、

プログラミングやコーディングの知識、技術がまったくない方でも問題なく使用できます。

基本的な操作は、ドラッグ&ドロップです。

素材をドラッグ&ドロップで移動させ、自由自在にページの作成を行えます。

レスポンシブ対応のページを作成できるのも、特徴といえます。

また、デバイスごとにデザインを調整してくれるため、ユーザー側が何かする必要はありません。

さらにShopifyデータの埋め込みが可能で、日本語対応もしています。

困ったときには日本語でのサポートが受けられるため、初めて利用する方も安心できるでしょう。

気になる方は、無料版から試してみるのもいいかもしれません。

Gem Pages Page Builder & Funnel

こちらも、PageFlyと肩を並べる人気のページビルダーアプリです。

30,000以上の企業が導入している実績があり、

Shopifyアプリとしても2,000件以上のレビューと高評価を得ています。

基本的な操作はドラッグ&ドロップで、コーディングの知識や技術はいっさい必要ありません。

既存のテンプレートからページデザインを選択でき、

簡単にオシャレなランディングページを作成できます。

レスポンシブ対応のランディングページを作成でき、

あらゆるデバイスに対応できるのも特徴です。

また、全プランで作成ページ数に制限がありません。

多くのページビルダーアプリでは、プランによって作成できるページ数が異なります。

しかし、こちらのアプリは、作成の上限がないため、いくつでもページ作成が可能です。

Shogun Landing Page Builder

Shopifyで利用できるページビルダーアプリとして、高い知名度を誇ります。

専門知識や技術が不要で、誰でも簡単にランディングページを作成できると人気です。

基本操作は、ほかのページビルダーアプリと同様に、ドラッグ&ドロップで行えます。

もちろん、レスポンシブ対応のページ作成にも対応しています。

コーディングもできるため、気になるところは少し手を加えるといったことができ、

カスタマイズ性の高さが魅力です。

用意されているテンプレートの数も豊富なので、

コーディングをいっさいせずに仕上げることも可能です。

ただし日本語には対応していないため、日本語でのサポートは受けられません。

導入時にはそこに注意してください。

ページビルダーアプリ導入の注意点

簡単にランディングページの作成ができるページビルダーアプリですが、

導入にあたってはいくつか注意点があります。

ショップが重くなる可能性がある、ある程度デザインの知識が必要、

といった注意点があることは覚えておきましょう。

以下、Shopifyのランディングページをページビルダーアプリで作成するときの、

注意点についてまとめました。

ショップが重くなる可能性がある

ページビルダーアプリを使用すれば、

コーディング不要でランディングページの作成やカスタマイズが可能です。

ただ、ユーザーはコーディングをしなくてもよいのですが、

実際にはページの構成にコードが書かれています。

あくまで、アプリはコーディングを簡単にしてくれる存在であり、

実際にはコードがどんどん追加されていることは理解しておきましょう。

コンピューターに指示を与えるコードが増えれば増えるほど、ページが重くなる可能性があります。

ある程度デザインの知識が必要

ページビルダーアプリは、あくまでページ作成やデザインをサポートしてくれるツールです。

簡単にランディングページ作成やカスタマイズを行えますが、

どのようなデザインにするかは、ユーザーのセンスにかかっています。

そのため、デザインに関するある程度の知識は必要といえるでしょう。

ランディングページ作成や、デザインの知識がまったくない状態でページ作成をしてしまうと、

アクセスユーザーが見にくく、使いにくいストアになってしまう可能性があります。

事前にいろいろなShopifyストアに目を通し、

デザインに関する知識を増やしておくとよいかもしれません。

ページビルダーを活用して売れるページを作成しよう

Shopifyを利用して売れるショップを目指すには、

魅力的なランディングページの作成が必須です。

ページビルダーを使用すれば、

コーディングの素人でもオシャレで見栄えのよいページを作成できます。

ページビルダーを活用し、売れるページ作成に取り組んでみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。