Shopifyによくある質問を追加するメリットと方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyによくある質問を追加するメリットについて知りたい
という方のために、具体的な方法やメリットを解説します。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyによくある質問を追加するメリットがわかる
  2. FAQを作るうえで大切なポイントがわかる
  3. よくある質問を追加する方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyで構築したショップに、

よくある質問を追加する方法やメリットなどについて解説をしていきます。

 

Shopifyによくある質問を追加するメリット

よくある質問とは、WebサイトやECサイトなどで設置されることの多い、

頻度の高い質問と回答をまとめたページです。

商品やサービスをオンラインで販売している、

多くのネットショップやECサイトにおいても、よくある質問は設置されています。

Shopifyによくある質問を追加するメリットとしては、

ユーザーが知りたいことをすぐに知ることができ、

顧客満足度の向上につながることが挙げられます。

顧客満足度が高まれば、売上拡大やリピーター獲得といったメリットも得られるでしょう。

以下で、詳しく見ていきます。

ユーザーは知りたいことをすぐ知れる

Shopifyで構築したネットショップによくある質問を追加すれば、

アクセスユーザーは知りたいことをスピーディーに抽出できます。

ショップにアクセスしたお客様の中には、さまざまな疑問を抱えている方もいます。

「送料はいくらなのか」「返品はできるのか」「キャンセルしたいときはできるのか」など、

抱えている疑問はさまざまです。

よくある質問のページを設置し、これらの疑問に対する答えも用意しておけば、

アクセスユーザーはスピーディーに疑問を解決できます。

わざわざ問い合わせをする手間がなく、すぐ商品を購入してくれる可能性も高くなるでしょう。

運営者側にとっても、アクセスユーザーからの質問にその都度答える手間がなくなるため、

業務の効率化が実現します。

このように、よくある質問の追加は、顧客にとっても運営者にとってもメリットが大きいものです。

顧客満足度の向上につながる

ものやサービスを売るビジネスモデルにおいて、顧客満足度の向上は避けて通れない道です。

顧客満足度を高められなければ、お客様に商品やサービスを購入してもらえず、

売上や利益の拡大につながりません。

特に、オンライン販売の世界においては、多くのネットショップがしのぎを削る世界です。

星の数ほど競合がいる中で、ネットショップとして生き残るには、

いかに顧客満足度を高められるかが重要です。

顧客満足度を向上させられれば、再度ショップにアクセスしてもらえる可能性が高くなり、

リピーター獲得にもつながります。

リピーターをたくさん増やすことができれば、少ない労力で集客でき、

安定した利益の確保にもつながっていくでしょう。

このように、ネットショップ運営を成功させ安定した収益を得続けるためにも、

よくある質問の追加で顧客満足度を高める必要があるのです。

FAQを作るうえで大切なポイント

これから、Shopifyで構築したネットショップにFAQを追加したいと考えているのなら、

大切なポイントを押さえておきましょう。

FAQの追加に決まったルールはありませんが、大切なポイントを押さえておかないと、

的外れなことをしてしまうおそれがあります。

以下に、FAQを作る際の大切なポイントをいくつかピックアップしたので、

ぜひ参考にしてください。

問い合わせ内容を先読みする

アクセスユーザーがFAQのページを見るのは、疑問点や知りたいことがあるときです。

問い合わせをするのが面倒、今すぐ知りたい、

といった方がFAQページにアクセスするため、問い合わせ内容を先読みすることが大切です。

自身がオンラインで買い物をするとき、どのようなことを知りたいのか考えると、

何となくイメージできるでしょう。

ネットショッピングの際には、多くの方が送料や配送方法、

キャンセルや返品の可否などを確認したいと考えています。

そのため、これらの情報はFAQに必ず盛り込んだほうがよいでしょう。

ユーザーの目線で考える

よくある質問の追加にあたっては、アクセスユーザーの目線で考えることが大切です。

アクセスユーザーの目線にならないと、どのようなことを知りたいのか、

どういった不安を抱く可能性があるのか、といったことがわかりません。

ユーザーの心理を理解できないと、的外れな内容のFAQになってしまいます。

あまり意味のないFAQになってしまい、

ユーザーは結局運営元に問い合わせをしなくてはなりません。

これでは、アクセスユーザーにとって二度手間になってしまうため、

満足度を向上させられないでしょう。

ネガティブな印象を与えてしまい、今後二度とショップを使ってもらえないかもしれません。

ショップを訪れたユーザーが何を知りたいと思うのか、同じ目線になって考えてみてください。

他ショップのFAQを参考にする

初めてShopifyでネットショップを構築し運営する方なら、

どのようなFAQを作ればよいのかイメージできないかもしれません。

アクセスユーザーの目線になるといっても、よくわからない方もいるでしょう。

そのような方は、他ショップのFAQに目を通すことをおすすめします。

基本的に、ネットショップに設置されているFAQの多くは、似たり寄ったりの内容です。

そこまで大きな違いはないため、参考にするのは有効といえます。

できるだけ、自社のショップと同じような商品、サービスを扱っているショップを選び、

そのうえでFAQのページにアクセスし、どのような内容になっているのかを確認してください。

そこからさらに追加したい内容があれば、必要に応じてFAQを追加しましょう。

よくある質問を追加する方法

Shopifyによくある質問を追加するには、FAQ専用のページテンプレートを作成します。

そのうえでHTMLをコーディングし、管理画面から管理できるような状態に仕上げるのです。

ここからは、Shopifyで構築したネットショップに、

FAQを追加する具体的な方法を解説していきます。

テンプレートの作成

FAQをShopifyショップに追加するには、

固定ページとは別にFAQ専用のページテンプレートを用意します。

Shopifyにはさまざまなテーマが用意されているので、その中から選びます。

コード編集画面にアクセスし、[新しいtemplateを追加する]をクリックしてください。

[page.faq.liquid]のファイルを作成し、

[新しいsectionを追加する]から[faq-template.liquid]を作成します。

終わったら、page.faq.liquidを削除し、faq-template.liquidを読み込ませてください。

HTMLをコーディング

ここからは、FAQを表示させるための工程に移ります。

FAQを表示させるには、HTMLを追加しなくてはなりません。

記載するコードですが、インターネット上で検索すると、

FAQに使用できるコードのサンプルを公開しているWebサイトがいくつか見つかります。

その中から取得し、必要に応じて適宜調整して使用しましょう。

コーディングが終わったら、一度公開ページでチェックしてください。

きちんとFAQが表示されていれば問題ありません。

コーディングと聞いて、専門知識や技術が必要なのでは、

と感じた方がいるかもしれませんが、心配無用です。

サンプルコードを取得できれば、貼り付けるだけでOKです。

管理画面で管理できるようにする

ここからは、FAQの内容を管理画面で管理できるように仕上げます。

この工程により、管理画面から質問や答えの追加を行えるようになります。

追加したfaq-template.liquidのschemaを、別のコードに書き換えましょう。

必要なコードは、インターネット上にいくつか公開されていますので、

コピーしてそのまま使用してください。

すべての作業が終わったら、実際に反映されているかどうかを確認します。

正常に完了していれば、管理画面から質問を追加できる状態となっています。

メニューからFAQを選択し、見出しや答えを追加できるかどうか、確認してください。

もしできなければ、何かしら不備があると考えられます。

貼り付けたコードに間違いがないか、手順に漏れがないかなどをチェックしてみましょう。

FAQ追加で労力の軽減と顧客満足度向上を狙おう

FAQの追加により、運営側は労力や負担を軽減でき、ユーザーの満足度を高められます。

双方にwinwinの状態を生み出せるため、FAQの追加はおすすめです。

本記事でお伝えしたように、よくある質問の追加はそれほど難しくありません。

その割に得られるメリットは大きいため、ぜひこの機会に実装してみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。