Shopifyに必要な埋め込みアプリを開発してみよう!方法と流れ

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのアプリ開発について知りたい
という方のために、Shopifyで埋め込みアプリ開発をする方法やおすすめの埋め込みアプリについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 埋め込みアプリ開発の流れがわかる
  2. おすすめの埋め込みアプリがわかる
  3. Shopifyで埋め込みアプリ開発をするメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyのアプリ開発について解説していきます。

 

Shopifyで利用するアプリを自分でつくることができれば便利なのに、

と考えたことはありませんか?

Shopifyではアプリを自分で開発し利用することができます。

また、アプリ開発で報酬を得ることもできるのです。

Shopifyで重要なアプリの存在

Shopifyの魅力の一つは多彩なアプリがあり、

ストアにそれを導入することでストアの質を上げられることです。

Shopifyストアにはさまざまな種類の数多くのアプリがあります。

数多くあるいろいろなアプリの中から、

自分のストアに適したアプリを選びインストールしてストアの機能性を高めることができます。

アプリで質の高いストア構築ができる

Shopifyには、目的や用途に合わせたさまざまなアプリケーションが用意されています。

それらのアプリをShopifyストアに導入すれば、質の高いストア構築が可能です。

Shopifyストアは、さまざまなアプリの中から、自分のストアに適したアプリを選び、

インストールをして利用しましょう。

アプリは無料のものもあれば、有料のものもあります。

インストールをして簡単な設定をするだけで使えるものもあれば、

コード編集などが必要な場合もあります。

ストアのレベルに合わせたアプリを選べるのもShopifyのメリットでしょう。

無理をせず、自分のレベルやストアに適したアプリを実装し、便利で使いやすい、

またユーザーにとってもメリットのある、質の高いストアにカスタマイズできるのです。

Shopifyのメリットの一つは数多くあるアプリ

Shopifyにはさまざまな種類のアプリが数多くあります

アプリを利用するには、Shopifyアプリストアから選ぶことができるのですが、

その数は約5,000種類以上です。

アプリの種類も豊富で、SEO対策アプリ、メールマーケティングアプリ、

サブスクリプションアプリ、配送などの作業効率をアップするアプリなど、

さまざまな機能を高めるアプリがそろっています。

それぞれ機能や利用料金などが異なり、ストアは自社に適したアプリを選ぶことができます。

多くのアプリが無料トライアル期間を設けているので、試しに使用することが可能です。

数多くあるアプリの中から、使いやすく、メリットの多いアプリを選ぶことができます。

Shopifyでアプリ開発をするメリット

Shopifyアプリストアには、世界中のアプリ開発者がアプリを提供しています。

Shopifyでアプリを開発すれば、自分のストアでメリットのある独自のアプリを実装できるほか、

Shopifyパートナーとして活躍することが可能です。

現在では日本の開発者もShopifyにアプリを提供しています。

日本語対応が十分ではない点がデメリットとして挙げられるShipifyですが、

日本独自のアプリを日本の開発者が開発しやすいよう、日本語コンテンツを充実させたり、

教育プログラムなどを実施しています。

その結果、日本のアプリ開発者が増え、日本でもアプリを利用しやすくなりました。

日本でもShopifyを利用したい人も多いのですが、

英語のみのアプリが多いなどの理由でなかなか利用までにいたらないケースも多いものです。

日本でも利用しやすいアプリがあれば、それを利用する人も多いでしょう。

アプリ開発者にとってはうれしいことであり、利益にもつながります。

Shopifyで埋め込みアプリを作成するには

Shopifyで埋め込みアプリを作成する方法は一つではありません。

Shopifyパートナープログラムに参加する方法もあります。

Shopifyでアプリを作成する方法を紹介します。

また、Shopifyパートナープログラムとはどういったものかについても解説します。

Shopifyアプリの種類

Shopifyアプリと呼ばれるものには、複数の種類があります。

公開アプリ、カスタムアプリ、プライベートアプリです。

それぞれどういったものか、解説します。

公開アプリ

公開アプリは、Shopifyアプリストアに公開できるアプリで、

世界中のShopifyユーザーすべてが利用できるものです。

Shopifyの審査があり、合格したアプリだけが公開されます。

公開されたアプリは検索したり、インストールすることが可能です。

無料と有料があり、有料であればアプリ開発者の利益になります。

カスタムアプリ

カスタムアプリはアプリストアに公開されないアプリで、

特定のECサイトのみに導入されています。

カスタムアプリはダッシュボードで管理されます。

Shopifyエキスパートに自社に適したアプリの開発を依頼する際には、

カスタムアプリとなることが多いでしょう。

この場合、Shopifyに登録したアプリでも、Shopify以外で販売することも可能です。

カスタムアプリの管理者はShopifyパートナーで、パートナーがインストールリンクを発行し、

ストアが発行され他リンクをクリックしてインストールします。

プライベートアプリ

プライベートアプリは、自分のストア向けに開発されるもので、管理者はストアになります。

管理画面からインストールでき、自社で開発したものをオンラインで利用します。

カスタムアプリで不十分な点を補うアプリとして開発されることが多いようです。

そのため、公開アプリと比べると機能が限定されます。

プライベートアプリはテスト目的で作成されるものもあります。

Shopifyパートナープログラムに参加

Shopifyパートナープログラムに参加し、アプリを開発する方法があります。

Shopifyパートナープログラムとは、Shopifyのプラットフォームを利用し、

ECサイトやShopifyテーマ、アプリなどを構築する開発者やデザイナーが

活躍できるプログラムです。

Shopifyパートナーには、アプリ開発者やデザイナーのほか、Shopifyを紹介する営業、

オンラインストアの構築、コンサルティングなどさまざまな種類があり、

それぞれに対して報酬があり、条件を満たせば報酬を得ることができます。

Shopifyパートナーは、Shopifyの構築や紹介、管理に関する機能など、

基本的なツールが利用できたり、アカデミーなどの受講が無料になったりするなど、

メリットがあります。

Shopifyアプリに使うプログラミング言語

Shopifyアプリの開発は、Shopify APIを利用して行います。

そのため、RudyやSinatra、Reacttなど、さまざまなプログラミング言語が利用可能です。

そもそもShopify自体はRuby on Railsで開発されています。

さらにテーマ開発にはテンプレート言語のLiquid、

データベースはMySQLなどが使われています。

ほかにも、JavaScript、Python、PHPなど、多くの言語が使用可能です。

Shopifyでの埋め込みアプリ開発の流れ

Shopifyで埋め込みアプリを開発する際には、まずパートナーアカウントに登録します。

登録後は、専用のダッシュボードにアクセスできるようになり、

パートナーダッシュボードのアプリメニューから、オンラインストアの情報が取得可能です。

アプリの登録や追加などもパートナー向けの機能を利用します。

ShopifyアプリはShopifyのAPIを通して接続します。

公開アプリを開発し、ユーザーに提供する場合は、承認プロセスに合格しなければなりません。

合格基準は、アプリの設定、機能、品質、セキュリティなど、さまざまなポイントがあります。

ユーザーが使いやすいことやShopify APIを正しく使っていることなどが重要です。

有料であれば収入につながります。

そのためには、アプリのわかりやすい説明をつけたり、無料部分と有料部分を分けたり、

工夫をするとよいでしょう。

埋め込みアプリを作成するなら知っておきたいおすすめアプリ

Shopifyのアプリストアには5,000以上のアプリが提供されています。

さまざまな機能を搭載できるアプリがありますが、

利用価値の高いアプリや多くのストアが求めているアプリ開発が必要です。

SEO対策

ストアの売上を伸ばすにはまず集客が必要です。

集客率をアップさせるには、SEO対策が欠かせません

ShopifyにはデフォルトでSEO対策ができるようになっていますが、

さらに高い機能を求めてSEO対策アプリを探しているケースも多いです。

キーワード調査ができるのはもちろん、検索順位が上がらない問題点を抽出したり、

サイトの構造を調査したりできるアプリが必要です。

特に初心者の場合SEO対策について知識があまりない場合もあります。

誰でも使えることや分析だけでなく検証もしてくれるアプリがおすすめです。

商品レビュー

ユーザーが商品を選ぶ際に参考とするのが商品レビューや口コミです。

ストアに商品レビューがあれば、それが購入の後押しになることは少なくありません。

Shopifyアプリには、無料で導入できる商品レビューアプリが数多くあります。

コード編集の必要もなく簡単にカスタマイズできるアプリや、

Shopifyのテーマデザインに合っているものなどもあります。

レビューの表示や非表示、絞り込みなど管理がしやすいのもポイントです。

ポップアップ機能

ストアにポップアップ機能があれば、

商品の詳しい情報を伝えたり、キャンペーン情報を伝えたりできるほか、

カゴ落ち対策にもなります。

表示されるタイミングや配置などを考慮すれば、ユーザーに不快感を与えず、

売上につなげられるのもメリットです。

悪い印象を与えず、ユーザーにとって便利でメリットのある

ポップアップ表示ができるアプリが求められています。

Instagramの埋め込みアプリ

InstagramをShopifyに埋め込むアプリを探す人も多いものです。

販売チャネルを増やせるSNSは連携することで、売上アップにつながります。

Shopifyストアにも数多くのInstagram埋め込みアプリがあります。

その中でも「Social Widget」は、コードを使わずにInstagramの投稿を

Shopifyで管理できるアプリです。

スマホ対応でデータの自動更新もできます。

画像に商品リンクも貼り付け可能でデザインのカスタマイズ性も高いのがメリットです。

お気に入り登録

Shopifyでお気に入り商品を登録できるウィッシュリストアプリと言えば、

「Wishlist Plus」です。

ユーザーは会員登録なしで利用することができ、第三者との共有もできます

SNSとの連携もでき、デザインのカスタマイズもできるアプリで、

使いやすく誰でも簡単に利用できるのがメリットです。

ほかにも、多言語に対応している、CSV形式でのエクスポートによる分析ができるなどのほか、

セットアップを開発者が無料でサポートしてくれるアプリもあります。

定期購入

定期購入は安定した売上につながるメリットがあり、

Shopifyストアに導入したいと考える人も多いでしょう。

定期購入アプリには、日本発のアプリ「定期購買」があります。

もちろん日本語対応しているアプリで、日本語のカスタマーサポートもあります。

Shopifyで公式に定期購入・サブスクリプションができるようになったのは、

2020年の10月からです。

まだ他のアプリほど種類は多くないので、今後もっとさまざまなアプリの開発が期待されます。

ShopifyとWordPressの連携

WordPressでサイトを作成していたストアも少なくないでしょう。

WordPress上にShopifyストアの商品を表示されることができれば、

一からサイト制作をする手間を省くことが可能です。

そこで必要になるのがShopifyとWordPressを連携させるアプリですが、

Shopify Experts認定の企業が、「埋め込みコード」を発行しています。

この「埋め込みコード」を利用すれば、ShopifyとWordPressの連携でき、

WordPressにカート機能を持たせることができます。

購入ボタン

購入ボタンを作成すれば、販売経路が増え売上につながりやすくなるでしょう。

前述したように、Shopifyで購入ボタンを作成しWordPressに追加することで、

WordPressとの連携も可能です。

購入ボタンはWeb上に公開することで、どこからでも商品の購入が可能です。

特にSNSからの商品購入をサポートできる機能と言えます。

また、「今すぐ購入ボタン」を利用すれば、カートに入れる、

レジに進むなどの流れを飛ばし、支払い方法を選択して注文を完了させるだけですみます。

カゴ落ちなどの心配もなくなるでしょう。

Shopifyで埋め込みアプリを開発するのはメリットも多い

Shopifyで埋め込みアプリを開発できれば、自分に使いやすいアプリを使うことができます。

また、公開アプリを作成すれば、世界中のユーザーが利用でき、報酬も得ることができます。

Shopifyでストアを構築している人が、

すべてアプリ開発ができる知識を持っているわけではありません。

ストア機能の質を高めてくれる便利で使いやすいアプリが数多くできれば、

多くのストアから感謝され、高い報酬も得られるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。