Shopifyの公式テーマには標準化!レスポンシブデザインの必要性

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyストアを作成する際のレシポンシブデザインについて知りたい
という方のために、レスポンシブデザインの必要性や注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyストアのレスポンシブデザインの必要性がわかる
  2. Shopifyの公式テーマのメリットがわかる
  3. レスポンシブデザインのデメリットがわかる
  4. Shopifyのスマホ対応におすすめのテーマがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyストアを作成する際のレシポンシブデザインについて解説していきます。。

 

スマホ対応されていないサイトは見にくく、閲覧しているだけで疲れてしまうものです。

Shopifyストアをつくる際にも、レスポンシブデザインを意識しなければなりません。

そもそもレスポンシブデザインとは何でしょうか?

Shopifyストアを作成する際に注意しなければならないのはどういった点でしょうか?

レスポンシブデザインとは?

レスポンシブデザインとは、パソコン、スマートフォン、

タブレットなど、異なる画面サイズのデバイスでも、

それぞれのサイズに対応し、見やすく表示させるデザインのことです。

サイトデザインをする際、パソコンの幅やサイズでつくってしまうと、

スマホで見たときに不具合が生じます。

パソコンは横幅が広いため、横幅を活用したデザインになりやすく、

縦長サイズのスマホでは見にくく、操作がしにくいものです。

そこで、パソコン用とスマホ用の両方のサイトデザインを用意するケースもありましたが、

それではURLが異なり、制作だけでなく更新や運用も2倍となってしまいます。

レスポンシブは敏感に反応するという意味で、レシポンシブデザインで制作されたサイトは、

画面のサイズが異なっても、そのサイズに対応して適切に表示をします。

URLを2つ用意する必要もありません。

Shopifyストアをレスポンシブ対応にする必要性

スマホの普及率が高まるにつれ、Shopifyストアもレスポンシブ対応にする必要性があります。

Shopifyストアがレスポンシブ化されていなければ、スマホで見たときに見にくいだけでなく、

SEO対策においても不利になるからです。

Shopifyストアをレスポンシブ対応にする必要性について理解しておきましょう。

デバイスに関係なく見やすくできる

サイトはデバイスに関係なく見やすいことが必要です。

Shopifyストアの商品ページが見にくいと、

商品購入どころかサイトから離れてしまう可能性が高くなります。

スマホはパソコンに比べて画面サイズが小さいため、

パソコンと同じ量のテキストで書いてあれば文字だらけになってしまいます。

画像ばかりが大きく、説明文が出てくるまでスクロールをしなければならないと、

情報を得るまでに疲れてしまうでしょう。

レスポンシブデザインであれば、そのようなデメリットがなくなります。

SEO対策に有効

レスポンシブ化はSEO対策においても必要です。

Googleではレスポンシブデザインを推奨しています。

ユーザーにとってもパソコンとスマホのサイトURLが同じになり、

リンクなども簡単にできるようになることや、

Googleのアルゴリズムにおいてコンテンツの適切なインデックスが可能になるなど、

メリットが多いからです。

レスポンシブ対応のサイトは、検索順位において有利になると言えます。

サイトの内容が魅力的でも、レスポンシブ対応されていないサイトは、

検索順位が上がらない可能性が出てきます。

URLを1つにできる

レスポンシブ対応にすれば、パソコン用とスマホ用、2つのURLを用意せずにすみます

同じサイトなのに、URLが2つあるとユーザーが混乱する可能性があります。

2つは違うものなのかもしれない、と不安を感じることもあるでしょう。

また、URLが1つの方が、リンクやシェアもしやすくなります。

URLが1つであればURLの転送が不要になり、

クロールされやすくなることからSEO上においてもメリットとなります。

管理しやすい

URLが1つであれば、管理もしやすく作業量も減ります

2つのURLだと、ソースが異なるため、更新やメンテナンスもそれぞれ行わなければなりません。

手間も時間も2倍になってしまいます。

外部に委託している場合は、コストも2倍になってしまう可能性もあるでしょう。

1つのURLであれば、1種類のHTMLファイルの管理ですむので、

サイト管理の手間や時間が削減できます。

Shopifyストアをレスポンシブ対応にする際の注意点

スマホユーザーが増えた近年では、サイトのレスポンシブ対応は必須と言えます。

レスポンシブ化のメリットは多いため、レスポンシブ対応を進めているストアも多いでしょう。

レスポンシブ化は必須でメリットも多いのですが、注意点もあります。

レスポンシブ化の注意点について把握しておきましょう。

専門知識や技術が必要

サイトのレスポンシブ化は、専門知識や技術が必要です。

パソコンでもスマホでも対応させるためには、

デザインの構成も両方に適していなければならず、フォントなどの種類も限られてしまいます。

デザインに関する知識や技術がないと、

質の高いデザインができなくなってしまう可能性があります。

自社で制作できれば問題ありませんが、専門知識を持っている人がいないければ、

外注することになるかもしれません。

時間やコストがかかる

Webサイト制作に関する知識や技術があっても、時間がかかることもあるでしょう。

なぜなら、デバイスごとに適したデザインを考え、

それぞれにコーディングしなければならないからです。

コーディングができれば管理するファイルは1つですみますが、

それまでに苦労をする可能性があります。

また、外注する場合は、その分のコストもかかります。

デザインが限られる

どのデバイスにも適したデザインを考案し作成しなければならないため、

デザインも限られてしまいます

すべてのデバイスで共通のHTMLを使うため、レイアウトを大胆に変更することは不可能です。

どのデバイスにも適したフォント、デザインにする必要があるので、

見た目を重視してつくると、こちらでは問題なくても、

あちらでは表示できないなどの問題が出てくる可能性もあります。

ストアは見た目の印象も大切なので、

シンプルすぎるデザインだと物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、問題なく表示でき、見た目も魅力的なデザインを考案するのは難しいかもしれません。

表示スピードが遅くなる

Shopifyストアをレスポンシブ化する際には、表示スピードに注意しましょう。

レスポンシブ化でURLが一つになることで、

スマホは読み込む際に必要のないデータも読み込むため、

スマホでの表示スピードが遅くなる可能性があります。

表示スピードが遅いと、

ユーザーはそれを待っていられず他のサイトに移動してしまうことも少なくありません。

それを防ぐためにも、

どのデバイスで読み込んでも表示スピードが遅くならないように作成することが必要です。

Shopifyの公式テーマはレスポンシブ対応が標準

パソコン仕様で作成されたデータをレスポンシブデザインにしたり、

一からレスポンシブデザインのストアをつくったりするのは時間もコストもかかります。

しかし、Shopifyの公式テーマはレスポンシブ対応が標準搭載されています。

そのため、どのテーマを選んでも、わざわざレスポンシブデザインに作り直す必要はありません。

レスポンシブ化におけるShopifyテーマのメリットを詳しく見てみましょう。

知識がなくてもレスポンシブ対応が可能

Shopifyの公式テーマはどれもレスポンシブに対応しています。

無料のテーマもレスポンシブ化デザインなので、安心して利用できますね。

レスポンシブに対応するには、専門知識が必要ですが、

Shopifyのテーマを利用すれば専門知識がなくても大丈夫です。

ネットショップの運営が初めてでも、コード編集などの経験がなくても、

Shopifyテーマを使えば、オシャレで高い機能性のストア構築ができます。

コストや時間がかからない

Shopifyテーマを使用すれば、レスポンシブにするためのコストも時間もかかりません

特にHTMLを編集しなくても、パソコンで見たときも、

スマホで見たときもテキストは読みやすく、商品説明もわかりやすい画面になります。

Shopifyテーマの設定も簡単です。

Shopifyの管理画面から「テーマ」を選択し、

「テーマ」画面でストアに合ったテーマを選んだり、カスタマイズしたりできます。

カスタマイズや変更の設定も難しくありません。

初心者でも問題なく設定できるでしょう。

レスポンシブ対応の無料テーマも充実

Shopifyではレスポンシブ対応の無料テーマが充実しています。

それぞれのテーマはデザインや機能に特徴があり、

中にはモバイルファーストでつくられているテーマもあり、

ストアに適したテーマを選べるでしょう。

例を挙げてみると、

「Bpundless」は全画面で画像を使用して迫力のあるページ構成ができるのが特徴です。

モバイルファーストのテーマで、多くの商品を取り扱うストア向けです。

「Minimal」はどのデバイスでもワイドレイアウトの魅力的なページ作成ができるテーマ。

モバイルファーストの「Simple」は洗練されたデザインが特徴で、

画像アニメーションやズーム機能もあります。

Shopifyテーマ「District」はスマホ対応におすすめ

Shopifyテーマの中でも、スマホ対応におすすめなのが「District」です。

有料テーマの一つですが、Districtはパソコンとスマホ、

それぞれに適した画像を出し分けできたり、スライドショーで商品を紹介できたり、

便利な機能が満載です。

ShopifyテーマのDistrictについて紹介します。

特徴

Districtは画像にスポットライトをあてて、印象的なページ構成ができるのが特徴です。

商品を一つひとつていねいに見せられるストアページ作成ができるでしょう。

パソコンにはこの画像、スマホからこちらの画像、と出し分けができ、

それぞれに魅力的な画像を見せるページ作成ができます。

注目してほしい商品をに目を引かせ、購入につなげられるでしょう。

機能

Districtの主な機能は、

• プロモーションバナー
• スライドショー
• マーケティングポップアップ
• ホームページの動画
• 選択可能な商品受け取り場所

といったものがあります。

ポップアップに商品の詳しい情報や、キャンペーン情報などを載せれば、

興味を持ってもらいやすいでしょう。

Districtは多くの企業が選んでいるテーマの一つですが、

中でもアパレル関連のストアが多く利用しているテーマです。

オシャレでキレイなストアを印象づけられるだけでなく、

おすすめ商品をわかりやすく伝えられるのが特徴となっています。

読みやすいブログ記事作成も可能

Districtは、ブログを読みやすく作成できる点も特徴です。

ブログにサイドバーをつけることができるので、検索しやすいのがメリット。

サイドバーがあるサイトに慣れている人は多いものです。

サイドバーがないと、不便さを感じてしまい、ページを読むのをやめてしまう可能性もあります。

サイトからの離脱を防ぐためにも、便利な機能があるテーマ選びが大切です。

Shopifyの公式テーマでレスポンシブデザインのストアを構築

スマホユーザーが多い現代では、

パソコン基準で作成されたサイトをスマホ対応にする必要があります。

どのデバイスを利用しても、見やすく、わかりやすいサイトであることが求められるからです。

その点、Shopifyのテーマはどれもレスポンシブデザインなので、安心して利用できます。

レスポンシブ対応の重要性を把握し、

Shopifyの公式テーマで見やすいデザインのストアをつくりましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。