Shopifyを高級ブランドが導入した成功事例・導入の理由を紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyを使っているブランドについて知りたい
という方のために、Shopifyを使ったブランドサイトやShopifyが使われる理由ついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyを利用するブランドとShopifyの利用の仕方がわかる
  2. Shopifyが大手ブランドから評価されている理由がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは有名ブランドのShopifyの利用状況について解説していきます。

 

Shopifyが有名ブランドのECプラットフォーム離れを促進?

Shopifyは、手軽にECサイトを作成できるサービスです。

専門知識や技術が長けていない人でも直感的に利用でき、

誰でもオンライン上にショップを作成できます。

そんなShopifyの登場によって、

近年では有名ブランドのモール型ECプラットフォーム離れが促進されていると言われています。

そもそも、大手ブランドは独自に集客力を持っているため、

モールを利用しなくても集客は可能です。

そのため、自社でECサイトを手軽に立ち上げられれば、その方が販売手数料がからずお得です。

ルイヴィトンなどの大手ブランドが「アマゾンには出店しない」と明言し、

モール型ECから独自のECサイトへ注目が集まる中、

Shopifyはアメリカでアマゾンに次ぐ市場シェアを占めています。

一部では「アマゾンキラー」と呼ばれるようになりました。

ShopifyはこれまでのオンラインショッピングとEC事業に新しい風を吹き込む

存在なのかもしれません。

Shopifyを大手ブランドが利用した成功事例

Shopifyは個人のECサイトとして手軽に使えるサービスでもありますが、

大手企業や大手ブランドのECサイトとしても利用が始まっています。

海外でもメジャーなブランドショップがShopifyでECサイトを作り、成功を収めています。

Shopify×ナイキ

ナイキはアマゾンから撤退した有名ブランドの一つです。

Shopifyはナイキのエアジョーダンブランドの発表イベントで

ポップアップストアとして導入されました。

ShopifyのAR機能を活用して特別な体験を提供し、ポップアップイベントの参加者を喜ばせました。

Shopify×コムデギャルソン

Shopifyは高級ファッションブランド「コムデギャルソン」でも採用されています。

コムデギャルソンでは、新しいブランドとして「CDG」にShopifyの機能を取り入れました。

いち早くブランドを立ち上げ、世界展開するためにShopifyのカートシステムを役立てています。

商品説明なしでブランドイメージを前面に押し出し、

インパクトある商品の並べ方は独自に自社システムを構築したかのような仕上がりです。

Shopify×KITH

Shopifyのシステムを世界展開と情報収集行うために使っているのはKITHです。

KITHはセレクトショップとして生まれ、

最先端のファッションを担う存在として成長を続けています。

そんなKITHでは、通常販売と最先端ファッションの提案という2面性を両立させ、

世界展開をスムーズに行う目的でShopifyを使っています。

Shopifyのカートシステムを使うことで希望の発送先に対応しているかを表示させ、

世界展開をスムーズにしました。

Shopify×SAMAS

イタリアブランドもShopifyを利用しています。

SAMASは、イタリアのタウンアウトドアブランドです。

日本でも人気のブランドであり、ECモールにも出品しています。

ShopifyのECサイトは、日本人へ販売サイトとして日本のファンに向けて作られました。

Shopify導入ブランド・メーカー一覧

その他にも、ShopifyでECサイトを作成したブランド、

メーカーは国内外に数多く存在しています。

Shopifyを導入している主な人気ブランドは以下の通りです。

• LeSportsac(バッグブランド)
• Gymshark(フィットネスブランド)
• Chubbies(メンズカジュアルブランド)
• Johnnie-O(メンズアパレル)
• X-girl(レディスファッションブランド)
• TOGA(日本のファッションハイブランド)

Shopifyを大手ブランドが利用する理由

Shopifyで大手ブランドがECサイトを作り始めたのには理由があります。

Shopifyは、簡単にサイト作りができるだけでなく、

大手ブランドも満足できる機能が整っています。

海外進出、世界展開を考える大手ブランドがShopifyを選ぶ理由をチェックしてみましょう。

Shopifyは多言語化が簡単にできるため

Shopifyには、越境ECサイトを作りやすい機能があります。

特にその多言語対応の機能は、ユーザーの言語を問わず、集客、販売したいブランドには

外せない機能です。

Shopifyの多言語化機能を取り入れることで、大規模な海外展開もハードルが下がります。

自社の開発も不要となるため、経費削減の点でも有益です。

また、基本の言語が英語となっているので、英語圏の国はもちろん、

第二外国語として学んでいる国も多く、使いやすいのも魅力です。

Shopifyは決済方法もグローバルで豊富

ShopifyのECサイトは決済方法も多彩で、さまざまな決済を選べるようになっています。

多様な決済方法があることで、

さまざまな国のユーザーが自分になじみのある決済手段を選びやすくなります。

海外で広く使われている決済手段を取り入れているため、日本から海外への展開にも便利です。

また、多通貨にも対応しており、

決済のタイミングで自動的に為替レートを変換することもできます。

Shopifyは低コストでカスタマイズが自由

ShopifyのECサイトは、低コストで特別な技術も必要なく作成することが可能です。

そのため、手軽にECサイトを立ち上げることができ、自社内で自由にカスタマイズもできます。

新ブランドの試験的な立ち上げやイベントサイトを一時的に開設したい時、

または、新サイトの分析をしたい時など、ブランドや企業の規模を問わず、

コストを抑えたいことはあるものです。

Shopifyのサービスであれば、テーマやアプリなどへの月額費用のみで、

開発費もかかりません。

また、実際に販売サイトとして活用するにあたっても、

配送先の国や地域の設定も手間なく行えて、運用を外注に頼る必要がありません。

Shopifyは日本の中小企業庁の支援事業の支援パートナーに

Shopifyの日本法人は、中小企業庁が実施する「JAPANブランド育成支援等事業」の

支援パートナーに選定されました。

これは、自社商品やブランドの世界展開を目指す企業への補助金制度で、

事業を担う経費の一部を負担するというものです。

Shopifyは、これまでも政府機関や自治体と連携しており、

この事業においても支援パートナーとして採択企業を支えます。

こうした支援活動は、Go Digitalプログラムとして海外でも実施されています。

国内外で認められるShopifyの実力

Shopifyのサービスは大手ブランドからも認められ、

実際にシステムを利用したECサイトが数多く作られてきました。

使い勝手の良い機能と、低コストでECサイトを作成できる点が評価されているようです。

国内外で導入件数を増やしており、日本でも中小企業庁の支援パートナーに選ばれるなど、

高い信頼性が評価されています。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。