Shopifyのローカルデリバリーとは?使い方とメリット・デメリット

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのローカルデリバリーについて知りたい
という方のために、ローカルデリバリーの使い方や使い勝手について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyのローカルデリバリーの使い方がわかる
  2. Shopifyのローカルデリバリーのメリットがわかる
  3. Shopifyのローカルデリバリーアプリのメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyのローカルデリバリーについて解説していきます。

 

Shopifyのローカルデリバリーとは

Shopifyのローカルデリバリーとは、ShopifyのECサイトを作成する機能の一つです。

Shopifyでは知識や技術がない人でも直感的な操作でECサイトを作れますが、

ローカルデリバリーも難しい知識は必要ありません。

配達エリアや時間などを限定することができますが、

特に配達エリアを限定したい飲食店などのECサイト導入に役立ちます。

飲食店のデリバリーやテイクアウトに

ローカルデリバリーは、配達できる地域や時間などを限定できる機能です。

Shopifyで作成したECサイトにローカルデリバリーを設定することで、

デリバリーやテイクアウトのサービスがしやすくなります。

ローカルデリバリーの使い方としては、近隣エリアの顧客の玄関先に直接商品を配送したり、

お店受け取りを設定してドライブスルーなどを取り入れたりといったものがあります。

また、基本的にShopifyのECサイトはオンライン決済なので、

一般的な出前のように直接お金のやり取りをする必要がありません。

デフォルトのローカルデリバリーで使える機能

Shopifyのローカルデリバリー機能は、デフォルトで付帯しているものです。

そのため、基本的な機能を使いたいだけであれば、新しくアプリを購入する必要もありません。

配達エリアの範囲や営業時間などの基本設定の他、

デフォルトのローカルデリバリーで利用できるのは以下の機能です。

・最低注文価格

チェックアウトの時に配達条件を満たす最低料金の設定。

最低注文価格を1000円にしたら、1000円以上の買い物が必要となります。

・配達料金

配達希望のお客様が商品に追加して支払う配達料金の設定。

・条件付き価格を追加する

注文金額に応じて、配達料金を変える設定。

ローカルデリバリーアプリで使える機能

Shopifyでローカルデリバリーを使う際には、デフォルトの機能だけでも十分使えますが、

よりこだわりたい場合にはアプリもあります。

有料ですが、より効率的にデリバリーを実施したい、

より細かく日時などを設定したいといったこだわりを実現してくれます。

本格的に、デリバリーやテイクアウトのサービスを始めようとしている場合は、

デフォルトの機能だけでなくアプリも検討してみましょう。

ただし、アプリはデフォルト機能との共有ができません。

Shopifyのローカルデリバリーのメリット

デリバリーやテイクアウトをするなら、Shopifyのローカルデリバリーの設定がおすすめです。

デリバリー機能の導入を迷っている人は、

Shopifyのローカルデリバリーのメリットを参考にしてください。

営業時間やエリアを指定して商売できる

Shopifyのローカルデリバリーを使うと、

どのお店でも営業時間や配達エリアを指定して商売ができるようになります。

設定した配達エリア内、営業時間内であれば、

商品の用意ができ次第お届けという注文も受けられ、

「ちょうど今欲しい」と思っている近隣のユーザーに便利に使ってもらえるでしょう。

営業時間外や配達エリア外を細かく設定することで、

無理のない範囲で利用を促進できます。

注文の見逃しをメールで防げる

Shopifyのローカルデリバリーでは、

注文を受けると指定したメールアドレスに注文メールを受けることが可能です。

そのため、リアルタイムで受けた注文を知ることができ、注文の見逃しも防げます。

配達の遅れは注文したユーザーのストレスとなるため、

満足度を高めるためにはメールを活用して素早く注文を知ることが必要です。

設定が難しくない

Shopifyのローカルデリバリーの設定は、自分のストアの管理画面から行うことができます。

初期設定の流れの中でセットアップでき、主に選択肢を選んでいくだけの簡単な設定です。

販売スタート後はセットした条件を自動で反映した商品ページや

ショッピングカートのページをユーザーに表示することが可能です。

英語が苦手な人でも、日本語での設定なのでストレスなく利用できます。

Shopifyのローカルデリバリーのデメリット

Shopifyのローカルデリバリー機能は、使い勝手が悪いと感じることがあります。

こだわりがある場合や条件が多い場合には、

ローカルデリバリーの機能は少々使いにくいかもしれません。

デフォルト機能のみではできないことがある

Shopifyのローカルデリバリーは、デフォルト機能だけでは物足りないことがあります。

配達エリアや営業時間などの基本的な設定はできますが、

デリバリー日時の指定やお店から離れたエリアのデリバリー設定などは使えません。

また、外部の配達アプリとも連携できないため、デフォルト機能ならデフォルト機能のみ、

アプリを使うならアプリのみとなります。

本格的に配達をスタートさせたい場合は、最初からアプリで配達設定をしておいた方が快適です。

デフォルト機能を設定してから「やっぱりアプリでやろう」となった時、

設定情報を連携できないため、もう一度一から設定することになります。

指定したい条件が多いほど設定に手間がかかる

こだわりたい条件が多ければ多いほど、ローカルデリバリーの設定は手間がかかります。

デフォルト機能は簡単な設定になっていますが、

アプリを使うようになるとさすがに手順も複雑さを増します。

ただし、設定後は自動で設定を注文に反映させてくれるので快適です。

Shopifyのローカルデリバリーの使い方

Shopifyのローカルデリバリーの基本的な設定と使い方を紹介します。

ローカルデリバリーでは、テイクアウトやデリバリーの注文を受け、配達の管理ができます。

基本的な流れを理解して、導入の検討材料にしましょう。

デフォルト設定のやり方

ShopifyでECサイトを作ったら、管理画面からローカルデリバリーの設定を行います。

ローカルデリバリーは「配送と配達」から設定することが可能です。

支店ごとに管理することができ、配達OKの店を選ぶこともできます。

配送エリアは配達範囲か郵便番号で設定し、

テイクアウトも行う場合には準備が完了する「受取予定時間」をプルダウンから選択します。

テイクアウトの細かい時間設定は、デフォルトではできません。

また、デリバリーで受け取り日時を任意で指定できるように設定したい時には、

オプションで受け取り日と時間を追加登録します。

配送時のやり方

Shopifyのローカルデリバリーでデリバリー注文を受けると、注文メールが届きます。

メールには注文の確認の他、配達中や不在配達の通知の送信などもあります。

注文の確認メールはテンプレートを作成可能です。

注文が来たら、内容を見て準備を進めます。

商品の梱包が終わったら「発送準備済み」にステータスを変更し、配送します。

Shopifyモバイルアプリから配送先の住所や地図などを確認することも可能です。

配達が終わったら、発送済みの処理をして完了です。

ローカルデリバリーで出前をスタート

ローカルデリバリーを使うことで、

ShopifyのECサイトでデリバリーやテイクアウトを実施できます。

ローカルデリバリーはデフォルト機能ですが、より便利な機能を持つアプリもあります。

デフォルトの機能でも基本的の設定などはできますが、

本格的にデリバリーやテイクアウトを導入する場合にはアプリの利用が必要となりそうです。

まずはデフォルト機能を試してみて、

実際にデリバリーやテイクアウトに使えるか自分の目で確かめてみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。