Shopifyのカート画面に備考欄を表示させる方法について解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではShopifyのカート画面における、備考欄の表示方法について知りたい
という方のために、カート画面の備考欄の表示方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Debutで備考欄を設定する方法がわかる
  2. Narrativeで備考欄を設定する方法がわかる
  3. 備考欄の入力欄が表示されているか確認できる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyのカート画面に備考欄の表示方法について解説をしていきます。

 

楽天などのECサイトで買い物をした際、

「備考欄」に記載をしたことがあるという人もいるかもしれません。

ラッピングの要望がある場合など、備考欄があると便利です。

しかし、Shopifyでは設定しないと備考欄が表示されません。

備考欄があった方がお客様は要望を伝えやすくなりますので、設定することをおすすめします。

カート画面に備考欄を表示する手順

日本でのECサイトでは備考欄が表示されることが多いですが、

Shopifyでは初期設定で表示されません。

設定で表示ができますが、Shopifyでは「注文メモ」という形で表現しています。

この注文メモを表示する方法として紹介するのは

• Debut
• Narrative

この2つのテーマです。

手順は両方とも似ているのですが、一部手順の違いがあります。

それぞれのテーマの設定について詳しく説明します。

「Debut」の場合

Debutの場合、

テーマ→カスタマイズ→プレビュー内のカートマークをクリック

→左タブに表示されているカートページをクリックします。

カートページで、カートメモを有効にするにチェックを入れる

→保存をクリックで設定が完了です。

「Narrative」の場合

Narrativeの場合テーマ→カスタマイズ

→左サイドバーの下部にあるテーマ設定をクリック→カードロワーをクリックします。

そして、カートページのートメモを有効にするにチェックを入れる

→保存で設定することができます。

入力欄の表示確認方法

それぞれ設定したあとに、実際に備考欄(注文メモ)が表示されているか確認します。

設定ができていれば、Shopifyで商品を注文し、

決済画面に進む前のカート画面に表示されます。

「Debut」の場合

Debutの場合は、注文した商品の下に「注文にメモを追加する」と表示されます。

「Narrative」の場合

Narrativeの場合も同様に、注文した商品の下に「注文にメモを追加する」と表示されます。

備考欄を表示させ、買い物をしやすくしましょう

備考欄(注文メモ)は、配送時間やメッセージカードを添えたいなど、

お客様のご希望の声を目に見える形で表示する場所です。

日本のECサイトでは、備考欄を表示しているところを見ますが、

Shopifyでは標準装備されていません。

「Debut」と「Narrative」のそれぞれのテーマを使用することで、

備考欄を表示することが可能なので、あなたのサイトに備考欄がない場合は、

上記のどちらかのテーマを使用して表示するようにしましょう。

備考欄を設けることで、お客様の願いが叶いやすく、リピートに繋がる可能性があります。

ぜひ取り入れてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。