Shopifyでクラウドファンディングを盛り上げる方法を解説!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのクラウドファンディングでの使い方について知りたい
という方のために、クラウドファンディングを取り入れる意味や方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyをクラウドファンディングに使う意味がわかる
  2. Shopifyをクラウドファンディングに取り入れられる
  3. Shopifyでクラウドファンディングをすることもできる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではShopifyのクラウドファンディングでの利用方法について解説していきます。

 

Shopifyはクラウドファンディングに役立つ?

Shopifyは、手軽にオンラインショップを立ち上げられるサービスです。

Shopifyの機能を上手に取り入れることで、

クラウドファンディングを有利に進めることもできます。

クラウドファンディングで集まった資金を元手にして、

オンラインショップで商品販売をするのは一般的です。

しかし、Shopifyでできることはそれだけではありません。

Shopifyの活用で、クラウドファンディングをもっと効率的に展開していきましょう。

閲覧数を集めるために役立つ

Shopifyのサービスは、オンラインショップを作るだけではありません。

クラウドファンディングを始める前の告知を行うティザーサイトを作成し、

集客のために使うこともできます。

Shopifyのティザーサイトで、WEB広告を回してクラウドファンディングで扱う

商品の一部を紹介し続けることで、スタートに合わせて興味ある人を集められます

ティザーサイトから公式ラインやメルマガなどに誘導することも可能です。

お知らせを告知するために役立つ

Shopifyでは、サイトやオンラインショップを作成するだけではありません。

メール機能を利用してメルマガを作り、随時情報の更新をお知らせできます。

また、クラウドファンディングのスタートを告知することも可能です。

Shopifyで作成したティザーサイトからメルマガに誘導し、

メール配信機能でユーザーとのつながりを持っておくと、

クラウドファンディングの開始と同時に告知できます。

データ収集するために役立つ

Shopifyで開いたサイトでは、アクセス解析ツールを利用することでデータを集め、

高い精度で分析することも可能です。

クラウドファンディングのプラットフォームでも、独自の計測機能があります。

しかし、精度が悪いことがあり、きちんとしたデータが集まらないかもしれません。

そこで、広告のリンク先をShopifyで作成したページにしておき、

Shopifyサイトを介してクラウドファンディングのページに

遷移した数を計測する方法が役立ちます。

集客のための施策をより良いものにするためには、情報が大切です。

ユーザーの手間は増えてしまいますが、より精度の高いデータが得られ、

効果的にPDCAを回していけるようになります。

その後の販売に役立つ

Shopifyで作っておいたサイトは、

クラウドファンディング終了後そのまま販売サイトとして利用することが可能です。

クラウドファンディング終了後は、リターンの提供を行いつつも、

予約販売などの準備を始めることで販売チャンスを広げられます

Shopifyでは、予約受付機能を実装できるアプリもあるので、

そうしたアプリも使いながら、予約の受付を進めましょう。

リターンの提供が終わってから配送する旨を添えておくと、ユーザーも安心して予約できます。

Shopifyをクラウドファンディングに使うのに適したタイミングと使い方

Shopifyを使って、クラウドファンディングを成功させるための使い方を紹介します。

Shopifyで作成したサイトを、段階ごとにちょうど良いタイミングで活用することで、

より効果を発揮できるでしょう。

プロジェクトを立ち上げる前

クラウドファンディングのプラットフォームで、プロジェクトを立ち上げる前に、

まずは広告ページを作成しましょう。

広告ページを先に作成し、配信可能な状態にしておくことで、

タイムロスによる機会逸失を防げます

見込み客の獲得のためには、商品の魅力を伝え、期待感を高める広告ページが必要です。

映画の予告を作るように、より深く商品について知りたいと思えるページ作りをしましょう。

さらに、広告ページを見た人に対しては、

「最新情報はこちらから」として公式ラインやメルマガへ誘導します。

プロジェクトが始まる前に、すでに商品に興味を持つユーザーを囲い込み、

今後の集客を楽にするのが狙いです。

プロジェクトをスタートした時

広告ページで集客を始めながら、

クラウドファンディングのプラットフォームではプロジェクトを始めます。

プロジェクトが始まったタイミングでは、

そのスタートをShopifyのサイトで伝えることが必要です。

広告ページを更新するのはもちろんのこと、

メール配信の機能を用いてメールでもプロジェクトのスタートを知らせましょう。

また、スタートした後も情報発信の場として利用することができます。

クラウドファンディングのプラットフォームでも、

商品情報や進捗状況などを随時掲載するなど、情報の提供は可能です。

しかし、プラットフォームではそこの形式に従った表現や発表しかできません。

そこで、Shopifyのサイトを利用して、

もっと自由に画像や動画などを使った情報提供を行いましょう。

また、プラットフォームだけでは不足しがちなデータ収集も、

Shopifyのサイトを通してプラットフォームに誘導することで可能となります。

プロジェクト終了後のリターン提供

クラウドファンディングのプロジェクトが完了したら、

次は支援者へのリターンの提供を行っていきます。

リターンにはいろいろな方法がありますが、商品提供でShopifyのサイトが役立ちます。

そもそもShopifyは通信販売のサイトを作るサービスなので、

その機能を活用することでリターンの提供も効率よく進みそうです。

リターン提供後の通常販売

Shopifyで作成した広告ページは、そのまま商品を掲載して、

販売サイトに移行することが可能です。

クラウドファンディングの準備期間から、情報提供をしてきたサイトなので、

多くのユーザーの目にも留まっています。

SEOの点でも、評価が高くなっている可能性があります。

リターンを提供している間に、予約販売の受付を始めておくのもおすすめです。

ラインやメルマガなどの配信も続けていき、

新商品やセールのお知らせなどでユーザーとのつながりを保ちましょう。

Shopifyで使いたいアプリ

Shopifyサイトをクラウドファンディングで利用する際に、

より便利に使うために導入したいアプリを紹介します。

オンラインショップを開設する際にも役立ちますが、

特にクラウドファンディングの開始からリターン提供までに役立つアプリです。

Shopifyは基本機能だけでも十分にオンラインショップを運営できます。

しかし、アプリを利用することで、より細かいサービス展開が可能となります。

Shopifyは、アプリが豊富にあるのも特徴です。

その中でもクラウドファンディングで使えそうなものだけを厳選しました。

以下を参考にして、自分に合ったアプリを使ってみましょう。

ストア分析アプリ

ストア分析アプリは、検索流入・コンバージョン率などの集計・ストア分析できるアプリです。

競合相手をベンチマークして改善点を紹介するものなど、

いろいろあるので自店に合うものを選びましょう。

ストア分析アプリには、以下のようなものがあります。

• SEO Site Audit, fix SEO issues
サイトのパフォーマンスの分析、改善を行い、SEO対策で上位を目指すためのアプリです。

• Kit
商品や客層を分析して自動でマーケティングをしてくれるアプリです。
人工知能を用いており、広告運用を自動で行います。

メルマガアプリ

Shopifyの基本機能にはメルマガ配信機能がないため、

メルマガを本格的に配信していく場合にはアプリを使った方がよいでしょう

メルマガアプリなら、配信を効率化し、さらにメルマガによる集客の分析などもできます。

従量課金制、必要な機能を揃えたプランで料金を選べるアプリもあります。

メルマガアプリとしては、以下のようなものがおすすめです。

• Klaviyo
メール配信数に応じた従量課金制で、
効率的にメルマガ配信できるメールマーケティングアプリです。
ユーザーの属性や行動履歴から細かくセグメントでき、開封率・クリック率・コンバージョン率まで分析できます。

• Omnisend
月15,000配信まで無料で利用でき、Klaviyoより気軽に使えるアプリです。
メール配信を自動化し、購入履歴からセグメントを行い、
適切なタイミングで適切なメールを配信します。

予約販売アプリ

クラウドファンディングでは、予約販売のアプリも役立ちます。

リターン提供中の予約販売はもちろん、その後も商品の在庫状況によっては便利です。

予約販売機能を使うことで販売チャンスを逃さないようにしましょう。

予約販売アプリには以下のようなものがあります。

• 予約販売アプリ
文字通り予約販売の注文を受け付けるアプリです。

日本のアプリなので日本語対応が可能となっており、

英語がわからない人にも安心して使えます。

• Pre-order Now
在庫切れの際に「カートに追加」ボタンが自動で「予約購入」ボタンに変わるアプリです。

予約注文・在庫切れ・近日発売などの設定ができます。

Shopifyで直接クラウドファンディングすることも可能

クラウドファンディングで資金調達する方法は、専用のプラットフォームだけではありません。

Shopifyでは、直接自店でクラウドファンディングを行う方法も整っています。

自店で直接行うクラウドファンディングは、自由度が高くコスパが良好です。

クラウドファンディングアプリCrowdfunder

Shopifyでは、クラウドファンディングをするためのアプリも準備されています。

Crowdfunderは、Shopifyで作った自分のオンラインショップで

商品ページをクラウドファンディングのプロジェクトページに

変えることができるアプリです。

集まった注文の数や資金の金額に応じて進捗状況を示すバーなど、

クラウドファンディングのプラットフォームと同様のインターフェースを持っています。

自店クラファンはコストが安い

自店で行うクラウドファンディングは、

クラウドファンディングサイトへの利用料を支払う必要がありません。

実際にかかるのは、クラウドファンディングアプリの利用料だけです。

クラウドファンディングのプラットフォームを利用する際にも、

広告や集客は自分で行わなければならず、その費用は別途かかります。

プラットフォームは、その信頼感やシステム利用の手軽さが魅力です。

しかし、割に合わないと感じた場合、まずは自店で試してみるのも良さそうです。

タイミングや条件など自由に決められる

クラウドファンディングのプラットフォームを使う場合には審査があり

タイミングや条件などを自分で自由にすることができません。

そのため、自店のタイミングや自由な条件でクラウドファンディングしたい場合には

Shopifyで直接クラウドファンディングをした方が快適です。

クラウドファンディングサイトでは、審査に時間がかかればスタートは遅れます。

そのうえ、条件に合わないプロジェクトは開始さえできません。

時間に余裕があり、条件を柔軟に変えられる場合にはそれでも良いですが、

譲れないタイミングや条件がある人は自店での開催も一つの選択肢です。

Shopify導入でクラウドファンディングを成功させる

Shopifyには、クラウドファンディングの助けになる機能やアプリが揃っています。

準備段階からShopifyを使うことで、効果的な集客ができ、

クラウドファンディングを成功へと導くことができそうです。

また、Shopifyでは、直接自分の店でクラウドファンディングを行うこともできます。

自店でのクラウドファンディングは自由が利き、コストも抑えられるため、

内容やコストにこだわりたい人にはおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。