Shopifyで作成したサイトの見分け方とは?見分けるツールやポイントを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyサイトの見分け方について知りたい
という方のために、見分けるツールや方法ついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyサイトの見分け方がわかる
  2. サイトにShopifyを使っているか自分で調べられる
  3. どのショッピングカートを使っているか判断する基準がわかる
  4. 自分のShopifyで作ったサイトからフッターのテキストを消すこともできる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではサイトの見分け方について解説していきます。

 

Shopifyで作ったサイトか見分けたい

オンラインショップを経営するにあたって気になるのは、

競合がサイト運営に使っているサービスや機能です。

インターネット上でショップを作ると、

ライバルのサイトデザインや使い勝手などが気になります。

実店舗とは違って人気や売上に立地の優劣は関係なくなる分、

世界中のショップがライバルになります。

ライバルの偵察ではそのサイトが何で設計されているか、

使いやすいサイトの場合にはどんな機能やアプリを使っているのか参考にするのもいいでしょう。

Shopifyは世界中で使われているサービスなので、競合サイトが使っている可能性も多く、

自店でShopify導入時にも参考にできる情報が多いはずです。

他社のショッピングカートASPは見分けにくい

競合他社が使っているショッピングカートASPは、一見してわかることもあります。

サイトを十分にカスタマイズしている場合には、

表向きは独自のショッピングカートを構築して運営しているように見えるでしょう。

見破るポイントとしては、ドメインやフッターに入る「Powered by ○○」などが有名ですが、

それさえも隠せるASPがあります。

Shopifyでもそういった工夫をすることができるため、

他社が何を使っているかはちょっと見ただけではわからないのが普通です。

ECサイトの分析ができる

他社のECサイトが、どのショッピングカートASPを使用しているかを知ることは、

競合と自分のECサイトを比較、分析するために役立ちます。

競合の分析は、他社にあって自店に不足しているものなどを発見し、

より良いサイトに近づけるための手段の一つです。

その際に、他社が使っているショッピングカートASPが分かると、

どの機能やアプリを運用しているかもわかりやすくなります。

自店のサイト構築の参考にできる

ShopifyでECサイトを作る際に、参考にすべきお手本(ベンチマークサイト)があると役立ちます。

自分の目指すECサイトを見つけた時に、どのショッピングカートASPを使っているか、

Shopifyで作られたサイトかどうかわかります。

そのままテーマやアプリを真似することも可能です。

Shopifyでは、テーマやアプリは同じものを選んでも、独自にアレンジできる部分が多いため、

便利な機能はそのままに、必要なところだけオリジナリティを出すことができます。

Shopifyで作ったサイトの見分け方

ECサイトをShopifyで運営している方は、他社のECサイトがShopifyを使っているか見極めて、

参考や分析に生かしましょう。

どれがShopifyで作られたサイトか見分けるためには、ポイントを押さえて調べることが大切です。

Chromeプラグインを使う

他社のECサイトがどんなシステムを使用しているか調べるためには、

Google Chrome(グーグルクローム)の拡張機能がおすすめです。

Google Chromeの拡張機能の中には、

他の人が作ったサイトのショッピングカートASPはもちろん、

テーマやアプリまで見られるものがあります。

プラグインは無料で使えて、使い方も非常に簡単です。

Google Chromeでサイトを開き、機能のアイコンをクリックするだけで情報を得られます。

ドメインでは見分けられない

ShopifyをはじめとするショッピングカートASPでは、

独自ドメインの取得が可能なサービスも多くなっています。

そのため、ドメインを見ても、Shopifyを使っているかどうかを見破ることは難しいでしょう。

Shopifyでも、独自ドメインや外部ドメインを使えるため、

表面的に見ただけではそのショップのASPを見分けることはできません

Shopifyのサイトを見分けるためのツール

Shopifyで作成したECサイトを見分けるために使いたいツールを具体的に紹介します。

便利なツールを使って、他社がShopifyでECサイトを作成したかどうか、または、

どんなシステムを使ってサイトを作成したか調べてみましょう。

特におすすめなのは、Google Chromeの拡張機能です。

海外ASPの判定にWappalyzer

Wappalyzerは、海外のASPの判定に向いている拡張機能です。

Chrome拡張機能とFirefoxアドオンをリリースしており、

ブックマークレットでも公開されています。

Shopifyに限らず、どのシステムを使っているか知りたい時に便利です。

これを使うと、Shopifyだけでなくワードプレスなどのシステムも検知、

採用している技術などがわかります。

使い方は、気になるサイトを開いてアイコンをクリックするだけです。

ワンクリックで使用しているシステムや技術などを一覧表示してくれます。

Koala Inspectorならテーマやアプリもわかる

テーマやアプリも調べたい時に使いたいのは、

「Koala Inspector – Inspect Shopify Shops」です。

これもGoogle Chromeの拡張機能の一つです。

この拡張機能は、Shopifyで作ったサイトか否かを判断してくれるもので、

「Shopifyではない」と教えてくれるだけにとどまります。

Shopifyのサイトの場合には、テーマや使っているアプリ、いつから使っているか、

商品の売れ筋情報などもわかるでしょう。

Shopifyユーザーが他店のShopify利用状況を調べるにはおすすめです。

自分のECサイトをどこで作ったかわからなくする方法

競合他社のECサイトの情報は知りたいものの、

自分のECサイトをShopifyで作成したことは隠したいと思うこともあります。

どこで作成したかわからないようにしておくと、

自店でオリジナルのECサイトを作成したように見え、

ユーザーからより高い信頼を得られるでしょう。

ショッピングカートASPやCMSの仕様は調べればわかりますし、

知られても基本的には問題はありません。

あえて意識させたくない場合にはお試しください。

ドメインを変える

Shopifyで作成したサイトは、独自のドメインを使って運営することが可能です。

ドメインを変えてしまえば、Shopifyで作成したことがわかりにくくなります。

Shopifyの独自ドメインは、購入が必要です。

オンラインストアのドメインへアクセスし、

「新しいドメインを購入する」からドメインを作成します。

クレジットカードで決済をしたら、48時間以内に反映されます。

また、Shopifyではないサービスで取得したドメインを使うことも可能です。

ドメインをShopifyと関係ない文字にしてしまえば、

一見どのシステムでサイトを作っているかわからなくなります。

「Powered by Shopify」の文字を消す

Shopifyで作成したECサイトには、

フッターに「Powered by Shopify」が表示されており、

Shopifyで作成したことが一目でわかります。

これを消すことで、一見どのシステムか分かりにくくすることも可能です。

まずは管理画面の「オンラインストア」から「アクション」、

「言語を編集する」を選び、「Powered by Shopify」を検索します。

すると、表示される文字を変えられる項目が出てくるため、

変えたい文字列(なければ半角スペース)を入力しましょう。

最後に「保存する(save)」をクリックすれば、文字が消えます。

Shopifyサイトを見つけて参考にしよう

Shopifyで作成したECサイトを見ることは、自分のECサイトを良くするために役立ちます。

ショッピングカートASPは拡張機能で簡単に調べられるので、

参考にしたいサイトがあったら試してみましょう。

他社の使っているテーマやアプリなどの情報は、

サイト構築や運営の良い参考になるはずです。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。