カラーミーのお問い合わせの設定方法は?手順やメリットを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではカラーミーの問い合わせフォームの作り方について知りたい
という方のために、設定方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーの問い合わせフォームの作り方がわかる
  2. 問い合わせフォームの機能がわかる
  3. 問い合わせフォームのメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーの問い合わせフォームの設定について解説をしていきます。

 

カラーミーでユーザーから問い合わせしてもらう方法は2種類

カラーミーは、オンラインショップを作成できるサービスです。

オンラインショップでユーザーの満足度を高めるためには、

自由にユーザーが質問や要望を店に伝えられるシステムが欠かせません。

カラーミーでユーザーからの質問や要望を受け取れるようにするには、

2種類の方法があります。

無料で使える方法と費用が掛かる方法があるため、

自分のオンラインショップに適した方法を選びましょう。

問い合わせフォームを設定

無料でできる方法としては、

カラーミーのデフォルト機能で使えるお問い合わせフォームがあります。

お問い合わせフォームでは、

フォームを通してユーザーから気軽に質問や要望を投げかけてもらうことが可能です。

カラーミーのお問い合わせフォームは、最初から付帯している機能なので、

それほど多機能ではありませんが、コスト面では助かります。

お問い合わせフォームにお金をかけたくない場合には、こちらのデフォルト機能一択です。

有料チャットアプリを連携

ユーザーからのお問い合わせにこだわりたいショップは、

有料となりますが、チャットアプリを使う手もあります。

チャットアプリはリアルタイムに質問対応ができ、

便利ですが、利用期間中はずっと月額費用が必要です。

始めたばかりの人や売上が安定していないショップでは、費用が重い負担になるため、

あまりおすすめできません。

これからお問い合わせ対策を始めようとしている人は、

まずは無料フォームから試してみて、使い勝手が悪かったらアプリを検討しましょう。

カラーミ―の問い合わせフォームでできること

カラーミーのデフォルトであるお問い合わせフォームでは、無料で以下のような機能が使えます。

お問い合わせに対しての基本機能は押さえてあるため、

細部にこだわりがなければ便利に使えるでしょう。

問い合わせがあったことを示すメール受信

お問い合わせフォームでは、

カラーミーで作成したオンラインショップに質問などがあった際に、

自分のメールアドレスにお知らせが届きます。

設定は管理者メールアドレスに登録するだけなので、簡単です。

質問があったことがすぐにわかるため、

リアルタイムのチャットサービスなどがなくてもスピーディーに反応することができます。

また、それと同時にユーザーが登録したアドレス宛てに問い合わせ内容が

送信される設定も可能です。

質問項目を選べる

カラーミーのお問い合わせフォームの設定では、質問項目も自由に作ることが可能です。

項目は10個まで設定でき、項目ごとに表示させたいお問い合わせ画面も選べます。

ショップへのお問い合わせと商品のお問い合わせがありますが、

それぞれの項目をどちらか片方に表示させることも、両方に表示させることも可能です。

ショップの使い方など、全体に関わる内容はショップへのお問い合わせに、

サイズなどのお問い合わせは商品へのお問い合わせにと使い分けられます。

問い合わせフォームを設置するメリット

カラーミーで作成したオンラインショップにお問い合わせフォームを設置することで、

売上につながるメリットがあります。

お問い合わせフォームの設置を迷っている人は、メリットを確認して導入を検討しましょう。

ユーザーの商品への疑問を解消できる

オンラインショップにお問い合わせフォームを設置すると、

ユーザーの商品への疑問や不安を解消しやすくなります。

オンラインショップでは、商品を直接見ることも試着することもできません。

そのため、慎重なユーザーは画像がステキでも画像では写らない部分に疑問や不安を抱き、

購入を躊躇することがあります。

お問い合わせフォームがあれば、

そういったユーザーの疑問や不安を解消し、購入への後押しができるでしょう。

ユーザーとコミュニケーションを取れる

お問い合わせフォームでのユーザーとのコミュニケーションも、購入を促すポイントの一つです。

質問にきちんと回答することで、ユーザーのショップへの好感度や信頼感はアップし、

購入へのハードルが下がります。

また、ユーザーから来た問い合わせの内容は、不満や疑問でも、

ショップ改善のヒントになります。

自分のショップ内に問い合わせフォームを作る手順

カラーミーで自分のショップ内にお問い合わせフォームを作ってみましょう。

基本的なお問い合わせフォームを作るだけであれば、難しい知識を必要としません。

カラーミーのショップ作成画面から、手順に従って項目ごとに設定していくだけです。

フォームの表示メッセージを設定

カラミ―で作成したオンラインショップにお問い合わせフォームを設置するには、

お問い合わせ画面で表示するメッセージを作成する必要があります。

作成が必須となっているのは、「当ショップへのお問い合わせ」に対するのメッセージと

「商品へのお問い合わせ」へのメッセージです。

「○○のお問い合わせはこちらからお尋ねください」等のメッセージを自作できます。

また、メールアドレス確認用フォームを使うかどうかを選ぶことも可能です。

アドレス確認のために再度入力を求めるか否かの選択です。

作成と選択が終わったら、保存します。

内容確認メールの設定

ショップのお問い合わせフォームからユーザーが質問などを送信したときに、

問い合わせた内容を確認するメールの設定も行います。

ユーザー自身が問い合わせ内容を確認でき、後で見返すこともできます。

メールの設定ができる画面は、「メール」ページ内の「メール内容設定」です。

さまざまなメールの編集や確認ができる画面で、

注文確認や決済URL送信などのメールもここから設定します。

「修正」ボタンをクリックすると、タイトルやメールヘッダー、

メールフッターなどの入力画面が出てくるので、それぞれのテンプレートを作成しましょう。

作成が終わったら更新ボタンを押します。

(お好みで)CSSでスタイルを整える

カラーミーのデフォルトで使用できるお問い合わせフォームは、

最低限の設定しかできません。

しかし、技術や知識がある人は、仕上がりは自己責任となりますが、

CSS編集機能でデザインをカスタマイズする手もあります。

CSSをいじってデザインカスタマイズを行えば、

スマホページのデザインを変えることも可能です。

ほかのCMSなどからお問い合わせフォームを借りて流用しているショップもあります。

ただし、この方法はトラブルが生じるリスクもあるため、

データはあらかじめバックアップを取っておき、あくまでも自己責任で行いましょう。

問い合わせフォームでショップに信頼感を

カラーミーのお問い合わせフォームについて、機能や設定方法まで解説しました。

カラーミーには有料のチャットアプリもありますが、

まずはデフォルト機能として使えるお問い合わせフォームから使ってみてください。

フォームとして必要な基本機能は揃っており、質問項目など、内容も充実させられます。

メールで問い合わせがあったことも知ることができるため、

ユーザーを待たせずに対応することも可能です。

これから開店する人やお問い合わせフォームを使っていなかった人は、

この機会に設定してユーザーの信頼度をアップさせましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。