カラーミーで作成したサイトにブログを載せることはできるの?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーで作成したサイトにブログを載せることが出来るのか知りたい
という方のために、ブログの追加方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーにおけるブログの追加方法がわかる
  2. 導入できるブログの種類がわかる
  3. カラーミーWPオプションを利用する方法がわかる
  4. WordPressとの連携方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーで作成したサイトにブログを載せる方法について解説をしていきます。

 

カラーミーでの商品販売はブログで情報発信

現在、国内最大級のネットショップサービスであるカラーミーを活用している方は多くいます。

カラーミーを活用して商品販売をする際には、ブログでの情報発信も大切です。

まずは、なぜブログでの情報発信が大切だとされているのか解説していきましょう。

集客効果を高めてくれる

ブログでの情報発信をすることで、集客効果が高められます。

ブログなどのオウンドメディアは、

ネットショップのファンを増やしたり、ショップへ集客してくれたりと非常に効果的です。

さらに、Googleなどの検索エンジンでの表示順にも影響を与えるので、

集客効果を高めるだけでなくネットショップそのものの

価値も高められることにもつながります。

このことから、ブログでの情報発信はネットショップを展開するうえで欠かせない

存在だと言えます。

レビューを書いて使用感をイメージさせやすくする

ブログでは、取り扱っている商品のレビューを書くことでユーザーに使用感を

イメージさせやすくできます。

商品を購入しようと検討する段階で、実際に使ってみてどうだったのか、

メリット・デメリットなど知っておきたいと考える方は多いです。

そこで、レビューが活用できます。

レビューではメリットはもちろんのこと、

デメリットも正直に書くことでより使用感がイメージしやすくなります。

レビューがあるだけで、使用感がイメージしやすくなり購買行動につながるでしょう。

カラーミーに導入できるブログは?

カラーミーを活用する際に、

ブログは集客手段やショップの価値を向上させるために有効です。

実際にカラーミーに導入できるブログにはどのようなものがあるのでしょう。

ここからは、カラーミーに導入できるブログをいくつかご紹介します。

無料ブログ

カラーミーに導入できるブログの1つに無料ブログがあります。

無料ブログは、アメーバブログやライブドアブログ、

はてなブログなど無料で展開しているブログサービスです。

ブログの作成から運営まですべて無料で行えるので、

初めてブログを運営する方でも低リスクで始められます。

ただし、無料であることから運営するショップとは関係のない

Web広告などが表示されることや無料サービスが終了してしまう可能性があることが

デメリットにあげられます。

カラーミーショップWPオプション

カラーミーショップWPオプションでは、

カラーミーが提供しているアプリを使用することで機能を追加できるものです。

月額5500円という費用はかかるものの、

カラーミーショップWPオプションを導入することで

WordPressブログを簡単に作れるようになります。

WordPressブログは無料ブログに比べ、

さまざまな機能が追加できるなど自由度を高められる特徴を持ちます。

ネットショップと同じURLに展開できるので、

よりユーザーへ効果的にアプローチできるようになるでしょう。

また、サイト自体の表示速度が遅いことで、

ユーザーがサイトから離脱してしまう確率が上昇します。

カラーミーショップWPオプションではキャッシュ機能が搭載されていることから、

サイトの表示速度が速くなりユーザーの離脱率が軽減できます。

ほかにも、ブログサーバーとの契約や監理などが必要ないので、

より簡単に運営していけるようになるでしょう。

ドメイン統合

ドメイン統合は、カラーミーで運営しているショップと同じドメインで

WordPressブログを運営するために提供されている開発サービスです。

2020年12月末日をもって新規受付を終了していますが、

すでに利用中の人は引き続き利用することができます。

通常、無料ブログなどでは独自ドメインとなりショップのサブディレクトリとして

作成することはできません。

ドメイン統合をすることで同じドメインでショップ・ブログどちらも運営することが

可能となります。

また、ショップとブログのドメインを統合することで、

検索エンジンから認識されやすくなります。

検索エンジンから認識されやすくなれば、

それだけ多くの人から認知されやすくなるのでSEO効果にもつながるでしょう。

ドメイン統合の開発にかかる初期費用は110,000円となり、

使用しているプランもラージ・プラチナのみとなり、

それぞれ月額費用がラージ7,223円、

プラチナ10,000円+売上により販売手数料1%がかかります。

さらにWordPressのサーバー費用・ドメイン費用などが必要です。

独自でWordPressブログを用意するのは有効?

WordPress自体、世界中で用いられているCMSとなっているので、

独自にWordPressブログを用意することはもちろん可能ですし、集客にも有効だと言えます。

ただし、独自に用意したWordPressブログはサブドメインとなってしまいます。

サブディレクトリにすればGoogleなどの検索エンジンが認識しやすく、

ユーザーにとってもわかりやすくなることから、

SEO効果としての観点からすると劣ってしまうでしょう。

WordPressブログを独自で用意する場合、

レンタルサーバーや独自ドメインの用意などが必要となることがあります。

サーバーやドメインの種類などでも異なりますが、

基本的に独自でWordPressブログを用意する費用は、

レンタルサーバー代で月額1,000~2,000円、

独自ドメイン代で年間1,500~4,000円ほどとなります。

カラーミーWPオプションの設置方法

カラーミーWPオプションを導入することで、

運営するネットショップと同じドメインでWordPressブログを展開することが可能となり、

さまざまな効果に期待できるようになります。

ここからは、そんなカラーミーWPオプションの設置方法について解説していきましょう。

カラーミーアプリストアから本アプリを追加

まず、カラーミーショップの管理画面にログインして

商品管理や受注管理などが並んでいる右端にある機能追加をクリック、

カラーミーアプリストアへ移行してください。

アプリストアにあるカラーミーWPオプションをクリックすると、

アプリの詳細ページに行くのでページの右にある

「ログインしてプランを選択する」を押しましょう。

そのままログイン画面へと移行するので、

ID・パスワードを入力しログインすると「プランを選択してアプリを追加する」に変わります。

クリックすると、プラン画面になり選択すると追加する際に必要な料金が表示されます。

利用規約と料金プランに関するマニュアルに目を通したらそれぞれにチェックし、

「追加する」をクリックすればアプリの追加が完了です。

アプリ利用に必須の情報を入力

次に、アプリ利用に必須の情報を入力してください。

アプリ追加が完了すると、そのままカラーミーとの連携画面に進みます。

ログインID・パスワードを入力し「ご利用内容確認へ」を押すと、

追加するアプリとアプリ動作を確認でき、

アプリ連携する同意にチェックすればアプリが連携され、

そのままWordPressの設定に移行します。

WordPressにログインするための設定では、

ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力して、

「作成する」をクリックするとWordPressで作成するメディアのURLが

表示され確認してOKであればそのまま作成してください。

アプリ利用には、ユーザー名・パスワード・メールアドレスが必須となります。

ユーザー名は作成後変更ができないので注意しましょう。

管理画面でWordPressブログを作成

管理画面からWordPressブログを作成してみてください。

まずは、ブログの外観をテーマなどのテンプレートから選択してみましょう。

ライブプレビューを選択するとどのようなサイトにできるのかチェックできるので、

イメージに合うかどうか確認してから有効化してみてください。

カスタマイズをクリックすると、タイトルから編集することが可能です。

サイトのタイトル、キャッチフレーズ、

サイトアイコン(ブラウザーアイコンとしても設定可能)、

ヘッダーメディアなどを設定し、必要に応じてサイトをカスタマイズしてみてください。

カラーミーとWordPressを連携させる方法

すでにカラーミーでショップを運営している方の中には、

WordPressでブログなどのメディアを開設している方も少なくありません。

ショップとメディアを連携させることで、より高い集客効果とSEO効果に期待できます。

ここからは、カラーミーとWordPressを連携させる方法について解説します。

デベロッパー登録とアプリ作成

まずは、WordPressにカラーミープラグインをインストールする必要があるので、

カラーミーデベロッパー登録とアプリ作成を行っていきましょう。

デベロッパー登録の画面にはメールアドレスとパスワード入力する必要があるので、

入力し登録手続きをしてください。

デベロッパー登録が完了したら、ログインしてアプリ一覧画面を開きます。

「アプリを作成する」を押すと、

アプリ名とリダイレクトURLの入力画面に移行します。

アプリ名は自分でわかりやすい名前にしておきましょう。

リダイレクトURLは

「https(httpでも可)://ドメイン名/ wp-admin/admin-ajax.php」にして、

「保存」を押すとアプリ作成が完了します。

画面上にはクライアントIDとクライアントシークレットが表示されるので、

どちらも控えておくようにしてください。

後々の手順で必要となります。

インストール完了後に連携設定を行う

次に、WordPressプラグインをインストールしていきます。

WordPressにログイン後、プラグインから新規追加に進みます。

右にある検索バーから「ColorMeShop WordPress Plugin」を検索し、

「今すぐインストール」を押してインストールを開始。

インストール完了後には、

ボタンが「有効化」に変わっているので再度クリックしてください。

有効化まで完了したら、カラーミーショップとの連携設定をします。

連携設定は、管理画面の左にあるメニューに現れたカラーミーショップを

クリックすることで設定画面に移行できます。

設定画面では、控えておいたクライアントIDとクライアントシークレットを

入力しそのまま変更を保存してください。

保存後、「カラーミーショップアカウントで認証する」から

カラーミーへログイン(デベロッパーアカウントではありません)し、

アプリ内容を確認後チェック欄に同意し「アプリを連携」を押せば連携設定が完了します。

WordPress側の設定

WordPress側にカラーミーショップに登録している商品情報を表示させるための設定をします。

まずは、WordPressの管理画面にあるメニューから「固定ページ」、

そのまま「新規追加」をしていきます。

ページ名とスラッグは好きなように設定してください。

設定したら、固定ページ一覧から設定したページにカーソルを当てると

ブラウザの下にURLが表示されます。

表示されたURLの「past=」から続く数字が設定した固定ページのIDとなっているので、

控えておきましょう。

再度、WordPressの管理画面のメニューに戻り、

カラーミーショップをクリックし連携設定の画面に移行してください。

画面上にある商品ページID欄に、控えた固定ページIDを入力し、そのまま変更を保存します。

完了すれば、「変更を保存」の下に商品や商品カテゴリー、

商品一覧、サイトマップのURLが表示されるので確認してみてください。

どこでもカラーミーもおすすめ

カラーミーでショップを運営しながら、ブログなどで情報発信をするのであれば、

「どこでもカラーミー」というWordPress内のページにカートを組み込む機能もおすすめです。

まだ導入していない方や知らない方も多いので、

ここからは「どこでもカラーミー」について解説していきましょう。

どこでもカラーミーとは?

「どこでもカラーミー」とは、カートJS機能とも呼ばれている機能で、

カラーミーショップ内で展開しているページ以外で

「カートに入れる」ボタンを貼り付けられるようになります。

WordPressで作成したサイトやブログだけでなく、

外部サイトで作成したホームページや他社で作成したブログなどでも貼り付けることが可能です。

難しいプログラミングなどは一切必要なく、

自動作成されたJSコードをコピーして貼り付けたいページに

ペーストするだけで完了する便利な機能となっています。

設定方法

どこでもカラーミーは便利でありながら、非常に簡単に使える機能です。

設定方法は商品編集から行えます。

さまざまなサイトやブログに導入することで商品へ効果的に誘導できますが、

さらにフリーページと併せることでランディングページの作成も可能です。

ここからは、商品編集から利用する方法とランディングページの

作成方法について解説していきます。

商品編集からどこでもカラーミー(カートJS機能)を利用

商品編集からどこでもカラーミーを利用する場合、

商品編集画面の右にある「どこでもカラーミー(カートJS機能)」を

クリックしリンクに移行します。

移行した画面で表示項目を細かく設定していきます。

表示・非表示の選択をしていき、表示されたJSコードをコピーしておきましょう。

表示したいサイトやブログにコピーしたJSコードを貼り付けることで、

どこでもカラーミーが利用できるようになります。

ランディングページを作成

どこでもカラーミーとフリーページを用いれば、

ショップ内にランディングページを作成することも可能です。

ランディングページの作成方法としては、「ショップ作成」から「デザイン」を選択し、

「フリーページ」を押すとフリーページ一覧に移行するので、

「新規作成」を押してください。

そのままフリーページ編集に移行するので、

画像やテキストを使いながら作成していきましょう。

作成したら、「商品検索・変更」から商品の「修正」をクリックし、

商品編集画面右にある「どこでもカラーミー(カートJS機能)」から設定し、

JSコードをコピーしフリーページの本文に貼り付けます。

貼り付ける際、設定したいフリーページの本文が「ソース」になっているか確認してください。

「ソース」になっていなかった場合、ソースをクリックすればOKです。

カラーミーの機能を使って効率強化を図ろう

今回は、カラーミーでのブログ追加方法から導入可能なブログ、

カラーミーWPオプションについて、WordPressとの連携方法、

どこでもカラーミーについて解説しました。

カラーミーでショップを運営している場合、

WordPressとの連携機能を駆使することでより高い集客効果を期待できるようになります。

WordPressでブログを運営している方は、

ぜひカラーミーとの連携で集客効果の強化を図ってみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。