Shopifyの流通総額は?大きく成長した理由も解析

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyの流通総額について知りたい
という方のために、国内や海外における流通総額、成長した理由などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyの流通総額がわかる
  2. 国内外での成長率がわかる
  3. 驚異的な成長を遂げた理由がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyの流通総額や成長率などにてついて解説をしていきます。

 

Shopifyの流通総額は?

海外で誕生したEC制作サービスShopifyですが、現在では日本国内でも高い人気を誇ります。

すでに、多くの企業やブランドがShopifyを用いたビジネスを展開しており、

今後はさらに数が増えると予想されています。

これからShopifyで物販ビジネスに取り組もうと考えている方にとって、

流通総額は気になるところでしょう。

流通総額から、今後の発展や成長をある程度予測できるからです。

Shopifyの日本法人である、

Shopify Japanが発表した国内の流通総額によると、前年比323%でした。

これは、過去最高の成長率といえるでしょう。

また、新規出店数は228%増となり、こちらも過去最高を記録しています。

海外での成長率も驚異

日本国内での利用率も高いShopifyですが、もともと海外で誕生したサービスとあり、

諸外国でも多くの企業や事業者が用いています。

グローバルな事業展開をしている海外のオンラインストアも多く、成長率も驚異的です。

結論からいえば、2020年におけるEC売上シェアは2位、売上高は前年比86%増、

流通取引総額は前年比96%増と驚異的な成長を見せました。

以下、詳しく見ていきましょう。

2020年EC売上シェアが2位

インターネットやモバイルデバイスの普及により、EC市場の競争は激化しています。

日本国内はもちろん、海外におけるEC市場も激しい競争が続いていますが、

依然トップに君臨しているのは大手EC、Amazonです。

日本にも多くのユーザーを抱えるAmazonは、

世界的な知名度と規模を誇る企業として知られています。

2020年におけるEC売上高シェアは、Amazonが39%と突出していますが、

Shopifyも8.6%の2位につけているのです。

シェア1位であるAmazonには大きく差をつけられていますが、

Amazonの事業規模から考えるとこの差は仕方のないことといえるでしょう。

むしろ、比較的新しいサービスであるShopifyが、2位につけていることが驚くべきことです。

売上高は前年比86%増

2020年通期における売上高は、86%増との結果になりました。

日本円で約3080億円の売上高を記録しており、驚異的な成長率を見せています。

2019年における売上高が、前年比47%だったことを考えると、

この数字の凄さが理解できるでしょう。

流通取引総額は前年比96%増

流通取引総額においては、前年比96%増との結果になりました。

日本円では約12兆5,600億円です。

Shopifyが注目を集めているのは、

このように驚異的な成長を遂げていることが理由だと考えられます。

10~12月の流通取引総額だけを見ても、前年同期比99%増となっているのです。

驚異的な成長の理由

Shopifyが驚くべき成長を遂げていることが、数値からよく理解できたでしょう。

売上シェアや売上高、流通取引総額どれを見ても、おそるべき成長を見せています。

しかし、ここで疑問を抱いた方もいるかもしれません。

なぜ、Shopifyはこれほどの成長を遂げられたのでしょうか。

以下、Shopifyが驚異的な成長を遂げ、大躍進した理由について解説をします。

使いやすいプラットフォームで参入しやすい

Shopifyは、海外で誕生したEC制作サービスですが、日本でも高い人気を誇っています。

人気を獲得できた理由としては、使いやすいプラットフォームの採用が挙げられます。

Shopifyのプラットフォームは、使いやすいと評判で、誰でも簡単にECサイトの作成が可能です。

カスタマイズ性にも優れており、

誰でもスピーディーにスタイリッシュなECサイトを作れるため、人気があります。

そのため、物販ビジネスに取り組もうと考える方が参入しやすく、

驚異的な成長につながったと考えられます。

もし、Shopifyが使いにくいプラットフォームを採用していたのなら、

ここまでの成長は見られなかったのでしょう。

EC販売のあらゆる機能が集約

先述した使いやすさと共通する部分がありますが、

ShopifyにはEC販売に必要なあらゆる機能が集約されています。

そのため、新規参入してくる方が多く、

驚異的な伸び率につながったのではないかと考えられます。

一からECサイトを制作するとなると、時間や手間、コストもかかります。

一方、Shopifyなら、

EC販売に必要なさまざまな機能が実装されているため、すぐに運営を開始できるのです。

豊富な数のテンプレートが用意されているため、

スピーディーに理想的なECサイトを構築でき、注文や顧客の管理もしやすい仕様です。

このような理由から、多くの方が利用するようになり、現在の成長につながったと考えられます。

利用者が多く必要な情報を集めやすい

Shopifyの利用者は大勢います。

日本国内でも、著名なブランドや企業がShopifyを用いてオンラインストアを運営しており、

知名度や認知度もますます高まっています。

国内外を問わず多くの事業者が利用しているため、必要な情報を集めやすいのも、

驚異的な成長につながっているのでしょう。

事実、インターネット上でShopifyに関する情報を集めようとすると、

容易に多くの情報が集まります。

必要な情報を集めやすい環境が整っているため、Shopify人気はどんどん高くなり、

さらに利用者が増えました。

利用者は、Shopifyでのサイト構築や、運営について知りたいことがあれば、

インターネット上ですぐに情報を得ることが可能です。

このようなメリットがあるからこそ利用者が軒並み増え、

現在の成長につながったのだと考えられます。

Shopifyは今後も成長が見込めるサービス

Shopifyの流通総額や売上高シェアは、すさまじい勢いで伸びています。

これを、一時的なものと考えるのか、

この先も勢いが続くと考えるのかは人によって異なるでしょうが、

客観的に見ても将来的な成長が見込めるサービスだといえます。

インターネットとモバイルデバイスの普及で、EC市場は今後ますます拡大するでしょう。

それに伴い、使いやすさに定評のあるShopifyの利用者はより増え、

さらなる成長と発展を遂げると考えられます。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。