ShopifyとBigCommerceの違いは?気になるポイントを比較

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyとBigCommerceの違いについて知りたい
という方のために、気になるポイントを解説します。

この記事を読むことで、

  1. ShopifyとBigCommerceの違いがわかる
  2. 比較する際のポイントがわかる
  3. BigCommerceからShopifyへの移行方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ShopifyとBigCommerceの違いについて詳しく解説をしていきます。

 

ShopifyとBigCommerceを比較

Shopifyは、誰でも簡単にネットショップを開設できるサービスです。

海外で誕生したサービスですが、日本国内でも高い人気を誇り、

多くの事業者がビジネスに利用しています。

Shopifyとよく比較されるのが、BigCommerceです。

BigCommerceも、Shopifyと同様にECサイトの構築が可能なプラットフォームであり、

こちらも世界各地で人気があります。

どちらも人気があるため、

物販ビジネスを始めるにあたりどちらを選べばよいのかと悩んでしまう方も少なくないでしょう。

ここでは、ShopifyとBigCommerceのさまざまな部分を比較してみました。

プラットフォーム選びの参考にしてください。

カスタマイズ性

ネットショップ構築を柔軟に行えるか、思い描いた通りのサイトを作れるか、

といった部分は重要なポイントです。

ShopifyとBigCommerceは、どちらもカスタマイズ性に優れているため、

限りなく理想に近いネットショップを構築できるでしょう。

Shopifyはシンプルなプラットフォームであり、操作が簡単なことでも知られています。

そのため、カスタマイズも容易です。

一方、BigCommerceは、カスタマイズにやや知識や技術が求められるため、注意が必要です。

デザイン性

ネットショップのデザイン性は、集客やブランディングに関わる部分であるため重要です。

手軽に見栄えのよいネットショップを作れるかどうかは、

プラットフォーム選びにおいても大切な要素といえるでしょう。

どちらのサービスにおいても、豊富な数のテンプレートが用意されています。

数や種類にそこまで大きな違いはないものの、

Shopifyのほうがより洗練されたテンプレートをそろえています。

ただ、これは人によって感じ方に個人差があるため、自身の目で確かめてみるとよいでしょう。

拡張性

ネットショップに機能を追加できるかどうかも、プラットフォーム選びでは大切なポイントです。

まず、Shopifyではさまざまな拡張アプリを扱っており、

ユーザーは好きなものを選んで実装できます。

1,000以上のアプリがあるため、あらゆるネットショップ構想に対応できるでしょう。

一方のBigCommerceですが、こちらはそこまで豊富な拡張アプリを取りそろえていません。

アプリの数が増えすぎると、サイトの動作が重くなると考えているからです。

拡張性に関しては、Shopifyに軍配があがります。

モバイル対応

どちらもモバイル対応していますが、より使いやすいといわれているのはShopifyです。

レスポンシブデザインに対応しており、パソコンやスマートフォン、

タブレット端末などあらゆるデバイスに対応しています。

かつては、パソコンでのネットショッピングが主流でしたが、時代はスマートフォンです。

Shopifyは、スマートフォン利用時の視認性に優れ、支払いもしやすいと評判です。

サイトの速度

機能面ばかりに注目してしまう方が少なくありませんが、サイトの速度も要チェックです。

あまりにも動作が重いネットショップの場合、

アクセスユーザーが不便だと感じ、サイトを離脱してしまうおそれがあるからです。

ユーザービリティの観点からも、ネットショップの動作はできるだけ軽くするべきでしょう。

2018年のデータですが、Shopifyのサイト速度は平均1.79秒となっています。

一方のBigCommerceは平均4.5秒と、大きな開きがあることがわかります。

このように、数値だけを見ればShopifyの圧勝といえるでしょう。

セキュリティ

ネットショップでは、さまざまな情報を扱うため堅牢なセキュリティ環境を

構築しなければなりません。

万が一、顧客の情報が流出したとなると、企業としての信頼が地に墜ちてしまい、

事業の継続すら危うくなってしまうでしょう。

ShopifyとBigCommerceは、どちらもPCI DSS 3.2を備えており、

堅牢なセキュリティ環境を構築しています。

安心して利用できる環境が整っており、

実際これまでにセキュリティ絡みで大きな問題は起きていません。

価格

ShopifyとBigCommerceは、どちらも月額制で利用できるサービスです。

ランニングコストに大きく関わる部分であるため、

毎月どれくらいの費用がかかるのかは気になるところでしょう。

Shopifyは、複数のプランが用意されており、月額29~299ドルで利用できます。

なお、Shopifyプラスの場合は、月額2,000ドルが必要です。

BigCommerceも複数プランがあり、月額29.95~299.95ドルとなっています。

サポート

ネットショップの運営においては、さまざまな疑問や不明点、

トラブルが発生する可能性があります。

このようなとき、どのようなサポートを受けられるのかは、チェックしておきたいポイントです。

Shopifyは、24時間体制でサポートを提供しており、電話やメール、

ライブチャットで対応してもらえます。

専属のコンサルタントが、さまざまな悩みに対応してくれるため、

安心して運営できるでしょう。

一方のBigCommerceでも、24時間体制のサポートを提供しています。

より手厚いサポートを受けられる、プレミアムサービスを用意してあることが特徴だといえます。

双方のメリット・デメリットを理解することが大切

ShopifyとBigCommerceは、どちらも世界的に有名なECプラットフォームです。

どちらも優れた機能を備えており、価格帯も似ているため、優劣をつけにくいのも事実です。

ただ、細かい部分を見るとさまざまな違いがあり、

双方にメリットとデメリットがあります。

プラットフォーム選びにおいては、

双方のメリットとデメリットを正しく理解し、そのうえで比較検討することが大切です。

メリットとデメリットを把握したうえで、

何を優先すべきかを考えてみると判断の助けになるでしょう。

ネットショップの動作が重くなるのは何としても避けたいため、

サイト速度の速いShopifyを選ぶ、といった具合です。

なお、ShopifyとBigCommerceは、どちらも無料トライアル期間が設けられています。

まずは無料で試用し、機能や操作性、視認性などを確認したうえで、

どちらを導入するか検討するとよいでしょう。

BigCommerceからShopifyへの移行方法

BigCommerceを利用していたものの、Shopifyを使ってみたくなった、

といった場合にサービスの移行はできるのでしょうか。

移行ができるのであれば、BigCommerce側で利用していた、

さまざまなデータをShopifyでも使えます。

結論からいえば、BigCommerceからShopifyへの移行は可能です。

以下に、具体的な移行の手順をまとめたので、ぜひ目を通してください。

データのエクスポート

まずすべきは、BigCommerce側からのショップデータをエクスポートすることです。

具体的には、顧客や商品、注文などの各種情報を出力します。

エクスポートが終われば、顧客や注文、

商品など各種データのCSVファイルをダウンロードできます。

次は、エクスポートした各種データをShopifyで使えるようにインポートをしましょう。

Shopifyへのインポート

BigCommerceで利用していた各種情報を、

Shopify側で使うにはエクスポート→インポートのプロセスが必要です。

エクスポートが終わったら、Shopify側へのインポート作業に進みましょう。

管理画面から[アプリ]→[Store Importer]と進み、

ドロップダウンメニューから[BigCommerce]を選択してください。

[ファイルを追加する]でファイルを選択し、追加できれば完了です。

データ確認と更新

エクスポートしたデータを、

Shopify側にきちんとインポートできたかどうかを確認する必要があります。

何らかの理由で、一部の情報がインポートできていないケースがありますが、

このような場合は手動でデータを追加してください。

インポートしたデータの確認が終われば、更新をして完了です。

データ不足がある場合

データの不足があった場合には、データの追加を行いましょう。

[新しいインポートを開始する]を選ぶと、新たにデータを追加できます。

追加インポートするデータがすでにShopify側にある場合は、上書きされずにスキップされます。

インポートを削除したい場合

インポートに失敗したデータが多いケースでは、削除して再インポートする方法があります。

インポート完了ページから[インポートを削除]を選び、

すべてのファイルが削除されたことを確認したうえで、

[新しいインポートを開始]を選びましょう。

いろいろな部分を比較しつつ判断しよう

ShopifyとBigCommerceは、どちらにもメリットとデメリットがあります。

物販ビジネスを始めるにあたってプラットフォーム選びをしているのなら、

双方のメリットとデメリットを把握したうえで比較検討しましょう。

まずは無料トライアルで試用し、使用感や機能をチェックすることをおすすめします。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。