ShopifyにおけるGoogle Search Console の導入方法は?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ShopifyにおけるGoogle Search Console の導入方法について知りたい
という方のために、具体的な導入の手順を解説します。

この記事を読むことで、

  1. Google Search Consoleの基礎知識を得られる
  2. Google Search Consoleの必要性がわかる
  3. Google Search Consoleの導入方法がわかる
  4. HTMLタグを用いた設定方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ShopifyにおけるGoogle Search Consoleの必要性や導入方法などについて、

解説をしていきます。

 

Google Search Consoleの基礎知識

Shopifyと絡めた話を進める前に、

まずはGoogle Search Consoleの基礎知識を得ておきましょう。

Google Search Consoleとは、Googleが提供している無料のSEO解析ツールです。

ネットショップ運営において、SEOをきちんと行うことは大切です。

ただ、現状のSEOがどうなのか、状況を正しく把握できないと改善の手立ても見えません。

Google Search Consoleを用いて解析を行えば、ユーザーの行動データを把握でき、

エラーチェックやペナルティ対策も行えます。

また、ネットショップ内におけるユーザーの行動も、

Googleアナリティクスで把握できるのです。

このように、Google Search Consoleを用いれば適切なSEOを行えるため、

アクセスアップを見込めます。

高機能な解析ツールであるにも拘わらず、

無料で利用できるのも魅力的なポイントといえるでしょう。

ShopifyでGoogle Search Consoleを設定する理由

Shopifyは、世界中で利用されているEC制作プラットフォームです。

誰でも簡単にデザイン性の高いネットショップを構築でき、

オンライン販売に必要なあらゆる機能を実装しています。

ShopifyでGoogle Search Consoleを設定する目的は、サイトの現状把握と改善です。

Google Search Consoleを使えば、検索対象になっているかどうかや、

被リンクの確認ができます。

Shopifyで構築したネットショップのSEOを強化すれば、集客力を高め売上拡大、

利益向上にも結びつくでしょう。

検索対象になっているかどうかを確認できる

検索エンジンからの自然流入を増やすには、検索対象になっていることが大前提です。

検索対象になっていないと、ユーザーが検索してもネットショップを発見してもらえず、

アクセスにつながりません。

Google Search Consoleを使えば、

Shopifyで構築したネットショップが、検索対象になっているかどうかを確認できます。

URL検査ツールが実装されているため、

簡単な操作で対象のURLがGoogleに登録されているかどうかを調べられるのです。

検索対象になっていないことに気づいていないと、いつまで経ってもアクセスが増えず、

利益も得られません。

何が原因なのかもわからず、運営も行き詰まってしまうでしょう。

このようなことにならないよう、

Google Search Consoleで検索対象になっているかどうかを確認する必要があります。

サイトマップXMLを送信する必要がある

サイトマップとは、サイトの全体像を示した地図のような存在です。

XMLサイトマップは、サイト内のページや更新頻度、更新した日などの情報を記述した、

XML形式のファイルです。

検索エンジンは、クロールする際にXMLサイトマップを参考にします。

そのため、XMLサイトマップを作成して、登録しなくてはなりません。

Googleにサイトマップを登録すれば、

検索エンジンがネットショップのページをインデックスしやすくなるのです。

Google Search Consoleから、サイトマップのURLを入力し、送信して登録できます。

被リンクの確認

被リンクとは、他のWebサイトやブログなどから、リンクされている状態を指します。

SEOでは、被リンクの数や質が重視されています。

かつては、被リンクの数が多ければ多いほど、Googleに高く評価される傾向がありました。

多くのWebサイトからリンクされている=有益な情報を発信しているサイト、

と認識されていたからです。

ただ、近年では被リンクの数よりも、質が重視されています。

そのため、とにかく被リンクを増やせば検索で上位に表示される、

といったことはありません。

評価が高く質のよいWebサイトからの被リンクを増やせば、

SEOの効果が高まると考えられています。

一方、評価と質が低いサイトからの被リンクが多いと、

自社サイトの評価も落ちてしまいかねません。

このような状況を回避するためにも、被リンクチェックが必要です。

Google Search Consoleを用いれば、被リンクの確認も容易に行えます。

エラーの報告

Shopifyで構築したネットショップに、エラーやペナルティが発生していると、

サイトの信頼性が下がってしまいます。

Googleからの評価も低下してしまい、SEOの観点から望ましくありません。

おそろしいのは、エラーやペナルティが発生していることに気づかないまま、

ネットショップを運営し続けることです。

このような状況が続いてしまうと、どんどん評価が下がってしまいます。

エラーやペナルティは、運営者が気づかないうちに発生している可能性があるため、

こまめにチェックしなくてはなりません。

これらのチェックも、Google Search Consoleを用いれば可能です。

Google Search Consoleを使えば、クローラーが見つけたエラーを確認でき、

Googleからのアラートメッセージも受け取れます。

Google Search Consoleの導入方法

Shopifyで構築したネットショップに、

Google Search Consoleを導入する方法について解説します。

それほど難しい手順や作業はないので、以下にしたがって進めば容易に導入できるでしょう。

まずすべきはGoogleのアカウント取得です。

すでに取得済の方は、このプロセスを省いて進めてください。

Googleアカウントを取得

まずは、Googleのアカウントを取得しましょう。

Google Search Consoleは、Googleが提供しているサービスであるため、

アカウントの開設は必須です。

アカウントを取得するには、Googleアカウント作成ページから手続きを進めてください

アカウント作成ページにアクセスすると、

氏名やパスワードなどを登録するフォームが現れます。

すべての必要事項に記入し、最後にプライバシーポリシーと利用規約に同意すれば、

アカウントを取得できます。

Search Consoleのページへアクセス

アカウントを無事取得できたら、Google Search Consoleのページにアクセスしましょう。

検索ページで「Google Search Console」と入力して検索すれば見つけられます。

Google Search Consoleの公式サイトにアクセスしたら、

登録を促すリンクを見つけてください。

発見したら、リンクをクリックします。

[今すぐ開始]のボタンをクリックし、Googleアカウントにログインしましょう。

このプロセスはひとまずこれで終了です。

URLプレフィックスを選択

Google Search Consoleへようこそ、のページに移動すると、

プロパティタイプを選択する旨が表示されています。

ドメインとURLプレフィックスの2つが用意されていることを確認しましょう。

ドメインではなくURLプレフィックスを選択し、ネットショップのURLを記入してください。

URLは、https://も含めて入力します。

URLの入力が完了したら、下部にある[続行]をクリックします。

所有権の確認

先ほどのプロセスで続行をクリックすると、

「所有権を自動確認しました」のメッセージが表示されます。

これで、プロパティの作成は完了です。

DNSレコードを削除しない旨など、注意事項がいくつか記載されているため、

目を通しておきましょう。

確認したら、[完了]をクリックします。

HTMLタグを用いた設定方法

HTMLタグを使用したGoogle Search Consoleの設定方法も確認しておきましょう。

先述した、URLプレフィックスにURLを入力する方法に比べると、やや難易度は高めです。

Googleアナリティクスのアカウント権限がないと、

URLプレフィックスに入力する方法を選択できません。

そのときは、こちらのHTMLタグを使用した設定方法を試してみましょう。

HTMLタグを取得

まずは、Google Search ConsoleでHTMLタグを取得します。

所有権確認の画面に移動し、HTMLタグを確認してください。

HTMLタグを確認できたら、タグをコピー。

タグの横に[コピー]のボタンがあるので、クリックすれば簡単にコピーできます。

Shopify管理画面にアクセス

Shopifyの管理画面にアクセスしましょう。

管理画面のメニューから[オンラインストア]を選択し、[テーマ]を選びます。

テーマ画面が開いたら、次にコード編集の準備を進めます。

コード編集の準備

テーマのページから[アクション]を選び、[コードを編集する]と進みましょう。

これで、コード編集の画面に移動できます。

ページが移動したら、左側にある[Layout]から[theme.liquid]を選んでください。

これで、コード編集の準備が整いました。

タグを貼り付け

ページの右側に、コードが記載されているのを確認してください。

コードの中から、headタグを見つけ、

その中に先ほどコピーしたHTMLタグを貼り付けます。

貼り付けが終われば、[保存]をクリックして完了です。

これで、Google Search Consoleの設定はすべて終わりました。

Shopifyストアを運営するならSearch Console設定は必須

Shopifyで構築したネットショップで、物販ビジネスを展開するのなら、

Google Search Consoleの設定は必須です。

運営しているネットショップのSEO状態をチェックでき、改善に役立てられるため、

必ず設定を済ませておきましょう。

集客の手法はいくつもありますが、

SEOで自然流入を増やすのはコストも抑えられるのでおすすめです。

効果的なサイトの改善を行うためにも、

Google Search Consoleの設定を忘れないでください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。