Shopifyでアプリを解約するには?注意点も併せて解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyのアプリを解約する方法について知りたい
という方のために、解約方法や注意点などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 不要なアプリの増加に伴う弊害がわかる
  2. 不要なアプリの解約手順がわかる
  3. アプリ解約時における注意点がわかる
  4. アプリを再利用する方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopfiyアプリの解約方法や手順、注意点などについて解説をしていきます。

 

不要なアプリの増加に伴う弊害

Shopifyを利用したネットショップの構築では、さまざまな便利アプリを利用できます。

運営者によっては、いくつものアプリを併用しているケースも少なくありません。

アプリを利用するのはよいのですが、

不要なアプリが増加してしまうと、さまざまな弊害をもたらします。

まず、月額で課金されるアプリなら、インストールしている量に応じて費用がかさみます。

必要なアプリなら問題ありませんが、不要なアプリをいくつもインストールしていると、

無駄なコストが発生してしまうのです。

経営を圧迫してしまうおそれもあるため、

不要なアプリはできるだけ削除しなくてはなりません。

なお、一時的に利用をとめる一時停止もありますが、

一定期間がすぎると課金が始まってしまうため、注意が必要です。

Shopifyのアプリを解約する手順

Shopifyに不要なアプリをいくつもインストールしていると、

経費を圧迫してしまうおそれがあります。

そのため、定期的な見直しや解約をしなくてはなりません。

アプリの解約方法は簡単で、管理画面にアクセスして該当するアプリを選択、

削除を実行するだけです。

削除を実行する前に、本当に不要かどうかを考え、そのうえで実行してください。

管理画面にアクセス

Shopifyのアプリを解約、削除するには、管理画面から操作します。

まずは、管理画面にアクセスしましょう。

Shopifyにインストールしたアプリを解約するには、

アプリそのものを削除するしかありません。

インストールしたままでアプリ利用契約を解約、といったことはできないため、

注意が必要です。

解約するアプリを選択

管理画面にアクセスしたら、アプリ管理のページへ移動します。

アプリ管理のページを開き、削除したいアプリを選んでください。

削除するアプリを選択し、実行するとアンインストールできます。

なお、すでに当月分のアプリ利用料金を支払っているのなら、

いつまで利用できるのかを確認しておくのがおすすめです。

削除を実行してしまうと、それ以降利用ができなくなってしまいます。

ぎりぎりまで使いたいのなら、

次の請求が発生しないタイミングを計算して使用するとよいです。

削除を実行

管理画面からアプリ管理のページにアクセスし、削除したいアプリを選択したら、

削除を実行してください。

実行すると、アプリそのものが削除され、利用ができなくなります。

なお、再インストールすれば再び利用できますが、手間がかかるうえに、

これまでのデータも失われてしまいます。

後ほどお話ししますが、削除する前に本当に不要なのかどうかを確認し、

そのうえで削除を実行してください。

アプリ解約時における注意点

Shopifyにインストールしているアプリを解約するときは、いくつか注意点があります。

必要なアプリを誤って削除してしまった、勘違いで削除した、

といったケースは意外と少なくありません。

そのため削除する前には、本当に不要なのかどうかをしっかり確認することが大切です。

また、削除すると今までのデータがすべて失われてしまうことも覚えておきましょう。

未払いの料金があるのなら、きちんと支払っておくことも必要となります。

削除したからといって、債務がなくなったわけではないのです。

本当に不要かどうか再確認

Shopifyアプリの解約、削除で多いトラブルとして、必要なアプリを削除してしまう、

といったケースがあります。

ショップの運営に必要なアプリであるにも拘わらず、

削除してしまいしばらくビジネスに支障をきたした、といったトラブルは少なくありません。

このようなことが起きないよう、削除前にきちんと確認することが大切です。

海外アプリの場合、英語のアプリ名であることが多く、

似たような名前のものも多々あります。

そのため、対象のアプリとは違うものを選択してしまい、

そのまま誤って削除するといったケースがあるのです。

また不要だと思っていても、実際には必要といったこともあります。

この場合でも、削除してから後悔する羽目になってしまうため、

事前にじっくり考えたうえで実行しましょう。

今までのデータが失われてしまう

アプリを削除すると、今までに蓄積してきたデータも失われてしまいます。

再インストールしても、削除した時点でそれまで蓄積したデータの閲覧、

利用ができなくなってしまうため、注意が必要です。

アプリで蓄積したデータを今後も使用したいのなら、アウトプットしておきましょう。

データをパソコンに移す、紙にプリントアウトするなどのアウトプットをしておくと、

アプリを削除したあとも利用できます。

ビジネスに必要なデータを誤って大量に削除してしまったとなると、

事業に影響を及ぼしてしまいます。

売上や利益に大きく関わってくる可能性もあるため、十分なチェックが必要です。

未払い料金はきちんと支払う

月額料金で使用できるアプリの場合、基本的にクレジットカードによる前払いがほとんどです。

そのため、料金が未払いになるといったことはほとんどありません。

ただ、Shopifyアプリには海外のものも多く、

中には後払いを採用しているものがあるかもしれないのです。

このようなアプリの場合、きちんと料金を支払ってから解約しないと、

トラブルのもとになります。

前払いなら問題ありませんが、後払いタイプのアプリなら、

きちんと清算したうえで削除しましょう。

アプリを削除したからといって、債務もなくなるわけではありません。

また、Shopifyストアそのものを解約するときにも、

アプリ料金の未払いには気をつけてください。

Shopifyストアを解約しても、アプリの月額料金は発生し続けています。

あとから、多額の未払い料金を請求されてしまうおそれがあるため、注意が必要です。

再度同じアプリを使用したいときは?

「アプリを削除したものの、必要だからもう一度使いたい」といった場合には、

再インストールするしかありません。

以前インストールしたときと同じように、改めてShopifyにインストールしてください。

なお、再インストールしても、以前のデータは失われているため注意が必要です。

同じIDやアカウントで利用するとしても、

以前のデータを使える確率は限りなく低いといえるでしょう。

このような事態にならないよう、削除前には十分な確認が必要です。

不要なアプリは解約・削除しよう

Shopifyに不要なアプリをたくさんインストールしていると、

余計なコストがどんどん増えてしまうおそれがあります。

ネットショップの運営が順調で、十分な利益を得ているときは気にならないかもしれませんが、

減収したときに無駄なコストが経営をさらに圧迫してしまいます。

使わないアプリ、ほとんど使っていないアプリがないか、定期的にチェックしましょう。

最初のうちは便利だと思っても、途中からほとんど使わなくなる、

意味をなさなくなるアプリが出てくる可能性はあります。

定期的に見直しを行い、不要なアプリは速やかに削除することをおすすめします。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。