Shopifyにパンくずリストは追加できる?具体的な方法とメリットを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyにパンくずリストを追加できるか知りたい
という方のために、追加の可否や方法、メリットなどを解説します。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyにパンくずリストを追加できるかどうかわかる
  2. パンくずリストの追加方法がわかる
  3. パンくずリスト追加によるメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyにパンくずリストを追加できるかどうか、

具体的な方法やメリットなどを解説していきます。

 

Shopifyとパンくずリストについて

そもそも、Shopifyのカテゴリーは階層構造ではないため、

デフォルトではパンくずリストを追加できません。

コレクションによりカテゴライズはできるのですが、コレクションは階層構造でないため、

パンくずリストとしての表示はできないのです。

そもそも、パンくずリストがよくわからない、といった方も中にはいるでしょう。

パンくずリストとは、アクセスユーザーが現在の居場所を確認できるよう、

わかりやすく表示したものです。

多くのWebサイトでパンくずリストは採用されており、

ECサイトやネットショップでも例外ではありません。

たとえば、「ホーム>商品一覧>衣類>トップス」のような感じです。

特にさまざまな種類のアイテムを扱う、物販系のネットショップでは、

パンくずリストをよく目にします。

ただ先述したように、Shopifyは階層構造ではないため、

デフォルトではパンくずリストを追加できないのです。

Shopifyにパンくずリストを追加できる?

デフォルトのままでは、Shopifyにパンくずリストを追加することはできません。

ただ、アプリやコーディングにより、パンくずリストの追加は可能です。

Shopifyでは、さまざまなアプリを利用でき、公式のアプリストアから簡単に入手できます。

ただし、パンくずリスト作成が可能なShopifyアプリもありますが、基本的に有料であり、

操作性もよくないとの評判なので、あまりおすすめできません。

プログラミングの知識があれば、コーディングによりパンくずリストの実装は可能です。

ただ、Shopifyに使用されている言語は、独自のプログラミング言語であるliquidです。

Rubyをベースに作られた言語であり、

一般的なWebサイトの構築で使用するような言語ではありません。

限定的かつ専門的な知識が必要であるため、

コーディングによるパンくずリストの実装は現実的とはいえないでしょう。

Shopifyへのパンくずリスト追加方法

Shopifyのオリジナル言語であるliquidに精通しているのなら、

コーディングでパンくずリストを追加できます。

では、プログラミングスキルがないとShopifyにパンくずリストを追加できないのかといえば、

そのようなことはありません。

実は、Shopifyの公式から、パンくずリストを追加するためのコードが公開されています。

この公式が公開しているコードを利用すれば、

プログラミングの知識や技術がなくても、

Shopifyで構築したネットショップにパンくずリストを追加可能です。

ここではコードを触らず、簡易的にパンくずリストを追加する方法を紹介します。

管理画面にアクセス

まず、Shopifyの管理画面にアクセスしましょう。

管理画面から適切に設定を行うことで、階層リンクナビゲーションを表示できます。

階層リンクナビゲーションとはあまり耳にしないワードですが、

要するにパンくずリストのようなものです。

階層リンクナビゲーションの表示により、アクセスユーザーは何がどこにあるのか、

いま自分がどこにいるのかを把握できます。

管理画面で[オンラインストア]を選び、[テーマ]へと移動しましょう。

次に、[シンプル]の隣にある、[カスタマイズ]を選択してください。

カスタマイズをクリック

[カスタマイズ]をクリックしたら、[テーマの設定]を選んでください。

選択したら[カート]をクリックしましょう。

ナビゲーション表示にチェックを入れる

[カート]をクリックすると、[階層リンクナビゲーションを表示する]の項目が現れます。

パンくずリストを表示したいのなら、

[階層リンクナビゲーションを表示する]にチェックを入れましょう。

チェックを入れたら、[保存]をクリックしてください。

これで、基本のパンくずリスト設定は完了です。

あとは実際にショップの営業ページをチェックし、

パンくずリストが表示されているかどうかを確認してください。

パンくずリスト追加によるメリット

そもそも、パンくずリストを追加することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

一般的なWebサイトの場合、パンくずリストの追加によりSEO効果が期待できます。

パンくずリストで階層をわかりやすくすれば、

クローラーが効率よくサイト内をクロールできるため、

サイトの評価が高まるといわれています。

実際、Googleの公式も、パンくずリストの追加を推奨しているのです。

Shopifyで構築したネットショップにパンくずリストを追加するメリットは、

ユーザービリティの向上です。

ユーザーは居場所を確認でき、サイト内回遊率が高まりCVにつながる、

顧客満足度の向上につながるなどがメリットといえるでしょう。

ユーザーが居場所を確認できる

パンくずリストを追加すると、ユーザーは自分が今どこにいるのかを把握できます。

目的のページにいるのかどうか、

気になるページへどう行けばよいのかも把握できるメリットがあります。

ページ数の多いネットショップの場合、アクセスユーザーが自身の居場所を見失いかねません。

ページが多く、複雑な構造のネットショップではなおさらです。

このようなネットショップでは、アクセスユーザーが使いにくい、

買い物しにくいと感じてしまい、ショップから離脱されてしまうおそれがあります。

快適に買い物を楽しんでもらうためにも、パンくずリストは必要なのです。

サイト内回遊率が高まりCVにつながる

パンくずリストの追加により、ユーザーは自身の居場所を容易に把握できます。

また、目的のページも探しやすくなるため、サイト内回遊率が高まるメリットもあります。

サイト内を快適に行き来できる環境を整えてあげれば、

アクセスユーザーはよりショッピングを楽しめるでしょう。

その結果、商品の購入につながり、CV率の向上にもつながります。

アクセスは増えているのにCVに結びつかないといった場合、ユーザーが使いにくい、

買い物しにくいと思っているのかもしれません。

魅力的な商品をそろえていても、使いにくいサイトでは離脱を招いてしまいます。

顧客満足度が高まりリピーターを獲得できる

ネットショップで安定した利益を得るには、リピーターの獲得が不可欠です。

リピーターをたくさん獲得できれば、継続的な商品の購入により、安定した利益を得られます。

パンくずリストの追加で、ユーザーが使いやすいショップになれば、

顧客満足度の向上につながるのです。

リピーターを獲得するうえで、顧客満足度の向上は避けては通れません。

ナビゲーション表示でCV向上とリピーター獲得を目指そう

アプリの利用やコーディングにより、本格的なパンくずリストの追加は可能です。

ただ本記事でもお伝えした通り、

これらの方法は難易度が高く時間もかかるためおすすめできません。

手軽にパンくずリストを追加したいのなら、デフォルトの機能を利用しましょう。

階層リンクナビゲーションは、簡単な設定で表示でき、

パンくずリストのような表示が可能です。

ナビゲーション表示で、CV向上とリピーターの獲得を目指しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。