Shopifyは何を売るかが重要!売れる商品を一挙紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Shopifyで何を売ればよいのか知りたい
という方のために、売れる商品について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Shopifyで何を売るかが重要な理由がわかる
  2. 何を売るか決める方法がわかる
  3. Shopifyで売れる商品の事例がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Shopifyで何を売るかについて解説をしていきます。

 

Shopifyで何を売るかが重要な理由

Shopifyは、誰でも簡単にネットショップを構築できるサービスです。

機能性やカスタマイズ性に優れており、

スピーディーにネットショップの構築と運営を始められますが、

だからといって誰でも利益を確保できるわけではありません。

Shopifyでネットショップを構築し、安定した利益を得るには、何を売るかが重要です。

どれほど洗練されたデザインのネットショップを構築できても、

商品が売れないことには利益につながらないからです。

つまり、Shopify運営で成功したいのなら、何を売るかを真剣に考えなくてはなりません。

適当に売る商品を決めてしまうと、運営が行き詰まってしまい、

早々に閉店となるおそれもあります。

しかし、売るものが重要といっても、物販ビジネスに取り組み始めたばかりの方や、

これからトライする方は、何を売ればよいのかわからないでしょう。

次章からは、何を売るかを決めるヒントをお伝えします。

何を売るかを決めるには

Shopifyで物販ビジネスを始めるにあたっては、まず何を売るかを決めなくてはなりません。

何を売るかが決まれば、ショップデザインや運営方法の方向性なども見えてきます。

Shopifyで構築したネットショップで何を売るかを決めるには、

需要の有無をリサーチする必要があります。

また、物販ビジネスだけにこだわらず、

モノ以外の商品を扱うことも視野に入れてみましょう。

Shopifyで販売できるのは、モノばかりではありません。

扱える無形商品については、のちほど詳しく解説します。

需要の有無をリサーチ

需要のないものを扱ったところで、売れる可能性は低いでしょう。

一時的には売れるかもしれませんが、安定した利益を確保するのは難しいと考えられます。

商売の基本は、需要の有無をきちんと見極めることです。

需要がある商品を見極められれば、

集客しやすく安定した利益を確保できるでしょう。

今はインターネットがあり、情報収集がしやすい時代です。

扱おうと考えている商品の需要についても、

インターネットを利用すれば短時間でリサーチできます。

どの程度の需要が見込めそうなのか、

どういったターゲット層にニーズがありそうなのか、といった部分をリサーチしてください。

ただ、需要の高い商品はライバルも多いため、そこは注意が必要です。

価格設定や販売戦略を練り込み、競合に負けない工夫をしなくてはなりません。

モノ以外も視野に入れる

Shopifyは、物販ビジネスに最適なサービスです。

簡単にネットショップを立ち上げられ、ファッションアイテムや家具家電、

コスメなどあらゆる品物を販売できます。

ただし、Shopifyで構築したショップで扱えるのは、何もモノばかりではありません。

いわゆる、無形商材もShopifyショップで販売できるのです。

「どうしても物販ビジネスをしたい」と考えているのなら話は別ですが、

そのようなこだわりがないのなら、

モノ以外を扱うことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

実際、モノ以外の商品をShopifyショップで販売し、成功を収めているケースは多々あります。

どのような商材を扱えるのかは、後ほど詳しくお話しします。

なお、モノ以外を扱うときであっても、事前に需要の有無を調べるのは大切です。

売れる見込みがある商品を、積極的に扱いましょう。

Shopifyで売れる商品の事例

Shopifyでどのような商品を扱えばよいのかわからない、

どうせなら売れる商品を扱いたい、と考えている方は少なくないでしょう。

Shopifyで構築したネットショップでは、有形無形を問わずさまざまな商品を販売できます。

そこで、ここではShopifyで売れる、無形商品を中心に事例を紹介します。

モノ以外の商品が思い浮かばないのなら、本記事でお伝えする事例を参考に、

扱う商品を検討してみてください。

デジタル商品

デジタル商品とは、デジタル化したコンテンツを指します。

インターネットやデバイス端末の普及により、

現在ではさまざまなデジタルコンテンツが広がりを見せました。

我々の生活においても、身近にさまざまなデジタルコンテンツが存在します。

たとえば、電子書籍や音楽ファイルなどは、身近なデジタルコンテンツといえるでしょう。

これらのデジタル商品も、Shopifyで構築したネットショップで販売できます。

デジタル商品なら在庫を抱える心配がないため、ローリスクでショップ運営できるのも魅力です。

コンサルティング

コンサルティングとは、知識や経験を活かして、クライアントの課題を解決するサービスです。

顧客が抱えている悩みや、実現したいことをヒアリングし、適切なアドバイスを行います。

このようなコンサルティングサービスも、Shopifyで扱えます。

ネットショップでは予約だけを受け付け、実際のコンサルティングはオフィスで、

といったスタイルで運営するのもよいでしょう。

もちろん、電話やメール、チャットなど、すべてをオンラインで完結させるスタイルもアリです。

サービス

ひと口にサービスといっても、さまざまな商品が考えられますが、

ここでのサービスは予約のことです。

Shopifyで構築したネットショップで予約を受け付け、サービスを提供します。

顧客の話をじっくり聞く必要のあるサービスや商品の製作などについては、

予約の受け付けが有効です。

アポイントの予約をとれば、その時間帯はそのクライアントだけに集中できます。

講座

オンラインで提供している講座はたくさんあります。

インターネットが普及し、誰もがパソコンやスマートフォンを所有する時代となったため、

オンラインで受講できる講座が増加しました。

Shopifyのネットショップで扱う場合、講座の販売元と代理店の契約を交わし、

販売するスタイルが考えられます。

また、自身に何かしらの特技や専門知識、技術があるのなら、

それを講座として販売するのもよいでしょう。

イベントチケット

音楽イベントやダンスイベントなど、

魅力的なイベントのチケットもShopifyショップで扱えます。

従来のように、紙のチケットを販売して送付するのではなく、

デジタルコンテンツとしてダウンロードできるスタイルが主流です。

イベントチケットの販売で利益を得るのなら、どのようなチケットを扱うのかが重要です。

有名なアーティストのライブチケットなどを扱うのは、素人では簡単にいきません。

競合がどのようなチケットを販売しているのか、事前にリサーチしてみるとよいでしょう。

レンタル

Shopifyで構築したネットショップを、レンタルショップとして運営することも可能です。

ネットショップで予約や申し込みを受け付け、商品をレンタルする仕組みです。

最近では、自らあまりモノをもたない、いわゆるミニマリストが増えました。

そのため、レンタルサービスは一定の需要が見込めます

もちろん、何をレンタルするかが成否を大きくわけてしまうため、

扱う商品の選定には時間をかけましょう。

デジタルギフトカード

デジタルギフトカードとは、ギフトカードのデジタル版です。

近年では、実物のギフトカードではなく、

このようなデジタルギフトカードを扱うショップが増えました。

Shopifyでは、デジタルギフトカードを簡単に無形商品として追加できます。

体験

近年、体験型のサービスが人気を集めています。

また、体験ベースのビジネスは多岐にわたるため、

これからShopifyでビジネスを始めたい方にもチャンスがあります。

すでに、ロッククライミングや旅行、ワークショップ、キャンピング探検などの体験を、

Shopifyで販売している会社も。

オリジナリティのある体験ベース商品なら、人気となり安定した利益を得られるかもしれません。

イベントサポート

さまざまなイベントにおいて、サポートを提供するサービスの販売です。

たとえば、野外イベント時におけるロッカーの予約が挙げられます。

イベントサポートを商品として扱うのなら、

どのようなサービスが求められているのかを考えなくてはなりません。

自身がイベントに参加したとき、どのようなサービスが欲しいのかを考えてみましょう。

メンバーシップ

メンバーシップとは、会員権のようなものです。

ヨガスタジオやダンススタジオなど、

会員制を導入している店舗や施設のビジネスで活用できます。

ほかにも、月額制のサブスクリプションサービスを提供するときも、

Shopifyで構築したネットショップで販売できます。

Shopifyで成功するには何を売るかが重要

Shopifyで構築したネットショップなら、モノだけでなく無形の商品も扱えます。

モノの販売に固執する理由がないのなら、

無形商材の扱いも視野に入れてみるとよいでしょう。

本記事では、Shopifyで売れる商品の事例をピックアップして紹介しました。

紹介した商品の事例は一部であり、実際にはまだまだたくさん売れるものはあります。

需要もリサーチしたうえで、売れる見込みのありそうな商品を扱えば、

安定した利益を確保できるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。