カラーミーのフリーページで商品一覧を作成する方法を紹介!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
フリーページに表示する商品一覧の作成方法について知りたい
という方のために、作成の手順や表示の仕方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーの商品一覧の作成方法がわかる
  2. フリーページ・トップページで商品一覧を取得する方法がわかる
  3. 商品一覧の表示の仕方がわかる
  4. カテゴリーごとに表示する方法がわかる
  5. 表示件数の変更の仕方がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではカラーミーのフリーページで商品一覧を作成する方法について解説していきます。

 

カラーミーのフリーページで商品一覧を作成

初心者でも簡単にネットショップを開設できるカラーミーでは、

商品をジャンルごとに分けて表示することが可能です。

カラーミーは、管理画面から「html/css」を使用することによって、

デザインを自由に変更することができ、

基本的には用意されてあるテンプレートをカスタマイズしていきます。

ショップ運営を効率化させるためには、

備わっている機能を最大限に活用することが重要です。

そこで今回は、フリーページに商品一覧のページを作成する方法についてご紹介します。

カラーミーのフリーページは、自分のショップをユーザーに紹介するという役割があり、

コンセプトや大事にしていることを記載できます。

商品やサービスを購入・利用してもらうには、

どれだけ興味を持ってもらえるようなフリーページを作成できるかが大切です。

では、実際に商品一覧はどのように活用すればいいのでしょう。

これからネットショップの開設を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

商品一覧の活用方法

トップページやフリーページに商品一覧を表示することによって、

おすすめしたい商品の情報を取得できます。

これにより、ユーザーも求めている商品を見つけやすくなり、購入へと誘導できます。

以前までは、条件分岐などをしないと各カテゴリーに画面を表示することはできませんでした。

しかし、現在はカスタマイズ性が向上し、できることが増えたのです。

テンプレートを上手くカスタマイズすると、より多くのユーザーを獲得できるようになり、

売上につなげられます。

ここでは、独自タグやカラーミーAPIを使った商品一覧の活用方法についてご紹介します。

独自タグ

独自タグを使って、

「おすすめ商品一覧」や「売れ筋商品一覧」を表示できるようにしてください。

カラーミーの公式サイトにも記載があるように、

様々な種類の独自タグが用意されているので、それを上手く使いこなすことによって、

デザインの自由性が高まります。

例えば、「productlist(商品一覧)」という独自タグを使用する場合は、

そのままリストに記述するのではなく「<{$productlist}>」と記述すると認識されます。

このように、独自タグを使用して自由にカスタマイズする場合には、

プログラミングに関する知識が必要です。

知識がない初心者には難しいかもしれませんが、

カラーミーでは「助け合い掲示板」や「サポートコミュニティ」など、

様々な情報が掲載されているので、わからないことがあっても心配する必要はありません。

カラーミーAPIで呼び出す

カラーミーでは、機能を拡張するためにAPIを公開しています。

具体的にどのような機能かというと、外部サービスとの連携、

そして既存の機能以外の機能・アプリの開発です。

カラーミーAPIのサービス自体は料金が発生しないため、誰でも気軽に利用できます。

では、実際にどのような時に利用する機能なのでしょう。

先ほどご紹介した独自タグの一覧に使用したいタグがなかった場合や、

関連商品を表示したい場合などに活用できます。

カラーミーAPIを上手く活用することによって、さらにカスタマイズの自由性が高くなります。

商品一覧をカテゴリーごとに表示したい

以前までは各カテゴリーで異なる画像を表示することは不可能でしたが、

現在は「カテゴリー編集」の「フリースペース」に画像を入れるだけで表示が可能になりました。

これは、大カテゴリー・小カテゴリーどちらにも対応しています。

また、画像だけではなくテキストも入れられるので、デザインにこだわりたいという方は、

ぜひ活用してみてください。

一つひとつの商品に画像やテキストが入ることで、より具体的なイメージがしやすくなります。

カテゴリーごとに商品を表示することによって、

ユーザーは莫大な数の商品の中から探す必要がなくなり、

求めている商品カテゴリーに沿って絞り込んでいくことが可能です。

このような手間を省くことによって、ユーザー側も効率良く商品を閲覧できます。

表示する件数を変更したい

商品一覧に表示する件数を変更するには、

テンプレートにある「商品一覧の設定」で変更が可能です。

この設定変更によって、各カテゴリーの商品一覧の件数を変更できます。

トップページに掲載される「おすすめ商品」や「売れ筋商品」などは、

商品管理画面の「おすすめ・売れ筋商品」で変更できます。

また、それぞれの商品を個別に設定したい場合は、

各テンプレートのコードを一つひとつ書き換えれば設定変更が可能です。

カラーミーのフリーページには商品一覧を活用しよう

今回は、フリーページで商品一覧を活用することによって

得られる効果についてご紹介しました。

自由にカスタマイズできることが人気のカラーミーショップでは、

販促効果を高める様々な機能が備わっています。

商品一覧ページはシンプルな作りになっていますが、

工夫して画像やテキストを挿入することでユーザーの反応も変わってきます。

ショップ運営を効率化させるためにも、

フリーページで掲載できる商品画像にこだわってみましょう。

また、カラーミーではYouTubeチャンネルやセミナーを通して、

ネットショップ開設・運営に関するサポートを行っています。

このように、サポート体制が整っていることも人気の要因です。

経験やスキル、知識が不十分な初心者の方でも安心して始められます。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。