カラーミーショップは常時SSLに対応!利用するメリットと設定方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーショップの常時SSLについて知りたい
という方のために、常時SSLの重要性やカラーミーショップで取り入れる際の設定方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. SSLの必要性を知ることができる
  2. カラーミーショップの常時SSLを利用するメリットや料金がわかり、利用を検討できるようになる
  3. カラーミーショップの常時SSLの設定方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではカラーミーショップの常時SSLについて解説していきます。

 

ネットショップを安全に運営するためのSSL

SSLとはWebサイトで入力した情報の改ざんや、

なりすましが発生しないようデータを暗号化させて送受信する設定です。

国内では約8割、アメリカだと約9割ものWebサイトがSSL対応になっています。

ネットショップではクレジットカード情報など個人情報を扱う場面も多いため、

安心してユーザーに利用してもらうためにもSSL対応が必要です。

SSL非対応のネットショップのリスク

もしもSSL非対応でネットショップを開設した場合、

どのようなリスクを被る可能性があるのでしょう。

まずはSSL非対応のリスクについてご紹介していきます。

盗聴やフィッシング詐欺などのリスクを高める

SSLではデータの暗号化によってセキュリティリスクに対抗できるようになっています。

しかし、SSL非対応でネットショップを開設した場合は、セキュリティリスクに対抗できず、

さまざまなトラブルも起こり得るのです。

たとえば、自分で作成したホームページとそっくりのページを第三者が作成し、

個人情報や決済情報などを不正入手する「フィッシング詐欺」などがあります。

ほかにもWi-Fiスポットを通して他人のcookieに侵入し、情報を覗き見することも可能です。

こうしたセキュリティリスクは、サイトを利用するユーザーだけに関係しているように

思えるかもしれません。

しかし、実際にはWebサイトに保存されているショップ情報なども漏えいする危険性があります。

警告文の表示で顧客が離脱する可能性がある

Googleなどの大手検索ブラウザの場合、SSL対応しているWebサイトでは

「この接続は保護されています」という文言や鍵のマークが表示されます。

こうした表示を見たユーザーは、「このサイトは安全だ」と安心して利用できるでしょう。

一方、SSL非対応のサイトだと「このサイトへの接続は保護されていません」

「保護されていない通信」と赤字で警告文が表示されます。

この表示を見たユーザーは不安になり、サイトからすぐ離脱する可能性が高いです。

せっかく訪問してくれた顧客に不信感を与えないためにも、SSL対応をした方が良いでしょう。

検索結果の順位が下がる可能性がある

SSL非対応のWebサイトは、

中身が充実していても検索結果の順位が下がってしまう恐れがあります。

これは、GoogleがSSL対応かどうかを検索結果の判断基準にしているためです。

ネットショップではアクセス数を増やすために、

SEO対策を実施している方も多いでしょう。

しかし、SEO対策を実施していてもSSL非対応であれば、

意味のないものになってしまいます。

カラーミーショップでSSL対応のネットショップを運営!

ネットショップを開設するなら、SSL対応にした方がさまざまなリスクを回避できます。

カラーミーショップでもカート内にSSLが標準搭載されており、

安全な利用を保証してくれています。

しかし、あくまでもカート内に限定されており、

常時SSL(サイト全体をSSL対応させること)にするためにはオプションへの申し込みが必要です。

カラーミーショップの常時SSLを利用するメリット

カート内に標準搭載されているなら問題ないと思われてしまうかもしれませんが、

常時SSL対応にすることで4つのメリットを得られます。

どのようなメリットを得られるのか詳しく解説していきましょう。

ボタン1つで簡単に切り替えできる

カラーミーショップの常時SSLは、ボタン1つで簡単に切り替えることが可能です。

SSL非対応から常時SSLへ切り替える際に、サイトが通常どおり機能するか、

表示が崩れていないかなどをチェックする必要があります。

表示チェックを完了したあとに、面倒な設定・手続きをすることもなく、

ボタン1つで切り替えられるのです。

切り替える前にプレビューの確認が可能

SSL対応へ切り替える前に、

表示崩れがないか事前にチェックできるプレビューも搭載されています。

ボタン1つで切り替える前に、プレビューも使って確認しておきましょう。

通信速度の向上で表示速度が上がる

Webサイトの表示を高速化させるのに、「HTTP/2.0」は欠かせないプロトコルです。

表示が速くなればなるほど、ユーザーのストレスも軽減されます。

ただし、HTTP/2.0を利用するためにはSSLで暗号化されている必要があります。

常時SSLにすることでHTTP/2.0が利用でき、

ネットショップの表示速度を改善・向上できるでしょう。

自動更新で手間がかからない

常時SSLで発行される証明書の有効期限は1~2年が一般的です。

更新するたびに申請の手続きや証明書のインストールが必要になってくると、

その分手間も増えてしまいます。

カラーミーショップの場合、SSL証明書の差し替えも自動で更新され、

わざわざインストールする手間も省けます。

なお、自動更新には一切費用もかかりません。

カラーミーショップの常時SSLの料金

カラーミーショップで常時SSLを取り入れたい場合、

独自ドメイン・独自サブドメインを利用している人と

「shop-pro.jp」のサブドメインを利用している人で料金が異なります。

独自ドメイン・独自サブドメインを利用している人は、

月額1,000円(税別)で導入できます。

更新料はかからないものの、

最初の1ヶ月だけ日割りまたは翌月分の料金も発生するので注意しましょう。

一方、「shop-pro.jp」のサブドメインを利用している人は、

常時SSLが標準対応となっているため無料で利用できます。

2016年9月以前に登録していた人も、管理画面から無料で切り替えが可能です。

カラーミーショップの常時SSLは高い?

カラーミーショップの常時SSL対応に必要な料金は、

ほかのネットショップサービスと比べて高いのでしょう。

サービス名 月額料金(プラン+常時SSLオプション)
カラーミーショップ レギュラープラン3,300円+1,000円(税別)
MakeShop プレミアムプラン10,000円+12,000円(税別)
shopserve パブリック11,400円(税別)+0円(月額利用料に含む)

比較してみると、プランの料金と合わせてもカラーミーショップは非常にお得です。

プラン内容を比較していないため、

すべて同じサービスが受けられるというわけではありませんが、

安全でお得にネットショップを開設するならカラーミーショップがおすすめです。

カラーミーショップの標準ドメインの設定方法

カラーミーショップにログイン後、

常時SSL対応にするにはアカウント・設定>セキュリティ>常時SSLから設定できます。

独自ドメインとサブドメイン(shop-pro.jp)では設定方法が若干異なるので注意しましょう。

利用可能かどうか確認する

独自ドメインでネットショップを運営している場合、

まずは常時SSLが利用できるかどうか確認しなくてはなりません。

利用できる場合は次の自動チェックに移行できます。

ドメインを設定中、または設定時にエラーが表示されてしまう場合は、

画面に表示されている指示に従い、原因を確かめてみましょう。

たとえば、独自ドメインの設定でスペルミスなどがあった場合は、

一度ドメイン設定を解除して再設定を行います。

また、ネームサーバーが「ムームーDNS」だと先にムームーDNSの設定を行う必要があります。

なお、カラーミーショップのお試し期間中は常時SSLを利用できません。

契約を完了させてから設定を行うようにしてください。

for ロリポップなどの無料プランを利用している場合も、

常時SSLは利用できないので注意が必要です。

通常プランにアップグレードさせてから契約すると、利用できるようになります。

テンプレートの自動チェックを行う

次にテンプレートの自動チェックを行います。

サブドメインでは自動チェックからスタートします。

自動チェックやプレビューチェックは、

常時SSLに切り替えるまで無料で利用できるので安心です。

サイト審査やメタタグの設定の自動チェック

独自ドメインの人はさらにフィッシングなどの不正行為ではないかが審査されます。

サイト審査には最長で24時間かかってしまうので、

審査結果が出るまでしばらく待ちましょう。

審査に通過したあとは、メタタグが正しく設定されているか自動で判断します。

「正常にサイトが表示できませんでした。」と表示された場合は、

再度独自ドメイン設定を確認してみてください。

利用中のテンプレートの修正やプレビュー確認

ネットショップで利用しているテンプレートも自動チェックされます。

このとき、テンプレートで修正しなくてはいけない箇所と、

自動的に変換された箇所が表示されるので、

修正箇所があれば内容に合わせて直していきましょう。

テンプレート修正が完了したらプレビューの確認に入ります。

目視で「http」から「https」に変わっているか、

URL横に鍵マークが付いているかを確認してみてください。

また、スマートフォン表示モードが「PC版表示」だと

トップ・商品一覧・商品詳細・商品検索の4箇所をプレビュー確認することになりますが、

「スマートフォン最適化」の場合はさらに

トップ・商品一覧・商品詳細・商品検索を加えて8ヶ所の確認が必要です。

常時SSLへ切り替え

プレビューの確認も終わり、「常時SSL後のショップページ8点をプレビューにて表示し、

崩れ等がないことを確認しました」の項目にチェックを入れます。

あとは「常時SSLに切り替える」をクリックすれば、設定完了です。

安全なネットショップ運営に欠かせないSSL

ネットショップを安全に運営するなら、常時SSL対応は欠かせません。

カラーミーショップでネットショップを開設する場合も、

常時SSLを利用した方がユーザーにとっても安心して利用してもらえるでしょう。

ぜひ今回解説してきた内容も踏まえて、常時SSLの導入を検討してみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。