カラーミーショップのAPIを活用しよう!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーショップのAPIについて知りたい
という方のために、カラーミーショップのAPIついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーショップのAPIとは何か知ることができる
  2. カラーミーショップのAPIで出来ることがわかる
  3. カラーミーショップのAPIにどのようなサービスがあるかわかる
  4. カラーミーショップのAPIを導入するための方法がわかる
  5. カラーミーショップでAPIを公開する方法を知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではカラーミーショップのAPIについて解説していきます。

 

カラーミーショップAPIってなに?

カラーミーショップは、初心者でもネットショップを開設できるプラットフォームです。

今までのネットショップは、プラットフォームのシステムを使うため差別化がしにくく、

ブランドのイメージを伝えにくいといった課題がありました。

ですがカラーミーショップは、よりカスタマイズしやすく、ブランドやショップのコンセプト、

やりたいことが伝わるネットショップが開設できるようになっています。

それを可能にしたのがカラーミーショップのAPIです。

ここではカラーミーショップのAPIについて基本的な知識をまとめました。

APIを使ってカラーミーショップの機能を拡張できる

APIとは、「Application Programming Interface」の頭文字をとったものです。

広い意味で、ソフトウェアの機能同士が情報をやり取りするために使う

インターフェースを意味しています。

カラーミーショップでは、機能を拡張するためにAPIを公開し、

さまざまなアプリケーションやサービスと連携しています。

ネットショップを運営するうえで、

「こんな機能があればいいのに」と感じることは多いかもしれません。

それを実現するためには、カラーミーショップからデータを取得して

利用することが必要になります。

このデータ連携や外部サービスとの接続に使われているのがAPIです。

APIでできること

APIでできるのは外部とのデータのやり取りです。

ネットショップにはさまざまな情報があります。

商品やカテゴリーの情報、受注の情報、さらに顧客の決済、配送の情報も取得しています。

APIの活用法としてまず考えられるのが、お客様への表示を変えることです。

例えば、関連商品やおすすめ商品を表示できるようにすれば、

お客様のまとめ買いを促進したり、

より多くの商品を見て購買意欲を高めることも可能になります。

また注文数のランキングや、現在どのような商品が売れているのかを表示することも効果的です。

さらに、業務の効率化にもAPIが役立ちます。

取得できるAPIによってできることは違うので、どのような情報が使えるか、

それで何ができるかを考えながらAPIを活用してください。

カラーミーショップのAPIでしたいことを考えよう

APIは使い方によって、多くの可能性を秘めています。

今、カラーミーショップで搭載されていない機能であっても

APIを活用すれば実装できる可能性もあります。

実際にカラーミーショップのAPIを使うことで、何ができるのか考えてみましょう。

どのような利用方法があるのか、どのようなサービスと連携できるのかをまとめました。

お客様に情報を伝える

お客様がより簡単に欲しい情報にたどり着けるよう、広く情報を提供するためにAPIは役立ちます。

例えば、お客様の検索性を上げる方法がその一つ。

商品のカテゴリー別、色や形、使用シーン別に商品を検索できるようにできれば、

商品を探しやすくなります。

また、自社サイトに接続して直接購入できるようにすることもできます。

お客様とのつながりとして、ダイレクトメールを使っているネットショップもあるかもしれません。

しかしデータ作成や印刷、宛名の印字などには大変な手間がかかります。

そこで便利なのが、カラーミーショップAPIを利用した公式パートナーサービスが提供している

DM自動印刷・発送アプリ「DMダッシュ」です。

「DMダッシュ」は購入者のデータをもとにして宛名の印字からプリント、

発送までを自動化するサービスです。

このサービスを活用することで、メールの開封率が低いお客様にも情報を届けやすくなります。

このように、APIはオンラインのマーケティングにもアナログな集客にも活用されています。

業務効率化

データの管理や利用もAPIが活用できる場面です。

ネットショップでは、情報の管理や把握が欠かせません。

例えば、ネットショップに登録している商品の情報をグーグルドキュメントに

書き出して加工できれば、運営面での効率化が可能です。

商品のID・ 商品名・ 価格を一元管理したり、自動化したりするためにも役立ちます。

クロネコwebコレクトと簡単に連携

カラーミーショップのAPIで外部サービスと連携している例の一つが、

クロネコwebコレクトとの連携です。

クロネコwebコレクトは、ヤマトフィナンシャル株式会社が提供する決済サービスです。

このサービスはとても人気があり、多くのネットショップで導入されてきた実績があります。

クロネコwebコレクトとの連携にもカラーミーショップのAPIが使われています。

クロネコwebコレクトを利用するには、クロネコwebコレクトの利用申込をしてから、

連携の設定を行ってください。

設定に迷った時はカラーミーショップのマニュアルも確認してみましょう。

カラーミーショップAPIを使ってみよう!

カラーミーショップのAPIを使ってできることはたくさんあります。

しかし、カラーミーショップのアカウントを持っているだけではAPIは使えません。

カラーミーショップのAPIを使うまでのステップをひとつずつ紹介します。

①カラーミーデベロッパーアカウントを取得する

APIを使うためには、まずはデベロッパー登録が必要です。

ここで開発者としての登録を行います。

メールアドレスとパスワードを入力してから、カラーミーショップAPI利用規約を確認します。

問題がなければチェックボックスにチェックを入れましょう。

仮登録メールが送信されるので、URLをクリックして登録を完了させます。

この開発者アカウントは、カラーミーショップのアカウントとは別物です。

そのため、アドレスやパスワードは同じでなくても問題ありません。

開発者アカウントを一つ作っておけば、

複数のカラーミーショップアカウントを管理することができます

②OAuthアプリケーション登録

開発者アカウント登録が済んだら、実際にログインしてみてください。

まだアプリケーションを作っていない段階なので、一覧には何も表示されません。

上の「アプリケーションを追加する」ボタンから移動します。

アプリケーションの名前とリダイレクトURL

(アプリケーションのファイル名、Webサーバー上の置き場所)を入力します。

「保存」ボタンをクリックしてください。

情報を入力すると、利用したいカラーミーショップのアカウントでのログインを求められます。

ログインして認証ページでアプリとの連携が承認された場合は、認可コードが付与されます。

認可コードをアクセストークンに交換してください。

アプリケーション間の連携を取るためにはこの認証コード(アクセストークン)が必要になります。

アクセストークンは漏洩することがないように慎重に取り扱いましょう。

また、アクセストークンは毎回取得する必要はありません。

APIを利用するために手間がかかると感じるかもしれませんが、

一度取得できればさまざまなアプリケーションに活用できます。

③アプリを登録する

認証コードが取得できれば、APIと接続してデータを取得可能です。

商品の受注や設定情報の参照、商品の更新といったさまざまな活用方法があります。

アプリの作成は一般公開しているカラーミーショップAPIに加えて、

カラーミーショップアプリストアAPI(アプリストアAPI)が利用できます。

後述しますが、アプリストアAPIでは課金データ(アプリ内課金、従量課金)の作成や、

インラインスクリプトタグとスクリプトタグの取得と作成・更新・削除が可能です。

ショップページにスクリプトタグを挿入するAPIも公開されています。

任意のスクリプトを設置したいアプリに活用してみましょう。

カラーミーショップでアプリストアをはじめよう

カラーミーショップで作成したアプリは、

プライベートアプリとして活用する以外にも活用法があります。

どのような活用法なのか、カラーミーショップのアプリストアについて解説しています。

カラーミーショップアプリストアってなに?

カラーミーショップアプリストアは、

アプリ開発者がデベロッパーとして開発したアプリケーションを、

カラーミーショップに出店しているユーザーが購入して追加できるプラットフォームです。

カラーミーショップは今も新設ショップが増加していて、それぞれが違うニーズを抱えています。

ネットショッピング市場は成長をつづけ、業種や規模は多様化が進んできます。

集客の強化や業務効率化、海外進出といったそれぞれのニーズに応える機能、

アプリケーションは多くの需要が集まる商材です。

開発者側は、カラーミーショップアプリストアを使うことで、

カラーミーショップユーザーのニーズに応じたアプリを販売することが可能になります。

ユーザーは、ニーズごとにカテゴリー分けされたアプリケーションの中から、

自社に合うものを選んで購入することができます。

カラーミーショップアプリストアを使うメリット

デベロッパーはカラーミーショップアプリストアを使うことによって、

全国のカラーミーショップに向けてアプリをアプローチできます。

そしてカラーミーショップAPIに加えて、

アプリストア専用APIを利用して開発ができる点も大きなメリットです。

当然ですが、販売すれば売上を利益にすることができます。

アプリ利用料金の回収はカラーミーショップがおこなうため、対応コストはかかりません

公認デベロッパーとしてアプリを開発して審査を通過すれば、

アプリストアで販売が可能です。

上手く需要を掴めば、大きな利益も期待できます。

カラーミーショップでアプリを公開するには

カラーミーショップでアプリを公開するためには、

事前にカラーミーショップから審査を受けなければいけません。

アプリストアアプリ内の「アプリストア公開情報変更・申請」から

アプリストア公開申請を行いましょう。

アプリの基本情報等、必要な情報を入力してから審査を受けます。

審査はアプリストアの審査事項に基づいて5営業日程度でおこなわれます。

審査結果はデベロッパー情報に登録されたメールアドレスに連絡されるほか、

アプリストアアプリ内の審査結果・申請一覧からも確認が可能です。

審査を通過するとアプリストアに公開できるようになります。

審査が終わってから「申請状況・申請詳細」ページで審査結果を確認してから、

反映 ボタンを押せば、即時公開されます。

どんな機能が求められているか考えてみよう

アプリストアで支持されるアプリを作るために必要なのは、

開発の知識や経験だけではありません。

どのような機能が求められているのかといったニーズを汲み取る能力も必要です。

カラーミーショップでは、「ショップ機能・アプリに関するアンケート」を実施して、

どのようなアプリケーションが求められているのかを調査しています。

このアンケートで、ネットショップの改善したいポイントとして最も多く挙げられているのが、

「新規顧客数を増やしたい」といった点です。

またショップ運営で改善したい作業としては「ショップ更新」が最も多い回答となっています。

このことからも、発送作業やピッキングよりウェブページに関わる作業に煩わしさを

感じているショップが多いことがわかります。

自分でアプリを作れない人でも、アプリユーザーの立場として、

欲しいアプリケーションがあれば積極的に発信しましょう。

カラーミーショップでは、機能やアプリへの要望も受け付けているので、

要望を発信することで実現する可能性があります。

カラーミーショップのAPIを使って「こんなことができれば……」を実現しよう

カラーミーショップのAPIを使えば、自分の力でショップに必要なアプリを作ることができます。

さらに自分で作ったアプリは、

カラーミーショップアプリストアで販売して利益を出すことも可能です。

カラーミーショップアプリストアでは、さまざまなアプリが紹介されています。

便利な機能が欲しいと考えているショップオーナーや、

どのようなアプリが支持されているのか知りたいというデベロッパーも、

一度このストアで人気のアプリをチェックしてみることをおすすめします。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。