カラーミーで売り切れ表示のやり方とは?在庫数も表示させよう

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーの売り切れ表示について知りたい
という方のために、売り切れ表示方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーの在庫管理がわかる
  2. 在庫切れで売り切れ表示ができる
  3. 在庫あり商品を優先的に表示できる
  4. 商品が売れる機会損失を防げる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではカラーミーの売り切れ表示について解説していきます。

 

カラーミーで売り切れ表示が重要な理由

ショップで在庫切れになっても、そのまま放置しているという人もいるかもしれません。

在庫管理は手間がかかるため、在庫切れを管理できない場合もあるでしょう。

しかし、商品が売り切れていると、ショップにとってデメリットがあります。

まずは、カラーミーショップで売り切れ表示が、重要な理由を理解してみてください。

売り切れが多いと購買意欲が低下する

ショップに売り切れ商品が多いと、単純に売れないという問題があります。

ユーザーによっては、入荷を待つ人もいるかもしれません。

しかし、多くの人は他のショップで購入しようとするでしょう。

また、売り切れ商品が多いショップ自体は、購買意欲を低下させる原因にもなっています。

誰でも、在庫がないショップより豊富な商品が買えるショップを選びたいものです。

在庫が多いと、どれを選ぼうかという楽しみがあります。

また、ショップに訪れるユーザーの中には、

問題を解決するためのものを探していることもあります。

どちらの場合でも、在庫切ればかりのショップはデメリットがあると考えておいてください。

SEOで不利になる恐れがある

もしかしたら、在庫切れ商品でも検索エンジンからの流入を見込んでいるかもしれません。

ページを残しておくことで、特定のキーワードから訪問してくれる可能性があります。

場合によっては、在庫切れ商品にアクセスがあったら、

カテゴリーや類似商品ページに飛ばすよう設定している場合もあるでしょう。

たとえ、在庫切れページを404ページに飛ばしても、SEOで不利になる恐れがあります

検索エンジンに、コンテンツが更新していないことをアピールしているようなものだからです。

SEOでの評価が下がれば、当然検索エンジンからの流入も見込めなくなるため、

在庫切れ商品を放置するのは大きなリスクがあると言えます。

連絡先がないと再入荷がわからない

在庫がない商品に興味をもったユーザーのなかには、再入荷連絡を希望する人もいるでしょう。

しかし、お問い合わせ欄がわかりにくいと、連絡自体を諦めてしまう恐れがあります。

セールなどの理由で購入数が多くなるときは、在庫切れ商品が出るのは仕方がありません。

しかし、欲しいと思った人を逃さない工夫がないと、機会損失になってしまいます。

再入荷のお知らせ依頼が簡単であれば、欲しい人は依頼するでしょう。

できれば再入荷の依頼は、見やすいように商品カートボタンの近くに置くのがおすすめです。

また、ユーザーが依頼を出した商品が入荷すれば、

要望を聞いてくれるショップという印象になり、リピーター獲得にもつながります。

商品の在庫数を設定しよう

カラーミーで在庫切れ商品を管理するためには、在庫管理が必要です。

まずは、商品ごとの在庫数を設定しましょう。

在庫管理をしない設定になっていると在庫切れ表示もできないため注意してください。

在庫数を入力する

商品の在庫数の入力は、「商品管理」の「在庫管理」から設定可能です。

検索機能を使って、在庫数を入力したい商品を絞り込みましょう。

カテゴリーや商品ID、型番、商品名などで絞り込んでください。

商品詳細が表示されたら、「現在の在庫数」に在庫数が表示されています。

新たに在庫が入荷したら、同じように商品を絞り込み、現在の在庫数へ加えてください。

なお在庫数は、「現在の在庫数」に新規入荷数を足すか、

「+5」などの入力で加算させることもできます。

在庫管理を確認する

「商品検索・変更」ページから商品の修正をクリックします。

在庫数の部分が、「在庫管理しない」または「在庫管理する」になっているか、

確認してください。

「在庫管理しない」を選択すると、商品ページに在庫数は表示されないこととなっています。

在庫数の入力も必要ないため、商品が売り切れても「売り切れ」になりません。

「在庫管理する」を選択した場合は、

在庫数に入力した数字が、商品が売れるごとに減っていきます。

売り切れ管理をする場合は、「在庫管理する」を選びましょう。

カラーミーの売り切れ表示の設定方法

ショップで商品が売り切れになった際の設定方法を紹介します。

3つの設定を利用して、ユーザーにとって使いやすいショップを目指してみましょう。

売り切れたら商品を表示するしないを選択

在庫管理をしている商品は、売り切れたら商品を表示するかしないかを設定します。

「商品管理」から「在庫管理」へ進み、「在庫表示設定-全般」で設定できます。

売り切れ時の項目で、「商品を表しない/する」へ進んでください。

「商品を表示しない」を選ぶと、売り切れで商品がショップに表示されません。

商品が売り切れて再入荷の見込みがない場合に、表示しない設定がいいでしょう。

「商品を表示する」を選ぶと、売り切れでも商品がショップで表示されます。

再入荷の見込みがあるなら表示するを選んで、訪問者に商品をアピールしてください。

売り切れたら在庫数を表示するしないを選択

同じく、「在庫表示設定-全般」より、在庫数の表示設定ができます。

在庫を表示しない/するの項目で、「在庫を表示しない」と「在庫を表示する」から選べます。

「在庫を表示しない」へのチェックは、売り切れ時に在庫0の表示したい場合に便利です。

また、「在庫の表示形式」の部分で在庫数と合わせて表示したい文字を入力してください。

たとえば「売り切れ中です」と入力すると、

「在庫0個 売り切れ中です」と商品ページに表示されます。

在庫がある商品を優先して表示させる

同じく売り切れ時の設定で、

一番下にある「在庫がある商品を優先して表示する」項目に移動します。

「在庫がある商品を優先して表示する」の項目にチェックを入れてください。

チェックを入れると、在庫がない商品は表示されますが、後方に移動します。

売り切れ商品の管理が面倒な場合に、おすすめの機能です。

在庫切れ商品が後方に表示されれば、ユーザーもそれほど気にならないでしょう。

商品が売り切れると、商品一覧で自動的に商品位置が調節されて便利です。

カラーミーで売り切れ表示させて機会損失を防ごう

ネットショップを運営する場合、売り切れ商品管理が大変です。

カラーミーを使った方法なら、売り切れ時の対応方法が複数あるため、

ショップに合わせた見せ方に調節しやすいでしょう。

売り切れ商品が大量にあると、お客様の印象が悪くなりやすいため、

紹介した設定方法を活用しながら、機会損失を防ぐようにしてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。