カラーミーでBtoBはできる?取り組み方やおすすめアプリを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーでBtoBができるか知りたい
という方のために、BtoBの可否や取り組み方、おすすめアプリなどについて解説をします。

この記事を読むことで

  1. カラーミーでBtoBが可能かどうかわかる
  2. カラーミーでBtoBに取り組むメリットがわかる
  3. カラーミーでBtoBを始める方法がわかる
  4. BtoBにおすすめのアプリがわかる
  5. おすすめアプリの導入方法や注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーでBtoBができるかどうかについて、詳しく解説をしていきます。

 

カラーミーでBtoBビジネスは可能?

カラーミーでBtoBは可能です。

ネットショップを構築できるサービスは多々ありますが、その多くは一般消費者向けです。

カラーミーも同様に、一般消費者向けのECサイトやネットショップの構築に適していますが、

BtoB向けのサイト構築も行えます。

詳しくは後述しますが、カラーミーでBtoBを始めるには、アプリを使用します。

カラーミーがリリースしたアプリを利用すれば、簡単にBtoBビジネスを開始することが可能です。

カラーミーでBtoBに取り組むメリット

カラーミーでBtoBに取り組むと、長期の取引が期待できることがメリットです。

長期的な取引を行えるようになるため、安定した収益を得られるのはメリットといえます。

また、BtoBであれば、グローバルな活躍もできます。

日本国内だけでなく、世界を股にかけたビジネスを展開できるため、

ビジネスチャンスも広げられるでしょう。

このように、カラーミーで取り組むBtoBにはさまざまなメリットがあります。

この機会にチャレンジしてみることをおすすめします。

長期の取引が期待できる

BtoBは法人を対象としたビジネスであるため、長期的な取引が期待できます。

一般消費者を対象としたBtoCに比べ、

BtoBでは固定の顧客と長期的な取引をする場合が多くなります

BtoBでは継続的に商品を購入してもらえるのがメリットです。

また、一定のスパンで購入してもらえるケースが多いため、頻繁に集客をする必要がなくなります。

BtoCは、顧客の流動が大きくなりがちで、常に集客をしなくてはなりません。

宣伝広告費もそれなりに発生し、財政を圧迫してしまうことも考えられます。

継続的に取引ができる法人の取引先を複数確保すれば、集客にかけるコストを削減でき、

コスパのよい運営が可能です。

安定した収益を得やすい

法人を対象とするBtoBは、長期的に取引を継続できることが多く、

安定した収益を得やすい特徴があります。

数年、数十年単位で取引を行うケースもあり、

長期にわたって安定した収益を得られるのは、メリットといえるでしょう。

ネットショップを運営し、安定した収益を確保するのは簡単ではありません。

経営力や集客力はもちろん、市場や顧客のニーズにマッチした商品も取りそろえる必要があります。

BtoBは、自社の商品を気に入ってくれる取引先企業が見つかれば、

長期的なお付き合いができ、安定した収益につながりやすいのです。

グローバルに活躍できる

BtoBなら、世界中の企業と取引できる可能性があり、

グローバルに活躍できるチャンスが広がります。

専門性の高い商品やサービスを扱えば、世界各国の企業から注目される可能性もあります。

日本国内だけでなく、世界を商圏としてビジネスを展開できるため、

収益性を向上させられるのもメリットといえるでしょう。

より多くの取引先とビジネスを行えるため、売上や利益向上につながります。

カラーミーでBtoBを始めるには

カラーミーを利用してBtoBを始めるのなら、アプリの導入がおすすめです。

カラーミーからは、さまざまなアプリがリリースされていますが、

BtoBに適しているのは「卸販売アプリ」です。

卸販売アプリは、2020年の9月にリリースされた比較的新しいアプリで、

簡単に卸販売に取り組めることから、一躍知名度を高めました。

利用には月額費用が必要ですが、初期導入費用は発生しないため安心です。

カラーミーを利用して、本格的にBtoBを始めたいと考えているのなら、

卸販売アプリを導入してみるのもひとつの方法です。

カラーミーでBtoBを始められる「卸販売アプリ」とは

卸販売アプリは、カラーミーがリリースしているアプリです。

簡単に卸販売を始められるアプリで、

登録してある商品を取引先に合わせた価格やロットで提供できます。

取引先ごとに価格やロットを細かく設定できるため、BtoBに適しています。

すでに、さまざまな企業やショップが同アプリを導入しており、実績も確かです。

卸販売アプリのメリット

卸販売アプリを利用するにあたり、どのようなメリットを得られるのかは、

最も気になるところでしょう。

カラーミーの卸販売アプリを導入すれば、

煩雑な卸販売を簡潔化でき、業務効率化を実現することが可能です。

また、誤発注のようなミスを少なくできるのもメリットです。

取引先が直接注文するため、誤発注が少なくなり、

ショップ運営側も余計な手間が発生しません。

業務効率化が可能

一般的に、BtoBの場合は取引先ごとに単価やロットなどが異なります。

そのため、どうしてもショップ運営側の手間が増えてしまいがちですが、

卸販売アプリならこのような課題を解決可能です。

卸販売アプリなら、取引先に応じてロットや価格を簡単に変更できます。

カラーミーショップの管理画面から、発注状況の確認や処理を行えるため、

業務効率化が実現できるのです。

従来のように、電話やFAXで単価やロットを個別に伝える、

といった必要がなくなるのもメリットです。

スタッフの業務負担を軽減でき、生産性の向上効果も期待できるでしょう。

誤発注などのミスが生じにくい

従来のBtoBのように、書面を用いた取引ではなく、

取引先が直接ショップにアクセスして商品を注文します。

そのため、従来のような誤発注が少なくなり、

二度手間や手戻りを回避できるメリットがあります。

取引先から連絡を受け、そのうえでショップが商品を用意するようなケースでは、

どうしてもミスが起こりがちです。

顧客とのあいだで認識違いが生じてしまい、異なる商品を提供してしまう、

といったことも考えられるでしょう。

卸販売アプリを利用すれば、

取引先企業はネットショッピング感覚で商品を注文・購入することができます。

顧客自らが注文をするため、誤発注を回避できるのです。

卸販売アプリの注意点

卸販売アプリにはさまざまなメリットがありますが、いくつか覚えておくべき注意点があります。

配送会社が1社限定であること、会員機能との連携ができないなどが、代表的なデメリットです。

詳しく見ていきましょう。

配送会社が1社限定

卸販売アプリで利用できる配送会社は1社のみです。

受注した商品や地域などで、配送会社を変えたいと考える企業も少なくないと思いますが、

卸販売アプリではそれができないこととなっています。

ただ、これは必ずしもデメリットとはいえません。

送料の設定が複雑なショップなら、少々デメリットと感じるかもしれませんが、

企業によってはまったく気にならないこともあります。

このあたりは、企業によって受け止め方が異なると考えられます。

会員機能との連携ができない

会員機能との連携ができないのも、注意が必要です。

卸販売アプリを通じて販売した場合、カラーミーショップに注文履歴なども残りません。

カラーミーショップとは、完全に切り離されていると考えておいてください。

注文は毎回ゲスト扱いとなってしまい、履歴をもとに前回と同じ注文をする、

といったこともできません。

そのため、取引先によっては毎回注文が煩わしい、と感じてしまう可能性があります。

卸販売アプリの導入・利用方法

まずは、卸販売アプリをインストールします。

アプリには無料の利用期間が設定されているので、

期間内なら無料で機能や操作性などをチェックできます

アプリを起動したら、卸チャネルを作成。

[新規作成]から卸チャネル名やかけ率、ロットなどを設定し、卸先を作成してください。

取引先にURLやパスワードを送り、サイトへ招待します。

基本的には、このような流れで利用します。

なお、詳細な設定方法については、

カラーミーショップが提供しているアプリのマニュアルをチェックしてください。

あと、卸販売アプリは初期費用こそかかりませんが、

月額料金や受注件数に応じた費用が必要です。

カラーミーに卸販売アプリを導入してBtoBを始めよう

カラーミーでBtoBを始めるには、卸販売アプリの利用がおすすめです。

本記事でお伝えしたように、いくつかの注意点はあるものの、

簡単に卸販売を始めることができます。

BtoBなら、グローバルに活躍できるため、ビジネスチャンスをさらに広げることが可能です。

また、長期的に安定した収益を得られる可能性も高いため、取り組む価値は十分にあります。

この機会に、カラーミーショップと卸販売アプリで、本格的にBtoBへ取り組んでみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。