カラーミーのテスト購入とは?具体的な手順や注意点を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーのテスト購入について知りたい
という方のために、概要や具体的な手順、注意点などを解説します。

この記事を読むことで

  1. カラーミーのテスト購入が何かわかる
  2. カラーミーでテスト購入を行う必要性がわかる
  3. テスト購入の手順を理解できる
  4. テスト購入における注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーのテスト購入について解説をしていきます。

 

カラーミーのテスト購入とは

カラーミーのテスト購入とは、

ユーザーが購入のアクションを起こしたとき、きちんと動作するかどうかを確認することです。

カラーミーを利用すれば、簡単にECサイトやネットショップを構築できますが、

設定の不備や不具合の発生などにより、ユーザーが購入できなくなることが考えられます。

購入できない状態を放置してしまうと、さまざまな弊害が生じてしまうため、

テスト購入を行うのです。

カラーミーでテスト購入を行う必要性

カラーミーで構築したネットショップでは、テスト購入を実施することができます。

しかし、いったいどうしてテスト購入を行わなくてはならないのでしょうか。

別に、テスト購入を実施しなくてもショップの運営は可能です。

ただ、事前にテスト購入を実施して動作チェックをしないと、

さまざまなデメリットが生じてしまうおそれがあるのです。

正常に作動するかチェックするため

テスト購入を実施する理由は、正常に作動するかどうかを確認するためです。

設定の不備や不具合の発生など、

さまざまな原因によりユーザーが購入できない症状が生じる可能性があります。

お客様が商品をカートに追加し、購入しようとしたとき、

正常に動作しないとなればショップから離脱してしまうかもしれません。

事前にテスト購入を実施すれば、このような事態を回避することができます。

正常に動作しない事実を把握することで、適切な対処を行えるのです。

機会損失の回避

テスト購入を実施する理由の2つめは、機会損失を回避するためです。

正常に動作せず、

購入ができないとなれば多くのアクセスユーザーはショップサイトから離脱してしまうでしょう。

こうなると、本来購入してもらえるはずだった商品を購入してもらえず、

機会損失につながってしまいます。

異常な状態に気づかず放置してしまうと、

機会損失によるダメージはどんどん蓄積してしまうことになります。

また、購入ができないとなれば、それまで買い物してくれていた方も離れてしまうかもしれません。

せっかく確保したリピーターが離れてしまい、売上や利益の低下を招いてしまうでしょう。

クレームリスクの回避

テスト購入を実施すれば、クレームリスクの回避にも役立ちます。

何らかの理由で商品の購入ができない場合、ショップへのクレームが発生する可能性があります。

クレームが発生すれば、ショップのスタッフは適切に対応しなくてはならず、手間も必要です。

主力業務に十分なリソースを割くことが難しくなり、

生産性の低下につながってしまうおそれもあるのです。

また、多くのお客様からクレームが発生すれば、

悪い口コミを拡散されてしまうおそれもあります。

結果的にショップの評判が下がり、売上や利益にも悪い影響を及ぼしかねません。

あらかじめテスト購入を実施し、正常に動作することを確認しておけば、

このようなリスクを回避できます。

テスト購入の手順

カラーミーにおけるテスト購入はとても簡単です。

商品登録とページの公開 → 商品を購入する → 注文情報を確認 → キャンセル処理の実行、

といった流れで行います。

カラーミーでネットショップの構築、運営を考えているのなら、

正しいテスト購入の手順を押さえておきましょう。

商品登録とページの公開

カラーミーでテスト購入を実施するには、まず商品を登録する必要があります

実際に、お客様がショップへアクセスしたときと同じ状況を作り出す必要があるため、

まずは商品を登録しなくてはなりません。

管理者ページにアクセスし、[商品]へ移動しましょう。

[新しい商品を登録する]→[商品名]と進み、商品名を入力してください。

入力が完了したら[商品を登録]を選択します。

登録が終わったら、ページを公開します。

商品を購入する

実際に商品の購入をしてみましょう。

カートに追加して注文し、購入の手続きを進めます。

クレジットカード情報を入力するときは、実在するカード情報を使用してください。

実在するクレジットカード情報を入力するのに抵抗を感じる方がいるかもしれませんが、

あとで手続きをすれば請求されません。

確認画面へ進み、注文を完了させてください。

注文情報を確認

注文情報を確認するときは、[注文]ページをチェックします。

サブスクリプション商品の場合、発送のサイクルなども確認しましょう。

きちんと注文できていることが確認できたら、テストそのものは終了です。

キャンセル処理の実行

テストが終了したら、キャンセル処理を実行します。

これを忘れてしまうと、テスト購入で使用したクレジットカードで請求が発生してしまいますので、

忘れずに注文のキャンセルを行いましょう。

[注文]ページへアクセスし、[この注文をキャンセル]を選択してください。

これでキャンセル処理が完了したので、クレジットカードの請求は発生しません。

なお、決済手数料やトランザクション費用なども発生しないので、安心してください。

サブスクリプション商品のテスト購入をしたときには、

定期購入そのものを解約することも忘れないようにしましょう。

カラーミーでテスト購入を実施するときの注意点

カラーミーでテスト購入をするときには、いくつか覚えておくべき注意点があります。

決済方法によってはテスト購入を実施できない、

ページを公開した時点で月額手数料が発生してしまう、といった注意点があります。

テスト購入を実施する前に、どのような注意点があるのか、きちんと把握しておきましょう。

決済方法によってはテスト購入ができない

カラーミーで構築したネットショップにおいて、

顧客はさまざまな決済方法を用いて商品の購入が可能です。

クレジットカード決済や代引き、後払い決済、銀行振込などいくつもありますが、

決済方法によってはテスト購入そのものができません。

テスト購入ができないのは、後払い決済です。

後払い決済は、文字通り後から支払うスタイルの決済方法なので、

テスト購入では実施できません。

そのため、カラーミーショップでテスト購入を実施するときは、

クレジットカード決済を選ぶことがほとんどです。

ページを公開した時点で月額利用料が発生する

商品を登録してページを公開しないと、テスト購入はできません。

ただ、商品の定期販売にカラーミーリピート利用している場合は注意です。

ページを公開すると、その時点で月額利用料が発生してしまうことを覚えておきましょう。

カラーミーリピートの月額利用料は10,780円です。

まだ本格的に運営を開始していなくても、

ページを公開した時点から利用が始まったと認識され、課金が始まるので注意してください。

運営前には必ずテスト購入を実施しよう

カラーミーのテスト購入は、快適に買い物をしてもらうために必要です。

事前に動作を確認しておけば、不具合が生じていても適切な対処ができ、

機会損失やクレームの発生などにも対処することができます。

テスト購入における注意点として、

後払い決済ではテストができない・ページを公開した時点で月額利用料が発生する、

といったことも覚えておいてください。

本格的に運用を開始する前に、

必ずテスト購入を実施して正しく動作するかどうかを確認しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。