カラーミーはバックアップをとれる?具体的な方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーのバックアップがとれるのかどうかについて知りたい
という方のために、バックアップの可否や具体的な方法などについて解説をします。

この記事を読むことで

  1. ショップのバックアップをとれるかどうかわかる
  2. バックアップできないデメリットがわかる
  3. バックアップをとる方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーにおけるバックアップの可否や、

具体的な方法などについて解説をしていきます。

 

カラーミーでショップのバックアップはとれる?

カラーミーに、ショップデータのバックアップをとれるような機能はありません。

誰でも簡単に、短時間でネットショップを構築できると人気のカラーミーですが、

ショップデータのバックアップ機能は実装されていないのです。

カラーミーで構築したショップでは、さまざまなデータを扱います。

登録している商品や顧客、注文やキャンセルなどさまざまな情報を扱っています。

これらのデータをバックアップしていないと、さまざまな弊害をもたらす可能性があり危険です。

ただ、すでにお伝えしたように、

カラーミーにデフォルトでバックアップをとるような機能は実装されていません。

では、カラーミーでショップデータのバックアップをとることは不可能なのでしょうか。

答えはノーです。

カラーミーには、バックアップをとる機能こそ実装されていませんが、

バックアップそのものは可能です。

ただその前に、バックアップをとる機能がないことのデメリットを次章から見ていきましょう。

バックアップ機能がないデメリット

ショップデータは、さまざまな原因で消失してしまうおそれがあります。

バックアップ機能でデータを保存しておけば、復旧も容易ですが、

機能がないとそれもできません。

データ消失のリスクに加え、他のサービスへ移行しにくい、

手作業でバックアップしなくてはならない、といったデメリットもあります。

詳しく見ていきましょう。

データ消失したときのリスクがある

運営者のミスや外因的な理由により、ショップデータが消失してしまうリスクがあります。

もしショップデータが消失しても、バックアップデータがあれば復元は容易です。

しかし、カラーミーにはデフォルトのバックアップ機能がなく、

データを保存していなければ復元もできません。

万が一消失してしまったときには、再度データを打ち込んでいく必要があるのです。

データをまったく保存していなかった場合、手作業ですべてのデータを復元するのは困難です。

商品説明や顧客データなどが完全に消失してしまうと、

事業の継続すら危うくなってしまうでしょう。

データを復元するまで通常通りの運営ができず、

しばらくショップ運営を停止しなくてはならなくなるかもしれません。

機会損失が発生し、収益が大きく下がってしまうおそれもあります。

他のサービスへ移行しにくい

カラーミーでショップ運営をしていたものの、別のサービスを利用したくなった、

となる可能性は十分考えられます。

現在では、カラーミー以外にもショップ構築や運営ができるサービスがいくつもあるため、

このように考える方も少なくないでしょう。

バックアップ機能があれば、ショップデータをまとめて保存できるため、

他サービスへの移行も容易です。

ショップデータをそのまま移行し、

カラーミーを利用していたときと同じようにショップを運営することが出来ます。

しかし、カラーミーにはデフォルトのバックアップ機能がないため、

他サービスへの移行がしにくいデメリットがあります。

手作業でバックアップする必要がある

自動的にバックアップをとってくれる機能があれば、運営者が手間をかけることなく、

膨大なデータを保存できます。

しかし、何度もいうように、カラーミーにはバックアップ機能がありません。

では、カラーミーで構築したショップデータのバックアップはとれないのかというと、

それは違います。

バックアップ機能こそありませんが、手作業でデータの保存は可能です。

ただ、一から手作業でバックアップをしなくてはならないため、手間も時間もかかります。

運営しているショップの規模が大きく、膨大なデータを扱っているのなら、

その分手動バックアップにかかる手間と時間も増大してしまうでしょう。

しかし、手間と時間はかかりますが、

ショップデータはできるだけこまめにバックアップすることをおすすめします。

消失してしまったときに生じるダメージを小さくできるからです。

次章からは、ショップデータのバックアップをとる具体的な方法を解説します。

ショップデータのバックアップをとる方法

カラーミーには、ショップデータをまとめてバックアップするような機能がないため、

手動でデータの取得と保存をする必要があります。

ここでは、顧客データや商品データ、

デザインのHTMLやCSSなどのデータを手動でバックアップする方法を解説します。

顧客や商品などのデータ

顧客データや商品データなどは、専用のデータダウンロードページにアクセスすれば、

ダウンロードが可能です。

これらのデータはショップ運営に必要不可欠であり、とても重要です。

定期的に手動でバックアップをとり、適切にデータの保存をしましょう。

カラーミーの、データダウンロード専用ページへアクセスすれば、

顧客データや商品データなどを、CSV形式でダウンロードできます。

データ量が多ければ多いほど、ダウンロードには時間がかかってしまうため、

そこは注意が必要です。

ダウンロード完了後には、データ破損や漏れなどがないか、念のために確認をしておいてください。

デザインに関するデータ

デザインのHTMLやCSSを保存しておくと、ショップが初期化されたときなどに役立ちます。

特に、HTMLやCSSをコーディングして編集したときには、必ずバックアップをとっておきましょう。

カラーミーのデザインページにアクセスし、

利用しているテンプレートの[デザイン編集]を選択してください。

ページの[HTML・CSS編集]→[HTML編集]もしくは[CSS編集]を選択し、

コードをコピーしましょう。

コピーしたコードは、メモ帳やエディタなどに貼り付け、保存してください。

コピー漏れがあると、デザインに反映されないため注意が必要です。

万が一に備えてこまめにデータの保存と管理を

カラーミーには、デフォルトでバックアップをとる機能がないため、

基本的には手動でデータの保存をしなくてはなりません。

データが消失してしまうと、さまざまなデメリットが生じ、

甚大なダメージを受ける可能性もあります。

このような事態を回避するため、万が一に備えてこまめにデータの保存と管理を行いましょう。

適切にデータ保存と管理ができていれば、いざというときも安心です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。