カラーミーとEC-CUBEを比較!おすすめはどっち?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではカラーミーとEC-CUBEの違いについて知りたい
という方のために、カラーミーとEC-CUBEを比較した結果について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーとEC-CUBEのサービスの違いがわかる
  2. カラーミーとEC-CUBEの費用の違いがわかる
  3. 自店にはどちらが向いているか選べる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーとEC-CUBEについて解説をしていきます。

 

カラーミーとEC-CUBEの特徴

カラーミーとEC-CUBEは、

どちらもインターネット上でECサイトを立ち上げるためのサービスです。

それぞれ使い方や機能に違いがあり、

どちらを選ぶかによって完成するECサイトの内容も違ってきます。

まずは、カラーミーとEC-CUBEの基本的な特徴を解説します。

カラーミーの特徴

カラーミーは、ASP型ショッピングカートサービスです。

クラウド上で利用できるネットショップ作成サービスで、

追加機能としてアプリなども使えます。

とりあえずネットショップを体験してみたい人も、カラーミーなら使いやすそうです。

ASPサービス

カラーミーは、

ネット上で手軽にECショップを立ち上げられるASP型ショッピングカートサービスです。

ネットショップに必要な機能が揃っており、

それを使って自分だけのショップを構築していきます。

ASPサービスは、とくにプログラミングなどの知識なく利用できる機能が多いのが特徴です。

また、カラーミーは基本機能に加えて、

より便利にショップ運営するための有料アプリも充実しています。

クラウド上でサービスを提供

カラーミーは、インターネット上で利用できるクラウドサービスです。

個々にサーバーやドメインを準備することなく

クラウド上で手軽に自分のネットショップを作れます。(カラーミー内でドメイン取得できます)

自宅や自社のパソコンなどにダウンロードする必要もなく、

いつでもインターネットからカラーミーのサイトへ入り、

クラウド上の会員ページでショップ情報を作成、閲覧、追加することができます。

また、クラウドサービスでは、最新バージョンが出た時に自分で更新する必要がありません。

EC-CUBEの特徴

EC-CUBEは、オープンソースのEC向けコンテンツマネージメントシステムです。

ダウンロード版だけでなく、

カラーミーと同じようにクラウド上で利用できるサービスもあります。

ダウンロード版とクラウド版で費用や使い方などが異なりますが、

基本的には非常にカスタマイズ性が高いシステムです。

カラーミーなどのショッピングカートサービスよりもオリジナリティは出しやすいかもしれません。

ECコンテンツマネージメントシステム

ECコンテンツマネージメントシステムとは、ECサイトを作成する際に使う、

管理や更新ができるシステムです。

いわゆる「CMS」と呼ばれるもので、有名なサービスに「WordPress」があります。

こうしたCMSは、プログラミングやWEBサイト構築に関する専門知識がない人でも、

比較的簡単にサイトを構築できるように作られているのが一般的です。

ただし、専門知識があると、システムをより高度に変更することも可能となります。

EC-CUBEの場合にも、

オリジナリティのあるネットショップを作るためには、ある程度の専門知識は必要となります。

クラウドとダウンロード版がある

EC-CUBEでは、

オープンソースの無料で使えるダウンロード版と有料プランで使用するクラウド版が選べます。

それぞれに使い勝手や運用の総コストなどに違いがあるため、

自分に合う方を選択することが必要です。

ダウンロード版で始めてからクラウドに引っ越すことも可能なので、

とりあえず無料でサービスに触れてみたい場合にはダウンロード版を使ってみるのも良いでしょう。

カラーミーとEC-CUBEのサービス・機能比較

カラーミーとEC-CUBEは、そもそもASPサービスとCMSという違いがありますが、

具体的にサービス内容はどのように違うのでしょうか。

カラーミーとEC-CUBEのサービスや機能面を比較して、

どちらが使いやすいか検討してみましょう。

内容の充実はもちろんのこと、簡単に使えるかどうかや完成度も要チェックです。

カラーミーのサービス・機能

カラーミーのサービス・機能は、EC-CUBEと比較すると手軽さ、簡単さが際立ちます。

会員ページを作成したら、ページ内でショップを作成したりドメインを取得したりできます。

ネットショップの運営に必要な機能は最初からほとんど揃っており

不明な点があった場合でもカラーミーショップのお問い合わせで聞くことも可能です。

また、集客や販促のための機能も基本機能として搭載されており、

より高い成果を期待する人は別途、有料アプリを使うこともできます。

テンプレートとアプリで簡単にショップ作成できる

カラーミーでネットショップを立ち上げるためには、とくに専門的な知識は必要ありません。

会員ページからショップ作成画面に行き、必要事項を日本語の説明に沿って記入していくだけです。

デザインは基本となるテンプレートを選び、カラーなどを設定するだけで手軽に変更できます。

また、豊富なアプリもそろっており、

追加機能がほしい場合にはアプリをインストールして機能を拡張することが可能です。

公認デベロッパーが開発しているアプリなので、信頼性も高く、安心して導入できます。

安価な集客・購買促進サービスも利用できる

カラーミーには、集客や購買意欲を高めるためのサービス、機能もあります。

独自に集客方法を検討する必要がないため、商品開発や顧客満足度のアップに集中可能です。

カラーミーの集客・販促サービスとしては、

リスティング広告やInstagramショッピングの連携などがあります。

費用対効果の高いリスティング広告を、カラーミーのサービスなら低価格で手軽に使えそうです。

EC-CUBEのサービス・機能

EC-CUBEのシステムは、ダウンロード、

もしくはクラウド上のマイページにアクセスして利用します。

EC-CUBEのシステムをベースにして、

それぞれのショップが独自にカスタマイズして使うのが一般的です。

プラグインを導入し、HTML・CSS・PHP・データベース・Smartyなどを使って、

ショップを構築していきます。

ショップごと、ショップ運営者ごとの独自性、能力による部分が大きく、

知識やスキルがあればあるほどオリジナリティの高いショップを作れます。

自社開発で自由にカスタマイズできる

EC-CUBEのシステムは、それをベースにして自社開発することが可能です。

デザインも機能も自由に作ることができ、

カラーミーよりも高度な機能を柔軟に取り入れられます

基本的にはWEB制作の専門家以外は、WEB制作会社に依頼して、

自分の希望するネットショップを構築してもらいます。

制作会社を知らない場合には、EC-CUBEの公式ページで紹介しているため、

そこから選ぶことも可能です。

集客やトラブルのサポートはない

EC-CUBEのシステムには、

カラーミーのような集客サービスやトラブル時のサポートなどはありません。

そのため、ユーザーへのアプローチやトラブル対応などはすべて自己責任で行わなければならず、

ここでもスキルが問われます。

集客や広告を利用したい場合には、独自にSEO対策を行うか、

リスティング広告を申し込むことになるでしょう。

ただ、クラウド版についてはセキュリティ対策や自動アップデートなど、

ダウンロード版よりはサービスが充実しています。

カラーミーとEC-CUBEの費用比較

カラーミーとEC-CUBEのシステムは、

それぞれに導入やネットショップ開店の際にかかる費用が異なります。

料金プランの種類や必要なコストの種類なども違うため、長い目で見て、

トータルでお得に使える方を選びたいものです。

初期費用とランニングコストとしてかかる費用を詳しく比較してみました。

カラーミーの費用

カラーミーでショップを開店するために必要となるのは、月額費用だけです。

初期費用はかからず、無料プランや無料体験もあるため、お試し感覚で使うこともできます。

ただし、本格的にネットショップを運営し、稼いでいきたい場合には、

ある程度のコストをかけて、ショップ内の機能を充実させていくことも必要です。

機能を充実させるためには、プランを有料化するだけでなく、有料のアプリを使う手もあります。

有料アプリも初期費用はありませんが、月額費用がかかります。

無料プランと無料体験がある

カラーミーのプランは、全部で3種類あり、

そのうち一つが「フリープラン」という無料で使えるプランとなっています。

フリープランでは、月額費用がゼロ円でネットショップを作成し、オープンすることが可能です。

機能は当然、有料プランに劣りますが、商品登録数は無制限となっており、

1商品あたり4枚と限定的ですが、商品画像などもきちんと整えることができます。

ディスク容量は200MBまで、フリーページとして使えるのは10ページまでです。

上記の制限が厳しいと感じる人は、有料プランを無料体験することをおすすめします。

30日間無料で利用体験して、使い勝手の違いを無料プランと比較できます。

有料プラン

カラーミーの有料プランは、レギュラーとラージの2種類があります。

月額費用が有料となり、毎月のランニングコストが必ずかかるようになるため、

売上のないお店には少し厳しいかもしれません。

レギュラープランは月額3,300円で、商品あたり画像は50枚まで、ディスク容量も5㎇、

フリーぺ―ジも10,000ページに増えます。

ラージプランでは、月額7,945円で、ディスク容量が100㎇になります。

EC-CUBEの費用

EC-CUBEのシステムは、ダウンロード版とクラウド版でかかる費用が異なります。

基本的に、オープンソースソフトウェアなので、ダウンロード版は無料です。

ただし、サーバーなどは自分で準備しなければならず、

固定費として毎月の費用が発生するでしょう。

また、EC-CUBEを使ったネットショップは、自分では作るのが難しいため、

初期費用としてショップ構築費用がかかることが予想できます。

クラウド版では、月額プランがかかる有料プランのみが利用可能です。

クラウド版は有料プランのみ

EC-CUBEのクラウド版は、月額6,800円のLiteプランと初期費用70,000円、

月額49,800円~84,800円のStandardプランがあります。

Liteプランは初期費用がかからず、リーズナブルにEC-CUBEのサービスを利用できるプランです。

基本機能や商品登録無制限、

独自ドメイン対応可などの基本的なネットショップのサービスは利用できます。

EC-CUBEのプランは販売額上限も決まっており、Liteプランでは、

販売額が50万円を超えると月額費用に超過分×1.3%が加算あれます。

また、Standardプランは、販売額が300万円を超えると49,800円+超過分×0.5%、

販売額が1,000万円を超えると84,800円になる仕組みです。

ショップ構築費用の目安

EC-CUBEのシステムを使って、ネットショップを構築するのは、

プロのWEB制作会社でないと難しいため、

初期費用としてショップ構築費用も予定しておきましょう。

EC-CUBEの公式サイトで紹介しているWEB制作会社では、

10万円から請け負っている会社があるようです。

しかし、ショップ構築費用はピンからキリまであり、

それぞれの制作会社によっても金額が違うため、

依頼するまでにはいくつもの会社を見て慎重に選ぶことが必要となります。

低コストでECサイトを作るならカラーミー

カラーミーとEC-CUBEの費用を比較して、

トータルでリーズナブルに使えるのはカラーミーとわかりました。

カラーミーは、サービスの利用料も安く、

さらに知識のない人でもショップを構築しやすいため、外注費用もできます。

無料では使える範囲は狭いため、

有料プランへの切り替えやアプリの利用などはショップの成長に合わせて検討も必要ですが、

初期の段階でコストをかけずに済むのは安心です。

カラーミーとEC-CUBEのどちらを選べば良いか

自分でショップを作れるカラーミーとある程度プロに外注する必要があるEC-CUBEでは、

使用感やコストが大きく異なります。

そのため、店や企業によってカラーミーとEC-CUBEの二つのうち、

向いているサービスも違ってきます。

それぞれのサービスに向いているケースを紹介するので、選択の参考にしてください。

カラーミーに向いているケース

カラーミーが向いているのは、小規模のショップです。

まだネットショップを開設したことがない人などがお試しで使うのにもおすすめです。

プログラミングなどに疎い、知識がない状態で、とりあえず開店したい場合も安心して使えます。

ショップの成長に応じてアプリ追加やプラン変更で徐々に拡大することもできるので、

売上が軌道に乗ってからも問題はありません。

EC-CUBEに向いているケース

EC-CUBEは、企業規模でECサイトを運用したい場合などにおすすめです。

基本的には自分でショップを構築するのは難しいため、

初期費用をある程度かけられる人でないと使えません。

その代わり、カスタマイズの範囲は広く、さまざまな機能を作れて、

カラーミーよりも独自性のあるショップが作れます。

ただし、HTML・CSS・PHPなど、WEB制作の知識に優れている人であれば、

個人が自分でEC-CUBEを使うこともできるかもしれません。

コスト安ならカラーミー、機能重視ならEC-CUBE

カラーミーとEC-CUBEは、二つともネットショップを作るサービスですが、

使い方や費用などが全く違います。

カラーミーはリーズナブルで個人でもネットショップを運営しやすいサービスですが、

カスタマイズ性はEC-CUBEに劣ります。

EC-CUBEは費用こそかかりますが、企業のネットショップ構築にも使えるサービスです。

どちらもそれぞれに魅力あるサービスなので、

自店の運営に必要な条件を満たす方を選ぶことが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。