カラーミーで売れない理由とは?集客方法や売るための対策

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではカラーミーで商品が売れない理由について知りたい
という方のために、売れない理由と対策について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 売れない原因がわかる
  2. 理由に応じた対策がわかる
  3. 売れるための具体的なアクションを取れる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーのショップで商品が売れない原因と対策について解説をしていきます。

 

カラーミーショップで商品が売れないときは

カラーミーショップでネットショップを運営していて、

「なかなか売れないな」と感じることがあるかもしれません。

カラーミーはネットショップの構築から運営、集客までできる機能はありますが、

集客方法の選択や販促をどう進めるかはショップオーナーが考える必要があります。

カラーミーでネットショップを作ってみて、商品が売れないと感じたら以下のことを試しましょう。

売れない原因と対策を探る

カラーミーで作ったネットショップが売れないときは、

集客方法や販売促進方法などを見直し、原因を探る必要があります。

売れない焦りで原因が分からないままに新しい施策を講じても、

方向性が間違っていることもあるため、まずは原因を見つけて適切な対策を立てることが大切です。

これまで行ってきた集客や販促施策があったら、その成果を鑑み、

成果が出ていない場合にはほかの方法も検討してみます。

じっくりとサイトを育てていく

ネットショップを成長させ、売れないショップから売れるショップになるためには、

じっくりとサイトを育てていくことが大切です。

更新のないネットショップは、おのずと検索順位が下がり、ユーザーも目を向けなくなります。

そのため、売れる環境を作るには、日々の更新とユーザーへ向けての発信を続け

常に稼動させ、刷新していかなければいけません。

最初は売れなくても、日々ネットショップ運営の勉強をして、

それを自分のショップでアウトプットしていくことで、

魅力あるネットショップに成長するでしょう。

カラーミーショップが売れない原因とは

カラーミーショップが売れない原因には、主に3つのことが考えられます。

ユーザーのネットショップでの行動を予測して、なぜ購入されないのか考えてみましょう。

が売れない原因が分かると、その対策も自然にわかります。

効果的な集客方法を取り入れていない

カラーミーでネットショップを作成した場合には、自分で集客する必要があります。

カラーミーはモール型ネットショップではないため、

カラーミー公式サイトなどが宣伝してくれることはありません。

そのため、集客は必須であり、

自店に適した効果的な集客方法が実行されていないと誰にも見られないサイトになってしまいます。

ネットショップは開店しても、実店舗のあるお店のように自然に知られることは少ないです。

ネットショップの売上は、

「アクセス数×購入率×購入単価」で示されるとおり、アクセス数が増えない限り、

伸びることはありません。

商品の魅力が伝わっていない

ネットショップが売れない原因には、

ショップの商品アイテムの紹介がうまく行っていないケースもあります。

ネットショップでは、商品の魅力を伝える方法は文章と掲載された画像のみです。

手に取れないため、ユーザーは文章と画像で商品を判断します。

集客ができても、商品ページの文章や画像が少ない、

文章、画像の仕上がりが悪いショップは、買わずに離脱するユーザーも多くなりがちです。

購入しにくい

ネットショップでは、

ショッピングカートの仕組みや決済の選び方などが分かりにくいのも売れないリスクとなります。

また、自分が気に入った決済方法がないのも購入する気持ちを損なわせるため、

決済方法が少ないのも問題です。

ネットショッピングをちょっとしたスキマ時間に楽しみたい人もいるため、

直感的に商品を選べて、時間をかけずに決済できることも大切になります。

こうした仕組みをショップ内に構築できていない場合には、

サイトを見に来ても購入せずに離れるユーザーを増やします。

カラーミーショップが売れない時の対策とは

カラーミーで作ったショップが売れない場合には、

それぞれに改善したい点をピンポイントに絞って対策することをおすすめします。

カラーミーは、集客や購買意欲を高めるための機能やアプリが豊富なので、

カラーミーの機能で自分のショップに足りないところを補ってみましょう。

カラーミーショップでできる集客方法の改善策

カラーミーショップで商品が売れない場合には、

まずはできるだけアクセスを増やすことを目指しましょう。

たくさん売りたいと思っても、見てくれる人がいなければ売れません。

また、より売りやすい環境を作るために、

購入する可能性の高いユーザーを集めることも大切です。

SEO対策をする

SEO対策は、

ネットショップをはじめとしたさまざまなWEBサイトにアクセスを集めるために重要な対策です。

SEO対策は、Googleなどの検索エンジンに自社のサイトを認識させ、

上位表示しやすくする方法です。

上位表示されることで、多くのユーザーの目に止まり、自然な集客効果が期待できます。

ネットショップでSEOをするなら、

サイト内にコラムなどの独自性の高いコンテンツを置くコンテンツSEOから始めましょう。

SEOは効果が出るまで数ヶ月かかるため、地道に更新しながら効果を待つことが必要です。

また、SEO対策は知識やスキルのない人が成功させるのは難しいため、

専門家の手を借りる必要があるかもしれません。

SNS集客をする

自分のネットショップにより興味を持ちそうなユーザーに対してアプローチするなら、

SNS集客も効果的です。

InstagramやTwitterなどのSNSでお店や商品のことを発信し、知ってもらいます。

ある程度時間はかかりますが、フォロワーが増えた、拡散されたなど、

ユーザーの行動が見えやすく、成果が出ているかどうか見ながら発信を続けることができます。

また、フォロワー数の多いインフルエンサーなどにフォローや拡散されると、

一気にアクセスが集まり、売上が急増することもある魅力的な発信方法です。

広告を出す

集客にある程度お金をかけられる場合には、

インターネットやSNS上に広告を出して宣伝するのもおすすめです。

Google広告やTwitter広告など、

自分のショップの商品に関心を持ってもらえるユーザーが多い場所で宣伝することで、

より高い効果が望めます。

Google広告の料金は1クリックあたりいくら、というクリック課金なので、

無駄のない集客ができそうです。

カラーミーショップでは、かんたんリスティングなど、

簡単かつリーズナブルな広告サービスがあります。

カラーミーショップでできる購買意欲を高める対策

ネットショップでは、集客だけでなく、

アクセスしたユーザーに商品を購入してもらわなければいけません。

アクセスはあるのに売れない場合、購買意欲を高めるための施策が必要です。

商品の魅力を正確に伝え、

さらに「今購入するとお得」と感じさせたり買物のストレスを減らしたりする工夫をしましょう。

商品情報を充実させる

まずやっておきたいのが、商品情報の充実です。

ネットショップではユーザーが直接商品を手に取れないため、

その代わりに画像や文章で商品の状態を正確に伝えてください。

見た目の印象は大きいため、写真はさまざまな角度のものを複数掲載する、

きれいに撮れたものを厳選するといった対策が必要です。

大きさ、重さなどはもちろん、産地や原材料、商品によっては味や質感など、

ユーザーが知りたい情報をできるだけ載せると良いでしょう。

セールやクーポンなどお得なサービスを取り入れる

ユーザーの購入の意思を固めさせるには、

商品の魅力だけでなくコスパの良さや購入するタイミングの良さを伝えることも必要です。

セールやクーポンなど、お得なサービスを作って発信することで、

購入の最後のひと押しになります。

また、期間限定セールや期限のあるクーポンでは、

「今買わないともったいない」と思わせることができるでしょう。

カラーミーでは、

割引や送料無料になるクーポンを発行できる機能が付帯しているプランもあります。

決済方法を充実させる

購入の最終段階である決済でも、できるだけユーザーの気持ちに沿った対応が必要です。

ユーザーが自分の気に入った方法を選べるように、

代表的な決済方法や信頼性の高いサービス、入力事項などが簡単なものを取り揃えておきましょう。

とくに普段使っている決済が利用できると購入までの心理的ハードルは下がりやすくなるものです。

カラーミーショップでは、Amazon PayやPayPay、クレジットカード決済、後払いなど、

代表的な決済サービスを取り揃えています。

また、クレジットカード決済・コンビニ決済がパッケージ化された決済プランもあるので、

導入も手軽です。

カラーミーショップで客単価を高める対策

カラーミーショップであまり売れないと感じたら、アクセス数だけでなく、

ユーザー1人あたり、1回あたりの買い物での購入金額を増やすことも大切です。

客単価がアップすると、これまで通りのアクセス数でもより多くの売上が見込めます。

ある程度のアクセス数も稼げており、全く売れないわけではないけれど、

今以上の成果が欲しいショップにおすすめです。

○○円以上送料無料を取り入れる

ネットショップでは、購入費用に商品価格だけでなく配送料がかかることがあります。

こうした配送料は「無駄」と感じるユーザーも多いため、

商品総額によって送料無料になる提案をしてみましょう。

後で買おうと思っていた商品や買おうか迷っていた商品があるユーザーに対し、

購入意思を決定するのにより効果的な一手です。

「○○円以上送料無料」とすることで、

金額の条件を満たすためにあと1品カートに入れてくれるかもしれません。

カラーミーには「あと○円で送料無料」のメッセージを表示できるアプリがあります。

アプリは無料で使えるため、ランニングコストをかけたくない人も安心です。

レコメンドを取り入れる

レコメンド機能も、ネットショップで売上を増やすのに効果的です。

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」といった文句で

ほかの商品も提案する機能です。

カラーミーショップでは、基本機能で組合せ購入やおすすめ商品・売れ筋商品の提案ができます。

また、有料アプリにもレコメンド機能を増やせるものがあります。

送料無料のアナウンスと合わせてレコメンドすることで

「送料無料にするために、これも一緒に買おうかな」と思わせることができそうです。

カラーミーショップでリピーターを増やす対策

カラーミーショップで安定して売れない場合には、リピーターを増やす対策をすることも大切です。

親しみやすいショップや対応の良いショップは、ユーザーをファンにして離しません。

自分のショップのファンになってもらい、

たびたびサイトを訪問してもらえることを目指しましょう。

LINE@でお客様と「友だち」になる

リピーター獲得のためには、

ネットショップにLINE@の友だち追加ボタンやQRコードを設置することがおすすめです。

友だち追加してもらえたら、ユーザーがショップを訪問するだけでなく、

ショップからセールや新商品などの情報を発信できるようになります。

LINEはメルマガ以上の開封率で、より多くのユーザーに親しまれている発信方法です。

追加ボタンやQRコードをショップに追加して、登録してもらえるのを待ちましょう。

(一時サービス停止中)カラーミーショップでは、LINE@を運用するためのプランもあります。

メール配信でファンを作る

ショップの登録情報を元に、メール配信を行うことも大切です。

定期的なコミュニケーションを取ることができ、

一度利用したことのあるユーザーをショップに呼び戻すきっかけになります。

カラーミーショップでは、メール配信はもとより、

メールマーケティングを合理的に行えるアプリがあります。

梱包を工夫する

最後はとてもアナログな方法ですが、丁寧な梱包は手に取った人に好印象を与えます。

緩衝材や防水対策、配送業者に対するメッセージや注意書きなど、

商品を安全に不備なく届ける工夫が必要です。

また、手書きのメッセージカードなどを添えることで、親近感がわき、

ショップに対する愛着を覚えます。

このひと手間で、ネットショッピングに温かみを加え、

ほかのショップと一線を画すことができるでしょう。

売れないときは原因に合わせた対策を

カラーミーでショップを作ったのに売れない場合には、

原因に合わせた売るための対策を講じてください。

アクセス状況やユーザーあたりの客単価などを見ながら、

自分のショップに足りない施策を検討することが大切です。

カラーミーでは、ショップの売上をアップさせるための機能やアプリも充実しています。

ユーザーの使いやすさや快適さを第一に考え、どうしたら買いたくなるか、

またサイトを訪問したくなるか、模索しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。