カラーミーでオススメの割引方法は?上手に取り入れて購買意欲アップへ

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではカラーミーの割引方法について知りたい
という方のために、割引方法や種類について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーの割引機能がわかる
  2. カラーミーの割引のやり方がわかる
  3. 割引することのメリットがわかる
  4. 割引設定ができるようになる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーの割引方法とその種類について解説をしていきます。

 

カラーミーで割引するメリットとは

カラーミーで作成したネットショップでは、割引して販売している店が多くみられます。

割引で得られる効果は大きく、ショップの売上を上手にコントロールすることも可能です。

カラーミーショップで割引して得られるメリットをチェックして、

割引した方がいいか検討してみましょう。

購買意欲を高める

カラーミーのネットショップで割引すると、ショップを訪れたユーザーの購買意欲を高められます。

ネットショップを来訪するユーザーは、本気で買い物しようとする人だけでなく、

商品の情報を求めて訪れる人も多いものです。

しかし、割引されている商品を見ると、

「買わないともったいない」と思って購入意思を固めてくれるかもしれません。

初めて来てくれたユーザーであれば初回購入によって繋がりを持つきっかけを得られますし、

リピーターであればさらにショップへの愛着を強めることができるでしょう。

特定の商品の在庫を減らせる

カラーミーのネットショップで割引するメリットは、

ただ単に「買ってもらう」だけではありません。

確かに購買意欲を高める効果が期待できますが、

その効果を使うことで「売りたい商品を買ってもらう」ことも期待できます。

たとえば、特定の商品の在庫を減らしたいときなど、

商品を指定して割引することでその商品をより効率的に売り出せるでしょう。

夏の終わりの夏物ファッション、旧デザインやひとつ前のスペックの商品など、

主力ではなくなるけどまだまだ価値ある商品に効果的です。

カラーミーの割引機能の使い方

カラーミーのネットショップで割引するには、カラーミーショップの基本機能だけで済みます。

基本機能ならアプリのようにコストも掛からず、お得に割引セールを実施できます。

以下の機能を使うと効果的に割引できるので、チェックしてみましょう。

クーポン機能

カラーミーショップには、集客のために使える基本機能としてクーポン機能があります。

クーポン機能は、商品の割引などができるクーポンを発行して、

ユーザーの購買意欲を高める機能です。

実店舗ではないので、クーポンは紙ではなくクーポンコードで使用します。

ユーザーが発行されたクーポンコードを自分で入力して

精算することで割引サービスを受けられる仕組みです。

クーポンコードの発行は自分のショップの管理画面、「集客」の機能の中にあります。

クーポン機能では、割引だけでなく送料無料のクーポンを発行することも可能です。

会員機能

カラーミーで割引をするなら、会員機能を使った特別な割引もおすすめです。

会員機能を使うと、リピーターの皆さんに対して優遇的な割引サービスができます。

会員機能は、会員登録したユーザーだけに割引や販売をできる機能です。

特定の商品に会員価格を設定でき、販売価格と会員価格の両方を商品ページに掲載できます。

会員価格を見たユーザーには、会員だけに特別に値段を下げてくれていることが伝わり、

お得感を感じられるでしょう。

定価と販売価格の設定

カラーミーでは、商品編集画面で定価と販売価格を別々に設定できます。

それを利用し、定価よりも販売価格を下げて記載することで、

その商品は値引きしていることを伝えることが可能です。

定価の表示追加はカスタマイズが必要となるため、

事前準備として個々のショップで設定は必要となります。

送料の設定

カラーミーの機能で割引を表示できるのは、商品の価格だけではありません。

カラーミーショップでは、送料を無料にする設定も可能です。

送料請求の設定は、全国一律、注文金額に応じて設定、地域や都道府県別に設定、

商品重量で設定が可能となっています。

そこで、注文金額に応じて設定を選び、

「○○円以上で送料無料」とすることで、お得感を出すことができます。

商品代金の割引もユーザーには喜ばれますが、送料の値引きも魅力的なサービスです。

カラーミ―で割引するときの流れ

カラーミーのショップで割引セールを行うことを決めたら、しっかりと準備することも大切です。

カラーミーで割引するときにやっておきたい手順を紹介します。

ショップの設定で商品の価格を変えるだけが割引のやり方ではありません。

きちんとユーザーにセール告知を行い、集客につながる割引をしましょう。

割引の設定をする

カラーミーショップで割引をする際には、基本機能を使って商品の価格を設定します。

割引する商品や送料無料の価格の範囲を決めて、価格を変えましょう。

割引商品や割引する価格を決める際には、

1点あたりや売り切った際に利益がいくら出したいか、集客や購買意欲の促進など、

目標を決めておくことも大切です。

勢いやなんとなくで割引すると、利益を出したいのに赤字になったり、

期待する効果が得られないなど、価格設定によってリスクが発生することもあります。

また、目標を決めたら、成果をセール後に分析しましょう。

ユーザーへのセール告知

カラーミーショップで割引セールを準備したら、

ユーザーにセールを告知をすることをおすすめします。

わざわざセールしてみても、ユーザーが気付いてくれなければ意味がありません。

また、発信せずに数あるネットショップから自分のショップを見つけてもらうことは至難の業です。

セールの告知には、SNSやフォローメールやメルマガを使います。

SNSでの拡散は、まだ来店したことのない人に広めるのに効果的です。

また、リピーターには商品発送時にチラシを同梱するのも良いでしょう。

ショップ内でバナー表示

自店のショップを見に来てくれたユーザーにも、トップページでセールの告知をしておきましょう。

何気なくネットショップを覗いたユーザーに対しても、

セールの告知をすることで購買意欲を高める可能性があります。

ショップ内での告知には、バナーを使用します。

トップページにバナーを設置するには、有料のツールが便利です。

バナーのほかに、ショップからのお知らせや定休日のお知らせなどもできるツールもあります。

カラーミ―で利用できない割引方法

カラーミーショップには必要最低限の機能はそろっていますが、

便利な機能がすべてそろっているわけではありません。

割引セールの設定の際にも「こんな機能があればいいな」と思う機能が使えない可能性があります。

カラーミーで割引する際には、できないことも理解した上で、

できる範囲で工夫することも必要です。

セール価格や割引率の表示

カラーミーでは、セールのために特化した直接的な機能はありません

セール価格として表示させることや

「○○%引き」「○○円引き」などの割引率や割引金額を表示させることはできません。

ただし、基本機能の範囲内で割引セールをしていることを知らせる工夫はできます。

自動の価格変更

カラーミーの基本機能には、セール期間などに自動で価格を変更させる機能はありません。

ネットショップでセールをする際には、期間を指定して、

その間だけ一定の割引率で価格を変更したいことがあります。

しかし、カラーミーの機能では、商品の価格を変更することはできても、

割引を自動で切り替えることはできません

ただし、会員設定では会員価格の一括設定は可能です。

合計金額に応じた割引変更

カラーミーでは、合計金額に応じて割引金額を設定することもできません。

カラーミーでできる設定は、一定の割引や商品ごとの価格の変更です。

また、合計金額に応じた送料無料はできます。

効果的な割引セールをしよう

カラーミーには、割引のために使える機能がいくつかあります。

できない設定もありますが、

基本機能を工夫して使うことで最低限のセールを行うことは可能です。

また、機能の使い方は自分の管理画面から簡単にできるものばかりなので、

いつでも好きなタイミングでセールを始めることができます。

広告については一部有料となるサービスもありますが、

自店への誘導や集客のために何が必要か選択して上手にセールを盛り上げていきましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。