カラーミーにBootstrapを導入できる?メリットや注意点を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではカラーミーにBootstrapを導入できるかどうかについて知りたい
という方のために、導入の可否やメリット、注意点などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーにBootstrapを導入するメリットがわかる
  2. Bootstrap導入時の注意点がわかる
  3. Bootstrapに代わるツールがわかる
  4. カラーミーキットの導入方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーにBootstrapを導入できるかどうかについて解説をしていきます。

 

カラーミーにBootstrapを導入するメリット

Bootstrapとは、Twitter社が開発したCSSフレームワークの一種です。

CSSフレームワークを利用すれば、

Webデザインでよく採用されるレイアウトのもとサイトの構築が可能で、

初心者でも簡単に見た目のよいサイトを作れます。

カラーミーにBootstrapを導入すれば、

コーディングの知識不要でレスポンシブ対応のショップを構築できます。

詳しく見ていきましょう。

簡単にレスポンシブ対応のショップを構築できる

Bootstrapをカラーミーに導入すれば、誰でも簡単にレスポンシブ対応のショップを構築できます。

レスポンシブ対応とは、ユーザーの使用デバイスに合わせて、

サイトデザインが最適化される仕組みです。

レスポンシブ対応でないパソコンサイトの場合、

スマートフォンやタブレット端末で閲覧すると、

レイアウトが崩れてしまうケースが多々あります。

一方、レスポンシブ対応であれば、デバイスを問わずデザインを最適化してくれるため、

レイアウトが崩れません。

画面の幅に合わせて表示されるため、ユーザーは快適にショップを利用できるのです。

スマートフォンやタブレット端末が普及し、

現在ではネットショッピングもモバイル端末を利用するシーンが増えました。

このような背景から、ネットショップ構築においてはレスポンシブ対応が不可欠となっています。

コーディングの知識が不要

レスポンシブ対応のWebサイトを構築するには、CSSに関する知識が必要です。

CSSに、さまざまなデバイスに対応できる記述を行うことで、

プログラムが反映されますが、そもそもCSSの知識がない方にはできません。

カラーミーショップでは、さまざまなテンプレートが用意されており、

HTMLやCSSの編集も可能です。

そのため、コーディングの知識がある方にとっては、カスタマイズがしやすく、

理想的なショップを構築しやすいサービスといえるでしょう。

CSSやコーディングの知識がない方でも、Bootstrapを利用すれば、

簡単にレスポンシブ対応のショップ構築が可能なので、

スピーディーなショップ開設と運用ができます。

カラーミーにBootstrapを導入する際の注意点

コーディングの知識不要で、

誰でも簡単にレスポンシブ対応のショップを構築できるBootstrapですが、

いくつか注意点があります。

まず、Bootstrapを導入すると、既存のCSSが上書きされるため、注意しましょう。

また、より理想的なショップに近づけるには、Bootstrapのカスタマイズが必要です。

ただ、この場合はCSSやコーディングに関する知識、技術が必要なので、

初心者には少々難しいでしょう。

CSSが上書きされる

カラーミーにBootstrapを導入すると、既存のCSSスタイルが上書きされてしまいます。

Bootstrapのコンポーネントのままでは上書きされてしまうため、

独自のセレクタと合わせて使用しなくてはなりません。

前提知識なく導入してしまうと、既存のCSSが上書きされ、

気づかぬうちに作業の手間を増やしてしまうおそれがあります。

カスタマイズには知識が必要

Bootstrapは、優れたCSSフレームワークですが、

そのまま使用すると希望どおりのショップに仕上げられない可能性があります。

理想に近いショップに仕上げるには、カスタマイズも必要となるでしょう。

ただ、本格的にカスタマイズしようとなれば、CSSやコーディングの知識が必要です。

CSSは、インターネットや書籍の知識でも身につけられるため、

チャレンジしてみたい方は学んでみるとよいかもしれません。

Bootstrapに似たカラーミーキットもおすすめ

カラーミーキットは、テンプレートデザイン用のCSSキットです。

無料で提供されているテンプレートのひとつであり、Bootstrapに似ていることが特徴です。

Bootstrapと同様に、CSSの知識がなくてもレスポンシブ対応のショップを構築できるため、

人気があります。

Bootstrapに比べ、わかりやすい仕様になっているのも、特徴といえるでしょう。

ただ、カラーミーキットは無料配布のテンプレートであるため、

無償サポートが提供されていません。

サポートが不要なら問題ないのですが、個別にサポートをしてもらいたいときには、

費用が発生してしまいます。

そこは注意しておきましょう。

カラーミーキットの導入方法

ここからは、カラーミーキットの具体的な導入手順について解説をします。

カラーミーキットの導入に関しては、とくに難しいことはありません。

カラーミーキットをダウンロードし、追加や更新の処理を行ったあと、動作確認をすれば完了です。

ただ、初めてカラーミーでテンプレートを導入する方は、少々戸惑ってしまうかもしれません。

以下、カラーミーキットの導入手順をステップごとに解説するので、

ひとつずつ設定を完了させていきましょう。

カラーミーキットをダウンロード

まずは、カラーミーキットそのものをダウンロードしましょう。

ファイルをダウンロードできるページから、カラーミーキットを選択し、

ダウンロードを開始します。

なお、カラーミーキットは無料配布のテンプレートではあるものの、

使用に関する注意事項がいくつかあります。

あらかじめ、使用許諾に関する注意事項をチェックしておきましょう。

追加して更新

ファイルのダウンロードが完了したら、カラーミーキットを追加します。

カラーミーショップの管理画面にアクセスし、カラーミーキットを追加してください。

追加が完了したら、テンプレートの更新を行います。

HTMLとCSS編集画面を開き、コピーしたカラーミーキットの記述内容をペーストしてください。

動作確認

設定が完了したら、動作確認を行います。

まずは、レスポンシブ対応になっているかどうかをチェックしましょう。

レスポンシブになっていないのなら、設定ページから[変更する]を選んでください。

実際に、ショップサイトにアクセスし、デザインをチェックしてみましょう。

サイトデザインだけでなく、機能が問題なく利用できるか、パソコンやスマートフォン、

タブレット端末などでレイアウト崩れが起きていないかなども、併せて確認してください。

Bootstrapやカラーミーキットで魅力的なショップ構築を

Bootstrapやカラーミーキットを利用すれば、より理想的なカラーミーショップの構築が可能です。

素敵な見栄えのショップを構築できれば、集客力やコンバージョンの向上にもつながるでしょう。

これらのCSSフレームワークや、テンプレートを利用すれば、

簡単にレスポンシブ対応のショップを構築できます。

今の時代にマッチしたネットショップを構築するには、レスポンシブ対応は欠かせません。

この機会に、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。