カラーミーで2店舗目をオープンするメリットや注意点

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではカラーミーで2店舗目をオープンできるかどうか知りたい
という方のために、可否や多店舗経営のメリット、注意点などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーで2店舗目をオープンできるかどうかわかる
  2. 2店舗目をオープンするメリットがわかる
  3. 2店舗・複数店舗オープンにおける注意点がわかる
  4. 多店舗展開におすすめのサービスがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーで2店舗目をオープンできるかどうか、メリット、

注意点などについて解説をしていきます。

 

カラーミーで2店舗目はオープンできる?

カラーミーで、2店舗目のオープンは可能です。

カラーミーの公式サイトにも、複数ショップの運営が可能であると明記しているので、

気になる方はチェックしてみましょう。

カラーミーは、同一オーナーによる複数アカウントの取得を認めています。

そのため、1人のオーナーが、複数のアカウントを開設することで、2店舗目や3店舗目、

それ以上のショップのオープンも可能です。

次章からは、カラーミーで2店舗目をオープンするメリットについて、詳しく見ていきましょう。

カラーミーで2店舗目をオープンするメリット

カラーミーを利用して、複数店舗を運営している経営者は少なくありません。

では、カラーミーで2店舗目をオープンすることに、

いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

ひとつのメリットとしては、売上や利益の拡大が挙げられます。

集客チャネルが増えるため集客力も高められ、新規顧客を獲得しやすくなるでしょう。

さらに、複数店舗をオープンする流れやノウハウを取得できるため、

より多くの店舗をスムーズに展開できます。

売上の拡大を狙える

運営するショップの数が増えれば、売上や利益の拡大を狙えます。

1つの店舗でモノを売るよりも、

複数の店舗で販売したほうが、より多くの人に購入してもらえるからです。

売上や利益の拡大は、ネットショップ運営においてもっとも重要なことといえるでしょう。

売上や利益の増加により、経営地盤を固められ、安定したショップ経営を実現できます。

収益の増加に伴い資産が増えれば、3店舗目、4店舗目と店舗数を増やせます。

経営する店舗の数が増えるほど、トータルでの収益増加が見込めるのです。

もちろん、多店舗展開ゆえの手間も増加しますが、売上や利益を増やしたいのなら、

2店舗目や多店舗の展開は一考の価値があるといえるでしょう。

集客チャネルが増える

店舗が2つになれば、集客チャネルが2つできます。

2つの窓口ができるため、今まで以上に多くのユーザーを呼び込むことが可能です。

窓口が増えれば増えるほど、アクセスユーザーの増加が見込めます。

これまで、自社で扱う商品にまったく興味がなかった方からのアクセスも見込めるので、

売上や利益の増加につながるのです。

まったくカテゴリーの異なるショップを、2店舗目としてオープンしたとしましょう。

この場合、1店舗目の顧客が、姉妹ショップの商品に興味をもち、

アクセスする可能性があります。

同様に逆のパターンも考えられ、利益の増加につながります。

2店舗目以降もスムーズにオープンできる

2店舗目をオープンすれば、具体的な流れや手順、設定方法などがわかります。

そのため、3店舗、4店舗と次々に店舗をオープンさせたい場合、スムーズな多店舗展開が可能です。

1店舗しか運営していない状態から、2店舗目をオープンさせるのには、

ある程度の手間と時間がかかるでしょう。

初めてのことなので、何から手をつけてよいのかわからず、

手続きや設定にも戸惑ってしまうからです。

しかし、2店舗目のオープンに成功した時点で、ノウハウを身につけているので、

それ以降はスムーズな店舗展開が実現します。

短期間で複数の店舗をスムーズに展開させられ、

利益向上を目指せるのは大きなメリットといえるでしょう。

2店舗目・複数店舗をオープンする際の注意点

2店舗目をはじめ、どんどん店舗数を増やしたい、と考える経営者の方は少なくないでしょう。

多店舗展開は夢のある話ですが、いくつか覚えておくべき注意点があります。

カラーミーで複数展開する場合、1つの管理者ページで管理できません。

また、ショップのデータを各店舗で連携できない、利用料金は個別に支払う必要がある、

といった注意点があります。

今後、カラーミーで多店舗展開したいと考えているのなら、

このような注意点があることを踏まえておきましょう。

以下、カラーミーにおける複数店舗展開の注意点をピックアップしました。

1つの管理者ページで管理できない

カラーミーショップの管理は、そのショップサイトごとに管理しなくてはなりません。

ショップサイトごとに管理しなくてはならないのは、覚えておくべき注意点のひとつです。

商品の受注や顧客の管理、キャンセルや返品の処理など、

ショップ運営者がやるべき管理は多々あります。

これらの管理を、個々のショップサイトごとにしなくてはならないため、手間が増大します。

たとえば、3つのショップを運営しているのなら、その3ショップごとの管理が必要です。

その都度ログインして状況をチェック、必要に応じて処理を行わなくてはなりません。

1つの管理画面で一元的に管理できればよいのですが、

カラーミーにはデフォルトでそのような機能が存在していないのです。

どうしても、管理の手間と時間が増えてしまうのは、デメリットといえるでしょう。

ショップのデータ連携ができない

ショップのデータを連携できれば、効率よく管理できます。

また、複数店舗ごとに蓄積したデータを連携して分析すれば、

よりベストなマーケティング施策を実施でき、サービス品質向上も狙えます。

ただ、カラーミーは1人のオーナーが複数店舗を運営する場合でも、

個別のアカウントで管理しなくてはなりません。

基本的に、各ショップのデータは連携できず、効率的な管理や分析も行えないのです。

もちろん、それぞれのショップデータを手動で収集、分析し、運営に役立てることは可能です。

ただ、それには膨大な時間と手間がかかるため、あまり現実的とはいえないでしょう。

これも、カラーミーでの複数店舗展開における、大きな課題のひとつです。

利用料金を個別に支払う必要がある

カラーミーは、月額制で利用できるネットショップ構築サービスとして、高い人気を誇っています。

有料プランには、レギュラーとラージの2プランがあり、

月々費用を支払うことで、ショップの運営を行えます。

2店舗目をオープンするとなれば、月額料金は倍です。

運営コストが増えるのも注意点ですが、

それ以上に個別の支払いを求められることを覚えておきましょう。

つまり、運営しているオーナーが同一であっても、

店舗ごとに利用料金を支払わなくてはなりません。

A店はA店で、B店はB店、C店はC店といった具合に、

個別で支払う必要があるため、支払いの手間が増えてしまいます。

2店舗程度なら、そこまで問題ないかもしれませんが、たくさんの店舗を運営する場合、

支払い状況を把握しきれなくなってしまうおそれがあります。

結果的に、支払いが遅れてしまう、どれを支払ったのかわからない、

といったことが生じてしまうおそれがあるのです。

管理が煩雑になる

店舗ごとに管理する必要があるため、必然的に管理が煩雑になってしまいます。

単純にやるべきことが増えてしまい、管理できなくなってしまう可能性があります。

すでにカラーミーショップを運営しているのなら、

管理にどれくらいの手間がかかるのか、理解できるでしょう。

店舗が2つになれば、単純に手間も倍です。

同じような設定や処理を、いくつもの店舗で行う必要があるため、

運営者にかかる負担も相当なものになるでしょう。

管理が煩雑になれば、ミスも生じやすくなってしまいます。

キャンセルの手続きを忘れてしまった、商品を発送し忘れた、

といったミスが発生するかもしれません。

その結果、クレームに発展し、ショップの評判を下げてしまう可能性もあります。

2店舗目や多店舗展開ならネクストエンジンの利用がおすすめ

カラーミーで2店舗目をオープンしたい、多店舗展開したい、と考えているのなら、

ネクストエンジンの利用がおすすめです。

先ほど紹介したような、カラーミーショップの多店舗展開における、

さまざまな課題を解決できるからです。

ネクストエンジンは、ネットショップの運営を自動化、効率化できるサービスで、

多くのショップが導入しています。

利用店舗数は36,000店を超えており、これまで約4,700社以上が導入した実績もあります。

開発元企業は、もともとECの運営に携わっており、業務をもっと楽にしたいと考え、

同サービスが誕生しました。

ECの現場から誕生したサービスゆえに、

ネットショップ運営に関するさまざまな課題の解決に役立ちます。

カスタマイズ性にも優れ、導入から運用、活用に関する支援が充実しているのも、

ネクストエンジンが選ばれている理由です。

ネクストエンジンの特徴やメリット

ネクストエンジンなら、複数店舗の一元管理を実現でき、

業務効率化や生産性の向上効果が期待できます。

導入から運用をはじめ、活用に関するサポートも受けられるため、

スムーズな多店舗の運営が可能です。

クラウドサービスなのですぐに導入でき、

従量課金制ゆえにコストパフォーマンスにも優れています。

以下、ネクストエンジンの利用で得られるメリットについて、ピックアップしました。

複数店舗を一元的に管理できる

ネクストエンジンなら、複数店舗の管理を一元化できます。

本記事でお伝えしたとおり、カラーミーショップはアカウントごとに個別管理が必要です。

しかし、ネクストエンジンを利用すれば、

複数店舗の在庫管理、受注処理などを一元化でき、業務効率化を実現できます。

煩雑だった複数店舗の管理を簡潔にでき、業務負担の軽減効果も期待できるでしょう。

業務効率化が実現すれば、今まで管理に費やしていた時間を、別の業務に投入できます。

主力業務へリソースを投入できるため、生産性向上の効果も見込めるのです。

導入と運用・活用支援が充実している

導入から運用、活用までトータルサポートしてくれるのも、ネクストエンジンの特徴です。

事前に、現状を個別にヒアリングし、そのうえで最適なプランのアドバイスもしてもらえます。

導入や運用に関してわからないこと、不安なことについても、

窓口が適切にフォローしてくれるため安心です。

初めてサービスを利用する方でも、問題なく運用を開始できるでしょう。

売上や利益の向上につながる、サービスの有効活用方法についても、アドバイスをもらえます。

従量課金制でコスパがよい

サービスの導入や利用において、もっとも気になるのは費用面ではないでしょうか。

ネクストエンジンは、従量課金制を採用しているため、

コストパフォーマンスに優れているのも特徴です。

受注件数に応じた従量課金制なので、注文が少ないのに利用料金が高くて負担になる、

といったことがありません。

初期費用や追加費用も発生しないため、コストを抑えて複数ショップの運営を行えます。

カラーミーで多店舗展開を目指してみよう

カラーミーショップの2店舗目や、多店舗展開を目指すのなら、

いかに管理の手間を少なくし、業務の効率化を図れるかにかかっています。

多店舗の運営は、労力も時間も倍増するため、ネクストエンジンのようなサービスを利用し、

業務の効率化や自動化を図りましょう。

なお、本記事で紹介したサービス、ネクストエンジンは、30日間の無料体験期間を設けています。

無料期間中も、本来の機能はほとんど利用できるため、

機能や操作性などを導入前にチェックできます。

多店舗展開を真剣に考えるのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。