カラーミーで画像を一括登録するには?方法やメリットを紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーで画像を一括登録する方法について知りたい
という方のために、方法やメリットなどについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーの画像一括登録とは何かわかる
  2. 画像一括登録のメリットがわかる
  3. 画像一括登録の方法がわかる
  4. 画像一括登録の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーで画像を一括登録する方法や、メリットなどについて解説していきます。

 

カラーミーの商品画像一括登録とは

カラーミーにおける商品画像の一括登録とは、ショップサイトに掲載する画像を、

一括で登録する作業、機能を指します。

カラーミーで構築したショップには商品の画像を掲載できますが、

そのためにはまず画像を登録しなくてはなりません。

通常は、管理画面から1個単位で登録を行いますが、カラーミーでは一括登録も可能です。

たとえば、カラーミー以外のサービスを利用してネットショップを運営しているケースで、

カラーミーへ移行したいようなケースでは、商品画像の一括登録機能が役立ちます。

画像一括登録のメリット

画像一括登録のメリットとして、作業時間や手間を軽減できることが挙げられます。

ショップの構築に必要な画像を、1枚1枚手作業でアップロードするとなれば、

相当な時間がかかりますが、一括登録なら大幅に時間を短縮できるでしょう。

また、一括登録した画像を複数枚商品ページに掲載することで、

商品の魅力をより伝えやすくなるメリットもあります。

顧客満足度を高められ、コンバージョン率の向上につながるのも、うれしいメリットといえます。

作業時間と手間の軽減

通常、カラーミーに商品画像を登録するときは、手作業でひとつずつ進めます。

これでも画像の登録は可能ですが、手間や時間が増大してしまうデメリットがあります。

そこで、カラーミーの一括登録機能を用いれば、数多くの画像を一括で登録できるため、

作業時間と手間の大幅な軽減が可能となるのです。

短時間で多くの画像を登録できるため、業務の効率化を実現できるのはメリットといえるでしょう。

画像登録に時間と手間をかけてしまうと、本来の業務に支障をきたすおそれがあります。

すでにショップを運営しているのなら、画像登録だけに注力することはできません。

業務と並行して行うにしても、本来の業務が疎かになってしまい、

お客様への対応が遅れてしまう可能性があります。

一括登録機能を利用すれば、作業時間の大幅な短縮を実現できるため、

このようなリスクを回避できるのです。

商品の魅力をより伝えられる

カラーミーに実装されている、画像一括登録機能そのもののメリットではありませんが、

機能を用いてたくさんの画像を登録し、商品ページに掲載すれば、魅力をより伝えられます。

カラーミーショップの場合、1つの商品につき20枚程度の画像を掲載可能です。

さまざまな角度から撮影した写真をたくさん登録できていれば、

それだけ商品ページを充実させられます。

1つの商品につきたくさんの写真を使用できるため、より商品の魅力を伝えやすくなるのが、

メリットといえるでしょう。

反対に、掲載されている写真が少ないと、お客様の判断材料が少なくなってしまい、

購買に結びつかない可能性があるのです。

顧客満足度やコンバージョン率の向上

一括登録した画像の中から、その商品に関連する画像をいくつもチョイスして掲載すれば、

お客様は商品についてよく知ることができます。

その結果、顧客満足度を高められ、コンバージョン率の向上にもつながるのです。

商品画像を大量に一括登録し、商品ページに掲載する画像を増やせば、

お客様の判断材料が増えます。

商品の魅力が伝わりやすくなり、お客様は真に求めていたアイテムを手に入れられるでしょう。

このような理由から、顧客満足度の向上につながるメリットがあります。

商品の魅力をより知ることができ、後悔しない意思決定をくだせるため、顧客満足度が高まります。

商品の魅力がより伝われば購買意欲をかきたてられるため、

購入してもらえる確率が高くなるかもしれません。

つまりは、コンバージョン率の向上効果が見込めるということです。

画像一括登録の方法

先にも述べたように、カラーミーには商品画像を一括で登録できる機能が実装されています。

具体的には、CSVファイルを作成し、ファイルをアップロードするだけの簡単な作業です。

作業としての難しさはまったくないので、初めて機能を利用する方も問題なく進められるでしょう。

ここでは、カラーミーに商品画像を一括登録する、具体的な方法について解説をします。

CSVファイルを作成する

CSVを作成する前に、画像をアップロードしておくことが必要です。

カラーミーのFTPオプションを利用する、

もしくは外部サーバーにアップロードするなどの方法があります。

次に、CSVファイルを作成しましょう。

CSVとは、CommaSeparatedValuesのことで、各項目をカンマで区切ったデータを指します。

商品画像のURLをCSVに記載しておくと、カラーミー側で自動的に認識し、

商品画像として取り込んでくれるのです。

他のサービスを利用してネットショップを運営しているときにも、一括登録は便利です。

なぜなら、すでに利用している商品画像のURLをCSVに記載してアップロードすれば、

自動的にカラーミー側で認識して登録されるからです。

ファイルをアップロードする

商品登録用のCSVを編集し終わったら、アップロードを実行します。

まずは、管理画面にアクセスしましょう。

管理画面から、[商品管理]→[商品の一括管理]へと進んでください。

商品の一括管理ページにアクセスしたら、メニューから[一括登録]を選びます。

一括登録をクリックすれば、商品に関するデータを一括で登録できます。

なおCSVファイルの作成方法などは、

カラーミーのマニュアルがあるのでそちらで確認してください。

登録内容を確認する

商品の登録が完了したら、内容を確認してみましょう。

登録内容に不備がある、きちんとアップロードできていない、

といった場合には、操作で何らかのミスがあった可能性があります。

作成したCSVに問題があるかもしれないので、一度確認してみてください。

登録の手順に間違いがないことを確認し、再度アップロードしてチェックします。

それでも問題が解決しないのなら、

カラーミーが用意しているオンラインマニュアルに目を通してみましょう。

該当する箇所を熟読し、何が問題なのかを確認してください。

それでも解決しないのなら、

カラーミーのサポートセンターへ問い合わせてみることをおすすめします。

画像一括登録における注意点

カラーミーへの画像一括登録に関しては、いくつか注意点があるので覚えておく必要があります。

アップロード時にエラーが発生する、きちんとアップロードできない、

といったときには、以下の注意点を確認してください。

CSVにカンマが残っていないか確認する

「データ件数が超えています」や、

「件数を減らして再度処理をしてください」といったエラーが発生することがあります。

このような場合には、CSVにカンマが残っている可能性があるため、注意が必要です。

CSVに、カンマだけの列が残されていると、このようなエラーが発生します。

Excelで登録するときも、あらかじめメモ帳などでCSVを展開し、

カンマが残されていないかどうかをチェックしましょう。

もし、カンマが残されているのなら、削除して正常な状態に戻してから登録してください。

サンプルCSVを利用するのならA列を削除する

「項目数が異なります」といったエラーが発生するケースも少なくありません。

これはカラーミーが用意している、サンプルCSVを用いたときに発生しやすいため、

注意してください。

カラーミーのサンプルCSVには、A列に項目名が記載されています。

A列に記載された内容がそのまま残っていると、

アップロード時に「項目数が異なります」といったエラーが発生してしまいます。

サンプルCSVを利用するのなら、あらかじめA列は削除しておきましょう。

その上で、アップロードを実行してください。

カラーミーで画像の一括登録をして業務効率をアップさせよう

商品情報や画像などの登録を、すべて手作業だけで行うとなれば、

膨大な時間と手間を要してしまいます。

本来の業務に支障をきたしてしまう、なかなか運用を始められない、

といった状況に陥ってしまうかもしれないので、

一括登録で効率よく作業を進めるのがおすすめです。

本記事でお伝えした通り、商品情報や画像の一括登録には、いくつか注意点もあります。

注意点を踏まえた上で作業を進めれば、スムーズに一括登録を完了できるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。