カラーミーはコーディングが可能?メリット・デメリットや方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーはコーディングが可能かどうか知りたい
という方のために、コーディングの可否について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーはコーディングが可能かどうかわかる
  2. カラーミーをコーディングするメリットがわかる
  3. カラーミーのコーディングに関する注意点がわかる
  4. カラーミーをコーディングする学習方法がわかる
  5. テンプレートを編集する方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーはコーディングが可能かどうか、メリットや注意点、

学習方法などについて解説をしていきます。

 

カラーミーはコーディング可能?

カラーミーショップは、コーディングが可能です。

「そもそも、コーディングって何?」といった方もいるかもしれないので、

簡単に説明をしましょう。

コーディングとは、HTMLやCSSなど、コードを書くことをいいます。

カラーミーは、HTMLやCSS、独自のタグで構成されているため、

コーディングによりショップサイトのカスタマイズが可能です。

カラーミーをコーディングするメリット

通常、WebサイトやECサイトなどを構築するときは、

HTMLやCSSを用いたコーディングが必要です。

ただ、カラーミーは誰でも簡単にECサイトを構築できるCMSサービスであり、

コーディングしなくてもショップの構築を行えます。

では、それにも拘わらず、

カラーミーをコーディングするメリットとはいったい何なのでしょうか。

カラーミーをコーディングするメリットは、自由度の高いデザインを実現できる、

理想的なショップを構築できる、機能面を充実させられるなどが挙げられます。

以下、詳しく見ていきます。

自由度の高いデザインを実現できる

HTMLやCSSのコーディングができれば、思いのままにサイトデザインを変えられます。

既存のテンプレートをカスタマイズして、

オリジナリティの高いサイトデザインを実現できるのがメリットです。

カラーミーは、用意されている豊富な数のテンプレートを選び、

簡単にネットショップを構築できるのが魅力です。

事実、カラーミーではあらゆるタイプのテンプレートが用意されており、

選ぶだけで短時間で簡単にオシャレなショップを構築できます。

ただ、用意されているテンプレートをそのまま使用すると、

他のショップとデザインが似通ってしまう問題があります。

一方、HTMLやCSSを編集すれば、レイアウトも自由に変えられ、

ショップを好みのデザインに仕上げることが可能です。

理想的なショップを構築できる

理想的なショップを構築するには、既存のテンプレートをそのまま使うだけでは不十分です。

先ほどもお話ししたように、

デフォルトで用意されているテンプレートは誰でも使用できるため、

他のショップと似通ったショップデザインになってしまいます。

HTMLやCSSの編集を行えば、運営者のさまざまなこだわりを反映させられます。

理想的なビジュアルのショップを構築でき、モチベーションアップにもつながるでしょう。

機能面も充実させられる

カラーミーをコーディングすれば、機能面も充実させられます。

カラーミーで構築したショップには、デフォルトでさまざまな機能が実装されています。

ただ、人によってはデフォルトの機能だけでは物足らない、といった方もいるかもしれません。

フリーページを追加したい、アニメーションを組み込みたいといったことも、

コーディングにより実現できます。

機能面を充実させれば、ユーザビリティを意識したショップ構築も実現できるでしょう。

ユーザーがより快適に利用できるショップ環境も整えられるため、

集客力やコンバージョンの向上につながります。

カラーミーのコーディングに関する注意点

カラーミーのコーディングに関しては、いくつか注意点があるため覚えておきましょう。

まず、コーディングは誰でも簡単にできるわけではなく、一定の知識や技術が必要です。

また、カスタマイズの内容によっては、

お客様が使いづらいと感じるショップになってしまうかもしれません。

カラーミーショップのコーディングを検討しているのなら、

このような注意点があることを覚えておく必要があります。

以下、それぞれの注意点について詳しく解説をしていきます。

コーディングに関する知識や技術が必要

カラーミーショップのコーディングをするには、

コーディングそのものの知識や技術が必要です。

サイトのレイアウトを整え、基本的な構造を担うHTMLをはじめ、

装飾のためのCSSについても理解していなくてはいけません。

HTMLやCSSは、WebサイトやECサイトの構築にあたり必須です。

これらの知識がまったくない、コードを一度も書いたことがない、

といった方の場合、カラーミーショップのコーディングは難しいかもしれません。

ただ、HTMLやCSSのコーディングは今からでも学べます。

プログラミング言語というほどではなく、難易度もそこまで高くないため、

今から学べばコーディングの技術も身につけられるでしょう。

ただ、HTMLやCSSの知識を身につけるのに時間をかけてしまうと、

ショップを開設、運営するまでに時間がかかってしまうため、そこは注意が必要です。

使いづらいショップになってしまう可能性がある

HTMLやCSSを編集すれば理想的なビジュアルのサイトデザインを実現でき、

他のプログラミング言語も用いれば機能面も充実させられます。

カスタマイズ次第では、ユーザーがより快適にショッピングしやすい環境も構築できるでしょう。

一方で、カスタマイズの内容によっては、

使いづらいショップになってしまう可能性もあります。

現在では、数多くのネットショップがインターネット上で営業しているため、

わざわざ使いにくいショップで買い物する方は少数派です。

自身では快適に利用できるショップに仕上がったと思っていても、

ユーザーが必ずしもそう感じてくれるとは限りません。

使いづらいショップになってしまった結果、リピーターが離れてしまうおそれもあります。

カラーミーをコーディングするための学習方法

カラーミーショップのコーディングを検討しているのなら、HTMLやCSSをはじめ、

プログラミングに関する知識や技術が必要です。

デザインを少々変更する程度であれば、HTMLとCSSを学べばよいのですが、

機能面にまで手を加えたいのなら、他のプログラミング言語も学ばなくてはなりません。

カラーミーショップをコーディングするための学習方法は、

大きくわけて独学とスクールに分類できます。

以下、それぞれの学び方やメリット、デメリットを解説しましょう。

独学

独学は、1人でコーディングについて学ぶ学習方法です。

具体的には、書籍やインターネット上の情報などを用いて学びます。

書店に行けば、HTMLやCSS、

その他のプログラミング言語に関する書籍が何冊も見つかるでしょう。

初心者向けの、内容が易しいものもあるので、そのような書籍を選ぶのがおすすめです。

実際に、コードを書いて学べるタイプの書籍もあります。

まずは自身のレベルを把握し、マッチした書籍をチョイスしてください。

また、インターネット上には、HTMLやCSSほか、

本格的なプログラミング言語を学べるWebサイトがいくつもあります。

このようなサイトも、コーディングの勉強に役立つでしょう。

無料のWebサイトやブログでも学習できますが、有料で学べるサービスもあります。

低額かつ月額制のサービスもあるので、マイペースで学習を進められるのがメリットです。

独学は、スクールに通う時間をとれない方や、コストを抑えて学びたい方に適しています。

一方で、モチベーションを保てない、わからないことがあっても誰にも聞けない、

といったデメリットもあるため、注意が必要です。

スクールに通う

コーディングやプログラミングを学べる専門スクールに、通って学ぶ方法です。

このような専門スクールはいくつもあるので、本格的に学びたい方に適しています。

通学が必要なスクールもあれば、通信講座で学べるスクールもあります。

通信講座のほうは、独学に近い学び方ができるため、通学できない方におすすめです。

スクールには、専属の講師が在籍しており、丁寧に指導してもらえるのがメリットです。

わからないことはその場で解決できるため、スムーズに学習を進められるでしょう。

また、ともに学ぶ仲間がいるため、モチベーションを維持しやすく、

ポジティブな気持ちで学習を進められます。

一方、スクールは費用が高額であるケースが多いため、コストが高くつきます。

近くにスクールがなければ通うことはできず、

カリキュラム次第ではなかなかスキルが身につかないかもしれません。

テンプレートを編集する方法

ここからは、カラーミーショップのテンプレートを、

コーディングで編集する具体的な方法や手順について解説をします。

手順としては、デザイン設定にアクセスし、編集するテンプレートを選択したあと、

HTMLやCSSをコーディングするといった流れです。

デザイン設定にアクセス

カラーミーショップのコーディングをするには、ショップ作成からデザイン設定、

デザイン設定(上級)へと進みましょう。

ページに移動すると、右側に[テンプレート編集]のボタンがあるのを確認できるはずです。

[テンプレートを編集]をクリックしてください。

クリックすると、編集するテンプレートを選択できるページへ移動します。

編集するテンプレートを選択

編集するテンプレートを選択のページに移動すれば、

実際に編集したいテンプレートを選択します。

なお、テンプレートの名称を、好みや覚えやすい名前に変更することも可能です。

この場合は、[テンプレート名を変更する]をクリックし、設定を行ってください。

HTMLやCSSをコーディング

実際にHTMLやCSSを編集するプロセスです。

テンプレートの種類一覧には、共通やトップ、商品一覧、商品詳細、

特定商取引などの項目が表示されています。

その横に、HTML・CSS編集の表示があるので、任意の項目を選んでクリックしましょう。

クリックすると、HTMLやCSSを編集できるページに移動します。

カラーミーをコーディングすれば理想的なショップを構築できる

カラーミーショップをコーディングすれば、理想的なショップデザインを実現できます。

プログラミング言語も使用すればさらにカスタマイズの幅が広がり、

より理想的なショップを構築できるでしょう。

HTMLやCSS、プログラミング言語を学習する方法には、

独学とスクールの2つがありますが、自身の置かれている状況なども考慮しつつ、

決断することをおすすめします。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。