カラーミーショップにファビコンを設定!メリットや方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーショップにファビコンを設定する方法について知りたい
という方のために、具体的な方法やメリットなどについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ファビコンを設定するメリットがわかる
  2. ファビコンの設定方法がわかる
  3. ファビコンの作成に役立つツールがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーにファビコンを設定する方法やメリットについて、解説をしていきます。

 

カラーミーでファビコンを設定するメリット

カラーミーショップにファビコンを設定するメリットとしては、

ブランディングを強化できることが挙げられます。

また、ユーザーに信頼感を与えられる、

コンバージョンの向上につながるといった効果も期待できるでしょう。

なお、ファビコンとはアドレスバーに表示される、小さなアイコンです。

ブラウザでWebサイトやECサイトを開いたとき、

サイト名の横に表示されるアイコンをファビコンと呼びます。

以下、カラーミーショップにファビコンを設定するメリットを、それぞれ解説します。

ブランディングを強化できる

カラーミーショップにファビコンを設定すれば、ブランディングの強化に役立ちます。

ファビコンは必ずしも設定しなくてはならないものではなく、

設定せずとも目立った問題はありません。

しかし、ショップオリジナルのファビコンを設定すれば、

ユーザーにお店を覚えてもらいやすくなり、他ショップとの差別化にもつながります。

現在では、大手企業や大手ECサイトなども、ブランディングの強化に努めています。

ネットショップ運営による収益の安定化を図るには、ブランディングの強化は必須です。

本格的にブランディングを強化するとなれば、コストもかかりますが、

ファビコンならコストを抑えながら行えます。

ブランディングが進めば認知度も高まり、優良な顧客も獲得しやすくなるでしょう。

信頼感を与えられる

ファビコンが表示されるだけで、

どことなく「しっかりしたネットショップ」といった印象を与えられます。

これも、カラーミーショップにファビコンを設定する、ひとつのメリットといえるでしょう。

きちんと法人化されたショップ、まじめに運営されているECサイト、

といった印象を与えられ、信頼感を得られるのです。

ネットショップの収益を安定化させるうえで、ユーザーの信頼感を得るのは必須です。

信頼感を得られなければ、単発的に集客できたとしてもコンバージョンに結びつきません。

訪れたユーザーに商品を購入してもらい、リピーターとなってもらうには、

信頼してもらう必要があるのです。

ファビコンは、そのために一役買ってくれる存在です。

コンバージョンの向上につながる

ネットショップ運営の目的は収益を得ることです。

そのためには、ネットショップへの集客を成功させ、商品を購入してもらわなくてはなりません。

集客だけに力を入れるネットショップも少なくありませんが、集客だけでは不十分です。

どれほど多くのアクセスを集められるネットショップでも、

お客様が商品を購入してくれなければ意味がありません。

商品を購入してもらうには、魅力のあるアイテムをラインナップするのはもちろん、

ユーザーに信頼感も与える必要があります。

ファビコンを設定すれば、認知度を高められ、ユーザーに信頼感も得てもらいやすくなるでしょう。

その結果、コンバージョンに結びつきやすくなるのです。

カラーミーのファビコン設定方法

カラーミーを利用してネットショップを立ち上げても、

デフォルトのままではファビコンが設定されていません。

ファビコンを表示するには、カラーミー側で設定が必要です。

設定の手順としては、

トップページの設定へアクセス→ファビコン画像をアップロード→設定を確認のような流れです。

カラーミーショップにファビコンを設定しようと考えているのなら、

以下の手順を参考に設定を進めてみましょう。

トップページ設定へアクセス

カラーミーのトップページ設定では、タイトルやコピーライトをはじめ、

ファビコンの設定も可能です。

まずは、カラーミーのトップページ設定のページへアクセスしましょう。

[ショップ作成]→[ショップ情報]→[トップページ設定]と進んでください。

ショップタイトルやショップロゴ画像、コピーライト、お知らせといった項目と、

入力フォームが表示されます。

複数ある設定項目の中から、ファビコンを選択してください。

ファビコンの画像をアップロード

ファビコン設定の項目で、ファビコンに使用する画像をアップロードしましょう。

ファビコンと表示されている横に、[画像ファイルを選ぶ]のボタンがあります。

ここをクリックして、任意の画像を選びアップロードしてください。

画像を用意できていることが前提なので、まだ用意できていない方は準備しましょう。

なお、ファイル名はfavicon、ファイル形式はjcoでアップロードしてください。

設定を確認

ファビコンのファイル名や拡張子が誤っていると、画像が正常に反映されないため注意が必要です。

アップロードして設定を更新したら、きちんと反映されているかどうか確認してください。

もし反映されていないのなら、設定に問題が生じている可能性があります。

ファイル名や拡張子を確認し、今一度トライしてみましょう。

ファビコンの作成に役立つツール

ショップオリジナルのファビコン画像を作成し、

反映させることでブランディング強化やコンバージョン向上などの効果が見込めます。

ファビコン画像は、画像編集ソフトを用いれば作成可能です。

インターネット上には、ファビコン画像を簡単に作れるサイトもあるので、

そのようなサービスを利用するのもよいでしょう。

ここでは、ファビコン作成に役立つツール、サービスをいくつかピックアップしました。

アイコンコンバータ

アイコンコンバータは、jpegやpng、gifなどのファイルからアイコンを作成できるツールです。

さまざまなファイル形式の画像を、ファビコンとして利用できる形式に変換できるため便利です。

利用にあたり、面倒な会員登録や手続きは必要ありません。

誰でも無料で利用できるため、コストを抑えてファビコン画像の作成ができます。

使い方も簡単で、ファイル選択から任意の画像を選択し、[変換]をクリックするだけです。

これだけで、すぐにファビコン画像への変換が完了します。

あらかじめ、ファビコンとして使用したい画像は用意しておきましょう。

Website Planet

WEBSITE PLANETは、オンラインで利用できるファビコン生成ツールです。

こちらのツールも、画像を選ぶだけで簡単にファビコンの画像を生成できます。

公式のページにアクセスすると、画像をドロップするスペースが設けられているので、

そこへ任意の画像を移動させましょう。

jpgやpng、gifなどの形式に対応しており、最大5MBまで可能です。

ドロップしたら、[生成]をクリックしましょう。

また、[無料ギャラリーからファビコンを選択]を選ぶと、

用意されている画像からお気に入りを選んでファビコンとして生成できます。

あらかじめ画像を用意しなくてよいので、手軽に作成したいのならこちらがおすすめです。

Favicon.CC

Favicon.ccも、オンラインで利用できるファビコン生成ツールです。

シンプルなプラットフォームなので、誰でも直感的に利用できます。

ページ左側に、主だったメニューが表示されています。

ファビコンを作りたい方は、メニューから[新しいファビコンを作成]を選択しましょう。

生成スペースにマウスポインタを移動させ、動かすことでファビコンをデザインできます。

右側には、色を調整できるカラーピッカーもあるので、手軽にファビコンの色味を調整できます。

完成したファビコンがどのように表示されるのか確認したいのなら、

プレビュー機能を利用してみましょう。

イメージ通りに完成しているのなら、ダウンロードして作業完了です。

こちらのツールも、すべて無料で利用できるので、

ファビコン作成に費用をかけたくない方に適しています。

ファビコン設定でショップのブランディングを強化しよう

カラーミーショップにファビコンを設定すれば、他のショップと差別化ができ、

ブランディングを強化できます。

本格的なブランディングのように費用もかからないため、

この機会に作成してみてはいかがでしょうか。

ブランディング強化だけでなく、信頼感や認知度のアップ、

コンバージョン向上といった効果も見込めます。

多くのユーザーに覚えてもらえるよう、印象に残りやすいファビコンを作成してみましょう。

本記事では、ファビコンの作成に役立つツール、サービスも紹介しました。

これらのツール、サービスを利用すれば、

誰でも簡単に短時間でファビコン作成が可能です。

ぜひ活用してみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。