カラーミー運営で生じる課題!ブラックリスト作成で問題を解決

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーの運営で生じる課題や解決法を知りたい
という方のために、よくある課題やブラックリスト設定の可否などについて解説します。

この記事を読むことで、

  1. ネットショップ運営者を悩ませる問題がわかる
  2. カラーミーショップでの対応策がわかる
  3. ブラックリスト設定の可否がわかる
  4. ブラックリスト登録の方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーショップ運営で生じる課題や、

具体的な解決法などについて解説をしていきます。

 

ネットショップ運営者を悩ませる問題

カラーミーの登場により、

現在では誰もが簡単かつ手軽にネットショップを開設できるようになりました。

ただ、ネットショップを簡単に開設できても、運営も簡単にできるとは限りません。

ネットショップ運営者の中には、さまざまな問題で頭を悩ませている方が少なくありません。

特定の顧客から頻繁にクレームが入る、いたずら目的で注文されるなどは、

ネットショップ運営者にとって頭の痛い問題です。

以下、ネットショップ運営者を悩ませる代表的な問題について、いくつかピックアップしました。

特定の顧客から毎回クレームが入る

ネットショップの運営に限らず、一般消費者を相手どったビジネスにおいて、

クレームが発生することは珍しくありません。

飲食店や小売店などで、クレームが発生するのは日常茶飯事といっても過言ではないでしょう。

お客様から寄せられるクレームは、サービス品質向上や業務改善のチャンスです。

ただ、特定の顧客から毎回のように入るクレームは、従業員の負担が増大してしまい、

業務にも支障をきたしてしまいます。

特定顧客から毎回寄せられるクレームの多くは、

クレームをつけることそのものが目的だと考えられます。

ショップへの嫌がらせ目的や、個人的に気に入らないなど、考えられる理由はさまざまです。

どのような理由があれ、このような状況を放置してしまうと、

業務に支障をきたしてしまい、従業員の負担も増やしてしまうでしょう。

いたずら目的の注文

いたずら目的の注文に、頭を痛めるネットショップ運営者も少なくありません。

いたずら目的の注文とは、商品を注文してすぐにキャンセルをする、

数回にわたり返金や返品を求めてくる、といったケースです。

このようないたずら目的の注文が頻発してしまうと、業務量が増大してしまいます。

ネットショップ運営では、商品の受注はもちろん、

キャンセルや返金の処理に手間が発生するからです。

キャンセルや返金手続きなどの手間が頻繁に発生すると、

本来の業務に注力できなくなってしまうおそれがあります。

その結果、サービス品質が低下してしまい、

既存のリピーターにも迷惑をかけてしまうかもしれません。

顧客離れにもつながるため、このようないたずら目的の注文には適切な対処が必要です。

返品や返金による作業負担の増加

先述した通り、返品や返金、キャンセルなどの手続きには手間がかかるため、

作業負担も増加してしまいます。

作業負担が増加すると、本来の業務に注力できなくなり、

サービス品質低下も招いてしまうでしょう。

ショップスタッフのモチベーション低下につながるおそれもあります。

商品を購入してもらえたと思ったら、すぐに返品や返金を求められてしまう、

となると、従業員はモチベーションを維持できません。

本来不要な作業が増えてしまうため、忙しさも増大し、

スタッフがショップを辞めてしまう可能性もあります。

カラーミーショップで対応するには?

ブラックリストとは、頻繁にキャンセルするような顧客や、

いたずら目的で注文してくるような顧客をリスト化することです。

ブラックリストを作成すれば、

今後リストに記載されている顧客の注文を受注しないといった対処が可能になるのです。

このようなブラックリストは、さまざまな業界で用いられています。

いたずらや嫌がらせ目的の顧客に時間を割いても、お店にとってメリットは何もありません。

むしろ、サービス品質低下や従業員の負担増など、

デメリットしかないので、ブラックリスト化で排除を図るのは好手といえるでしょう。

カラーミーショップでブラックリスト設定は可能?

カラーミーは、誰でも簡単にネットショップを構築できるサービスです。

ネットショップ運営に必要な、さまざまな機能を利用できますが、

残念なことにデフォルトでブラックリスト設定のような機能は実装されていません。

そのため、いたずらや嫌がらせ目的でショップを利用する顧客を、

機能でリスト化するといったことはできないのです。

もちろん、あくまで現状の話であるため、

今後ブラックリスト化を行える機能が実装されるかもしれません。

ただ、今のところそのような機能は実装されていないので、

ほかの方法でブラックリスト化を考える必要があります。

カラーミーショップでブラックリストに登録する方法

カラーミーに、デフォルトでブラックリストを作成するような機能は存在しません。

では、カラーミーショップの運営者が、

ブラックリストを作成して問題のある顧客を登録することはできないのでしょうか。

実は、方法がまったくないわけではありません。

Gmailを利用する、手動で問題のある顧客をリストアップする、

顧客管理システムを導入するなどの方法があります。

以下、それぞれの方法について解説をしましょう。

Gmailを利用する

まずは、カラーミー側で設定を行いましょう。

[メール]→[新規登録]から、転送先のメールアドレスを登録してください。

次に、Gmailの設定で、[転送アドレスを新規追加]を選びます。

問題のある顧客からメールを受信したとき、設定したアドレスに転送できるよう設定しましょう。

カラーミー側で、ブラックリストに入れたい顧客の注文を断ることはできませんが、

このような方法で問題のある顧客からの注文を把握できます。

問題のある顧客をリアルタイムで抽出し、

排除できるので覚えておいて損はない方法といえるでしょう。

手動で問題のある顧客をリストアップ

少し時間はかかるものの、手動で問題のある顧客をリストアップする方法もあります。

何度も注文とキャンセルを繰り返すような顧客がいるのなら、

メールアドレスなどの情報を収集し、リスト化しましょう。

ノートやメモ帳などに手書きするのもよいですが、

Excelのようなソフトを使えば管理もしやすいでしょう。

この方法のよいところは、誰でもブラックリストの作成が可能であることです。

特別な知識やツールがなくても、ブラックリストを作成できるのがメリットです。

一方で、その都度情報を収集し、リスト化する必要があるため、手間がかかります。

ある程度の手間と時間がかかってしまうことは、覚悟しておきましょう。

顧客管理システムを利用する

顧客管理システムとは、顧客の情報を一元的に管理できるシステムです。

顧客データを蓄積し、分析もできるため、迷惑な顧客を排除するのにも役立ちます。

現在では、さまざまな顧客管理システムがリリースされているため、

導入に際して悩んでしまうかもしれません。

システム選びの際には、必要な機能が備わっているか、

操作性はどうかといった部分をチェックしましょう。

機能が多くても、使い道のない機能ばかり備わっているようでは、おすすめできません。

必要な機能が実装されているかどうかを見極めたうえで、導入を検討しましょう。

また、操作性がよくないと、導入後すぐに運用できない可能性があります。

トライアル利用できるツールなら、事前に使い勝手を確認できるためおすすめです。

ブラックリストを作成して問題がある顧客への対応を

問題の多い顧客を放置してしまうと、業務に支障をきたしてしまい、

経営者や従業員の負担も増えてしまいます。

必要に応じてブラックリスト化し、適切に対処しましょう。

カラーミーにはブラックリスト機能はありませんが、Gmailの活用や手動リストアップ、

顧客管理システムの導入などで対処できます。

迷惑客に悩んでいるのなら、これらの方法で対処してみてはいかがでしょうか。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。