カラーミーを用いたショップの作り方を詳しく解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーを用いたショップの作り方について知りたい
という方のために、作り方を詳しく解説します。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーショップの作り方がわかる
  2. カラーミーショップを作る手順を把握できる
  3. 売れるショップの作り方がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーを用いたショップの作り方について、解説をしていきます。

 

カラーミーショップの作り方

カラーミーを利用すれば、特別な知識や技術がなくても、

短期間で本格的なネットショップを開設できます。

初心者でもスピーディーなショップ開設と運営ができ、

なおかつカスタマイズ性にも優れていることが、カラーミーの魅力といえるでしょう。

カラーミーを利用するには、公式サイトから設定が必要です。

まずは、カラーミーの公式サイトにアクセスをしましょう。

カラーミーのサービスを利用するには費用が発生しますが、

30日間の無料お試し期間が設けられているため安心です。

アカウント登録

カラーミーを用いてショップを開設するには、アカウントの登録が必要です。

カラーミーの公式サイトにアクセスしたら、トップページにある登録ボタンをクリックし、

アカウント開設に進みましょう。

ショップのURLや、メールアドレスなどを入力して[本人確認]を選択します。

カラーミーでは、なりすましなどのリスクを回避するため、

SMSを利用した本人確認を行っています。

電話番号を入力すれば、SMSが届くので確認してください。

SMSには、数字のコードが記載されているので、それをカラーミーの設定ページで入力します。

登録が完了しました、と表示されれば、アカウント開設と登録は終了です。

初期設定

初期設定は、アカウントを開設したあと、最初に行う設定です。

すぐに設定しなくてはならないわけではありませんが、すぐにでも運営を開始したいのなら、

なるべく早めに設定したほうがよいでしょう。

初期設定では、商品登録やショップのタイトル決め、デザイン、配送方法などを決めます。

商品登録

商品登録とは、文字通りショップで扱う商品の情報を登録することです。

商品登録のページにアクセスし、手続きを進めましょう。

ここで登録した商品が、ショップサイトに表示されます。

商品名やカテゴリー、販売価格などを決めて、設定しましょう。

なお、商品名やカテゴリーは、入力必須項目なので、必ず入力してください。

入力しないと先に進めません。

また、これらの項目はあとから変更も可能です。

色やサイズなどの情報は、オプション情報で設定できるので、この段階ではしなくても大丈夫です。

最初から細かく商品情報の登録をしようとすると、多大な時間がかかってしまうため、

まずは大まかに商品を登録し、あとからオプションで情報を充実させていくとよいでしょう。

ショップタイトル決め

ショップタイトルとは、ショップ名のことです。

ショップタイトルの項目に、任意のショップ名を入力して、保存をクリックしましょう。

初期設定では、タイトル設定の項目しか出てきませんが、

トップページ設定ではタイトルのほかにもさまざまな設定が可能です。

ファビコンやお知らせなどの設定もできるので、あとから情報を追加するとよいでしょう。

ショップ名もあとから変更ができますが、何度もショップ名を変更してしまうと、

ユーザーを困惑させてしまうおそれがあります。

そのため、基本的には変更の回数は少なくする方がおすすめです。

また、設定前にショップ名を決めておくと安心です。

魅力的で、お客様に覚えてもらいやすいショップ名を考えてみましょう。

デザイン・配送方法の設定

カラーミーでは、ショップのデザインを簡単に変更できます。

無料テンプレートも用意されているので、手早くショップを開設したいのなら、

無料テンプレートを利用してみましょう。

ただ、無料テンプレートは、そこまでデザイン性が高くないので、

できれば有料テンプレートの利用をおすすめします。

有料テンプレートは、デザイン性や機能性に優れたものが多く、

スピーディーに魅力的なショップを立ち上げられます。

また、カラーミーではコードを編集してデザインをカスタマイズできるので、

コーディングの知識や技術がある方は、検討してみるとよいでしょう。

配送方法登録では、配送種別や配送会社名、配送画像、送料請求などに関する設定を行います。

送料無料の設定も可能です。

集客の設定

カラーミーでは、集客に関する設定も可能です。

具体的には、広告に関する設定を行います。

初期に設定する必要はありませんが、広告を利用した集客に興味があるのなら、

最初に設定しておくとよいかもしれません。

リスティング広告やリターゲティング広告などの設定を、カラーミー上で簡単に行えます。

ネットショップの集客力を高めるうえで、広告の利用は効果的です。

SEOによる集客は、効果が表れるまでに時間がかかりますが、

リスティング広告やリターゲティング広告には、即効性があります。

集客設定ページには、

[かんたんリスティング]や[かんたんリターゲティング]などの選択項目があり、

短時間で設定を行えます。

興味がある方は、とりあえず概要だけでもチェックしてみましょう。

売れるカラーミーショップの作り方

簡単にネットショップを構築できても、利益を得られなければ意味がありません。

ネットショップの運営を始める方の多くは、

物販ビジネスで利益を得たいと考えているのではないでしょうか。

それなら、ただネットショップを開設するだけでなく、

売れるショップ作りを意識しなくてはいけません。

売れるショップを構築するには、扱う商品を熟考する、人気のショップを参考にする、

ユーザビリティを意識するといったポイントを押さえておきましょう。

扱う商品を熟考する

売れるネットショップになれるかどうかは、扱う商品で決まるといっても過言ではありません。

極端なことをいえば、売れる商品を扱えれば、ショップデザインが多少よくなくても、

商品は売れるでしょう。

ビジネスとしてショップ運営を始めるのなら、売れる商品を扱うことが大切です。

ネットショップ運営者の中には、自分が好きなもの、興味があるものを扱う方も少なくありません。

しかし、自分が好きなものと、売れるものは違います。

ビジネスとして取り組むのであれば、売れるものを扱わなくてはなりません。

つまり、ニーズがあるかどうかを把握するのです。

扱う商品の選択は、今後の事業にも大きく関わってくるので、慎重に時間をかけて考えましょう。

人気ショップを参考にする

売れるショップを構築したいのなら、

すでに売れている人気のショップを参考にするのがもっともスムーズです。

一から模索し、試行錯誤を繰り返しつつショップを構築するのもよいですが、

これでは時間がかかりすぎてしまいます。

なるべく早く売れるショップを構築したい、と考えるのなら、

すでに人気となっているショップのデザインや、機能、

扱っている商品などを参考にしてみましょう。

サイトデザインやコンテンツなどを、完全に真似してしまうのは問題なので、

あくまで参考にしてください。

自分なりのアレンジも加えつつ、売れるショップの構築を進めましょう。

ユーザビリティを意識する

売れるショップとなるには、お客様が使いやすい、

魅力的と感じてくれるようなお店づくりが必要です。

目的の商品がなかなか見つけられない、サイトが見にくい、といったショップでは、

商品の購入につながらず、リピーターも獲得できないでしょう。

大切なのは、ユーザビリティを意識することです。

ショップを利用するお客様の目線で考え、

使い勝手のよいショップの構築を心がけましょう。

これに関しても、人気のショップや大手ECサイトなどを参考にすると、わかりやすいです。

そのうえで、「自分ならこのようなショップのほうが使いやすい」といった

アイデアを加えていけば、オリジナリティも出せます。

基本の作り方を押さえて売れるショップを構築しよう

カラーミーでショップを作るには、公式ページにアクセスして、

アカウントを開設することからスタートです。

アカウントの開設に費用は発生しないので、まずはアカウントを作成し、

初期設定に進みましょう。

本記事でお伝えしたように、カラーミーを用いれば簡単にショップを構築できますが、

だからといって商品が売れるかどうか、利益を得られるかどうかは別問題です。

まずは基本的な作り方を理解し、他ショップを参考にしつつ、

自分なりのアレンジを加えながら売れるショップの構築を目指しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。