カラーミーの名入れ機能とは?実装方法や得られるメリットを解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
カラーミーの名入れ機能について知りたい
という方のために、実装方法や得られるメリットなどについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カラーミーの名入れ機能について理解できる
  2. 名入れ機能を利用するメリットがわかる
  3. 名入れ機能の設定方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カラーミーの名入れ機能の概要や実装方法、

得られるメリットなどについて解説をしていきます。

 

カラーミーの名入れ機能とは

カラーミーの名入れ機能とは、

商品にプリント、刻印する文字などをお客様が指定できる機能です。

オリジナル商品やオーダーメイド品などの販売に適しており、

顧客満足度の向上効果も期待できる機能です。

よく知られているところでは、指輪の内側への刻印が挙げられます。

ペアリングを購入したとき、お店でリングの内側に作成日や記念日、

2人のイニシャルなどを刻印した経験はないでしょうか。

指輪以外にも、シルバーアクセサリーや革小物など、名入れに適した商品は多々あります。

カラーミーには、デフォルトで名入れの機能が備わっているので、

すぐに名入れサービスを開始できます。

カラーミーで名入れ機能を利用するメリット

カラーミーで名入れ機能を利用するメリットとしては、

顧客満足度を向上させられることが挙げられます。

また、オリジナルアイテムをアピールできる、リピーター獲得につながるなども、

メリットといえるでしょう。

名入れは、お客様から要望があったとき、

商品にプリントや刻印をしなくてはならないため、そのための設備や仕組みが必要です。

それも理解したうえで、名入れ機能を利用するかどうか検討してみましょう。

以下、カラーミーで名入れ機能を利用するメリットを、いくつかピックアップしました。

顧客満足度の向上

名入れ機能により、名入れサービスを提供すれば、顧客満足度の向上につながります。

購入した商品に、名前や記念日の日付などを入れてほしいと考える方は少なくありません。

このような方たちのニーズに応えられ、顧客満足度の向上につながるのです。

ネットショップを運営し、安定した売上と利益を得るには、

より多くの顧客にショップを利用してもらわなくてはなりません。

そのためには、お店独自のサービスを取り入れ、他ショップとの差別化も必要です。

名入れサービスを提供すれば、他ショップとの差別化にもなり、顧客満足度を向上させられます。

お客様の顧客満足度を高められれば、再度利用してもらうきっかけにもなり、

売上や利益の向上にもつながるのです。

コンバージョン向上につながる

ネットショップを運営する目的は、売上や利益を得ることです。

集客にばかり力を注ぐ経営者も少なくありませんが、集客は最終的な目的ではありません。

どれほどたくさんのお客様を集めることができたとしても、

商品を購入してもらえなければ売上にはならないのです。

ショップの集客力を高めることは大切ですが、

それ以上にコンバージョン率の向上を目指さなくてはなりません。

名入れサービスには一定の需要があるため、

サービスを提供すればコンバージョンの向上効果が見込めます。

コンバージョン率が向上すれば、それに伴い売上や利益も向上するでしょう。

もちろん、名入れサービスだけで、飛躍的にコンバージョン率を高めるのは困難なので、

ほかの方法やアイデアも用いつつ、コンバージョン率向上に努めましょう。

オリジナルアイテムをアピールできる

商品に名入れを行うことで、オリジナルアイテムであることをアピールできるメリットがあります。

何の変哲もないマグカップやリングであっても、お客様が任意で決めた文字を入れられれば、

立派なオリジナルアイテムとなるのです。

このような、オリジナルアイテムを求める方は少なくありません。

一定の需要が見込めるので、コンバージョン率の向上効果が期待できます。

また、他ショップとの差別化にもなるので、集客力も高められるでしょう。

ほかのショップでは購入できない、オリジナルアイテムを購入できるとなれば、

お客様から選んでもらえる可能性がアップします。

リピーター獲得につながる

一定の需要がある名入れサービスの導入により、リピーター獲得につながるメリットがあります。

一度提供した商品を気に入ってもらえれば、再度お店を利用してもらえる可能性が高まるのです。

ネットショップ運営の安定化に、リピーターの存在は欠かせません。

新規顧客を獲得することも大切ですが、それ以上にリピーターをたくさん獲得することは大切です。

新規顧客とリピーターとでは、集客コストが大きく異なるからです。

新規の顧客を集めるには、Web広告やSNS広告などを活用する必要があり、

どうしても費用が高くつきます。

一方、リピーターであれば、定期的にメールなどでコンタクトをとっていれば、

再度購入してもらえる可能性がアップします。

収益の安定化につながるため、名入れサービスでリピーターの獲得に努めましょう。

名入れ機能の設定方法

カラーミーには、デフォルトで利用できる名入れ機能が用意されています。

別途、異なるシステムやサービスを利用する必要がなく、

カラーミーだけで名入れ機能の導入が可能です。

なお、名入れ機能は、カラーミーのレギュラーやラージ、

プラチナプランでのみ提供されている機能です。

エコノミーやスモール、どこでもカラーミーなどでは、

名入れ機能を利用できないため注意してください。

エコノミーやスモールプランを利用してショップを運営している方で、

名入れ機能を実装したい方は、プランアップにより可能となります。

商品管理ページにアクセス

カラーミーの名入れ機能を利用するにあたり、まずは名入れ設定を有効化しましょう。

まずは、商品管理ページにアクセスしてください。

商品管理ページでは、商品検索や変更、登録など、さまざまな設定を行えます。

アクセスしたら、名入れをしたい商品を検索しましょう。

[商品を検索]をクリックし、該当する商品が見つかったら[修正]を選択してください。

商品を編集する画面に移動するので、[名入れ設定]の項目から[利用する]を選びましょう。

これで、名入れ機能を利用できる状態になりました。

名入れの各種設定

名入れ機能を有効化し、利用できる状態にすれば、名入れ設定の入力欄が表示されます。

ショップサイトに表示される、名入れの項目名を設定しましょう。

「名入れを希望する方はコチラ」や「ネーム入れを希望する方へ」などが考えられます。

扱っている商品によって、適切な表示テキストが異なります。

どのような表示がベストなのか、じっくり検討してみましょう。

テンプレートのタグ設定

テンプレートに、独自タグの設定を行います。

名入れサービスを提供するには、テキスト入力用のフォームを、

商品ページに表示しなくてはなりません。

そのための設定を行います。

[ショップ作成]→[デザイン設定]と進み、[テンプレート編集]を選びましょう。

ページ種類から、[商品詳細]を見つけ、横にある[HTML・CSS編集]をクリックしてください。

これで、テンプレートのHTMLやCSSを編集できる状態になりました。

ソースコードを編集できるページに移動したら、必要なタグを設置します。

入力フォーム実装のコードは、インターネット上でリサーチすれば見つかります。

使用しているテンプレートによっては、

タグの設置場所により正常に動作しなくなることがあるため、注意が必要です。

タグを設置したら、[更新]をクリックしましょう。

これで、名入れ用の入力フォームが、商品ページに表示されます。

受注管理画面で確認

設定がきちんと反映されているかどうかを、商品ページで確認しましょう。

テキスト入力フォームが、正しく設置されているかどうかをチェックしてください。

また、受注管理画面もチェックしましょう。

[売上ID]を選択し、受注詳細ページに、

フォームへ入力されたテキストが反映されていれば成功です。

物販ビジネスに必須の名入れ機能を実装して売上アップを目指そう

ネットショップ運営で、安定した収益を得るには、

顧客満足度を高めてリピーターも確保しなくてはなりません。

他社との差別化を進め、ブランディングを強化することも大切です。

名入れ機能を利用し、名入れサービスを提供すれば、他社との差別化につながり、

リピーターも獲得しやすくなります。

ハンドメイド品やオリジナルアイテムを扱うのであれば、

名入れサービスの提供により安定した運営を実現できるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。