アリババの仕入れでおすすめの商材まとめ!何を選べばいいかわからない人へ

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
アリババの仕入れでおすすめの商材について知りたい(わからない)
という方のために、アリババの仕入れでおすすめの商材について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. アリババで仕入れられるおすすめジャンルがわかる
  2. アリババで商材を探すための方法がわかる
  3. アリババでリサーチする時の検索のコツを知ることができる
  4. アリババで仕入れる時に利益を計算する方法がわかる
  5. どういった商材を仕入れればいいのかがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではアリババの仕入れでおすすめの商材について解説していきます。

 

アリババで仕入れられるおすすめ商材5選

中国のアリババグループが運営するECサイトは、安価で大量の製品に対応しています。

BtoB型の販売サイトとして、世界的にも普及が進んでいます。

扱っている商品はインテリアから玩具やアパレル、

デジタル機器と多岐にわたっていることもアリババの大きな魅力でしょう。

しかし、あまりに多くの商品を扱っているために、

何を仕入れればいいのかと悩んでしまう人も少なくありません。

アリババで何を仕入れればいいのかわからない人のために、おすすめの商材をまとめました。

家電やデジタル機器

仕入れるものやショップの得意分野が何も決まっていない場合に、

まずチェックしてほしいのが家電やデジタル機器です。

パソコンやタブレット、家電類を一切持たずに生活している人はほとんどいないでしょう。

壊れたら、すぐに買い替えるため需要が安定しているジャンルです。

さらに、デジタル機器や家電は次々に最新のものが発売され続けるため、

長期的に稼ぎたい人にも最適と言えます。

特に扱いやすいのが、スマホのケースや保護フィルムです。

軽くて小さいため、大量に仕入れる場合でも送料が低めで、破損や故障の心配も少ない商品です。

スマホリングやモニター、イヤホンといった周辺機器とともに販売してもいいでしょう。

カー・自転車用品

自動車や自転車用品は、メンテナンス用品や消耗品が多く、安定して需要があるジャンルです。

通常のメンテナンスに使う消臭剤や洗剤、ワックスのほか、

カスタム用のアイテムも需要があります。

また、スマホのスタンドやシガーソケットをUSBに変換する機器といった、

あると便利なグッズ類も人気です。

カー用品・自転車用品は、あまり自動車や自転車の知識がない人でも問題なく扱えます。

詳しい人であれば、組み合わせて使うと便利な製品を合わせて販売したり、

こだわりのカスタムアイテムをラインナップしたりすると、オリジナリティが出てよいでしょう。

カー用品・自転車用品を扱うショップは多いので、

ライバルがどのような商品でどういった戦略を採っているのか参考にしてみてください。

スポーツ用品

スポーツ用品は、昔から変わらずに売れている商材です。

専門的にプロを目指すスポーツから、

家族や友達とのレクリエーションに使うスポーツ用品まで幅広いため、扱う商品には困りません。

中国からの輸入品を購入しようとする人の多くが、

リーズナブルに手に入ってあそびやすいものを求めています。

例えば、バドミントンセットやボールは変わらず売れやすい商品です。

そのほか、ヨガマットやフォームローラー、

フラフープといったダイエットや健康目的のグッズも人気があります。

今どんなスポーツ用品やヘルスケアアイテムが人気なのか、情報を集めてみてください。

アパレル関連

仕入れ値が安くて、利益を出しやすいのがアパレル関連の用品です。

洋服はトレンドの移り変わりもあるため、いつの時代も売れ続ける商品といえるでしょう。

洋服だけでなく小物やシューズ、

アクセサリーもコーディネートして販売するといった手法もあります。

アパレル用品は、重量がそこまで重くなることもなく、

かさばらないアイテムも多いため送料を抑えやすい点もメリットです。

さらに、アパレル関連は日常的な衣服だけではありません。

コスプレグッズ、仮装用品も安定して人気があるジャンルです。

例えば、クリスマスシーズンのサンタクロースのほか警察官や看護師といった

職業のユニフォームはイベントシーズンに売れやすいでしょう。

ただし、アパレル関連はショップで見た商品と実際に届く商品のクオリティに

差がある場合もあります。

信頼できるショップを見つけるまでは、慎重に購入するようにしてください。

ホビー系

輸入商材に限らず、自分が得意分野の商材を考えてみることもおすすめです。

インテリアやDIY、釣りといった自分が興味を持てる分野であれば、

仕入れる時の目利きもしやすいはずです。

また、自分だったらいくら出すかとユーザー目線に立って考えることができます。

自分がこだわりを持つジャンルは、

潜在的なニーズもキャッチしやすいため、

他店に先んじて売れる商材を見つけやすくなるでしょう。

中には、あまり趣味と聞いても思いつかない人もいるかもしれません。

そういった場合には、自分が普段行っていることやクセから、

商材を見つけてみることをおすすめします。

例えば、動画をよく見ている人はスマホと固定する道具やVR用の

ゴーグルのような商品を買っているかもしれません。

自分では趣味と意識していないようなことでも、

意外と人よりもこだわりを持っている場合もあります。

どんなジャンルに興味があるのか、

関連する商品等をリストアップして扱うジャンルを考えてみましょう。

売れる商材はどうやって探す?

アリババで仕入をする時に、初心者がまず行き詰りやすいのが商材探しです。

輸入ビジネスが成功するかどうかは、商材探し、リサーチによるといっても過言ではありません。

売れる商材を探す方法には、どういったやり方があるでしょう。

売れる商材の探し方を、紹介します。

何が売れているのか調べよう

これから売る商材を探す時に、最初におこなってほしいのが、

「今何が売れているのか」を知ることです。

Amazonでは、ランキングで売れている商品を調べることができます。

カテゴリによっても売れ行きは違いますが、

大カテゴリであれば3,000位以内であれば売れていると考えて良いでしょう。

売れている商品の傾向をチェックしたら、商品画像やレビューを見てみます。

すでに、レビューが良くて安定して売れている商品は、後追いして儲けるのは困難です。

もう少し改善すれば良くなりそう、

画像がイマイチで商品の魅力を伝えきれていないといった、

どこかに隙がある場合参入できる可能性があります。

検索を使いこなそう

売れる商材を探すためには、リサーチが欠かせません。

検索機能を使いこなすことによって、リサーチは圧倒的に効率的になります。

検索する方法について、紹介します。

Amazonで検索してみよう

Amazonで、商品を探す時によく使われているのがキーワード検索です。

中国輸入の商品で売れているものを調べるには、

ノーブランドというキーワードをAmazonの検索バーに入れてみてください。

検索結果から気になる商品を見つけたら、

アリババでも同じような商品が売られていないかを調べます。

キーワードを翻訳して入力することもできますが、商品画像からも検索する方法もあります。

試してみて、使いやすい検索方法で調べてみましょう。

Keepa(キーパ)

Amazonに出品されている商品を調べるには、専用の検索ツールも便利です。

Keepa(キーパ)は、Amazonの商品価格やランキングの変動をグラフでチェックできるツール。

新品と中古それぞれの価格推移がわかるため、売れている金額を調べてから仕入して出品できます。

すでに売れている商品の情報があれば、不良在庫を抱えるリスクも少なくなるでしょう。

Keepa(キーパ)は、無料でも使うことができます。

ただし、多くの機能を使う場合は継続課金が必要です。

SellerSprite(セラースプライト)

SellerSprite(セラースプライト)は、

Amazonでのキーワード検索数、商品販売数を調べることができます

SellerSprite(セラースプライト)は、

これから流行る商品を探している人におすすめのツールです。

需要を把握してOEMやオリジナル商品を開発すれば、

大きな利益も期待できます。

SellerSprite(セラースプライト)も登録は無料ですが、

機能を制限なく使用するには継続課金が必要です。

リサーチに行き詰った時は

商品リサーチをしていて、同じような商品、

自分に似た出品者ばかりがヒットして、

なかなか決まらない悩みは多くの人が経験しています。

リサーチに行き詰ってしまった時には、どうすれば良いのか紹介します。

ジャンルを越えて関連付ける

リサーチに行き詰った時には、視野が狭くなっているのかもしれません。

特に初心者の場合は、

自分が得意な商品にこだわりすぎてしまって行き詰るパターンがよくみられます。

売れている商品だけでなく、その関連商品やジャンルの枠を超えたものにも目を向けてみましょう。

レコメンドを使ってみる

Amazonのレコメンド機能も、リサーチの参考になります。

Amazonで商品を見ていると、ページ下部で関連商品が案内されます。

同じく、アリババでも商品を探す時にレコメンドとして、リンクやバナーが表示されます。

気になった商品をレコメンド機能で掘り下げていくと、

新しい視点の商品にたどり着くかもしれません。

ライバルが出品している商品をチェックする

リサーチが上手くいかない時には、

ライバルがどういった商品を出品しているのかも参考にしてください。

ライバルショップの新商品を、参考にしてみるのもおすすめです。

ただし、ライバルがすでに出品している商品は差別化しなければいけません。

価格競争になってしまうと利益も少なくなるので、

あくまで参考に見る程度にしておくとよいでしょう。

アリババの仕入れの利益を計算してみよう

商品を仕入れて販売する事業は、ビジネスの基本です。

シンプルに考えれば、仕入れ値に上乗せして転売をすれば差額分を利益にすることが可能です。

しかし、シンプルに考えすぎてしまうと利益の計算で間違ってしまいます。

粗利益を計算するには、販売価格−仕入価格−販売手数料で簡単に計算できます。

しかし、慣れている人が仕入れの前にざっと計算するのであれば問題ありませんが、

初心者が上記の式で計算すると思わぬ失敗を招いてしまうでしょう。

輸入ビジネスは、国際送料や関税のほか、代行手数料や為替手数料がかかる場合もあります。

倉庫をレンタルしている場合には、倉庫保管料も計算に入れなければいけません。

また、必ず考えておかなければならないのが、商品の回転率です。

仕入れた商品が、すぐに売れるとは限りません。

在庫として残る商品、在庫が1年でどれだけ入れ替わるのか在庫の回転率も計算します。

一ヶ月に一度仕入れるのであれば、1ヵ月の販売個数をほかの出品を参考に予想してください。

再仕入れをおこなうタイミングや量を決めるためにも、需要の把握や回転率は重要です。

当然ではありますが、仕入れた商品も売れなければ一切利益になりません。

継続して利益を出し続けるためにも、利益計算はシビアにシミュレーションしてください。

おすすめ商材を活用してアリババから仕入れよう

アリババは膨大な商品数とラインナップを誇っているため、

いざ仕入れようとしても何を仕入れればいいのかと途方にくれてしまいます。

大切なのは、自分のショップでユーザーにどういった付加価値を与えられるか、

ほかのショップと比較してどこで差別化できるのかです。

おすすめ商材をそのまま販売していても、いずれライバルとの価格競争になってしまいます。

それよりもおすすめ商材を起点にして、

自分のアイデアやイメージで商品ラインナップやサービスの幅を広げましょう。

商品のリサーチは、輸入販売のスタート地点です。

実際に仕入れて、集客、販売までおこなってみてください。

繰り返すことによって利益を出しやすい商品、得意分野を見つけやすくなります。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。