電脳せどりの中古品販売の特徴と成功に必要なコツ・注意点を紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
中古品の電脳せどりについて知りたい(わからない)
という方のために、電脳せどりで中古品を扱う方法や注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 中古品の電脳せどりの特徴・新品せどりとの違いがわかる
  2. 中古品の電脳せどりのコツがわかる
  3. 中古品の電脳せどり向きの商品がわかる
  4. 中古品の電脳せどりのコツ、注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、電脳せどりの中古について解説していきます。

 

中古品の電脳せどりの特徴

電脳せどりで中古品販売を行う場合、新品の商品を扱うのとは違う点に気付きます。

中古品の電脳せどりを始めるなら、その特徴を知っておくことが必要です。

中古品の電脳せどりで感じる新品せどりとの違い、中古品の電脳せどりの特徴を紹介します。

新品せどりとの違い

新品せどりと中古品せどりは、基本的には扱う商品が異なるだけです。

しかし、実際に販売をしてみると作業時間や返品率、利益率まで違うことが分かります。

また、メリットやデメリット、意識すべきことも違うため、

自分にどちらが合うか慎重に見極めることが必要です。

中古品の電脳せどりはメリットも多いけれど、新品よりリスクが高いこともあります。

新品と中古品、それぞれの電脳せどりの特徴を比較してみました。

新品せどり 中古品せどり
出品までの時間 短時間 長時間
商品回転率 早い 遅い
故障の確率 低い 高い
返品率 低い 高い
利益率 低い 高い
利益額 低い 高い

これは、あくまでも一般的な特徴の比較です。

しかし、どちらも良い面もあれば困った面もあることが分かります。

新品せどりは作業時間が中古品のせどりよりも短く済みますが、

利益率と利益額では中古品の方が高くなりがちです。

中古品の電脳せどりの利益率

新品の電脳せどりよりも、中古品の電脳せどりの方が利益率や利益額は高くなります。

それは、中古品のせどりはお宝商品を探して売るという特性によるものです。

一般的には、中古品の利益率は20〜25%程度となっています。

新品せどりは10%台が普通なので、かなり差がある印象です。

新品せどりでは、薄利多売であっても同じ商品をたくさん揃えれば利益を出せますが、

中古品の場合には同じものを揃えることはできません。

そのため、高い利益率を目指していかなければならないのです。

掘り出し物を安く仕入れるチャンスも多い反面、

利益率の高い商品を見つけて仕入れる難しさもあります。

中古品の電脳せどりを成功させるコツ・ポイント

電脳せどりで中古品を扱うためには、コツやポイントを押さえることが大切です。

中古品の電脳せどりには新品とは違った特徴があるため、

それに合わせて商品リサーチや仕入れ、販売を行っていきましょう。

中古品の電脳せどりを、成功させるコツやポイントを紹介します。

できるだけ状態が良い商品を狙う

電脳せどりで中古品を販売する際には、

仕入れの時にできるだけコンディションの良い商品を狙うことが重要です。

いくら中古品販売と言っても、やはり新品に近いもの、綺麗な物の方が売りやすくなります。

よほど骨董品として価値あるものやプレミアム価格が付く希少なもの以外は、

できるだけ未使用品や美品を目指すことが大切です。

中古品、リサイクル品には同じものは一つもありません。

同じアイテムであったとしても、一つひとつの状態は異なり、それぞれに適正価格がつけられます。

状態の良いものは高値がつけられ、利益率や利益額もしっかりと出すことができるのです。

本体だけでなく付属品の有無をチェックする

中古品で注意したいのは、本体以外の付属品の有無です。

新品では考えられませんが、中古品の売買では、

本来付属していたはずのアイテムが不足した商品に出会います。

たとえば、洋服はセットのベルトや替えのボタン、

家電やゲームなどでは説明書や充電器など、

外箱や収納ケースなどが欠けていることがあるでしょう。

そうした付属品が揃っているか、何が欠けているかを仕入れの前に、

必ずチェックしておくことが重要です。

なかには、安値で欠けた商品を複数セット仕入れて、

新たに完全なセットに組みなおして販売する凄腕のせどらーもいます。

薄利の商品を避ける

中古品を扱う電脳せどりでは、薄利多売になる商品は避ける必要があります。

なぜならば、中古品のせどりはさまざまなリスクを負っており、

新品に比べると高い利益率を狙わなければいけないためです。

中古品のせどりでは作業時間が長くなりがちで、

さらに返品率も高い、回転率も遅くなります。

そのため、薄利多売をしていると時間の割に儲けが少なく

その上故障や返品などがあったらすぐに赤字になってしまいます。

そこで、薄利の商品は避け、最初から利益率を追いかけることが必要となるのです。

また、薄利の商品を仕入れないだけでなく、安売りしないことも重要です。

まわりが値下げすると焦るでしょう。

しかし、再び需要が増えるのを待つのも、利益率を高く保つためには必要となります。

在庫期間が長い商品は価格改定を検討

在庫期間が長い商品は、価格の見直しをして早めの売却と資金回収を目指しましょう。

なかなか売れずに在庫として残っているということは、仕入れ代金が回収できず、

次の仕入れの機会を逃しているということです。

そのため、一定期間以上商品は早めに売り切れるように価格改定を行った方が安全です。

想定に反して数週間売れないものをはじめ、

ライバルが増えてきた商品なども早めに売り切った方が良いでしょう。

中古品の電脳せどりで必要なもの

電脳せどりで中古品を扱う際には、いくつか準備をしておきたいものがあります。

中古品販売では、新品せどりとは違った物も必要となり、

想定以上に準備に時間がかかるかもしれません。

中古品の電脳せどりを始めたいなら、時間に余裕をもって準備を整えましょう。

中古品の仕入先と販売先

中古品のせどりを始める際には、仕入れ先と販売先を準備することが必要です。

中古品と言っても、扱うジャンルによって仕入れ先も販売先も違ってきます

電脳せどりで中古品を扱う際、

利用できる仕入れ先はフリマサイトやオークションサイトです。

また、リサイクルショップのオンラインショップなども狙い目と言えるでしょう。

販売先は、Amazonが主流となります。

Amazonは信頼性が高く、早く購入したい人が多く集まる良質なサイトです。

ただし、Amazonはルールが厳しく、

新品以外はコンディションのランク付けをコンデションラインに則って行わなければいけません。

古物商許可証

古物商許可証は、中古品のせどりのみで必要となる準備です。

中古品を販売するためのライセンスであり、

ビジネスとして中古品の電脳せどりを始めるにあたってはぜひ取得しておきたいものです。

また、Amazonなど規約の厳しいサイトでは、

未使用品であっても新品として売れない、古物商許可証が必要となるケースもあります。

古物商許可証を取得するには、最低限取得費用として2万円程度、

手続きを行政書士に依頼するとさらに4万円くらいの費用が必要です。

取得までに時間もかかるため、

今後本格的に商売をしていこうという人はあらかじめ取得しておく方が安心です。

リサーチに使えるツール

電脳せどりでは、リサーチツールが欠かせません。

手作業でリサーチするのは効率も悪く、

ただでさえ中古品のせどりは出品までの時間がかかるのに、さらに長引いてしまいます。

そのため、自動化できることはツールに任せて、効率よく進めることが大切です。

中古品を扱うのに便利なのは、「フリマウォッチ」などの出品アラートです。

いつ利益商品が出品されるか分からないため、アラートをかけて待ち伏せします。

中古品電脳せどりのおすすめの商品ジャンル

中古品を、電脳せどりで販売するのにおすすめの商品ジャンルを紹介します。

中古品のせどりでは、利益の出やすい物や売れやすい物があり、

狙いをつけることで安定した売上につなげることができます。

自分の得意不得意にもよりますが、できるだけ売れやすいジャンルを選んでいきましょう。

中古家電の電脳せどりは高利益

中古品の電脳せどりで利益商品となるのが、中古家電です。

電脳せどりで、販売する中古家電は高回転で利益率も高くなっています。

また、ネットであれば仕入れ先も豊富で、

取り扱う商品も無限に出てくると言ってよいでしょう。

実物を見られないリスクはありますが、

企業の不良在庫やリサイクル業者の出品物を安く仕入れることができれば、

ある程度品質も担保できます。

中古ゲームも需要が安定

中古ゲームも、電脳せどりで販売するのに適しているジャンルです。

こちらも家電同様に回転が早く、需要も高くなります。

また、価格相場は安定しており、プレミア商品などに至っては高い利益額も期待できます。

ゲームの知識が豊富な人には、特に向いている分野です。

ゲームの売り先に迷ったら、高値が付きやすいAmazonを利用しましょう。

中古品の電脳せどりを始める時の注意点

中古品の電脳せどりを始める際には、いくつか注意点があります。

ユーザーの信頼やアカウント停止リスクなどにも関わることなので、

しっかりと対策しておきましょう。

古物商許可証は必ず取得する

中古品の販売を始める際には、必ず古物商許可証を取得しておきましょう。

試しに自宅にあるものを、オークションやフリマで売ってみる分には問題ありません。

本格的に、せどりをするには古物商許可証は必須です。

取得せずに中古品の販売を続けていると、無許可営業として重い罰則の対象となります。

無許可営業の罰則は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

また、その後5年間という長い期間、古物商許可証を取得できなくなる可能性もあります。

偽物やジャンク品に注意

中古品の電脳せどりでは、偽物やジャンク品を掴まされるリスクに注意が必要です。

電脳せどりでは、仕入れ先がインターネット上なので、商品の実物を見ることができません。

そのため、「購入して商品が届いたら思っていたものと違う」ということも起こりえます。

中古品の仕入れでは、商品画像をチェックして、

分からない部分は出品者に問い合わせるなどの慎重さが必要です。

中古家電は返品率が高い

中古品の電脳せどりでは、中古家電が売れやすく利益も出やすくなる反面、

返品率も高いことを認識しておきましょう。

中古家電は、ほかのジャンルよりも故障のリスクが高く、

そのせいで使い方の分からない購入者が「故障している」と

勘違いして返品することも多くなります。

返品されても正常の商品は再販できますが、

一時的に資金の流れが停滞するため、返品の増加による資金ショートには注意しましょう。

やはり、ここでも利益率や利益額がしっかりとれる商品を厳選して仕入れることが必要となります。

中古品の電脳せどりは商品選びが重要

中古品の電脳せどりでは、利益率やコンディションなど、

商品仕入れの段階で厳しくチェックすることが重要となります。

できるだけ新品に近く、付属品もセットになっている物を意識して仕入れましょう。

売りやすい商品、高く売れる商品を探すためには、

リサーチツールの利用も必要です。

中古品の電脳せどりは、商品選びの難しさもありますが、

新品とは違った旨みや面白さもあります。

特に売れるジャンルに知見のある方は、

中古品の電脳せどりが向いているかもしれません。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。