ラクマは詐欺が多い?代表的な詐欺の手口や対処法を解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
ラクマを使った詐欺について知りたい(わからない)
方のために、詐欺の手口や対処法などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ラクマは詐欺が多いのかどうかわかる
  2. ラクマで多い詐欺の手口がわかる
  3. 詐欺に遭わないためのポイントがわかる
  4. 詐欺に遭ったときの対処法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ラクマで詐欺が多いのかどうか、

代表的な詐欺の手口や対処法などについて解説をしていきます。

 

ラクマを使った詐欺は横行している

ラクマは、日本国内で高い人気を誇るフリマアプリです。

幅広いジャンルのアイテムが出品されており、手軽に購入できることから、

一般消費者から物販ビジネス運営者まで、さまざまな方が利用しています。

物販ビジネスの仕入れ先としても人気のラクマですが、

詐欺が横行しているといった噂を耳にしたことがあるという方もいるでしょう。

このような噂を耳にしてしまうと、

「騙されてしまうのではないか」と不安を感じてしまうのも無理はありません。

実際のところ、ラクマを使った詐欺は横行しているため、注意が必要です。

商品を騙し取られる、入金しても商品が送られてこない、

異なる商品が送られてくる、偽物が送られてくる、といった被害に遭った方は少なくありません。

ラクマで多い詐欺被害の手口とは

ラクマを使った詐欺は横行しているため、利用にあたっては注意が必要です。

もちろん、詐欺をしているのは一部の悪質な出品者であり、

多くのユーザーはルールを守って取引をしています。

ただ、一部には最初から詐欺目的で出品しているような方もいるので、

注意するに越したことはありません。

ここでは、ラクマで多い詐欺の手口について解説をします。

どのような手口があるのかを把握し、被害に遭わないよう努めましょう。

出品者が商品を騙し取られる

出品者が商品を騙し取られてしまう、といった被害は少なくありません。

「物販ビジネスの仕入れ先として利用するのなら、関係ないのでは」

と感じた方も中にはいるでしょう。

しかし、ラクマは仕入れ先としてだけでなく、

販売先として利用されることも多々あります。

たとえば、アリババのような中国のECサイトから商品を安く仕入れ、

ラクマで販売して利益を得る、といった物販ビジネス運営者の方もいます。

そのため、ラクマを仕入れ先として利用している方だけでなく、

販売先として利用している方、利用を検討している方も注意しなくてはなりません。

入金したのに商品が送られてこない

ラクマで商品を購入した場合、購入者は事前に決済をする必要があります。

出品者は、入金を確認してから、購入者のもとへ商品を発送します。

しかし、入金したもののいつまで経っても商品が送られてこない、

といった被害は少なくありません。

これは、ラクマでよくみられる詐欺手口のひとつです。

ただ、商品が送られてこないからといって、必ずしも詐欺だと確定したわけではありません。

出品者の事情により、発送が遅れているだけ、といった可能性もあります。

何の連絡もなく商品の到着が遅れている、2週間以上経っても送られてこない、

といった場合には、詐欺を疑ってみましょう。

購入者に写真とまったく異なる商品が送られてくる

ラクマで商品を仕入れるときは、掲載されている画像や説明文で、

スペックやコンディションを確認のうえ購入します。

しかし、送られてきた商品が、実際には掲載されていた写真とまったく別物である、

状態が悪すぎる、といったケースもあります。

これも、ラクマを利用した詐欺で多い手口のひとつです。

掲載されていた写真では新品同様のきれいな状態だったのに、

送られてきたものは汚れていた、作りが雑すぎる、そもそもモノが違う、

といった被害が挙げられます。

詐欺目的の出品者だった場合、クレームを入れても対応してもらえない可能性があります。

酷いケースでは、そのまま音信不通になってしまうことも考えられるでしょう。

送られてきた商品が偽造品やコピー品

ラクマには、偽ブランド品やコピー品、人気商品の偽物などがいくつも出品されています。

本来、これらのアイテムを出品するのはルール違反なのですが、

本物と偽って出品するケースが後を絶ちません。

本物と偽って偽物を販売しているのなら、詐欺と見て間違いないでしょう。

物販ビジネスに取り組む者として、偽物をつかまされてしまうのは大きな問題です。

なぜなら、購入した商品が偽物と気づかず、よそへ転売してしまうおそれがあるからです。

この場合、自身も偽物を販売したことになってしまい、

会社やお店の評判を落としてしまうかもしれません。

最悪の場合、警察に検挙される、顧客から訴えられる可能性もあるでしょう。

今後の事業継続にも影を落としてしまうため、このような詐欺に遭わないよう注意が必要です。

直接取引でお金を騙し取られる

直接取引でお金を騙し取られる手口も、ラクマでは横行しています。

通常、ラクマでの取引では、ラクマのシステムを用いて決済しますが、

詐欺を目的とした出品者の中には、直接自身の銀行口座に振り込んでほしい、

といった要望をしてくるケースがあります。

その結果、お金だけ騙し取られてしまい、

商品は送られてこないといった被害に遭ってしまうのです

このような手口は意外と多いため、騙されないよう注意しましょう。

ラクマでは、外部でのやり取りや決済を原則禁止しています。

ルール違反を犯してしまうと、運営側も対応してくれません。

詐欺に遭わないためのポイント

ラクマのユーザーは相当多いため、中には悪質な出品者も紛れ込んでいます。

出品するときも購入するときも、

詐欺の被害に遭う可能性があることを理解しておく必要があります。

では、ラクマで詐欺に遭わないためには、何に注意すればよいのでしょう。

ここからは、ラクマで詐欺に遭わないための、ポイントをピックアップして解説します。

出品者も購入者も評価をチェック

ラクマには、評価システムが実装されています。

ユーザーが信頼できるかどうかを測るシステムであり、

取引するに値する相手かどうかは、評価を見て判断します。

出品側でも購入側でも、必ずユーザーの評価チェックは行いましょう。

あからさまに評価が低いユーザーは、詐欺目的の出品者である可能性があります。

もちろん、ラクマに登録したてで取引の実績がまったくなければ、評価は0のままです。

そのため、評価が0である、もしくは低いユーザーが必ずしも詐欺目的の出品者とは限りません。

ただ、優良な出品者か詐欺業者か、それを判断するのは困難です。

少なからず詐欺の可能性があるのなら、取引は避けたほうが無難でしょう。

基本的に評価が0、もしくは著しく低いユーザーとは取引しないほうが、

詐欺の被害に遭う確率を下げられます。

直接の銀行振込には注意

ラクマで商品を購入した場合、アプリ内のシステムを利用して決済するのが普通です。

しかし、出品者の中には、「銀行振込にしか対応していない」など、

理由をつけて外部での決済を求めるケースがあります。

このような出品者は詐欺目的の可能性があるため、注意が必要です。

お金を振り込んだものの商品が送られてこない、連絡しても対応してくれない、

音信不通になった、などの被害が考えられます。

すでにお伝えした通り、ラクマは外部での決済を禁止しています。

そのため、仮に被害を受けたとしても、ルール違反を犯しているため、

ラクマの運営は対応してくれません。

泣き寝入りする羽目になってしまうので、

直接銀行振込を要求されたときはきっぱりと断りましょう。

商品ページのクオリティを確認

商品を購入する前に、商品ページのクオリティをチェックしましょう。

詐欺目的である場合、撤退を前提としているため、

商品ページそのものの作りが雑になっているケースが少なくありません。

そのため、商品ページのクオリティで、詐欺目的かどうかある程度の判断が可能です。

説明文が丁寧に記載されているか、コンディションについて言及しているか、

複数の写真を掲載しているか、などを確認してください。

また、中古の商品であるにも拘わらず、

メーカーやほかのショップがWebサイトで使用している新品の写真を

商品ページに転載しているようなケースも、注意が必要です。

一般的に、中古品は現物の写真を撮影して掲載するのが普通です。

それをしていないのは、商品に何らかの問題がある、

そもそも商品がないといったことが考えられます。

詐欺に遭ったときの対応・対処法

どれほど気をつけていても、詐欺の被害に遭ってしまう可能性はあります。

詐欺に遭ったと感じたときは、泣き寝入りせずにきちんと対処をしましょう。

詐欺に遭ったときの対応、対処法などについてまとめました。

取引相手へ連絡

まずすべきは、取引相手への連絡です。

入金したのに商品が送られてこない、送られてきた商品が異なる、

といった被害に遭ったときは、取引相手に連絡し、返信を待ってください。

もしかすると、出品者側の手違いがあったのかもしれません。

そのようなケースなら、出品者が速やかに何らかの対応をしてくれるでしょう。

きちんと対応をしてくれるのなら、詐欺ではない可能性が高いです。

一方、連絡しても返信がない、音信不通になった、

というような場合は、詐欺である可能性が濃厚です。

やりとりの内容は保存しておく

やり取りの内容を保存しておくと、あとから詐欺の証拠として利用できます。

詐欺まがいのことをされてしまい、出品者に連絡してやり取りをしたものの、

証拠がないと居直られてしまった、とのケースは意外に少なくありません。

このようなことにならないよう、取引の履歴を画像で保存しておきましょう。

スマホには、スクショ機能が実装されているので、簡単にやり取りを画像で保存できます。

後述する、ラクマの運営や警察に相談する場合でも、詐欺の証拠が必要です。

できるだけこまめに、やり取りを保存しておくことをおすすめします。

運営や警察へ相談する

取引相手と連絡がとれない、誠実な対応をしてくれないといったときには、

ラクマ運営や警察への連絡も検討しましょう。

まずはラクマの運営に相談し、それでも解決できそうにないのなら、

警察へ相談することをおすすめします。

ラクマの運営へは、アプリのヘルプから問い合わせが可能です。

具体的にどのような被害に遭ったのか、証拠も用意していることを伝え、

運営からの返事を待ちましょう。

警察に相談するときも同様に、できるだけ詳しく説明することが大切です。

きちんと証拠がそろっており詐欺であることが確認されたら、

運営から返金してもらえる可能性もあります。

詐欺被害に遭わないよう細心の注意を払おう

ラクマは、仕入れ先としても販売先としても人気がありますが、

ユーザー数も多いため詐欺の被害に遭う可能性も高まります。

いつ、誰もが被害に遭う可能性があるため、細心の注意を払いつつ利用しましょう。

本記事では、代表的な詐欺の手口や、具体的な対処方法について解説をしました。

すでに、ラクマを利用している方、これから利用したいと考えている方は、

本記事の内容を参考にしつつ、詐欺に遭わないよう注意してください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。