【ヤフオク!初心者必見!】出品の始め方・売り方・出品方法などをご紹介!

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
ヤフオク!の出品方法について知りたい(わからない)
という方のために、初心者必見のポイントについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ヤフオク!の始め方がわかる
  2. 出品のやり方や流れがわかる
  3. 出品前に知っておくべきポイントがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ヤフオク!の出品方法について解説をしていきます。

 

ヤフオク!を始めるならアカウントを作ろう

ヤフオク!を始めるには、まずアカウントの登録手続きが必要です。

ここでは、アカウントの作り方について、手順の流れを詳しく紹介していきます。

Yahoo!JAPAN IDを取得する

ヤフオク!を利用するには、出品や入札に問わず、

Yahoo! JAPANのIDを取得する必要があります。

Yahoo! JAPANのIDにはTポイントカードを連携させることが可能です。

連携させると、ヤフオク!の利用でもTポイントが貯まり非常にお得です。

Tポイントカードをお持ちの方は、ぜひ登録しておきましょう。

Yahoo!ウォレットに登録する

「Yahoo! ウォレット」はYahoo!が提供している

インターネット上で便利に使えるお財布のような支払いサービスです。

Yahoo! ウォレットにクレジットカードや銀行口座を登録すれば、簡単に決済が可能になります。

そのため、落札代金などの報酬を受け取る際に、

相手に口座情報を教える必要がなく、手数料無料で安全に受け取れます。

本人確認する

ヤフオク!に出品するには本人確認を済ませる必要があります。

この本人確認はSNSなどを使ったモバイル確認と、

郵送で行う郵送確認の2つの方法があります。

郵送よりもSNS認証を使ったモバイル確認のほうが簡単にできるのでおすすめです。

通常はヤフオク!のトップ画面にある「出品」ボタンをクリックすると本人確認が求められます。

もし、出品ボタンをクリックしても本人確認ページが表示されない場合は、

既にそのIDでは本人確認が完了しているため、そのままサービスを利用してください。

ヤフオク!における出品の仕方について

アカウントの登録が完了したら、次は出品です。

ここでは、ヤフオク!で出品する際の手順について解説していきます。

ログイン、認証手続きをする

まずヤフオク!で出品するには、本人確認を完了しているYahoo! JAPANのIDが必要です。

SNS認証などを済ませているIDでヤフオク!にログインしましょう。

出品者に関する情報を登録する

ヤフオク!に出品するには、出品者の氏名や住所、電話番号の登録が必要です。

商品が落札された暁には、落札者に出品者の情報が開示されるため、

間違いのないよう正確に入力してください。

自動的に開示したくない場合には、出品時に取引オプションにある

「出品者情報開示前チェック」を設定することも可能です。

Yahoo!ウォレットの登録を確認する

ヤフオク!で取引するにはYahoo!ウォレットの登録が必要です。

既に登録していれば問題ありませんが、まだ登録を済ませていない場合には、

表示された登録ページに従い、住所や氏名、支払い方法など必要な情報を記載し、

設定を完了してください。

また、取引の際に、Yahoo!簡単決済を利用した場合には、

支払われた商品代金を現金で受け取るために受取口座の登録が必要です。

通知設定する

出品した商品に対し、入札などのアクションがあった場合には、

ヤフオク!から通知のメールが届きます。

速やかに取引するためにも、

出品前にアドレスの確認や受け取る通知の種類を確認し設定してください。

通知の種類は、オークションの落札や終了を知らせるメールの他、

質問や評価を知らせるものなどさまざまです。

出品する

必要な手続きを全て終えたら、オークションに商品を出品しましょう。

出品するには、商品の写真を撮り、出品フォームへ入力し、

質問へ回答するなどオークションの管理が必要です。

とくに商品の写真次第で落札率は変わると言われるほど、商品画像は非常に重要です。

落札者は画像によって商品のクオリティを判断します。

そのため、ただ商品を撮って載せるのではなく、

見やすさなども考慮し落札者の見たい・知りたいと思う情報を記載することが大切です。

発送方法を決める

発送方法は商品のサイズや、出品者が出しやすい配送業者を選択しましょう。

送料はどちらが負担するのかも決めておき、

落札者負担の場合にはあらかじめ記載しておくと親切です。

ヤフオク!ではヤマト運輸や日本郵便の提供している配送方法を、

ヤフオク!価格でお得に利用することが可能です。

ヤフネコパックやゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)なら全国一律料金で匿名配送できます。

また、宛名書きも不要なうえ、荷物追跡もできるので、おすすめです。

ヤフオク!初心者が出品する時に知っておくべきポイント

最後に、初めてヤフオク!に出品する時に、知っておくと助かるポイントをご紹介します。

販売形式・終了時間設定について

ヤフオク!では商品を出品する際に、終了時刻も設定しますが、

日曜日の22~35時の時間帯はとくに利用者が多いためおすすめです。

また、出品する商品を購入するターゲット層に合わせて設定するのも一つの方法です。

販売形式は、「オークション形式」と「即決価格」から選べます。

オークションなら欲しいと思っている人が多ければ高く買い取って貰えるチャンスがありますが、

相場が大方決まっている商品なら即決の方が早く決まることもあります。

商品に合わせて上手に活用していきましょう。

落札率を高める方法について

ヤフオク!では10枚まで商品の画像を登録できます。

この商品画像によって落札率は大きく左右するので、

きちんと映っている見やすい画像をアップすることが大切です。

傷などがある場合には、隠さずきちんと載せることで後のトラブル防止にも役立ちます。

発送方法について

落札者によっては、送料は安さ重視の人もいれば、

多少高くてもきちんとした保証や追跡サービスを希望する人もいます。

ある程度決めておくことも大切ですが、

落札者の希望に合わせて柔軟な対応も可能なことを記載しておくと、相手も安心して落札できます。

落札後の対応について

商品の落札後は、落札者と連絡を取ります。

落札してくれたことに対するお礼をしっかり伝えたうえで、

支払い方法や発送方法について確認しましょう。

落札後の取引の対応は、後の評価にも大きく関わるため、

丁寧かつ迅速な対応を心掛けることが大切です。

ヤフオク!には、自動メールを送るツールなどもあるので、

落札後すぐに連絡するのが難しい場合には、こういったものを活用するのもおすすめです。

初心者が知っておきたいヤフオク!の出品に関するまとめ

自分にとって不要なものでも、もしかしたら誰かにとっては価値のあるものかもしれません。

オークション出品は難しいのではと不安に思われるかもしれませんが、

流れを理解しコツを掴めば意外と出品は簡単です。

ただし、顔が見えないからこそ、お互いに安心し気持ちよく取引できるよう、

きちんとポイントや注意点を把握したうえで、活用することが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。