Amazonの出品方法は?初心者が確認したい流れと成功のコツ

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
Amazon出品方法について知りたい(わからない)
という方のために、出品手順や必要なものについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazon出品手順がわかる
  2. Amazon出品の種類が比較できる
  3. Amazon出品を成功させるコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではAmazon出品方法について解説していきます。

 

Amazonへの出品前に確認したいこと

はじめてAmazonに出品するなら、基本的なことを理解しておきましょう。

出品者が確認しておきたいのは、手数料や必要なものなどです。

Amazon出品特有の仕組みも合わせて確認しておいてください。

出品手数料

Amazon出品手数料は、大口出品と小口出品の2プランがあります。

それぞれの月額費用や、成約手数料の違いで比較するといいでしょう。

また、商品カテゴリーによっても販売手数料と成約料が異なります。

出品する商品が決まっていない場合は、

Amazonですでにある商品に相乗りする相乗り出品と、

まだAmazonにない商品で出品する新規出品のどちらにするかも

比較しておくことをおすすめします。

大口出品

Amazonの大口出品の月間登録料は、月額4,900円です。

月に50点以上の商品を出品する予定なら、お得に使えるプランです。

また、大口出品の基本成約手数料は無料。

月額4,900円の登録料を支払えば、

何品成約しても基本成約料がかかりません。

最初から販売する商品数が多いときや、

小口出品から始めて成約数が増えてきたら大口出品に切り替える場合におすすめです。

なお、大口出品では、

商品が売れなくても月額費用はかかります。

しかし成約手数料はかからないため、

当初の販売予定数に違いがあっても、

一律料金で費用の心配はいらないでしょう。

ですが、毎月かかる4,900円の費用に加えて、

カテゴリー別の販売手数料が必要です。

これは大口出品と小口出品に関わらず、どちらもにもかかります。

カテゴリー別販売手数料は8~45%が目安で、

メディア商品については成約料も必要です。

小口出品

個人や個人事業主がAmazon出品を開始するときには、

小口出品が向いています。

大口出品のように月額登録の料金システムではなく、

1点ごとの基本成約料として100円がかかります。

何を売るか決めておらず、

試しにAmazon出品を始めたいという人はこちらのプランを選ぶといいでしょう。

また、少ない出品数からはじめて、

徐々に増やしていきたい人にもおすすめです。

ですが月に49点売れれば基本成約手数料が4,900円かかるため、

その場合は大口出品に切り替えて、

基本成約料を無料にするとお得です。

最初から出品数が50点以上になるとわかっているなら、大口出品を選びましょう。

しかし、カテゴリー別の手数料は小口出品でもかかるため注意してください。

必要なもの

Amazon出品アカウント作成にあたり、以下のものが必要です。

• 身分証明書
• 銀行口座番号
• 有効なクレジットカード
• 180日以内発行の銀行やクレジットカードの取引明細書
• ビジネス用メールアドレスか既存のAmazonアカウント
• 電話番号

身分証明書は顔写真付きのものが必要なため、

運転免許証かパスポートです。

顔写真付きのマイナンバーカードは使用できないため注意してください。

メールアドレスは、フリーメールアドレスでも構いません。

銀行口座番号は、売上金の受け取りや本人確認に使うものです。

また、法人として登録する場合は、

登記簿謄本に記載されている会社情報の入力も必要となります。

セラーセントラル

Amazon出品者アカウント作成完了で、

セラーセントラルアカウントも作成されます。

セラーセントラルとは、Amazon出品に必要な情報が使える機能のことです。

• 出品アカウントの管理
• 商品情報の追加
• 在庫の更新
• 支払の管理
• ビジネスレポートのダウンロード
• 顧客満足度指数ツール
• Amazonテクニカルサポートへの問い合わせ

このようにAmazon出品では、

出品に必要な機能がすべてそろっています。

初心者でも簡単に出品作業から分析までできるため、とても便利です。

Amazonの出品方法と販売の流れ

続いて、Amazon出品アカウント作成から、

商品を販売するまでの流れを紹介します。

ステップに沿って作業を進めていくと、

Amazon出品ができるようになります。

はじめてAmazon出品を利用する人は、

紹介する流れに沿って作業を進めみてください。

Amazon出品アカウントを作成する

Amazon出品を開始するには、

Amazon出品者アカウントの作成が必要です。

通常のAmazonアカウントとは異なるため、

すでに買い物で利用している人も別に出品用アカウントを作成しましょう。

出品アカウント作成では、以下の項目を入力します。

• 名前
• メールアドレス
• パスワード

必要事項を入力し「次へ」をクリックします。

続いて確認コードの入力画面に切り替わるため、

入力したメールアドレスに確認用コードが届いているか確認しましょう。

コードを入力して「アカウントの作成」をクリックします。

さらに出品者アカウント作成に必要な項目の入力に移ります。

• 業種を選択
• 出品者の情報を入力
• クレジットカード情報を入力
• ストアの情報を入力

最後に本人確認書類をアップロードしてください。

書類を提出してから3営業日ほどで審査結果がメールに届きます。

プロフィール設定をする

Amazon出品者用アカウント作成ができたら、

プロフィール設定をします。

プロフィールは、商品を販売するために必要となる特定商取引法に基づく表示のことです。

個人でAmazon出品する際にも、販売者の情報を公開する必要があります。

販売業者名は、法人なら会社名、

個人なら氏名や屋号を入力します。

住所は本社の所在地を入力、

個人なら自宅ですがバーチャルオフィスで自宅以外の住所に設定することも可能です。

また、運営責任者・店舗名・電話番号も入力します。

店舗名は第三者の商標に注意してつけるようにしてください。

支払情報設定をする

アカウント作成が完了したら、

支払情報設定も済ませておきましょう。

銀行口座の欄は、売上金を受け取る銀行口座名です。

銀行口座の入力は売上があってから入力しても構いませんが、

クレジットカード情報の入力はAmazon出品手数料の支払に

必要なため早めに入力してください。

Amazon出品手数料や広告費の支払のため、

クレジットカード情報欄に必要事項を入力します。

支払方法の設定欄はクレジットカード払いを選択します。

コンビニ払いや代金引換も選択できますが、

小口出品はコンビニ払いが利用できず、新規出品者は代金引換を選択できません。

配送・返品設定をする

商品を出品する前に、配送設定や返品設定をしておきます。

配送設定は、Amazon倉庫から発送するFBAと、自分で発送する方法の2種類から選びます。

自分で発送するなら、配送料を設定しましょう。

FBAは、フルフィルメント By Amazonのことです。

Amazon倉庫に商品を預けて、

商品が売れたらAmazonが発送まで対応してくれます。

FBAの利用は手数料がかかりますが、発送の手間を削減することができます。

また、お届け日時の設定や、返送先住所も入力してください。

販売商品を追加する

商品の登録は、Amazonにすでにある商品なのか、オリジナル商品なのかによって異なっています。

既存の商品を出品するなら、相乗り出品が利用できます。

新規で出品ページを作る必要がなく、商品やコードを検索して登録可能です。

商品が見つかったら、「出品する」をクリックするだけなので簡単です。

一方、オリジナル商品の登録はセラーセントラルから新規ページの作成が必要。

作成する場合は以下の項目に情報を入力してください。

• 商品タイトル
• 商品画像
• 商品バリエーション
• 商品の詳細
• JANコード
• 検索キーワード
• メーカー情報

なお、JANコードとは、商品コードのことです。

JANコードがない場合は、

サポートに連絡して免除の許可を得てください。

商品登録が完了すると、

数十分ほどでAmazon販売ページに商品が公開されます。

集客する

Amazonでは、スポンサー広告を利用した集客が利用できます。

多数ある商品の中からお客様に見つけてもらえるよう、

広告を活用してみましょう。

なお、広告の利用は大口出品プランのみです。

また、以下の条件を満たす必要があります。

• Amazonブランド登録済み
• おすすめ商品の掲載対象
• 利用可能な商品カテゴリー

広告を利用すると、

商品検索結果や商品詳細ページに広告が表示されます。

また、Amazonでの購買行動に基づいた関連性の高い広告表示も可能です。

Amazonで検索するキーワードで広告が表示されると、

お客様は興味がある状態のため集客効果も高くなります

Amazonの広告料は、クリックされると料金が発生する仕組みです。

予算を決めて広告が利用できるため、計画的な運用ができます。

商品が売れたら発送する

商品が売れたら商品を発送しますが、

自分で発送する方法とFBAでは手順が異なります。

選択している商品発送方法に合わせて作業を進めてください。

自分で発送する

自分で発送する場合は、商品が売れたら注文確定メールが届きます。

セラーセントラルから注文管理に移動すると、

「未出荷」の項目があります。

表示されている数字をクリックし、

納品書の印刷作業に移りましょう。

納品書を印刷したら、商品を梱包して発送してください。

発送が完了したら、「出荷通知」ボタンを押すと、

購入者に通知されます。

Amazon倉庫から発送する

FBAはAmazon倉庫から商品を発送するため、

注文後の対応はありません。

注文があったら納品書の印刷から梱包まで対応してくれます。

また、Amazonのカスタマーサポートも利用できるため、

購入者に対し安心感を与えることができます。

FBAでは、セラーセントラルから在庫管理が可能です。

「在庫商品の納入/補充」から納品数を入力します。

商品ラベルの印刷は自分で用意することもできます。

また、配送方法や配送業者、箱のサイズを決めておいてください。

レビューを集める

商品が売れたら、お客様にレビューをお願いしましょう。

レビューが集まれば、

別のお客様に商品購入を促すことができます。

Amazon出品を開始したばかりだとレビュー数が少ないため、

購入後のフォローメールでレビューをお願いするのがおすすめです。

商品を購入から一定期間経ったら、

レビューを求めるメールを送りましょう。

何もしなければレビューの投稿を忘れるかもしれませんが、

一定期間後に促せばレビューを記載してくれる可能性があります。

また、Amazonにはレビュー投稿を促す機能もあります。

Amazon VINEを活用すると、

無料サンプルの提供でレビュー投稿を促すことが可能です。

レビュー数が多いユーザーに提案してみるのもひとつの方法です。

Amazonへの出品で成功するコツ

毎日多数の商品が出品されるAmazonでは、

出品しただけで売上が伸びるわけではありません。

多くのライバルがいるため、

その中から勝ち抜く戦略が必要です。

また、Amazonでは価格競争が発生しやすいため、

安さ以外でも勝負するようにしてください。

カートボックスを獲得する

Amazon出品を成功させるなら、

カートボックスの獲得が重要です。

カートボックスの獲得とは、

「カートに入れる」から注文を獲得できるようになることです。

Amazonの相乗り出品では、1つの商品に対し多くの出品者がいます。

一般的なショッピングモールのように出品者ごとに

新規ページを作成することができません。

すると、1ページ内でカートの獲得が重要となってきます。

カートボックスが獲得できるのは、ランク1位の場合です。

ランクの獲得は以下のように複数の条件があるため確認しましょう。

• 大口出品
• 評価が高い
• FBAの利用
• 在庫数の豊富さ
• 最安値での出品

なお、2位以下の出品者は「新品の出品」の項目を

クリックしないと表示されないため購入してもらえません。

定期的に価格を見直す

カートボックスの獲得条件のひとつに、

最安値での出品があります。

最安値は日々変化しているため定期的に販売価格の見直が必要ですが、

セラーセントラルには自動価格調整ツールがあります。

毎日価格をチェックするのが難しい場合は、

ツールを活用してください。

なお、価格の見直しは配送料も含めて最安値となるよう調節するといいでしょう。

とくに多くの出品者がいる商品では、

価格の見直しが重要です。

購入する側からすれば、

複数の出品があるなら最安値で買いたいと考えるためです。

オリジナル商品を出品する

1つの商品に相乗り出品すると、

当然ライバルも多くなります。

すると価格競争に巻き込まれてしまい、

商品が売れても利益が上がらない場合があります。

そこで検討したいのが、

オリジナル商品の販売です。

世界に1つしかない商品は、相乗り出品ができません。

商品価格も自由に決められるため、

価値を感じた人が購入してくれます。

オリジナル商品を販売するときは、

できるだけ商品ページを充実させましょう。

ブランド力アップのため、

積極的にレビューを集めるようにしてください。

Amazonに出品してみよう

Amazon出品は、個人でも簡単にできます。

小口出品なら、

1商品あたり100円と手数料のみの負担で始めることができます。

少ない費用で出品できるため、

まずはチャレンジしてみましょう。

Amazon出品はサポート機能もあるため、

初心者にも安心です。

まずは、出品者用アカウントの作成からはじめてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。