Amazonの出品停止方法とは?一括・個別対応のやり方を紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
Amazon出品停止方法について知りたい(わからない)
という方のために、出品停止方法や再開について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazon出品の一括停止方法がわかる
  2. Amazon出品の個別停止方法がわかる
  3. どのようなケースで出品停止するのかわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではAmazonの出品停止方法について解説していきます。

 

Amazonへの出品を停止する方法

Amazonに商品を出品中でも、

何らかの理由で出品停止したいときがあります。

ですが出品停止対応に慣れていないと、

その方法がわからない場合もあるかもしれません。

出品停止方法は、

一括停止と個別停止のやり方があります。

停止したい商品数に合わせて、それぞれを活用してみてください。

一括停止

Amazonに出品中の全商品を出品停止したときは、

一括停止がおすすめです。

簡単な操作で、一括停止することができます。

まずはセラーセントラルの「出品用アカウント情報」に移動しましょう。

出品者ステータスの欄にある「休止設定」の項目をクリック。

「休止(出品商品はAmazonで販売されていません)」にチェックが付いているのを確認したら、

保存をクリックしてください。

同じく、出品者ステータスの欄で、

休止になっていたら出品が停止されています。

この操作では反映に時間がかかる場合があるため、

一括停止したいときより少し早めの設定がおすすめです。

また、セラーセントラルの在庫管理ページからも、

一括停止ができます。

左側にあるチェックボックスにチェックをすべて入れてから、

ドロップダウンメニューの「出品を一括終了」を選んでください。

個別停止

商品1つなど個別に出品停止する場合は、

セラーセントラルの在庫管理ページから、個別に停止していきます。

在庫管理ページから、停止したい商品を探します。

右側にドロップダウンメニューがあるので、

「出品終了」を選択。

なお、出品終了を選んでも、商品出品履歴は残ります。

商品自体を削除してしまうと、

出品の際に新しく登録しなおさなければなりません。

完全に削除したいときは、

在庫管理の該当商品のドロップダウンメニューから、

「商品と出品を削除」を選択してください。

また、セラーセントラルの在庫管理から、

該当の商品の在庫数を0にしても個別で出品を停止することができます。

在庫がない状態になれば、

購入されることはありません。

なお、商品を削除したいときも、

在庫数を0にしてから削除してください。

Amazonで出品を停止した商品を再開する方法

一括停止や個別停止を設定しても、

簡単な操作で出品を再開できます。

解除方法は、停止する操作方法と同じです。

停止方法と同じ手順に従って、解除していきましょう。

一括停止の解除

同じく、セラーセントラルの「出品アカウント情報」へ移動します。

出品ステータスの「出品停止」項目をクリックしてください。

一括停止している場合は、

「休止(出品商品はAmazonで販売されていません)」が選択されています。

「アクティブ(出品商品をAmazonで販売中です)」の項目にチェックを入れましょう。

保存をクリックしたら、数十分程度で出品が再開されます。

また、セラーセントラルの在庫管理からは、

出品情報の左側にあるチェックボックスすべてにチェックを入れてください。

ドロップダウンメニューから再出品作業をしましょう。

個別停止の解除

セラーセントラルの在庫管理から、

出品を再開したい商品を探します。

該当商品の右側にあるドロップメニューから、

再出品作業をしてください。

また、在庫数を0にしていた場合は、

在庫数の変更もしましょう。

Amazonの出品の停止はどんな場合にやる?

そもそも、Amazon出品停止をするときは、

どんなケースでしょうか。

Amazonの出品は自由に停止できますが、

出品停止すると購入されなくなるため注意してください。

購入されないと売り上げがなくなるため、

必要な場合だけ停止にするようにします。

出品対応ができないとき

たとえば本業での社員旅行の際や、

個人出品者が休暇を取るときなどには、Amazonの出品を停止しましょう。

また、副業でAmazon出品をしている人は、

本業が忙しい時期には出品停止したいこもあると思います。

こうした発送の対応が全くできないときには、

一括出品停止対応がおすすめです。

FBAを利用している場合は商品が売れればAmazonが発送をしてくれるため、

停止せずそのままでも構いません。

しかし、FBAの発送自体も止めたいときは、

在庫管理から出品停止してください。

長期的に出品停止をした方がいいのは、

2営業日以内に商品発送ができない場合です。

Amazonで出品されている商品の多くはスピーディな発送を心掛けられているため、

数日間作業ができない場合には出品停止をしておきましょう。

もし、発送が遅れてしまうと顧客満足度が下がってしまいます。

スコアの低下は信頼が落ちている証拠のため、

最悪の場合はアカウント停止の恐れもあります。

Amazonからの入金が遅れる原因にもなりやすいため、

数日間発送対応ができない場合には出品停止をしてください。

棚卸をするとき

在庫管理のために棚卸をする際も、出品停止がおすすめです。

このケースでも一括出品停止対応をするようにしましょう。

棚卸は、倉庫にある商品の数とAmazon出品中の在庫数を照らし合わせます。

この作業中に注文が来てしまうと、

在庫数が変わってしまうため注意が必要です。

倉庫にある商品数が少なくても、

トラブルを避けるため出品停止をしておくと安心です。

しかし、この作業を終えて出品を再開するまで商品が売れることはありません。

そのためスピーディな棚卸作業が求められます。

棚卸の時期はショップによって異なりますが、

毎月やっているなら予めスケジュールを立てて作業を行うことが大切です。

商品の購入件数が少ない時間帯に棚卸をすれば、

販売機会損失も軽減できるでしょう。

Amazonの出品停止で商品購入できないよう対処しよう

商品の発送が遅れると評価が下がる恐れがあります。

商品が売れても発送の対応ができない場合には、

前もって出品停止対応をしておくことで評価の低下を避けることができます。

ただし注意したいのは、

間違って商品を完全に削除してしまうことです。

一度商品を削除してしまうと、

24時間経過しないと商品の再登録ができません。

何らかの事情で出品停止をするときは、

今回紹介した方法を参考にしてください。

紹介した方法なら商品が削除されることがなく、

再出品も簡単に設定できるのでおすすめです。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。