副業するならAmazonとメルカリのどちらを使う?ポイントなどを紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
副業する際のプラットフォームとしてのAmazonとメルカリについて知りたい(わからない)
という方のために、Amazonとメルカリのメリットとデメリット、使い分けるポイントについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazonとメルカリを使い分けるポイントがわかる
  2. Amazonで副業するメリットとデメリットがわかる
  3. メルカリで副業するメリットとデメリットがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、

副業する際のプラットフォームとしてのAmazonとメルカリについて解説をしていきます。

 

副業でネット販売をしたいと思った場合、

どこで仕入れてどこで売るか、

といった選択が必要です。

中でもAmazonとメルカリは、どちらも人気があります。

仕入れ先として、また販売先として、

それぞれのメリットとデメリットはどういった点でしょう。

Amazonとメルカリを使い分ける際のポイント

副業する際、

さまざざまなプラットフォームの中からAmazonとメルカリを比較する人も少なくありません。

どちらを使ったらよいのか、

選ぶ際のポイントを解説します。

商品や数によって使い分ける

販売したい商品の種類や数によって、

適した方を使いましょう。

たくさんの数の商品を販売したいならAmazonがおすすめです。

AmazonにはFBA(フルフィルメント by Amazon)というサービスがあります。

商品を納品しておけば、

売れたときにスピーディに発送してくれます。

また、利用者数の多いAmazonの方が、

数を売るにはおすすめです。

仕入れとしては、

メルカリの方が掘り出し物を見つけられる確率が高いです。

高額商品を低価格で購入できる可能性もあります。

自分にとっては必要のない物を気軽に売れるのがメルカリのメリットです。

利益をあまり追求しない出品者が、

高価なものを低価格で販売していることがあります。

それぞれの仕入れ価格と販売価格をチェックする

販売したい商品の仕入れ価格と販売価格を、それぞれのサイトでチェックしてみましょう。

価格競争になりやすいAmazonは、

安く仕入れることができます。

メルカリでは価格交渉も可能です。

どちらも安く仕入れることができるので、

仕入れをしたいタイミングで仕入れ価格を比較してみてください。

販売する際も、

リサーチして高く売れる方を選びましょう。

初心者はメルカリから始めてみる

ネット販売に初めて取り組む場合は、メルカリから初めてみるとよいでしょう。

どちらも気軽に出品できるプラットフォームですが、

より気軽に出品できるのはメルカリです。

メルカリは自分の売りたいものを自由に売ることができます。

もちろん、違法なものは売れませんが、

自分が使わなくなったものなどを売りたい価格をつけて出品できます。

Amazonではカタログにない商品を売ることはできません。

新規で販売するには、

大口出品登録が必要です。

スマホで簡単に登録できるのも初心者向きです。

まずはネットでモノを売る、発送する、評価をもらう、

という流れを体験し販売のコツを把握してからAmazonに挑戦してみるとよいでしょう。

それぞれの出品ルールを把握する

それぞれの出品ルールを把握し、

自分の希望に合った方を使いましょう。

メルカリは個人間の売買が基本なので、

業者のように多数の商品を何度も販売すると、

アカウントの停止や削除となってしまうことがあります。

また、メルカリでは価格交渉ができますが、

反対に価格交渉をされることも少なくありません。

メルカリはコメントのやり取りができるので、

相手が信頼できるかどうかを確認できるなどのメリットもあります。

AmazonではAmazonのカタログにない商品を売るには、

大口出品であることが条件です。

さらにショッピングカートの獲得をしなければ、

売上を伸ばすのは難しいでしょう。

また、それぞれ出品制限があったり、

出品の際には許可が必要だったりすることがあります。

それぞれの出品ルールを把握し、

自分に適した方を使うことです。

Amazonで副業する際のメリット

利用者数の多いAmazonで副業すれば、

商品も売りやすいものです。

Amazonで副業する際のメリットを把握しておきましょう。

集客力が高く信頼が厚い

オンラインショップのとしての

規模が大きいAmazonは、利用者も多いです。

Amazonなら希望の商品を見つけることができ、

偽物などを買わされることもない、

という信頼感があります。

商品の発送も早く、プライム会員なら当日お届けや、日時指定も可能など、

サービスも充実しています。

利用者も多いため、レビューの数も多いです。

商品購入の際にレビューを参考にするユーザーは多く、

その数が豊富なAmazonの方が安心して購入できます。

信頼の厚いAmazonでの副業は、

販売もしやすいでしょう。

大量出品にはFBAが利用できる

AmazonのFBAは商品の取り扱う数が多くても、

作業の効率化が図れる便利なサービスです。

商品をFBAに送っておけば、

注文があった場合にFBAから発送してくれます。

受注してから梱包をして配送業者を依頼して集荷に来てもらったり、

郵便局に持って行ったりする必要がありません。

FBAなら返品対応や問い合わせなどの対応もしてくれます。

FBAから配送される商品は、Amazonからの発送と記載されるため、

購入者に安心感を持ってもらえるのもメリットです。

サイト作成の手間がかからない

相乗り出品の場合、商品ページを自分で作成する必要がありません

すでに商品ページがあるので、

自身の出品する商品に関する情報を入力するだけで出品できます。

ショップのWebサイトを一から作成する手間も時間もかかりません。

Webサイト制作の知識や技術がなくても簡単に出品できます。

デザインを考えたり、写真を撮影したり、

ネット販売のためのサイト構築をする必要もありません。

サイト作成のための時間が必要ないので、

商品を仕入れればすぐにでも始めることが可能です。

本業があると、デザインがWebサイト作成の勉強などをする時間もないので、

手軽に始められるのはメリットです。

Amazonで副業する際のデメリット

ネット販売において集客力は重要です。

その点ではAmazonでの副業はメリットですが、

注意しなければならない点もあります。

Amazonで副業する際のデメリットについて解説します。

価格競争が激しい

デメリットの一つが価格競争になりやすいことです。

少しでも安く買おうとネットショップを利用する人は多いものです。

Amazonでは一つの商品に多数の出品者が相乗りをしているケースが多く、

その中で商品を選んでもらうには価格を下げるしかありません。

ライバルが価格を下げれば、自分も下げる、またほかのライバルも下げる、

といった具合に価格競争に発展します。

価格を下げれば売れる可能性は高くなりますが、

利益は少なくなってしまうでしょう。

価格競争の可能性は相乗り出品をする限り、

避けて通れないデメリットです。

値下げ交渉ができない

Amazonで仕入れをする場合、値下げ交渉はできません

メルカリでは出品者が値下げ交渉をしないと言っていない限り、

交渉することができます。

少しでも安く買いたい場合、

交渉次第で仕入れ価格をおさえられるのがメリットです。

高額商品などは「もう少し安く買いたい」と思うこともあるでしょう。

その際に、値下げ交渉ができれば理想です。

ただし、Amazonでは値下げ交渉をするまでもなく安い価格になっているという点では、

大きなデメリットではないと言えるでしょう。

出品アカウント登録に少し手間がかかる

出品する際の手間としては、メルカリの方が簡単です。

スマホがあれば簡単にできます。

Amazonの出品アカウントを登録する際は、

まず大口出品か小口出品にするかを決めなければなりません。

出品方法や特徴を理解したうえで、

登録をします。

登録の際には、パスポートや運転免許証、過去180日以内に発行された取引明細書、

さらにクレジットカード、銀行口座番号などが必要です。

登録をした後は審査があり、

その返答を待たなければなりません。

出品者として信用されないと、

出品できないということです。

大きな手間ではありませんが、

メルカリがシンプルで簡単なので、

煩わしさを感じることもあるでしょう。

メルカリで副業する際のメリット

身の回りで使わなくなった物などを気軽に売れる、すぐに売れる、

と評判のメルカリは、規模こそAmazonには勝てませんが、

人気を集めているフリマアプリです。

メルカリで副業する際のメリットを紹介します。

手軽に登録でき始めやすい

メルカリのメリットは登録が簡単なことです。

メルカリアプリを起動したら、

メールアドレス、パスワード、ニックネームを入力→電話番号を入力します。

SMSでスマホに認証番号が届くので、それを入力すれば完了です。

スマホの操作さえわかれば、

年齢やパソコン・スマホスキルを問わず、誰でも簡単に利用できるのが

メルカリのメリット。

アカウント登録も簡単です。

掘り出し物を見つけられる

メルカリでは掘り出し物を見つけられることもあります。

メルカリはアカウント登録をはじめ、

使用方法も簡単なため、

主婦や学生などさまざまな人が出品しています。

商売性を求めないので、

どれくらいで売れるかなどリサーチすることもなく、

自分の希望価格で売っている人も少なくありません。

それが高いこともあれば安いこともありますが、

中には、

売値は問題視していないケースもありお得に購入できることも。

出品者には必要のないものでも、

ほかの人にとっては価値のあるものや、高価なものを

低価格で出品しているケースも見られます。

価値を知らずに出品している場合などもあり、

高価なものを安く購入できる可能性もあります。

価格交渉ができる

価格交渉ができるのも、メルカリのメリットです。

価格交渉ができれば、

少しでも安く商品を購入することができます。

ただし、すべての出品者と価格交渉ができるわけではありません。

中には「価格交渉はしません」と言っているケースもあります。

また、メルカリは注文をした人が先に購入できるシステムなので、

価格交渉中にほかの人に購入されてしまうこともあります。

さらに、何度も価格交渉をしていると、

相手から拒否されてしまうこともあるので、

注意が必要です。

メルカリで副業する際のデメリット

手軽に出品できて、

価格交渉もできるなどメリットも多いメルカリは人気があります。

しかし、メルカリで副業する際には、

注意したい点があります。

Amazonと比較するためにも、

メルカリで副業する際のデメリットも把握しておきましょう。

欲しい商品が手に入りにくい

Amazonと比べると、

メルカリの方が欲しい商品が手に入りにくいです。

規模の違いがあるので、

それは当然と言えば当然のことでしょう。

Amazonより出品数も少ないので、種類も多くはありませんし、

個人での出品が原則なので、大量に出品することはできません。

そのため、

一つの商品をたくさん買うこともできないのです。

希望する商品があっても、希望価格で買えないこともあります。

価格交渉は限度があるので、

購入価格が希望ほど安くなるとは限りません。

プロフィール紹介や商品説明にコツが必要

アカウント登録は簡単ですが、

プロフィール紹介や商品の説明をしっかり書く必要があります。

メルカリは価格だけを見て買う人もいれば、

商品をじっくり確認して購入する人も少なくありません。

欲しい商品があれば、

商品の状態などをしっかりチェックします。

個人同士のやり取りなので、

購入する方は信頼できる人から買いたいと思うものです。

信頼性を確認できる要素として、

出品者のプロフィールがあります。

そのため、

プロフィールは丁寧に、信頼されることを考慮して作成する必要があります。

また、価格交渉はしないなど、

出品者としてのスタンスも記載しておくことでトラブルを避けるなど、

ポイントを把握しておくことも必要です。

文章を書くのが苦手、面倒、と思う人には

向いていないかもしれません。

大量出品する場合は在庫スペースが必要

AmazonのFBAなどのサービスはないので、

在庫がある場合は自分で保管しなければなりません。

自宅の部屋においておけば部屋が狭くなるでしょう。

しかし、トランクルームなどを借りれば費用がかかります。

そもそもメルカリは個人間のやり取りをするフリマアプリなので、

大量に出品すると規制がかかります。

最悪の場合、

メルカリを利用できなくなるので注意しましょう。

両方のメリットとデメリットを把握し使い分けて利用しよう

規模が大きいAmazonは、

集客数も期待でき、

価格や販売方法によっては利益を上げやすいとされています。

FBAなどのサービスもあり、大量に出品する人は便利です。

しかし、価格競争になりやすいのがデメリット。

メルカリは手軽に出品できるのがメリットですが、

個人間のやり取りがルールなので、

大量出品には注意が必要です。

安く仕入れたい場合はAmazonの方が効率的ですが、

メルカリにはお宝を入手できる可能性もあります。

仕入れや販売において、両方のメリットとデメリットを把握すると同時に、

商品や数などに適した使い分けをしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。