せどりに関するノウハウを身に付けたら情報発信して稼ごう!

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
せどりに関する情報発信について知りたい(わからない)
という方のために、情報発信する方法などついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. せどりの情報発信で売れるものがわかる
  2. メリット・デメリットがわかる
  3. 特におすすめの方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではせどりに関する情報発信について解説していきます。

 

せどりの情報発信は何を売るの?

せどりでの収入が安定してきたら、情報発信を活用することでより多くの収入に繋がるでしょう。

せどりの情報発信では、主に自分自身がせどりで得たノウハウを販売できます。

しかし、ただ情報を発信するだけでは成功できません。

”情報発信でしか得られない”という価値が、大きなポイントです。

ここでは、情報発信で売る内容について解説していきます。

コンテンツを売る

せどりの情報発信では、コンテンツの販売が可能です。

コンテンツの販売とは、特設サイトやPDFなどを活用する情報商材のことです。

最近主流の、noteなどもコンテンツ販売の一種であり、低価格で手軽に入手できます。

ただし、コンテンツの販売時に手数料が加算されるものがあり、

noteでも決済手数料・プラットフォーム手数料、

そして売上金を受け取るには振込手数料が必要です。

そのため、メルマガや独自の決済プラットフォームなどを使って販売する人もいます。

コンテンツ販売はコンテンツのみの場合もあれば、

アフタサポートなどを付帯する場合もあります。

コンテンツ販売では、1つのコンテンツをいくつも売ることができるだけでなく、

価値そのものを提供できるのが特徴です。

コンサル販売を行う

せどりの情報発信では、コンサルティングの販売も可能です。

コンサルティング販売では、コンテンツの提供に加えて、

せどりのノウハウなどもサポートしていきます。

相手にせどりを教えてサポートすることで、実績を出してもらうというものです。

コンテンツ販売などと比べて高収入となりますが、

相手には実績を出してもらわないといけません。

個人の実力が求められるのが特徴です。

コミュニティを売る

せどりの情報発信では、コミュニティなどの販売も可能です。

せどりに関することを、教える塾形式もコミュニティに含まれます。

月額料金制で、毎月継続して販売していくスタイルです。

一方的にせどりについての情報を教えるだけでなく、

横の繋がりや親睦を深めるためのイベントも開催されます。

そのため、せどり仲間を増やしたい人には売りやすい情報発信です。

コンテンツに比べて販売価格は高くなりますが、

精神的・個別的なサポートは特にないので、コンサルティングよりも安価になる傾向があります。

せどりの情報発信を行うメリット・デメリット

せどりでは、主に3つのパターンで情報発信できることがわかりました。

ここでは、情報発信を行うメリットやデメリットについてみていきます。

今後、ビジネスを広げていきたい人は参考にしてください。

メリット

せどりの情報発信をすると、どのようなメリットが得られるでしょうか。

メリットについて説明していきます。

せどりに関する更なる勉強ができる

せどりで収入を得ながら、これまでの経験を再度利用することで、自分自身も勉強できます。

この勉強は、自分自身の見直しや成長にも繋がります。

誰かに対して正しい情報を伝えようと考えるなら、間違った情報は伝えられません。

そのため、裏付けの徹底やリサーチを十分に行うことが必要です。

このような再確認や再勉強が、自分自身も成長させてくれるだけでなく、

より効果的な戦略も立てられるようになっていきます。

また、自分自身が情報の発信源となった時、自然とせどりに興味のある人、

学びたい人が集まり、交流が増えていきます。

ホームページやブログをきっかけに、今まで得られなかった有益な情報に、

出会う機会も増えるでしょう。

結果的に勉強や新たな情報入手により、

今まで以上のせどりビジネスの発展になる可能性が高いです。

収入減を増やせる

せどりの情報発信によって、得られるメリットは収入に関してです。

情報発信によって、サイトのアクセス数が増えていき、広告収入などが得られます。

さらに、有料記事やコンテンツによる収入が期待できるのもメリットです。

ECサイトでは規約の変更によって、せどりができない可能性があります。

このような場合、アカウントが停止されてしまえば収入を得ることができません。

しかし、情報発信という方法で収入のアップダウンも抑制できます。

情報発信の作業は、慣れるまで大変かもしれません。

しかし、慣れてしまえば安定した収入になるでしょう。

デメリット

せどりの情報発信には多くのメリットがあるとわかりましたが、デメリットもあります。

ここでは、デメリットについて説明していきます。

収益化までに時間がかかってしまう

情報発信は、自分自身の知識や経験がなければ提供することはできません。

また相手に情報やノウハウを売って収入にするため、せどりを始めたばかりでは困難でしょう。

情報の内容については、有益で実用的な内容でなければリピーターが付いてくれず、

長期的に安定した情報を発信しつづける必要があります。

そこから結果が出るまでの時間が長いため、途中で投げだしてしまう人もいるのが現状です。

長期間、コツコツと作業するのが苦手な人はデメリットをより感じるかもしれません。

ライバルが増える

せどりでは、多くのバイヤーがインターネットで情報やノウハウを検索しています。

これらの情報から自分に合ったものを見つけて、稼ぎ方を模索しているのです。

つまり、有益な情報を掲載してしまうと、

バイヤーに見つけられて参考にされる可能性が高くなります

すでに、ほかのジャンルへ参入しているのなら、利益を脅かす心配はないでしょう。

もし、同じ手法でせどりをされてしまうと競争率が高まるだけでなく、

差別化も困難になってしまいます。

情報発信をするならアフィリエイトがおすすめ!稼ぐ方法とは?

ここまで、情報発信のメリットやデメリットに触れてきました。

今後、情報発信をしていこうと考えた場合、

どのような方法が良いのか余計に悩んでしまう人もいると思います。

そこでおすすめなのが、アフィリエイトです。

ここからは、アフィリエイトのおすすめの点について紹介します。

無料オファーでツールやサービスをおすすめする

無料オファーとは、メルマガ登録やLINE登録などを勧めることで報酬が得られる仕組みです。

情報の発信者になり、

自分が紹介したメルマガやLINEを登録した人がいると、報酬が支払われます。

信頼の高い発信者なら、そのような機会があるかもしれません。

ツールやサービスをおすすめする

無料オファーのほかに、

メルマガやブログを通じてツールやサービスの紹介から報酬が得られる仕組みがあります。

主に紹介できるものとして、管理ツールや納品代行ツール、

リサーチツールなどが挙げられます。

ツールやサービスをおすすめする場合、

自分が使って本当に良かったもの限定するのがポイントです。

そうでないと、適当に紹介していると感じられてしまい信用を失う可能性があります。

せどりの情報発信をして収入増加を目指そう

せどりでの情報発信は、自分自身の成長だけでなく、収益増加も期待できる方法です。

しかし、戦略を立てずに情報だけを発信すればいいと考えていると、

成功からは遠のいてしまいます。

せどりでのノウハウを活かして、

アフィリエイトなどで稼ぐためにはこれらの内容を参考にしてください。

収益を増やす、大きな一歩を踏み出せるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。