電脳せどりでサプリは取り扱える?始める前に知っておきたいこと

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
サプリの電脳せどりについて知りたい(わからない)
という方のために、サプリ販売での注意点や仕入れ方法などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 電脳せどりでサプリの販売が可能なのかがわかる
  2. サプリを電脳せどりで取り扱うメリットがわかる
  3. サプリの販売で注意したいことがわかる
  4. サプリを仕入れる方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではサプリの電脳せどりについて解説していきます。

 

電脳せどりでサプリメントは販売できる?

サプリメントは、健康や美容意識の高い人にとても人気の商品で、電脳せどりでも需要があります。

しかし、サプリメントは転売しても問題ないのか気になるところでしょう。

結論から言うと、電脳せどりでサプリメントと取り扱うことは可能です。

一般的に、サプリメントは治療目的に使われる医薬品ではなく、

栄養補給が目的の健康補助食品に該当します。

医薬品は法律の関係で販売できませんが、

食品であるサプリメントはその違反に触れる心配はありません。

ただし、転売可能なサプリメントは指定医薬部外品に限られることを留意しておいてください。

電脳せどりで販売ができないサプリメント

サプリメントは電脳せどりで取り扱えます。

しかし、中には販売できない商品もあるので、仕入れは慎重に行わなければなりません。

具体的に、どのようなサプリメントが電脳せどりで取り扱えないのかを見ていきましょう。

医薬品となる可能性のあるサプリ

サプリメントに、医薬品成分が含まれているものは販売できません。

表向きはサプリメントで売られていても、

医薬品成分が含まれると分類上では医薬品の扱いになってしまいます。

医薬品の販売には「医薬品販売免許」が必要で、無許可の人が売ることはできません。

精力剤、活力剤、ダイエットサプリ、美容系サプリといった人気のサプリメントは、

医薬品成分が含まれているケースが多いのが現状です。

ダイエットサプリや美容系のサプリメントに関しては、

見た目だけでは薬機法に触れるか判断が難しいので、成分をよく確認してください。

とくに、便秘改善や滋養強壮といったサプリメントは、

医薬品成分を含んでいる可能性が高いでしょう。

海外のサプリは転売が禁止

海外のサプリメントは国内製と比べて成分の含有量が多い、

安いといった理由で個人輸入して買う人も多いでしょう。

そのため、電脳せどりでも稼ぎやすい商品だと期待したいところですが、

海外のサプリメントの転売は基本的にできないと思ってください。

個人輸入したサプリメントは検疫所で必要書類を提出し、販売許可が出れば販売は可能です。

しかし、転売先のプラットフォームでは輸入サプリメントの出品を禁止していることが多いので、

転売は難しいと言えます。

また、海外のサプリメントは日本人の体に合わせて作られているわけではないので、

使用者に異変が起きる可能性もあるでしょう。

その場合は、販売側が責任を持って対応しなければならないので、

そのようなリスクも踏まえると転売には向きません。

電脳せどりでサプリメントを扱うメリット

サプリメントは取り扱いが難しい商品ですが、

正しい知識を持ってルールを守って転売すれば、大きな利益に期待できます。

ここからは、電脳せどりでサプリメントを販売するメリットについてご紹介します。

商品の数が多い

一口に、サプリメントと言っても商品の種類はたくさんあります。

仕入れる商品の選択肢が多いので、

さまざまなニーズに応えながらサプリメントの転売が可能です。

サプリメントは次々と新商品が出ていて、

かなりの数の商品があるのでいろいろと試してみたいと思う人もいます。

しかし、定期購入が必要であったり、単品だとやたら高かったりといった問題があり、

気軽に試せない商品も多くあります。

そのようなサプリメントを販売できれば、

一度試してみたいと思っている人を中心に商品が売れる可能性が高いでしょう。

回転率の良い商品が多い

健康や美容のために、毎日欠かさずサプリメントを飲む人が多くいます。

サプリメントは消耗品なので、

毎日飲めるように定期的に再購入されやすく、リピーターの多い商品です。

回転率が高い商品が多いので、安定して利益を出せるメリットがあります。

回転率が低い商品は売れるまで時間がかかり、利益が出ない状況が続きます。

しかし、回転率の良い商品は売れるペースが速いので、

次々に商品を仕入れて販売していけば売上を向上させることが可能です。

仕入れ資金を調整しやすい

サプリメントの価格は多岐にわたり、

単価500円程度と安い商品から単価1万円もする高い商品まであります。

そのため、仕入れに使える資金の調整がしやすいこともメリットです。

たとえば電脳せどりを始めたばかりで仕入れに使える資金が少ない場合、

安価のサプリメントから販売でスタートできます。

電脳せどりを始めて売上が出るようになり、

資金に余裕が出てきたら高単価の商品を仕入れて売るというやり方もでき、

さらに売上アップを目指せます。

送料の負担が少ない

サプリメントのほとんどは商品の大きさがコンパクトで、

クリックポストなど格安の配送方法で商品が届けられることがほとんどです。

仕入れの時点で、発生する送料の負担が少ない点も大きなメリットになります。

電脳せどりで利益を出すためには、いかに経費を抑えられるかがポイントです。

商品が売れても、送料などの経費が大きくなってしまえば、

得られる利益は少なくなってしまいます。

サプリメントは、送料の負担が少ないので仕入れコストの軽減につながり、

その分得られる利益は多くなりやすいのです。

サプリメントを仕入れる方法

電脳せどりでサプリメントを販売するためには、まず商品の仕入れが必要です。

サプリメントの仕入れは、主に3つの方法があるのでご紹介しましょう。

初回限定のサプリを仕入れる

サプリメントは、よく初回に限り通常価格より大幅に値下げされて販売されています。

商品によって割引率は異なりますが、半額~80%OFFの価格で販売されていることも多いので、

かなりお得に商品を仕入れることができるでしょう。

また、初回限定商品は送料も無料となっているケースが多いところもメリットです。

ただし、初回限定サプリメントは最初の購入だけしか適用されないので、

1人が何度も同じ価格で購入することはできません。

複数回購入する場合は家族や友人に協力を得たり、

仕入れ業務を外注したりといった方法を取る必要があります。

外注する場合は報酬の支払いにも考慮すると、

ある程度利益が出るサプリメントでないと回収できないので注意してください。

フリマサイトから仕入れる

フリマサイトでもサプリメントは多数出品されているので、仕入れ先におすすめです。

価格も定価よりも安く設定されていることが多いので、お得に仕入れることができます。

出品者の中には、複数個をセットで売っているケースもあります。

これは個人で出品している人ではなく、大量に在庫を抱えている業者かもしれません

在庫をたくさん抱えていそうな業者がいたら、取引できるかどうか確認してみても良いでしょう。

セルフバック購入を利用して仕入れる

セルフバックは、アフィリエイトで紹介できる商品を自ら購入し、

報酬を獲得できる仕組みのことで、自己アフィリエイトとも言います。

アフィリエイターが実際に商品を試して、

詳しくレビュー・紹介できるように用意されている制度ですが、

使わなければそのまま転売に回せます。

サプリメントを仕入れられると同時に報酬を受け取れるので、

実質的に仕入れ原価を抑えることが可能です。

アフィリエイトの申請にブログの作成などが必要なので、

すでにアフィリエイトをやっている人はとくにおすすめの方法と言えます。

ポイントサイトでもセルフバックを行っていることも多く、

アフィリエイトをやっていない人も利用しやすいでしょう。

電脳せどりでサプリメントを取り扱う際の注意点

電脳せどりでサプリメントを取り扱うにあたり、

いろいろと気をつけなければならないことがあります。

安全にサプリメント転売を行っていくためにも、ここで注意点を確認していきましょう。

薬機法の知識を身につける

サプリメントの転売を安全に行うためには、薬機法について把握しておく必要があります。

そもそも薬機法とは、どんな法律なのか解説していきます。

薬機法とは

薬機法とは、正式名称で「医薬品、医療機器等の品質、

有効性及び安全性の確保等に関する法律」といいます。

その名の通り、医薬品や医療機器、化粧品、医薬部外品などの品質や有効性、

安全性の確保するために作られた法律です。

使用する人が、安全に医薬品や化粧品などを使えるように、

さまざまな規制・ルール、定義などが定められています。

また、薬機法では製品に対して誤解を与えないように、広告表現の規制も設けています。

販売できないサプリメントの把握だけではなく、

気をつけたい広告表現も知っておかなければいけないので、

薬機法について理解しておくことが大切です。

薬機法で使ってはいけない文言・画像

薬機法では、医薬品や化粧品、ケア用品など全ての商品に対する誇大広告を禁止しています。

たとえ薬であっても、万人に100%効果が発揮されるわけではありません。

大げさな広告表現は、商品に対して大きな誤解を与える可能性があります。

誇大広告が発覚すれば、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が科せられるので、

注意しましょう。

販売業者の中には、「飲むだけで-○kgも痩せられる」といった表現を使って、

サプリメントを魅力的に見せているケースもあります。

これが、誇大広告です。

ほかにもサイズダウンした写真を載せ、

サプリメントの服用のみでダイエットに成功したような表現をしている業者が多くいます。

しかし、サプリメントはあくまでも健康補助食品であり、

病気を治したり、直接体重を落としたりといった作用はありません。

宣伝文句を信じて購入する人が多いため、

後々消費者トラブルに発展することもあるので薬機法で禁じている表現に注意してください。

出品制限・規制を確認する

サプリメントを出品する前に、

転売を行うプラットフォームの出品制限や規制を確認することも大事です。

たとえばメルカリの場合、以下に該当するサプリメントは販売できません。

・医薬品成分を含むもの
・海外並行輸入したもの
・薬効表現が法令に触れるもの
・人体に危険な影響が出るもの

1つでも該当すれば、そのサプリをメルカリで売ることはできません。

プラットフォームごとに制限・規制は少し異なるので、必ず確認してください。

禁止されているサプリメントを出品した場合、まずは出品の取り消し要請などが届きます。

要請が届いても、焦らずにすぐ対応すれば問題ありません。

しかし、無視して出品を継続すれば最悪アカウントの停止や削除もあるので注意しましょう。

新品・個包装されているものを販売する

サプリメントを転売するときは、新品のものか個包装されているものを販売してください。

まず、Amazonでは新品しか販売できません。

開封済みのものは異物が混入していたり、品質が下がっていたりする可能性があり、

販売に相応しくないからです。

メルカリでは開封済みでも販売は可能ですが、

衛生面や品質、安全性に考慮して個包装されているものしか出せません。

さらにサプリメントは食品となるので、

商品名や原料など表示や賞味期限がしっかり記載されていることも条件です。

ほかのプラットフォームを利用する際も、

販売できる商品の状態・条件についてよく確認しましょう。

サプリメントの電脳せどりは慎重に

今回は、サプリメントで電脳せどりをするメリットや仕入れ方法、

転売の注意点などをご紹介しました。

健康や美容ブームもあって、

サプリメントは正しく転売できれば大きな利益をもたらしてくれる商材です。

サプリメントは栄養補助食品に分類されるので、指定医薬部外品であれば問題なく転売できます。

しかし、ほかよりもデリケートな商品となるため、

電脳せどりは正しい知識を持って慎重に行うようにしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。