電脳せどりは違法?合法に取り組むポイントと古物商許可取得についても解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
電脳せどりは違法なのかどうかについて知りたい(わからない)
という方のために、合法に取り組むポイントを解説します。

この記事を読むことで、

  1. 電脳せどりが違法かどうかわかる
  2. 電脳せどりが違法になるケースがわかる
  3. 電脳せどりを合法に続ける方法がわかる
  4. 古物商許可の取得方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、電脳せどりが違法なのかどうかについて解説をしていきます。

 

電脳せどりは違法?

そもそも、電脳せどりがどのようなビジネスなのか、理解しておきましょう。

電脳せどりとは、オンラインで商品の仕入れを行い、

Amazonやメルカリなどで転売し利益を得るビジネスモデルです。

これは、小売店が商品を仕入れて販売するのと同じなので、電脳せどりも違法ではありません。

基本的には合法のビジネスモデルであり、心配する必要はないでしょう。

ただ、場合によっては違法になってしまう可能性があるため注意が必要です。

電脳せどりが違法になるケース

電脳せどりは、合法なビジネスモデルですが、

違法になるケースがあるため注意しなくてはなりません。

では、いったいどのようなときに違法と判断されてしまうのでしょうか。

代表的なところでは、古物商許可を取得せずに中古品販売を行ったときや、

チケットの高額転売、営利目的の酒類販売などが該当します。

ほかにも、偽ブランド品やデジタルコンテンツのコピー、

シリアルナンバーを削って販売するなどは違法になる可能性が高いため、注意が必要です。

古物商許可を得ず販売

古物商許可とは、営利目的で中古品の仕入れ、販売を行うときに必要な免許です。

中古品の転売を継続的に行うのなら、古物商許可を取得しなくてはなりません。

古物商許可を取得せずに、中古品の転売を行った場合、

古物営業法違反になってしまうおそれがあります。

新品の転売はセーフ、と思われがちですが注意が必要です。

古物営業法では、たとえ新品であっても消費者の手にわたった時点で中古扱いとなります。

そのため、ヤフオクやメルカリなどから転売目的で新品を購入した場合、

受け取った時点で中古となってしまうのです。

一方、日本の法律が適用されない、海外から輸入した中古品などは問題なく転売可能です。

チケットの高額転売

コンサートやライブイベント、スポーツイベントなどのチケット高額転売は、

たびたびニュースで話題にのぼります。

人気イベントのチケットは価格が高騰しやすく、

もとの倍以上の価格で転売されるケースも少なくありません。

定価で購入しても倍やそれ以上の価格になるため、

転売をして利益を得たい人にとっては狙いたい商材といえるでしょう。

だからこそ、チケットの高額転売は後を絶たないのです。

ただ、チケットの高額転売は違法と判断されるため注意が必要です。

チケット不正転売禁止法と呼ばれる法律があり、チケットの高額転売は禁止されています。

過去には、チケットの高額転売をした人が逮捕される事例もありました。

インターネットやSNSで手軽にチケットを転売しやすくなったため、規制が厳しくなったのです。

高い確率で違法となるおそれがあるため、チケットの高額転売に手を出すのは控えましょう。

営利目的の酒類販売

ヤフオクやメルカリ、ラクマなどで、

お酒が販売されているのを目にしたことがあるという方もいるでしょう。

酒類販売の免許を取得している業者が販売しているケースが多いのですが、

個人で出品されているのもよく目にします。

そのため、お酒を転売したら稼げるのでは、と考える方もいるかもしれません。

しかし、営利目的でお酒を購入し転売した場合には、違法となるため注意してください。

免許を取得せずに、営利目的で酒類を販売してしまうと、酒税法違反に問われます。

自宅に眠っていた不要なお酒を出品する、

といったケースでは罪に問われないでしょうが、営利目的で仕入れ、

転売をした時点で検挙されるおそれがあるため注意が必要です。

偽ブランド品を販売

海外のハイブランドアイテムや国内の人気ファッションブランドの品は、

高値で転売されるケースが少なくありません。

そこに目をつけて、偽ブランド品を転売して儲けようとする人も少なからずいます。

偽ブランド品やコピー品の転売は、商標法違反や著作権違反、

詐欺罪などに問われるおそれがあるため注意が必要です。

偽ブランド品の転売で逮捕された事例もあるので、細心の注意を払いましょう。

電脳せどりで偽物と気づかずに購入してしまい転売した場合でも、罪に問われるおそれがあります。

このようなリスクを避けるには、購入前に本物かどうかをしっかり判断する必要があります。

明らかに相場より安い、出品者が怪しいといった場合には、

偽物である可能性が高いため注意してください。

デジタルコンテンツをコピーして販売

デジタルコンテンツのコピー販売も、違法と判断されるため注意が必要です。

デジタルコンテンツとは、音楽や映像作品、電子書籍など、

デジタル媒体で販売されているコンテンツです。

これらデジタルコンテンツには著作権があるため、

勝手にコピーして転売するのは違法となります。

音楽をCDにコピーして売った、映画をDVDにコピーして販売した、

などはすべて違法と判断されてしまいます。

人気アーティストのライブ隠し録り音源などがヤフオク、

メルカリなどで販売されていることがありますが、基本的にはアウトです。

検挙される可能性があるため、デジタルコンテンツのコピー販売はやめましょう。

シリアル番号などを削って販売

商品にシリアルナンバーが記載されている場合、削って転売すると違法になる可能性があります。

シリアルナンバーを施し、販売場所を限定しているようなアイテムなら、

高い確率で違法とみなされるでしょう。

たとえば、美容室で扱われているシャンプーやコンディショナーなどに、

シリアルナンバーが記載されていることがあります。

このような商品の、シリアルナンバーを削って転売するのは違法です。

実際、過去に美容室用シャンプーをヤフオクで転売し、書類送検された事例があります

電脳せどりを合法に続けるには

電脳せどりは合法のビジネスモデルですが、

扱う商品ややり方によっては違法と判断されてしまいます。

では、安全に電脳せどりで稼ぐには、どのようなことに配慮すればよいのでしょう。

安全に電脳せどりを続けたいのなら、新品を扱うことです。

ただし、新品といっても、ヤフオクやメルカリなどで個人から仕入れるのはNGです。

新品未開封の品であっても、消費者の手に一度でもわたった時点で中古とみなされてしまいます。

この場合、古物商許可を取得せずに転売してしまうと、違法となってしまうおそれがあります。

一方、Amazonや楽天などで、お店から直接新品の商品を購入した場合には問題ありません。

安全に取引を続けたいのなら、新品メインで取り組むとよいでしょう。

中古品を扱いたいなら古物商許可の取得も視野に

安全に電脳せどりで稼ぎたいのなら、新品を扱うのが一番ですが、問題もあります。

それは、あまり大きな利益を見込めないことです。

新品をかなり安く仕入れられればよいのですが、現実的ではありません。

売買による差額は小さく、大きな利益を狙えないのがデメリットです。

中古品であれば相当安い価格で出品されているものも多く、

転売によって大きな利益を得られるケースも少なくありません。

ただし、本記事で何度もお伝えしている通り、中古品を扱うには古物商許可の免許が必要です。

そのため、中古品を継続的に転売したい、大きな利益を狙いたい、

と考えるのなら古物商許可の取得も視野に入れてみましょう。

次章からは、古物商許可の取得方法について解説をします。

古物商許可の取得方法・流れ

中古品をメインに電脳せどりで稼ぎたいのなら、古物商許可の取得をおすすめします。

古物商許可の免許を取得すれば、違法と判断されることなく安全に電脳せどりで稼げます。

古物商許可を取得する流れですが、まずは取得に必要な条件を確認しましょう。

その上で必要書類を準備し、警察署へ提出します。

条件を確認

古物商許可を取得する上で、まずすべきは条件の確認です。

古物商許可は、誰でも取得できるわけではありません。

さまざまな条件があり、それらを満たしていないと取得できないのです。

最初に条件を確認しないまま申請手続きを進めてしまうと不受理となってしまい、

時間も無駄にしてしまいます。

なお、確認すべき条件はたくさんあるので、ここですべてを記載することはできません。

詳しく知りたい方は、古物商許可について詳しく記載したサイトなどを参考にしてみましょう。

簡単にかいつまんでお伝えすると、犯罪歴の有無や年齢、公務員でないか、

破産していないか、成年被後見人でないか、許可の取り消し歴がないか、

営業所はあるかなどを確認します。

必要書類の準備

次に、申請に必要な書類を準備します。

必要書類の準備を怠ってしまうと、

申請がスムーズに進まず免許取得までに時間がかかってしまいます。

申請までにすべての書類をきちんとそろえ、漏れなく提出しましょう。

必要な書類としては、住民票や身分証明書、登記事項証明書、営業所の賃貸借契約書、

使用承諾書などが挙げられます。

また、駐車場の賃貸借契約書、定款のコピー、証明写真なども必要です。

なお、申請者によっては不要になる書類もあるため、これらすべてが必要になるとは限りません。

次に、古物商許可申請書やURL届出書、プロバイダ契約書、略歴書、誓約書営業所周辺図、

営業所見取り図などを作成します。

警察署へ提出

条件の確認と必要書類の準備が終わったら、いよいよ提出します。

提出先は、営業所として記入したエリアを管轄する警察署です。

警察署の生活安全課が担当していることが多いので、窓口で質問してみましょう。

書類を提出後、内容に不備や漏れなどがあると、修正を指示されます。

指示された内容に従い、速やかに修正をしてください。

書類が受理されると、あとは許可が下りるのを待つのみです。

結果がわかるまでは、だいたい1ヶ月近くかかりますが、

地域や担当の警察署などによって変わります。

許可が下りると連絡が入るので、古物商許可の免許を受け取りに行きましょう。

古物商許可の取得は専門家への依頼がおすすめ

古物商許可の免許を取得するには、たくさんの書類を収集する必要があるほか、

作成の手間もかかります。

書類の収集と作成だけでも時間がかかる上に、

一度の提出で受理されるケースはほとんどありません。

スムーズに免許を取得したいのなら、専門家への依頼がおすすめです。

許認可関係の書類作成は、行政書士の得意分野です。

そのため、古物商許可の取得をスムーズに進めたいのなら、

行政書士に相談してみるとよいでしょう。

古物商許可の取得を専門としている、または得意としている行政書士もいます。

このような行政書士であれば、短期間で免許を取得できる可能性が高いです。

なお、行政書士のような専門家に依頼すると、費用がかかります。

行政書士事務所のホームページをチェックし、あらかじめ費用を確認しておくと安心です。

併せて、どれくらいの期間で取得できそうか、目安も聞いておきましょう。

違法にならないよう配慮しつつ電脳せどりで稼ごう

ときに違法となってしまう電脳せどりですが、正しい知識のもと取り組めば問題ありません。

本記事でお伝えした内容を踏まえ、安全に電脳せどりへ取り組んでみましょう。

中古品の扱いもしたいのなら、

行政書士に相談した上で古物商許可の取得を検討するのもおすすめです。

新品だけでなく中古品も懸念なく扱えるようになれば、

さらにビジネスチャンスを広げられるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。